プーケットタウン「オールドタウン(旧市街地)」を探検!おすすめスポット紹介 ★パンガー通り編★

PHUKETTOWN

今月はじめにパソコンが壊れた後、約1週間はほとんどまともに仕事ができず、毎日ヒマヒマ状態だった。
かといって先行き不安な状態で、パーッとお金を使って遊びに行くわけにもいかず……
じゃあ、お金をかけずに地元の観光スポットをじっくり歩いてみよう!と思って、半日かけてプーケットタウンのオールドタウン(旧市街地)を散歩してみた。
今日からしばらくは、オールドタウンの見どころを紹介していく予定♪

プーケットタウンのオールドタウンは、プーケットが錫の貿易港として栄えた19世紀頃〜20世紀初頭の建物や民家が、今も多く残るエリア。
オールドタウンの町並みは、中国とポルトガルの建築様式を取り入れたプーケット独自の「シノ・ポルトガルスタイル」の建物が並び、独特の風情がある。
地元の人達は、ここを世界遺産に登録しようと活動しているらしい。

オールドタウンの一番中心になっているのは、「タラン通り(Thanon Thalang)」。
そして、ここと南北に並行している「ディブーク通り(Thanon Dibuk)」と「パンガー通り(Tanon Phanga)」、さらにそれらをつなぐ「ヤワラート通り(Thanon Yaowarat)」、「テープカサトリー通り(Thanon Thep-Kasatri)。
このあたり一帯に、オールドタウンらしい歴史ある建物が点在している。
ただ歩くだけなら、所要時間30分ほどでほとんど回れると思う。

今回の日記ではまず、テープカサトリー通りとパンガー通りの交差点からスタートして、パンガー通りをお散歩 ( ´ ▽ ` )ノ♪

こちらの時計塔がオールドタウン・パンガー通りのスタート地点。

img6

この時計塔は、「プロムテープ・ビル」と呼ばれていて、100年以上前に警察署として建てられたビルらしい。
時計塔と、手前の古い建物にはさまれた通りがパンガー通り。手前の建物も100年以上の歴史がある。

パンガー通りはわりと静かな通りで、ほとんどは地元の人向けのお店ばかり。
でもところどころ、外国人向けの雰囲気の良いレストランやパブがちらほらと点在している。

また、新鋭タイ人アーティストのアトリエやギャラリー、洗練されたアジアン雑貨を取り扱うショップなど、アート好きな人なら興味を引かれるような場所も多い。
タイの若いアーティストたちって、近年とても注目されつつあるらしいですよ〜

PHUKETTOWN
PHUKETTOWN

そんなパンガー通りの突き当りちょっと手前に、中華寺院の入口がある。

img2

ここは「セン・タム寺院(Saeng Tham Shrine)」といって、19世紀に錫の貿易で財産を築いた、裕福な華人の一族が建てたもの。
プーケットは昔から中華系の移民が多いので、中華系の寺院もとても多くて島のあちこちで見られる。
ここもそのひとつだけど、他の寺院と比べると建物の装飾の色使いが綺麗で、見応えがあると思う。

phukettown

本堂の屋根の装飾も豪華で個性的。
調べたら、福建省のスタイルを取り入れているとかで、屋根が独特ということでそこそこ有名な寺院らしい。

phukettown

中国寺院って、見かけるたびに立ち寄るんだけど、どうやってお参りをすればよいのかわからなくて、いつも悩む……
神社のようにはいかないだろうし、タイ仏教式の拝み方も違うだろうし。
こういうの教えてくれる中華系のお友達が欲しい〜。

これで、ひととおりパンガー通りの見どころを紹介したんだけど、あともう一箇所、この通りを象徴する有名な建物がある。
某ハリウッド映画の撮影でも使われたその有名スポット。詳細は、次の日記で♪

◎パンガー通りの場所

大きな地図で見る

偶然の巡りあい。タイ・地方名物のニワトリの陶器を買ってみた

niwatori1

下記のリンク先のブログではじめて存在を知ったんだけど、タイのランパーンというところで作られている、「ランパーン名物のニワトリの絵の食器」というものがあるらしい。

http://www.thaich.net/bangkoktsushin/20130817a.htm

ランパーンはもともと陶器の生産がさかんで、作られる陶器に町のシンボルであるニワトリの絵を入れたことで、名物になったとのこと。
なぜ町のシンボルがニワトリなのかは、なんか昔話みたいなのが由来しているみたい。

リンク先の写真を見ると、ニワトリの絵可愛いし、他ではあんまり見ない感じの絵柄だし、なにこれ、めっちゃ欲しい!!
……って思ったけど、北部の町ランパーンは、わざわざそれを買いに行くにはあまりにもプーケットから遠すぎる。
「いつの日か絶対、ランパーンを訪れてニワトリの食器を手に入れよう」なんて心に誓った、わずか数日後。

近所のデパートにたまたま出かけたら、たまたま地方物産展みたいなのをやっていて、そこでランパーンのニワトリ食器を売っているブースを発見。
存在を知った数日後に巡りあうなんて、なんていう偶然 (*´∇`*)♪

お皿やお椀など、さまざまな種類の陶器が売られていたけど、私はフタと茶こしがついたマグカップを選んだ。
値段を聞いたら、なんと100バーツ(約300円)。安!
実際手にとってみても、そんな値段とは思えないくらい作りがしっかりしている。
ちょっとやそっとじゃ割れなさそう。

niwatori2

上の写真は、フタ&茶こしと、カップ部分を分離させたところ。
フタを裏返すと、茶こし置きになるのですごい便利。

これを買ってからもう2週間ぐらいたつんだけど、ほぼ毎日、大好きな中国茶の茶葉をいれて大活躍。
あ〜〜こんなに安くて役に立つなら、日本に帰った時のおみやげ用にいっぱい買っておけばよかった。
物産展はもうとっくに終わってるし、プーケットにいる限りは当分手に入らない。

当たり前のことかもしれないけど、日本で言う「有田焼」だとか「九谷焼」みたいに、タイにも地方名産の工芸品っていうのがやっぱりあるんだなー、と思った。
プーケット名物の工芸品ってあるのかな? 一度調べてみようっと ( ´ ▽ ` )

【ブログ再開!】タイ語キーボードに生まれ変わった私のMacBook

macbook

愛用のノートパソコン(MacBook)の故障が原因で、ブログをずっとお休みしていましたが、本日よりまた再開します( ´ ▽ ` )ノ。
しばらくの間、ご心配をおかけしましてごめんなさい。私はとっても元気です。

前回のブログで書いたように、パソコン用の液体クリーナーを使ってキーボードをそうじをした結果、壊れて電源が入らなくなった私のMacBook。
修理屋さんに持っていき約1週間の検査の結果、キーボード自体を交換しなければならないと判断され、費用は約2万円と言われてしまった。
それでも、約10万円はする新品MacBookを買い直すよりははるかに安上がりだし、中に入っているアプリケーションやデータも必要なので、修理することを決意。

それからまた1週間たった今日、無事に交換作業が終わり、
愛用のMacBookは、タイ語のキーボードに変身して手元に戻ってきました〜♪

なぜタイ語になってしまったかというと、日本語キーボードだと取り寄せのため1ヶ月以上かかると言われたので。
それに、普段からローマ字入力でカナ入力なんてやらないから、日本語の文字は必要ないし。
実際にいまこうして使っていても、不自由はほとんど感じない。

タイ語は、日本語と違ってローマ字入力ができない。
必ずキーボード上の文字を見ながら入力しないといけないので、タイ語を入力しようと思ったら、タイ語キーボードが必須。
私はタイ人の友達ともFacebook等でやりとりをするので、実際日本語キーボードよりこっちの方が私にははるかに有用性がある。

見た目にはまだ違和感があるけど、なんとなく、日本語キーボードよりカッコいいかも?
今後ますますパソコンでタイ語を使う機会が増えそうで、なんだか楽しくなってきたな〜♪

ところで、タイ語キーボードでも交換には2週間以上かかると言われていたので、その間の緊急策として実は約3万円のWindowsノートパソコンを購入してしまっていた私……
なのにたった1週間でMacが戻ってくるとは、なんだか少し損した気分 (´;ω;`)。
でも、1週間全く仕事しなかった場合の損害は、クライアントからの信用を失うことを含めて3万円では済まないだろうし、まぁ仕方なかったのかなと思うけど。

それに、MacBookProは外に持ち運ぶには重たいし自分にとってあまりにも大事すぎたので、これからは旅先やカフェでのお仕事にWindows君が活躍してくれそう。
仕事上でも、MacとWindowsが両方あった方がいろいろと便利なこともあるし、以前からサブコンピューターは欲しいと思ってたので、ちょうど良い機会だったのかもしれない。

それにしてもタイのパソコン修理屋さんって、思っていた以上に仕事が早くて頼りになるんだなー
ちょっと意外……?