プーケットタウン市街地のアパートから、郊外のコンドミニアムへお引っ越し

apartment in phuket

今週末、プーケットタウン郊外の新築コンドミニアムへ引っ越すことになった。
知人が所有しているコンドミニアムを又貸ししてもらう形なんだけど、家賃は今のアパートと同じ、5,000バーツ。
本来なら8,000バーツ以上は払わなくてはいけないところを、知人の好意で安く貸してもらえることになったので、引っ越しを決めた。

引越し先のコンドミニアムは、去年建てられたばかりで、セキュリティーがしっかりしていてプールとフィットネス施設付き。
大型の液晶テレビやフカフカマットレスのベッド、モダンなデザインの家具やカーペットがあらかじめ備え付けられている。

一方の今のアパートは、プールもフィットネス施設もない、少し年季の入った建物。
備え付けの家具は古臭い木目調であちこち傷んでいて、テレビは懐かしのブラウン管、そしてタイル貼りの床。
アリだのGだのがしょっちゅう現れて悩まされた。

でも、なぜか心が落ち着いて、大好きな場所だった。

いつも親切に面倒を見てくれた若い管理人夫婦、階段ですれ違うといつも微笑んでくれた住人たち、バルコニーから見えるピンク色の夕焼け、通路にこだまする話し声や笑い声。
これらすべてと離れてしまうと思うと、なんだか寂しくなってくる。
上の写真は、思い出に今のアパートのバルコニーから撮った景色。

新しいコンドミニアムはここからバイクで5〜10分ぐらいの距離だけど、いったん引っ越してしまうと、もうこの近所のお店にはほとんど行かなくなるだろう。
そう思って、今週はアパート周辺のレストランをいろいろと回って満喫している。

今日のお昼に食べた、大好きな魚フライ入りタイラーメン(クイッティアオ)。よく通っていたお店だけど、今日も美味しかった〜〜
これから滅多に食べにこなくなるんだろうなー。

thai noodle

このお店もそうだけど、私はこのあたりのほどんどのお店の店員さんから、顔を覚えられていた。
外国人がほとんど住んでいない地域だったので、私みたいにローカルな食堂で一人で食事をする日本人女性がめずらしかったんだと思う。
私がお店に入ると、ニッコリとあいさつをしてくれて、「いつものアレでしょ?」と聞いてくれたり、がんばってたどたどしい英語で話しかけてくれたり。街でバッタリ会った時も、話しかけてくれたり。
おかげで、いつもひとりでいても寂しい気持ちにはならなかった。

そういえばこんなことがあった。

先月日本に一時帰国後、またタイに戻ってしばらくしてから、近所の日本語が話せる食堂のおばちゃんから電話がかかってきた。
「Akiko〜!日本に帰っちゃったの?もうタイに戻ってこないの?」と。
私はこの時点ですでにタイに戻っていたので、それを言ったら彼女は安心していたけど、その彼女には日本に帰ったことを伝えてなかったのに、なぜかそれを知っていた。
不思議に思って聞いてみたら、「近所の人から聞いたよ〜」と言う。
私、管理人さんにしかこのこと言ってなかったのに。私が日本に帰ったことが、近所のちょっとした噂になっていたらしい ( ´ ▽ ` ;)。

そんな感じで、このアパートの周辺は、人と人とのつながりが深いとても人情味のあるところだった。
タイはほとんどの場所がそんな感じなのかもしれないけど、引越し先のコンドミニアムの周辺は、近代的なコンドミニアムが集まったエリアで、今のような近所の人との温かいふれあいはあまり期待できそうにない。

でも、在宅勤務の私は一日のほとんどは部屋で過ごすから、同じ値段ならやっぱり良い部屋に住んだほうが良い。
そういうわけでコンドミニアムに引っ越すことに決めた。

これからちょっと寂しくはなりそうだけど、引越し先でも、良い出会いがあるといいな〜。

どんより天気の中、鳴き砂で有名なプーケット・カロンビーチへ♪

karon beach

プーケットで一番賑やかなパトンビーチから、少し南に行ったところにあるのがカロンビーチ。
パトンビーチと比べると圧倒的に人が少なく広々〜としているので、のんびりリラックスできる。

一昨日、日本から遊びに来てくれた友達を半日観光案内したんだけど、そのときにカロンビーチにも立ち寄った。
夫婦と小さな子どもたち二人の計四人で来てくれたんだけど、本当に本当にタイミング悪く、滞在期間中は毎日どんより天気のしとしと雨……一度も快晴になることはなかった。
まったくもって私のせいではないんだけど、何故か私が責任を感じてとても申し訳ない気持ちに……( ノД`)。

カロンビーチを訪れたときも、幸い雨は降らなかったけどどんより天気。
あと30分もすれば日が沈み始める時間だったけど、美しいサンセットの見える気配はなく。

karon beach

波が引いた後にキラキラと光る砂浜、透き通った海の水は充分綺麗だったけど、
晴れていたらこの数倍は綺麗だったはずなんだよね〜。。。ううう。

友人夫婦のだんなさんが、
「カロンビーチって、鳴き砂で有名なところでしょ?」と私に教えてくれた。
たしかに、歩くとキュッキュッと音が聞こえて楽しい〜!

1年住んでいるし、ここにも何度か来たこと会ったのに、全然知らなかったし気付かなかった。いまさら大発見!
彼は、彼の友達からその情報を教えてもらったらしいけど。

一家は関東在住で、子供ができてからはこういったビーチリゾートに来る機会は今までなかったみたい。
天気は最悪だったけど、波打ち際で走り回ってはしゃいでる友人の子供の様子を見る限りでは、多分プーケットに満足してくれたのかなと思った。

お気に入り♪エビ味噌ごはん「カオ・クルック・ガピ」【タイ料理】

カオ・クルック・ガピ

仕事が忙しいときは、近所の市場でお惣菜やお弁当を買って帰ることが多いんだけど、最近はまってるのが「カオ・クルック・ガピ」。

写真では分かりづらいけど、エビ味噌で味付けしたごはんの上に、刻み野菜や甘辛く炊いた豚肉などの具材をのせた料理。
私がいつも買っている「カオ・クルック・ガピ」は、ごはんの味はけっこう濃い目で、それだけで食べるのはちょっと苦しい。
でも、上にたっぷりとのった具と一緒にまぜまぜして食べると、ほどよい塩加減になってイイ感じ!

生野菜たっぷりで脂分が少ないので、胃がもたれているときでもさっぱりと食べられるので、お気に入り( ´ ▽ ` )ノ♪

プーケット・ロイクラトン祭り(タイの灯篭流し祭り)at ラグナ・ビーチ

ロイクラトン プーケット

昨日11月17日は、タイの伝統的な灯篭流し祭り、ロイクラトンの日だった。

ロイクラトンの夜は、厄払いと幸運を願うための灯篭流しと熱気球飛ばしが、タイ国内全土で行われる。
この夜だけ見ることができる、水面をただようたくさんの灯篭と、空高く昇っていく無数のコムローイ(熱気球)は、本当に美しく幻想的。

去年は近場のプーケットタウン市内のスワン・ルワンという公園でやったんだけど、今年は少し遠出して、プーケット島北東部にあるラグナ・ビーチへ灯篭流しに行ってきた。

⇒去年の様子はこちら「ロイクラトン祭 in プーケット[タイ・プーケット]

こちらが通りすがりの露店で購入したクラトン(灯篭)。70バーツ(約250円)。

ロイクラトン プーケット

こういったクラトンは自然の素材を使った手作りのものが多く、この時期になるとお小遣い稼ぎに自分で作って路上で売る人が多い。
去年は、普段は薬剤師をやっている知人がたくさん作って売っていた。
わりと誰でも気軽にできる副業みたい。

今年はあまりゆっくりしている時間がなかったので、良い写真が撮れなかったんだけど、ラグナ・ビーチのロイクラトンイベント会場は、あたり一帯にイルミネーションが施されていて、とても綺麗だった。
人がたくさんいるわりに交通の混雑もさほどなく、去年行ったスワン・ルワンよりもずっと良かったかも。
来年ももしプーケットにいたら、またここに来ようと思った。

灯篭流しをする私。

ロイクラトン プーケット

あまりブログでは書かなかったけど、今年は例年になくツイていない1年だった。
怪我したり、パソコンが壊れたり、冷蔵庫やテレビが使い物にならなくなったり、日本帰国時にスーツケースが行方不明になったり……
基本はハッピーで大きな不運はないんだけど、ちょっとしたアンラッキーが頻発するという感じだった。

そんなアンラッキーな日々は、これでもうさようなら。
幸運がたくさんやってきますように〜!!

タイ人が考える「日本食」の代表格って……まさか「カ◯◯◯」!?

タイ人の友達とディナーに行くときは、ローカル食堂ではなく、お値段少しだけ高めの小洒落たオープンバーに行くことが多い。
タイ料理にまだあまり詳しくない私は、料理の注文はたいてい友達に任せて、友達が頼んだものを一緒に食べる。

料理を選んだ友達が
「Akikoのために、日本食も注文しておいたね!」と言ったとき、
かなりの確率でその料理は、

「カニカマの刺し身」

カニカマ

「わ〜日本食って、何かな? わざわざ私のためにありがとう!♪♪」
なんてウキウキして待っていた私の期待を打ち砕く、冷凍品を切っただけのメニュー………
本当に、過去3回これをやられた。(※ちなみに毎回別の人、別のお店)

メニューにはちゃんと普通のお寿司も載っているのに。
まぁお寿司は高いから避けられただけだろうけど。

値段の安いカニカマを刺し身としてメニューにしたのは、タイ人ならではのアイディアだろうと思うけど。
でも日本人は、わざわざお店に行ってカニカマがメインの料理を食べたりしないんだけどなぁ〜〜。

一応日本食なので、しょうゆとワサビが必ずついてくる。

友達は、「Akikoのために、ワサビたくさん入れるよ!!」
なんて言ってくれるけど、私は日本人のくせにワサビが苦手。
辛いもの大好きタイ人は、ワサビも容赦なくたっぷりと入れてくれる。

そして、遠慮してるのかよくわからないけど、みんな一切れずつしか食べずに、残り全部を私に食べさせてくるのもパターン。
食べ渋っていると、「Akikoのために頼んだんだから、いっぱい食べてね!」なんて勧めてくれる。
みんな本当に親切心で言ってくれているので何も言えず、ワサビで涙が出そうになるのをこらえながら、必死の思いで毎回ひとりで完食する私。

タイの人はけっこうカマボコやつみれのような練り物系が好きなので、カニカマも人気。
カニカマは、お寿司のネタとしても常連なので、ちゃんとした日本食レストランに行ってもかなりの確率で遭遇する。
私がタイに来てから食べたカニカマの量は、それまでの人生で食べてきた総量よりももしかしたら多いかもしれない

別にカニカマきらいじゃないけど、でもこれが典型的日本食のひとつだと思われていそうなのがちょっとなぁ〜〜……