タイでのスコーピオンズ絶大人気が、すごく気になる今日この頃

以前、タイ人の友人数人と一緒に、カラオケに行ったときのこと。

私が、マライアやマドンナなどの古い洋楽ばかり歌っていたら、友人男性のひとり(20代後半)が、
「スコーピオンズは? スコーピオンズは歌える!?」
と言ってきた。
(※知らない方のために一応。スコーピオンズって、70~80年代に人気を博したドイツのハードロックバンド。)

えぇっ? 女性Pops歌手の曲ばっかり歌ってた私に、
なぜ、いきなりスコーピオンズ。

それに、20代なのに古いロックにずいぶん詳しいんだなーと思ったら、そうではなくて、彼は完全なタイ演歌ファンで、唯一よく知っていて好きな洋楽の曲が、スコーピオンズだったってことらしい。

これ以後、意識するようになったので気がついたけど、タイにいると、日常生活でスコーピオンズを目にしたり耳にしたりする機会が、すごく多い。

車のラジオでかかっていたり、お店のBGMで流れていたり、バーで生演奏していたり。
CD屋さんに行くと、ベスト盤やライブのDVDがやたら目につく。

気になってネットで調べてみたら、「タイでは、1家に1枚スコーピオンズのカセットテープ」って言うことが書いてあるブログを見つけた。
ヘタすると、ビートルズよりも知られてるのかも、というぐらいの絶大人気だったらしい。そうだったんだ!

これは、ちょっとびっくり〜〜。
別に、スコーピオンズを否定するわけじゃなくて(^^;
日本だと、多分20代の人はほとんど知らないと思うし、ロックに詳しい人や洋楽ロックファンでも、一番好きなバンドにスコーピオンズを挙げる人は、かなり少数派なのでは?

一方で、日本で人気の高いエアロスミスやボン・ジョヴィなどのアメリカのハードロック勢は、タイ人にはそこまで人気はないみたい。
同じ洋楽ハードロックでも、国によって好みの差ってあるんだなー。

でも、どうしてスコーピオンズがそんなにタイ人の心をとらえるんだろう? 理由は、まだ良く分かんない。
タイに長く住んでいたら、わかってくるかもしれない。

スコーピオンズ、今までの人生ではじっくり聴く機会がなかったけど。
タイ在住のロック好きとして、これは一度CDを聴いてみないと!

そういうわけで、↓は私が知ってる数少ないスコーピオンズの曲のひとつ、「Wind of Change」のビデオ。
良い曲♪( ´▽`)

プーケットで象乗り

ううう……(ノД`)

仕事が忙しくてゆっくり文章を書いている時間がないので、今日もまた思い出写真のUP。

今回は、プーケットの象さん。

タイには、観光客が象に乗れる場所がたくさんあるけど、プーケットの象乗りが他と少し違うところは、「ゴムの木の森を探検できる」っていうことかな。写真も、ゴムの森。

そういや、スマトラ地震の津波がプーケットに押し寄せたとき、津波が来る直前に象さんがみんな暴れだして、一斉に山に登っていったから、それで何人かの観光客が助かったって言う話を、これ書いてて思い出した。

象には、未知の能力がまだまだたくさんありそう。

チェンマイのエレファントキャンプ


旅の思い出写真、[タイ・チェンマイ]のエレファント・キャンプ。
まだプーケットに住み始める前、2010年のクリスマスに友人と訪れた。

この写真、私が撮ったものではなくて、同行した友人が撮ったんだけど……別に載せてもいいよね、多分(^^;。
この日私は、カメラのバッテリーを充電器にさしたまま、ホテルに置いてきてしまうという失態をやらかしていた。

チェンマイには、いくつかのエレファント・キャンプがある。
エレファント・キャンプは、象の保護と、象使いの育成を目的とした施設。
象さんに乗ってジャングルを探検したり、可愛い象さんたちのショーを見ることができる。

2枚目の写真は、象さんが鼻で描いた絵。どれも味があって、とても可愛らしい (´∀`)♥
絵を描くところは、ショーの中で見ることができるんだけど、本当に器用に筆を操って描いていた。

たまにいる、絵心のない人間より、よっぽどうまいのでは

日本とは少し違う、タイの野菜たち[タイ・プーケット]

前回の日記でタイの市場について書いたので、今回はその続きで、タイの野菜について( ´ ▽ ` )ノ

タイの市場で売られている野菜は、こんな感じ。

image

もうこの写真がすべてを物語っていると思うけど、タイの市場には、見慣れない野菜がいっぱい!
まん丸い緑の野菜、やたら細長い野菜、正体不明のこれらは一体!?

ーー 実は、見た目が全然違っているだけで、どれも、日本でもおなじみの野菜ばかり。
丸い緑のものは、なんとナス。長細いのは、いんげんのようなもの。
写真をよく見ると、他にも白菜や人参など、なじみのある野菜が他にも色々並んでいる。
和食、洋食、どんな料理でも、大体のものは、市場で手に入る食材で作ることができる。

一方で、タイには、日本に無い種類の野菜もたくさんある。
特によく目にするのは、鍋や炒め物に使われる、雑草っぽい葉野菜類。
名前はわからないんだけど、いろんな種類があって、意外とクセが無くどれも美味しい。
でも、どういう風に料理したら良いのか
まだイマイチわからないので、自炊用には買わないけど。

ところで、以前アメリカに行ったとき、ナスやカボチャ等の野菜がやたら大きくて、ビックリしたことがあった。
タイに住む前は、タイも大きい野菜が多いのかな、なんて想像してたけど、実際はそうでもなかった。
むしろ、日本より小さい野菜が多い。

たとえばキャベツなんかは、手のひらサイズ!

image

……まあこの写真はちょっと極端な例で、実際はもう少し大きいものが多いんだけど、それにしても日本よりずっと小さい。

白菜、大根、人参、ゴーヤーなども、やたらと小さい。
日本より大きいなーと思ったのは、かぼちゃぐらいかな。
あとはたいてい、可愛らしいミニサイズ。どうしてなんだろう?
味は普通に美味しいから、別にいいけど〜〜。

タイの人々の生活に欠かせない市場[タイ・プーケット]

タイに住んでいて、日用品や食料品を買いに行く場所といえば、日本と同じように、スーパーマーケットとコンビニが挙げられる。

でもそれとは別に、昔ながらの市場(タラートと呼ばれる)も、多くのタイ人に日常的に利用されている。

image

写真は、うちのすぐ近所の市場。
屋根付きで、様々なものがとても安く売られている。

野菜や果物はもちろん、肉や魚介類、調味料、日用品、さらにはCDや化粧品、洋服なんていったものまである。
小規模なスーパーマーケット並みの品揃えで、スーパーより安い。
タイ国内の、そこそこ大きい街なら、どこの地区にもたいてい一か所は市場があるのではないかと思う。

こういった市場で目立つのが、カレーや炒め物など、様々な料理を売るお惣菜屋さん。

image

バットに入ったおかずの中から、好きなものを選ぶと、袋に入れてもらえる。
1種類40バーツ、一人で食べるんだったら、おかず1種類と白いご飯でお腹がいっぱいになる量。

見た目に美味しそうなので、今までいろんなおかずをチャレンジして買ってみたんだけど、なんか……どれもこれも口に合わなかった。
異常に辛かったり、酸っぱすぎたり、生臭かったり、これアク取ってないでしょ?って味だったりーー。

「ローカル向けの市場の味は、やっぱり日本人には合わないのかな?」と、ずっと思っていたんだけど。
先日、用事で遠くのエリアに行くことがあったので、そこの地区の市場でお惣菜(カレーと野菜炒め)を買ってみたら、めっちゃ美味しかった!
要は、うちの近所の市場のお惣菜が、イマイチだったってことみたい……なんだ、残念(;_;)

行く時間帯によって、売られているものが違うっていうのも面白い。
朝早く行くと揚げパン屋さんだった場所が、夕方頃になると夜ごはん向けのお惣菜屋さんにチェンジしていたりする。

市場は、いつ行ってもたくさんの人で賑わっている。
外資系のこぎれいなスーパーやコンビニが、どんなにたくさん作られても、市場を訪れる人が減ることは無いのでは?
タイの人々にとって、市場は欠かすことのできない存在なんだと思う。