タイの大晦日は、家族親戚が大集合![タイ・スラタニ]

スラタニ滞在、3日目。この日は大晦日(おおみそか)。
タイ人は、大晦日をどのように過ごすのだろう?

私が泊まらせてもらったヨートの実家には、前日の夜から、親戚が15人ほど泊まっていた。
そして大晦日の朝、少し遅めに目を覚まして部屋の外に出てみたら、なんと50人ほどに人数が増えていた!
全員、ヨートの親戚一族なんだろうか? ものすごい大家族だ。

image

写真に映っているのは、親戚の方々のうちの、ごく一部。
家の奥の方と、応接間とおぼしき大きな部屋に、さらにたくさんの人がいた。

台所では、女性たちが食事の準備で大忙し。
私も何か手伝いたかったけど、タイ料理の作る手順や、材料の正体が何だかよくわからないため、何をしたらいいのかさっぱりわからず。
私は、食べる専門に徹した。
朝っぱらから、魚&肉たっぷりのタイカレーざんまい。

しばらくすると、お坊さんが5人、家にやってきた。
お坊さんたちは、大きな応接間に通され並んで座り、お経を読み上げはじめた。

image

親戚の人たちは、お坊さんと向かい合って手を合わせ、ときには一緒にお経を読む。
短いフレーズだけど、みんなお経を空(そら)で言えている。すごい!
私はタイ語のお経なんか言えるわけないので、目立たないよう、すみっこに座って手を合わせ続けた。

タイの田舎では、どこの一族も同じように、大晦日にお坊さんを招くんだろうか?
それとも、この家が大きな家だから特別なのか、よくわかんないけど。
節目にこうやって、仏様や神様にお祈りするというのは、日本と同じだなと思った。

ところで、お経を聞きながら気付いたのは、日本の仏教との大きな違い。

日本では、お坊さんは仏様と向かい合って、信者の人々に背中を向けてお経を上げる。
でもタイでは、お坊さんは仏様と同じ方向を向き、人々と向かいあう形になっている。
これは、仏様とお坊さんに対する、考え方・とらえ方の違いからきているのかなと思った。

日本の大乗仏教の考え方では、人間は死後にみんな仏様になるので、そういう意味ではお坊さんも信者も、仏様を尊ぶというほぼ同列の立場。
でも、タイの上座部仏教では、出家修行せずに死んだ人は、ただの死者で仏様にはならない。
悟りを開こうと修行しているお坊さんは、仏様の一歩手前の存在で、出家していない人々から見れば、敬うべき存在になるのかなーと。
実際、お坊さんと仏様は、同じ「プラ」という単語で呼ばれている。

一方で、日本との共通点もあった。
それは…………お経の儀式が長過ぎる!!

あっさりすぐに終わるものかと思ったら、日本の法事並みに、長〜〜〜い。
タイでは、足を横にくずした状態の座り方が正式なんだけど、それでもかなりきつかった。
ものすごくひさしぶりに、足のしびれを経験した (>人<;)

タイの年末・里帰りの夜[タイ・スラタニ]

タイ・スラタニで、タイ人の年末の里帰りに2泊3日で同行♪

今回は、2日目に泊まった友人ヨートの実家のお話。

初日に夕食をごちそうになったビアの実家は、ややこじんまりとしていて、タイでよく見る田舎の一般的な家って感じだった。
一方のヨートの実家は洋風の作りで、ものすごく立派。

入り口に金持ちっぽい大きな門、その向こうに広がるだだっ広いお庭。
さらに家の裏に回ると、ドリアンやマンゴスチンなど、様々な果実がなる大きな果樹園まであった。

どうやら、一族の本家らしく、この日は15人くらいの親戚が集まっていた。
そしてみんなで手分けして、夕食をつくる。

下の写真は、私がお手伝いに参加した、ホーモックという料理の下準備中。
ホーモックは、タイに来たらぜひ食べて欲しい、私のオススメタイ料理のひとつ!

image

バナナの葉っぱで作った入れ物に、とても香りの良い食べられる葉っぱ(正体不明)を入れて、ココナッツ入り魚のカレー汁を流し込む。
そしてこれを蒸すと、ふんわりと固まる。タイカレー風味の、茶碗蒸しといった感じ?

お料理完成後、私は、茶碗で蒸したバージョンを食べた。
めっちゃ辛いんだけど、風味が良く深い味わいがあって、とても美味しい  *・’(*゚▽゚*)’・*。
ご飯にも合う!
あっという間に一皿平らげてしまった。

image

食事を終えた後、ヨートのいとこと思われる人たちから、
「いまお寺でマノラーをやってるのよ、一緒に観に行きましょう」と誘われ、わけがわからないまま車に乗せられ、お寺に連れていかれた。
マノラーって、一体!?

連れてこられたお寺では、特設ステージが作られ、村人みんな集まって演劇を鑑賞中。
タイの伝統的な衣装に身を包んだ女性が、タイ舞踊をしながら、ステージで声高らかに歌を歌っていた。

image

なんか良く分からないけど、めっちゃ良い声! ちょっと感動。

マノラーとは、タイの古典演劇のジャンルのひとつらしい。
調べてみてもあまり情報が出てこなかったんだけど、「叙事詩に合わせて踊る演劇」、とのこと。
小さな村の、年末のスペシャルイベントなんだろうな〜と思った。

マノラーのステージが終わって、家に戻る。
大人たちはテーブルを囲んでお酒を飲み、子供たちは部屋の中でバドミントンをして(こら!)、賑やかに盛り上がっていた。

この日私は、外国人ということで、いろんな人に声をかけられまくって、正直ヘトヘト。
まだみんな盛り上がっていたところだったけど、先に就寝することにした。

翌日は大晦日。
大晦日、タイの人々はどのように過ごすのか?
続きは次回のブログで ( ´ ▽ ` )ノ

タイの田舎に泊まろう![タイ・スラタニ]

タイの年末年始のお休みは、日本ほど長くはないけど、多くの学校・企業がお休みとなる。
この期間、 実家に帰って家族と過ごすというタイ人も多い。

私のタイ人友人2人が、スラタニという県の同郷同士。
この2人の里帰りに、純日本人の私と、“プーケット生まれプーケット育ち”のもう一人の友人が、物珍しさについて行ってみた♪

スラタニ県は、 プーケットから車で3時間ほど北東の位置にある。
(※ 地図参照。変な地図で申し訳ないけど、無料画像がこれしか見つからなかったので)

image

プーケットを出発したときは、そこそこ良いお天気だったけど、スラタニに着くと土砂降りの雨。
なんでも、プーケットとは雨季になる時期が微妙に違うらしい。
プーケットでは11月頃に雨季がおわるけど、スラタニはその頃から雨季に入る。
私たちが訪れた12月は、まだ雨の多い時期。

……いやでも、これ、一体何でなの?

だって、スラタニよりも、さらに北東に位置するバンコクは、プーケットとほぼ同じ時期に雨季になる。
タイ中央部・北部など、他の地域も同じ。
間にあるスラタニや、スラタニ沖の島々だけが、雨季がずれているという不思議。
友人に理由を聞いたら、「そういうものだから」的なことを言われた。そうですか……

ーーさて、たどり着いたスラタニの中心地は、そこそこ大きな街だった。
でも少し郊外に出ると、どこまでもどこまでも、南国らしいゴムやヤシなどの農園が広がる。 タイ南部っていうのは、ゴム農園をはじめとして資源・産業に恵まれていて、タイの中でも比較的、裕福な地域らしい。

友人ビアの実家も、ゴム農園の森に囲まれていた。
ゴムの木は少し白樺に似ていて、整然と並ぶ様子がとても綺麗。
優しい木漏れ日と、風が木々の葉を揺らす音に、癒される〜〜

image

ビア宅のお庭で、夕食をごちそうになる。
メニューは、手作りのカレーと野菜炒めのようなもの。
カレーは味はおいしいけど、とんでもなく辛かった。タイ人も咳き込む辛さ。

森に囲まれているからか、食事中に寄ってくる蚊が、異様にでかくて怖い。
私は、長袖のスウェットにジーンズという、かなりの重装備でこの田舎滞在に挑んだけど、巨大蚊はひるむことなく、スウェットとジーンズの上から刺してきた(−_−;)
でも刺されてもそれほどかゆくなく、しばらくすると無くなっていた。

ビア宅は、この日親戚がたくさん集まっていて、家自体もそれほど大きくなかったので、私と友人は、近所にあるホテルに宿泊。

翌日は、ビア以外の3人で、もうひとりの友人の実家へ。

その話は、また次回のブログで( ´ ▽ ` )ノ


↑ゴムの木の森