フィリピン人の先生をバンコク観光案内

オンライン英会話学校でお世話になったフィリピン人の先生が、仕事でバンコクに来たので、彼とその同僚の方たちと一緒に遊んだ(^-^)。

彼らは昨日夕方にバンコクに着いて、一晩だけの滞在。
私がお買い物スポットやレストランに案内して、ときにはタイ語通訳もやって、ちょっぴりガイドさんになった気分。
バンコクのこと、気に入ってくれたら嬉しいな〜。

フィリピンの人たちは、陽気でフレンドリーでとても親切。
でも、複数の人が同時にしゃべってくるので、頭の回転の遅い私はしばしば困惑……(−_−;)。

それにしてもフィリピン人男性は、かなりのレディーファーストで好印象。
タイ人男性も、結構マメに女性に気を配ってくれると思っていたけど、それ以上だった。
フィリピンは、スペインやアメリカの統治下にあった期間が長いので、フィリピン人の考え方は、他のアジア人とはちょっと違うのかも。

さて、今日からミャンマー一人旅に行ってきます!
ブログの更新があまりできない可能性があるので、もし安否が気になったら、日本の携帯の方に連絡ください。タイの電話番号はミャンマーにいる間はつながらないです。

無事ミャンマービザ取れた( ´ ▽ ` )ノ

でもどうやら、昨日の女性は、職員じゃなく代行業者だったみたい。まあ、正規の方法ではないんだろうってことは気づいてたけど。。。
でも業者じゃなくて、職員が職権乱用して、小遣い稼ぎしてるのかなって思っていた。

なんで分かったかというと、後で調べたら、ミャンマービザは、プラス料金を出せば、翌日でも即日でも発行してもらえることが分かったので。私が信じてた最低ニ日かかる、というネット情報は、古かったか誤りだったらしい。。(T_T)。

なので、あの女性が言ってた、今日出さないと間に合わない、というのはウソだし、おそらく、受付は午前中まで、というのもウソ。いくらなんでも職員なら、そんなウソはつかないだろう。
大使館の前で、彼女からビザとパスポートを受け取ったあと、大使館内の窓口に行って確認してみたけど、やっぱり、そんな人は職員じゃないよ、って言われた。でもビザは間違いなく正規に発行されているとのことで、一安心。

でも、中にいたガードマンから入り口の鍵を受け取っていたので、ガードマンもグルだったかな。それとも、その人も偽ガードマンで全部演技だったのかも?
彼女の穏やかな態度は、詐欺師ならではの極太神経から来てたんだね〜  なるほど( ̄ー ̄)。

でも、彼女に支払った額は1000B。ビザの申請料金は、たしか約800B。先週、旅行代理店を二軒回ったときは、ビザ取得代行は1500Bぐらいなことを言ってたので(だから直接大使館に行くことにした)、まあ法外な値段ではない。
パスポートも無事に戻ってきたので、余計に支払った約200B(約500円)は、勉強代ということで。

申請方法や料金形態について、事前にきちんと調べてなかったから、こういうことになる(−_−;)。
もしかしたら、この手口もガイドブックやネットで紹介されてたかもしれないのに。

めずらしくケンカ腰になるくらい、人を疑った自分は間違いじゃなかったので、これからも油断しないで、事前の調査をしっかりとやって、だまされないように気をつけようっと( ´ ▽ ` )ノ

ミャンマービザ取得に一苦労、トラブルの連続

明日からいよいよ、約1週間のミャンマー旅行。
おとついの午前中、ビザを申請するため、バンコクのスラサック駅近くにあるミャンマー大使館へ行った

ビザを申請するには、顔写真が必要。
私は、事前に調べもせず、
「きっと大使館の周りには、日本の運転免許証更新施設のように、写真店がたくさんあって、写真もそこで取れるだろう」
と思い、何も準備しないで行ってみた。

でも、周辺にはお店も商売人もまったく何もない。
どうしてこういうときに限って!
観光地とか、ビーチとか、どこにいっても必ず便乗商売する人たちがたくさんいたのに。

私はとりあえず近くにあった銀行に入り、両替のついでに最寄の写真店がないか聞いてた。
すると、ここから徒歩20分のところに、写真屋があった気がする、という。
徒歩20分。。。。私は、バイクタクシーを利用することにした。

タイにはバイクのタクシーがある。
安いし、渋滞でも早く目的地に着くことができるので便利だけど、やっぱり危ない。
でも、炎天下徒歩20分はきついので仕方ない。

バイクに乗ってしばらく進むと、後ろから来た暴走車が無理な追越をかけてきて、私の足に車体が微妙にかすった。
危ないな~とか思ってると、突如、バイクタクシーの運転手が怒りだし、猛スピードで暴走車を追跡。何やら大声でわめきながら、車の後ろギリギリまで追いつき、横に回り込んで幅寄せをはじめた。

バイクは、障害物をものすごいスピードで避けながら、車と併走。そして私はヘルメット無し。
ヒーーー!怖いからやめてぇーーー (ToT)!!

5分ぐらい走ったところで、目的の写真屋にたどりついたので、私は逃げるように降りた。
バイクはそのあとも車を追跡してたけど。。。その後どうなったかは知らない。

写真店で何枚かの写真をとり、再び大使館へ戻る。

とりあえず、大通りに面した入り口から中に入ってみると、窓口がいくつかあり、たくさんの人が椅子に腰掛けて、呼び出しを待っていた。
でも、なんか雰囲気がおかしい。

書かれている言葉はすべてミャンマー語。タイ語の表記すらない。
私以外に、外国人観光客らしき人も見当たらない。周りの人たちは、みんなチラチラと私を見る。

どうやらここは、ミャンマー人専用の事務所だったらしい。
だったら、誰か途中で私を引き止めてよ~~。

恥ずかしさいっぱいで外に出ると、タイ人ぽい男性がうろうろしてたので、声をかけて、外国人用の窓口がどこにあるのか聞いてみた。

すると、男性は誰かに電話をかけて、この人に聞いてみて、といって電話を渡してくれたので、とりあえず話をしてみる。すると電話の向こうの女性が、
「ビザは何日後に必要なの?それによって値段が変わるんだけど」
とか言ってきた。

なんだ、便乗商売のビザ取得代行業者か。。。
私は、電話の女性の話を聞き流して、男性に電話を返し、
「この人があなたに話があるって言ってる」と適当なことを言って二人に話をさせ、その隙に、早足で逃走。
うしろから男性がなんか叫んでたけど、とりあえず無視。ごめんなさい。

大通りを駅方面に少し戻り、細い道を少し奥に
入ってみたら、そこに外国人用の入り口があった。
入り口の外には職員らしき女性がいて、にっこりと「今日の申し込みは終了しました」と。。。。

時間は12時10分。いろいろなところで無駄に時間を使ってたので、午前中の営業時間が過ぎてしまっていた。
しかも、午後は申請の受付はやっていないという。えええ、ガイドブックに書いてある話と違うんですけど(ToT)。

しかも、ミャンマービザは申請から取得まで2日かかるので、この日申し込まないと間に合わない。途方にくれていると女性が、
「私にパスポートを預けてくれれば、代わりに申請しておくので、出発前日までに間に合うよ」と言う。
えっ。。。。。。でも、あなたは一体、どなたですか?

大使館入り口とはいえ、素性のわからない人に簡単にパスポートを渡すのは、非常に抵抗があったので、
「あなたが大使館の関係者だって証拠を見せてくれれば、渡します」と伝えた。

でも、おそらく「証拠」っていう単語が通じていないのか、何度言っても、
「大丈夫、時間外のときはみんな私に渡しているし、明日じゃ間に合わない可能性があるよ」
という言葉が返ってくる。

そのうち私も口調が強くなってきてしまって、
「私は、あなたが信用できない!もし本当に関係者なら、今すぐ中に入ってパスポートを渡してください」
とかなり無礼で無理な発言をしてしまった。

女性はやんわりと、「でも窓口はもう閉まってるのよ」と。
確かにそうなんだけど~~。でも何の証拠もないんじゃ不安でしょうがないし。
10分くらい、この女性と押し問答になった。 

そうこうしていると、どうやらビザ代行業者らしき男性がひとりやってきて、女性に何冊かのパスポートを渡していた。
その後ももうひとり、同じようにパスポートを渡す男性が出現。
そしてしばらく観察していると、女性は鍵を取り出して、入り口の施錠をはじめた。

ここでようやく私も、女性が大使館関係者だってことに納得。
非礼をわびて、女性にパスポートと写真、そして申請料を手渡した。

それにしても感心したのは、この女性の態度。
私がどれだけきつい口調で話しても、終始おだやかな態度で、私の無茶な意見もなんとか聞き入れようと親身になってくれていた。
そして最後に、「心配する気持ちはよくわかる。それは仕方ないことだから、気にしないで」って言ってくれた。

よくうわさで、東南アジアの人たちは日本人のお金をねらって近づいてきて、ぼったくったり利用したりしようとする、なんてことを聞いたりもする。
でも、今まで何度かタイを訪れているけど、そういう人たちのせいで嫌な目にあったりしたことは一度もない。
多くのタイ人は、とにかく観光客をもてなそう、困っている人がいたら助けてあげよう、っていう態度がにじみ出た、ホスピタリティ精神にあふれた人たちばかりだ。
タイ人の友達と遊びにっても、毎回私のほうがおごってもらっている状態だし。

でも、観光客目当ての詐欺が多く発生しているのは事実だし、やっぱり油断するわけにはいかない。
だから、あやしいと思ったら、すぐに信用するべきではないと思うけど、かといって、誰もかれも疑ってかかっては、せっかくの良い出会いが台無しになってしまう。
なかなか難しいな~と思う、今日この頃。。。。

ちなみに今日これから、再び大使館に赴いて、申請したビザを取得に行く予定。
だから彼女が本当に関係者だったかどうか、まだ断言はできないんだけど

無事に取得できますように。

バンコクにて

昨日、福井からタイまで会いに来てくれた友達Hさんが、帰国。
彼女がいてくれた数日間の旅は、本当に楽しかった。
オプショナルツアーに参加したり、オカマさんのショーやキックボクシングを見に行ったり。

そして、ちょっとスピリチュアルな旅だった。
どんな願いでも必ず叶えてくれるという、「エラワンプーム」という祠に行って、お参りしたり。
恋愛成就の神様の祠や、由緒あるお寺に行って、お参りしたり。

巨大な涅槃仏で有名なワットポーでは、占いをしてもらった。
この占いが、びっくりするぐらい当たってる!
こっちからは何も言ってないのに、Hさんの子供の数とか、私の過去のこととか、いろいろ当てていた。

その人の話によれば、いまは引越しや旅立ちに最適な時期だっていうこと。
今年11月以降の1~2年間は、すごく良い恋愛ができて、37歳に結婚して子供は2人、結婚相手は、違う国籍の年下の男性が良い、らしい。

意外と再婚早いな~。でも、私はこの占い信じる。
恋愛成就の神様にもお祈りしたし。絶対大丈夫!

もうひとり、別の占い師さんにも会って、Hさんが占ってもらっていたけど、こちらも良く当たっていたし、話を聞くだけでパワーがもらえたような感じだった。
タイの占い師さんは、すごいかも。

ところで、今日ははひとりでバンコクの安宿に泊ってます。
ここもwifi有料で、しかも使い方が何かとめんどくさいので、思うようにブログの更新ができません。。いまは、近くのネットカフェからこれ書いてます。

明日は宿を移動予定です。
wifiの状況がよければ、iphoneで撮った写真も少しアップしたいなと思います。

靴下を探して[タイ・プーケット]

スニーカー用の、丈の短かい靴下が欲しくて、激安衣料店が並ぶ市場のようなところに行ってみたけど、全然見つからない。
プーケットは年中暑いから、みんな靴下をはかないのかな?と思ったら、アンゴラ混の冬向け靴下を多数発見。って、なんでやねん。
その後30分くらい市場をさまよって、ようやく目的の靴下を見つけた。商品名、「うとがりあ」‥‥