プーケット・プロムテープ岬の夕陽

プーケット島最南端にある、プロムテープ岬。

プーケットで一番きれいな夕陽が観賞できるとして、観光客にも地元民にも人気のスポットだ。
広大なアンダマン海にゆっくりと太陽が沈んでいき、空の色がグラデーションで変化していく様子は、ただただ美しかった。

一枚目の写真、カップルが静かに寄り添い合う、ロマンチックな光景を撮ったつもり……
が、写真拡大してよく見たら、この二人、携帯電話をいじってるだけだったらしい (´Д` )
まあいいけど。

タイ版「料理の鉄人」にフレンチの坂井シェフが登場

毎週水曜深夜、タイのテレビでタイ版「料理の鉄人」が放送されている。
日本では、リバイバル版の「アイアンシェフ」が、視聴率不審で最近打ち切りになったと聞いたけど、タイでは今もこの番組が大人気。

今日の放送では、なんと元フレンチの鉄人坂井シェフが登場!
タイの鉄人シェフと、対戦していた。

なつかしい〜 坂井シェフ。
「料理の鉄人」が終了になってから10年以上たつけど、まだまだお元気だった。
ナレーションがタイ語なので、何を作っているのかあまり分からなかったけど、美味しそうな食材の数々と美しい盛りつけに、思わずヨダレが出そうに……(*´∀`*)

番組の進行は、日本の「料理の鉄人」とほぼ同じ。
決められた時間内に料理を作り、審査員が試食して勝敗を決める。
今日の審査員は、半数が欧米の有名シェフたち。公平な審査をしてくれそうだ。

そしてこの日の勝敗は……
なんと、タイの鉄人シェフの勝利!

日本の鉄人シェフが、坂井シェフが負けるなんて、そんなバカな〜
。・゚・(ノД`)・゚・。

でもたしかに、タイ人シェフが作る料理も、盛りつけといい作る行程といい、本当にレベルが高かったと思う。

タイに住み始めて以来、私は今のところ、高級レストランとは縁がない生活を送っている。
でもいつか機会があれば、こういうシェフがいるレストランにも行ってみたいな〜

“日本のメーカーのふり”をしている電化製品[タイ]

タイで電気屋さんに行くと、日本や韓国のメーカーの商品に混じって、タイ・オリジナルの電化製品も数多く売られている。
それらの中には、なんとなく日本語っぽい語感のブランド名をつけて、“日本のメーカーのふり”をしているものがけっこうある。

たとえば、うちの扇風機「Hatari」。

image

「ハタリ」。
日本人からすれば??だけど、なんとなく響きが日本語っぽい。
実際、Hatariは日本の会社だと勘違いしているタイ人が、ときどきいる。
タイではメジャーなブランドで、タイの扇風機の大半は、このHatari製。

続いては、うちの天井のファンのスイッチに書いてある、「HUSAN」。

image「フサン」。

一緒に書かれているロゴマークから察するに、「富士山(Fujisan)」を意識した名前なのかなと思う。
韓国の「釜山」も入ってるのかも?

そして今日、たまたま行ったレストランに置いてあった新聞の広告に、こんなメーカー名を発見!

image

電気機器メーカー「MISUSHITA」。

MISUSHITA。ミスシタ。……“ミスした”? (´Д` )

たぶん、「三菱」とか「松下」とか色々な会社の名前を、なんとなく組み合わせて作ってみたんだろうけど。
それは、ブランドの名前としてはあかん過ぎでしょ!

日本語についてろくに調べもせず、堂々とブランド名にしてしまうところが、タイらしいユルさだなーと思う。

 

シミラン諸島ターチャイ島、一日ツアー♪

プーケットから車で2時間&スピードボートで1時間ほどの距離にある、ターチャイ島。

昨年12月に、語学学校の先生たちと、1日ツアーで行ってきた♪

ターチャイ島は、ダイビングスポットとして有名な、シミラン諸島の島のひとつ。
人は住んでおらず、ツアーを利用しないと訪れることができない島。
そのツアー自体も、まだ数年前からスタートしたばかりらしいので、知名度が低く、訪れる観光客はまだ少ない。
ビーチの砂は真っ白でサラサラ、島内には手つかずの自然が残っていて、開放感は満点!

島へと向かうスピードボートに乗り込む時、履物は全部スタッフに預ける。
だから、島内では、ずっと裸足で行動することになる。

ジャングルの中に入り、「チキンクラブ」と呼ばれる蟹を探すハイキング企画に参加してみたんだけど、それも必然的に裸足。
草が生い茂り、枯れ木や小石がゴロゴロ落ちている森の中を、裸足で歩くなんて(゚д゚lll)、そんなの無理、絶対怪我する!!
とか最初は思ったんだけど、思ったより平気だった。人間の足の裏って意外と頑丈。

チキンクラブは、木の根っこを探すと、高確率で見つかった。
女性の握りこぶしぐらいの大きさで、可愛いカニさん♪
なぜ「チキンクラブ(ニワトリ蟹)」と呼ばれているかは……ガイドさんが説明してたけど、忘れちゃった(ごめんなさい)。

機会があったらぜひ、ツアーに参加して、その理由を確かめてみて下さい( ´ ▽ ` )ノ

KFCのタイ限定メニュー、グリーンカレー[タイ・プーケット]

タイのケンタッキー・フライドチキン(以下KFC)には、タイらしいごはん物のメニューがある。

image

フライドチキン付き、グリーンカレー! 

これが、なかなか美味しい。あなどれない。
衣サックサクで、中身は超ジューシー
♪♪なフライドチキン!
カレーはけっこう辛い、本格派。

お皿のカーネル・サンダースが良い感じ。
このお皿、欲しい……。

他にもご飯もののメニューは2種類ぐらいあるんだけど、このグリーンカレー以外は、辛すぎて私には厳しかった (´;ω;`)
お子様もやってくるファーストフード店なのに、激辛って……

タイでKFCを食べると、毎回、「あれ?KFCってこんなに美味しかったっけ?」って思う。
もしかしたら、日本のよりタイの方が微妙に美味しいのかも?
日本にいるときはKFCってほとんど食べてなかったから、味を忘れているだけなのかもしれないけど。

タイの人は鶏肉が大好きなので、KFCも大好き。
マクドナルドに匹敵、というか、もしかしたらそれ以上に人気があるかもしれない。
KFCは、タイ人の好みにピッタリハマったファーストフード店なんだと思う。