格安タイ留学!一年間留学ビザ取得タイ語コースがわずか27,000B「カトゥー・プーケット・ランゲージスクール」

SONY DSC

1年留学ビザ取得コースが27,000バーツ(約8.5万円)〜、業界最安値クラス!
治安の良いビーチリゾート・プーケットで楽しくタイ語・英語留学ができる、
「Kathu Phuket Language School(カトゥー・プーケット・ランゲージスクール)」
⇒「激安タイ留学 カトゥー・プーケット・ランゲージスクール」オフィシャルサイトはこちらから

ご存知でしたか? タイでは、観光ビザを利用すると連続で最大60日までしか滞在できません。
60日ごとにマレーシアなどの隣国に出向くことになるのですが、これは大変面倒で、レジャー目的での長期滞在を希望している方の大きな壁になっています。

でも、1年間の留学ビザを取得すれば、1年間出国無しでの滞在が可能になります!

Kathu Phuket Language School は、タイ国教育省の公式認定校。
半年以上のコースを受講することで、留学ビザ(ノンイミグラントEDビザ)を取得することができます。
また、短期旅行者向けに、1週間〜1ヶ月程度で完了する短期コースもあります。
⇒詳細「タイにレジャー目的で長期滞在を希望の方」

コースは、タイ語と英語があります。

アメリカやヨーロッパでの英語留学はとてもお金がかかりますが、物価の安いタイなら、アメリカやヨーロッパの1/2以下の予算での留学が可能です。
英語留学にも、Kathu Phuket Language School はおすすめです。
⇒詳細「安く・ストレス無く海外留学したい方」

タイに長期滞在をご希望の方、とにかく安く留学したい方は、ぜひ一度「Kathu Phuket Language School」オフィシャルサイトを御覧ください。
⇒「激安タイ留学 カトゥー・プーケット・ランゲージスクール」オフィシャルサイトはこちらから

今回紹介した Kathu Phuket Language School について、より詳しい内容を知りたい方や受講お申込みをご希望の方は、このブログのコメント欄からお問い合わせいただいても結構です。

実は、上記 Kathu Phuket Language School オフィシャルサイトの制作者および運営者は、私です ( ´ ▽ ` ;)。
私が、Kathu Phuket Language School オフィシャルサイトのサポートスタッフとして、日本人の方からのお問い合わせも対応しています。

デザインのレイアウトとか雰囲気がこのブログと似てるような気がするかもしれませんが、大目に見てやってください……(´;ω;`)
ほぼ無報酬のボランティアで作ってます。

今後も、Kathu Phuket Language School オフィシャルサイトをよろしくお願い致します。

プーケット・オールドタウン夜のライトアップ

phuket town old town

プーケットオールドタウン周辺では、夜になると、多くの建物の軒先に中華風の提灯の明かりが灯る。
これがとても幻想的なので私は大好きで、ある晩、写真を撮りに行ってみた。

オールドタウンの中心地、タラン通りに行ってみると、なんか私が今まで思っていたのと様子が違う……?

phuket town old town

家々の窓が、ライトアップされてる!

しかも、時間の経過にともなって、少しずつ色が変化するようになっているみたい。

img6

phuket town old town

以前はこんなライトアップはなかったように思うんだけど? 
最近はじめたのか、それともたまたま私が今まで気が付かなかっただけなのか……

うーん、でも……

phuket town old town

こういう、提灯だけのライトアップの方が、雰囲気があって良かったような気がするな〜
なんかテーマパークのような感じになってしまったかも?
地元の人達はどう思ってるんだろう?

でも、色が刻々と変わっていくオールドタウンのライトアップ、他の場所では見られない光景だし、きれいなことには間違いない。
この通り沿いは、夜になるとほとんどのお店が閉まってしまうから、夜にここを訪れた観光客ががっかりしないようにとの配慮なのかも。

phuket town old town

というわけで、何回かに分けて紹介したオールドタウン散策記は、これが最終回♪
でも、オールドタウンはまだまだいろんな見どころや素敵なお店がたくさんあるので、またぼちぼちと紹介していければなーと思ってます。

プーケット・オールドタウン独自の建築様式が見学できるカフェ「CHINA INN cafe & restaurant」

china-inn-cafe

プーケット・オールドタウン(旧市街地)一人散歩で、新しく発見した素敵なお店が「CHINA INN cafe & restaurant」
タラン通り沿いにあり、前回のブログで紹介したおすすめのお店「KOPI TIAM」とはお隣同士。

☆前回の記事☆
⇒プーケットタウン「オールドタウン(旧市街地)」を探検!おすすめスポット紹介 ★タラン通り編★

プーケットのオールドタウンは、古い時代から貿易と錫の採掘で栄えた歴史があり、中国とヨーロッパの影響を強く受けた、シノ・ポルトガル様式と呼ばれる独自の建築スタイルが作られた。
特にタラン通り周辺の建物は、ほとんどが独特の長屋スタイルで、入り口は狭く奥に長い造りになっているのが特徴。

こちらの「CHINA INN cafe & restaurant」は、そんな古い時代のプーケットの建築スタイルが見学できる、数少ないスポットのひとつ。
入り口はこんな感じ。

2

中国に迷い込んだのかなと思うくらい、完全に中華テイスト。
名前も「CHINA INN cafe & restaurant」なので、もしかしたら昔は中華風の民宿だったのかな?

中に入ると、テーブルには不思議な食器のようなものが並べられ、壁にはレトロな写真が飾られた、謎空間が。

3

中国の骨董品屋さんかお茶屋さん??のような雰囲気。ここは一体何のためのスペース……?
明かりが少なく誰もいないので一瞬躊躇するけど、構わず奥の部屋に進んでみると、さらにそのまた奥にも建物が続いている。

china-inn-cafe

民家のようなスペース、おみやげ屋さんとレジのスペースを抜けたら、その先には、左右を隣家に挟まれた細長いオープンテラスが。

china-inn-cafe

どうやら、建物はこのテラスのさらに奥まで続いていて、一番奥には厨房があるみたい。
とにかく建物の奥行きの長さにびっくり。
そしてインテリアや調度品は、中国風であったり洋風であったりのミックステイスト。
まさに、プーケットオールドタウンのスタイルといった風情。

この日はとても暑く体力を消耗していたところだったので、元気になりそうなジンジャー&蜂蜜ベースのフルーツシェイクを注文。
店員さんによるとスイーツがおすすめとのことだったので、追加でアップルパイを注文した。
ジンジャー&蜂蜜のシェイクも、アップルパイも、甘さ控えめな上品なお味でとっても美味しい♪♪

6

なんだなんだ〜、こんな素敵なお店が、こんなところにひっそりとあったなんて。
プーケットもまだまだ、私が知らない名スポットが本当にたくさんあるんだなー。

お客さんが私以外に誰もいなかったせいもあるかもしれないけど、周囲の喧騒がうそのように静かで穏やかな空間。
吹き抜ける風が心地よく、まるで時間が止ったような、くつろいだ時間を過ごすことができた。

オールドタウンに来たら、その独自の文化を楽しむといった意味でもこのお店は本当におすすめ♪
でもどっちかといえばデート向けではなく、ゆっくり読書でもしたいお一人様か、ささやかなおしゃべりを楽しみたい女子同士向けかも?

↓「CHINA INN cafe & restaurant」の地図
(※うまくリンクできなかったので、横の「KOPI TIAM」の地図を表示しています。)

プーケットタウン「オールドタウン(旧市街地)」を探検!おすすめスポット紹介 ★タラン通り編★

img3

古い時代の風情ある建造物が今も数多く残る、プーケットのオールドタウン。
今回は「タラン通り」をご紹介♪

☆前回までの関連記事☆
映画「ザ・ビーチ」のロケに使われたプーケットタウンのホテル「オンオンホテル」
プーケットタウン「オールドタウン(旧市街地)」を探検!おすすめスポット紹介 ★パンガー通り編★

タラン通りは、オールドタウンの中でも特にオールドタウンらしい町並み。
ここがオールドタウンの中心地になるので、初めて観光に来られる方は、とりあえずこの通りを見ておけばOKかと (*´∇`*)。
並んでいる商店や民家のほぼすべてが、19世紀〜20世紀初頭から残る建物か、またはその建築スタイルを取り入れている。

img4

この通り沿いの建物は、入り口は小さいけど、京都の長屋のように長細く奥まで続いている構造になっている。
玄関の扉が開いている建物の中をちょっと覗いてみると、入口から少し入ったところが、中華風の神様(?)の祭壇用の部屋になっていることがある。
以前は「ここはお寺か神社なのかな?」と思っていたけど、調べてみたら、どうやらこれらは普通の民家で、祭壇は外から生活スペースが見えないようにするための目隠しの役目をしているらしい。

タラン通りの家々の窓は、形がさまざま。
窓の形によって、それぞれ建てられた時代が違う、とのこと。

SONY DSC

写真真ん中あたり、上部が半円状になった窓の2軒は、手元のガイドブックによると20世紀初頭のネオ・クラシカルスタイル。
シンプルなよろい戸の窓ならそれより古い時代で、中国文化の影響が特に強いスタイルらしいんだけど、もしかしたら写真手前や左のピンクの建物がそうなのかも?(……自信無し)
写真には写っていないけど、1920年頃以降のアール・デコ調の建物もある。
私はあまりこういうことには詳しくないけど、いろいろと調べてじっくりと建物を観察すると、本当にいろいろな発見があって楽しい♪

なにしろ中華系の移民がとても多い街なので、中国っぽいインテリアのお店もたくさん。
以前友達に連れてきてもらって、以来お気に入りなのはこちらのお店。
「KOPI TIAM」。

img2
img1

入り口は完全に中華風。でもお料理は、ほぼ全部タイ料理。
このお店の名物の「コピ」(=プーケットスタイルのコーヒー)やプーケット名物ホッケンミーなどが楽しめる。
お料理も飲み物もどれも美味しいし、ノスタルジックな内装も素敵だし、価格もリーズナブルでおすすめ♪

さらに、最近になってまた素敵なお店を発見!
続きは次回のブログで。

↓「KOPI TIAM」への地図

大きな地図で見る

日本に一時帰国してます

10月4日から日本に一時帰国してます。
帰国中は、ブログの更新は一時お休みします。
タイには15日頃戻る予定なので、そのころに再開予定いたします。

ベジタリアン・フェスティバル(ギンジェー)の開催日にタイを出て、終了日の翌日に戻ることになるので、まるでギンジェーから逃げたような感じになってますが、まったくの偶然です。
飛行機のチケットとった後に気が付いて、ショックを受けました。
今年もパレード見たかったのに~(T_T)