パトン・ボクシング・スタジアムでムエタイの応援♪知人の女性ファイターが戦う!【タイ・プーケット】

patong boxing stadium

私が通っている語学学校の生徒のひとりが、ムエタイの試合に出場するというので、学校の先生たちと一緒に応援に行ってきた♪

今回試合に出場したのは、オーストラリア出身の女性Lさん。
(あ、上の写真はLさんではなく別の試合。セミヌードで女性が試合してたわけではないのでご安心を)( ´ ▽ ` ;)
数年前から、格闘家の彼氏さんの影響でプーケットでムエタイを習い始め、今回が試合初出場。
プーケットには、私の知る限りで3つ大きなムエタイ・スタジアムがあって、今回の試合はそのうちのひとつ、「パトン・ボクシング・スタジアム」で行われた。

ムエタイスタジアムのチケットは、外国人向けとタイ人向けがあって、当然外国人向けは高い。
チケット売り場の料金をみると、一番安いシートで1,300バーツ(約4,000円)、VIPシートは1,800バーツ(約6,000円)。
地方の格闘技の試合、しかも有名人が出てるわけでもないのに、いくら観光客向けでもちょっと高すぎじゃないだろうか……
VIPシートの値段、USJの1日パスポートとほとんど同じやし。

一方のタイ人チケットの料金は、なんとたったの100バーツ! 外国人に対してぼったくり過ぎ!!
この日一緒に観戦に来たメンバーは私以外みんなタイ人だったので、私もタイ人のふりをして、タイ人料金で潜り込むことにした。

チケットカウンターで、先生のひとりが「全員タイ人です」と言ってチケットを人数分注文する。
私は、一言でも言葉を発すると発音でバレるので、先生たちの後ろに隠れて終始笑顔で、受付の人が話すタイ語を聞き取ってさりげなくあいづち打ったりして、必死でタイ人のふり。
なんとかバレずに、全員タイ人ということでOKになった。

会場に入るときは、腕にタイ人用?のスタンプを押される。
そのとき係の人からかなりジロジロ見られて緊張したけど、ここでもバレなかった。
でも、会場に入ろうとした直前で、受付カウンターの奥の方にいた一人が感づいたのか、
「アー・ユー・ア・ジャパニーズ!?」と後ろから叫んできた。

「……し、しまった、なんでバレた!?( ;´Д`)」
と心臓バクバクになりながらも、英語が分からないふりで全く動じずにそのまま会場に入って行ったら、その後は誰も咎める人はいなかったので、ほっと一安心。

そんなこんなでヒヤヒヤしながら会場入りして、2つほど試合を観た後、いよいよLさんの試合がスタートした。

patong boxing stadium

Lさんの対戦相手は、Lさんと同じオーストラリア出身の女性。上の写真で、左側の細身の方がLさん。
二人並ぶと明らかに体格が違う。多分体重20kgぐらい違うのでは?
普通はムエタイの試合って、体重が同じぐらいの選手同士が試合するんだけど、いくら女性同士でもこれはフェアじゃなさすぎるような。

でもLさんはそんな体格差はものともせず、キレイな型のパンチ・キックをきめまくって、完全に優勢。
対戦相手の重量感あるパンチをくらっても、全くふらつかず立ち向かっていくLさん、本当にカッコイイ!
そして世の男性たちは、同じ国出身者同士の対戦だったら、どうしても美人でスリムな方を反射的に応援してしまうらしい……(−_−;)
Lさんのパンチやキックが決まる度に、会場のあちこちから男性の声援が上がって盛り上がっていた。

対戦相手は体が重い分スタミナが無いらしく、最後の方はフラフラになっていた。
結果はLさんの判定勝ち! おめでとう〜!! とっても良い試合でした♪

プーケットでムエタイを見たのは、これが3回め。
はじめて見たのはもう5年ぐらい前だけど、そのときとはずいぶん会場の様子が違うなーと思った。

5年前にみたときは、地元のタイ人がたくさん見に来ていて、どちらが勝つか賭けをしながら盛り上がっていた。
ギャンブラーたちは観光客にも話しかけてきて、「俺は青にかける、赤にかけるやつはいないか!?」なんてあちこちで叫んでいた。
試合に出ている選手はほとんどタイ人で、外国人は1人だけだったと思う。

でも今回は、そういった地元ムエタイファンは皆無に等しかった。
会場で観戦しているのはほとんど観光客。試合に出場しているのは半分が外国人。
外国人の選手が多い方が、観光客に喜ばれるからだと思う。
「ロシア出身vsドイツ出身」なんて試合をやれば、それぞれの国からきた観光客が応援してとても盛り上がる。

去年、バンコクでも試合を観たことがあったんだけど、バンコクではむしろタイ人のお客さんの方が多く、
5年前のプーケットみたいに賭けで盛り上がっていた。
もしかしたら、曜日によってタイ人ローカル向けの試合の日みたいなのがあるのかもしれないけど、もしそうでないのなら、プーケットのボクシングスタジアムは完全に観光客向けになってしまったんだなーと思う。

賭けに熱くなったタイ人オヤジたちが叫びまくる姿が見れないのは、かなり寂しい気がするな〜。

タイの移動遊園地に行ってみた♪ミニ観覧車、見世物小屋、etc【タイ・プーケット】

タイの移動遊園地

前回のブログの続きで、プーケットのお寺ワット・シャロンのお祭りの話。

⇒前回の記事「春節(中国の旧正月)のプーケットは、ワット・シャロンのお祭りへ!【タイ・プーケット】

年に1回のワット・シャロンのお祭りでは、食べ物やファッションアイテムの屋台だけじゃなく、移動遊園地も楽しめる♪
お寺の敷地の広場や駐車場だったスペースに、立派なメリーゴーラウンドや巨大トランポリンなどのさまざまな遊具が出現。

プーケットには遊園地はないけど、お祭りなどのイベントがあるたびに、こういった移動遊園地がオープンする。
遊具はどれも意外とよく出来ていて、日本でいえば「80年代の地方の遊園地」ぐらいのレベルの本格派。結構大きいものもある。
これだけの規模のものをお祭前のわずか数日でつくり上げるのかと思うと、すごいと思う。

タイの移動遊園地

タイの移動遊園地

こういった移動遊園地で必ず見かけるのが、ミニ観覧車。
以前別のお祭で1回だけ乗ったことがあるけど、ごく標準的な身長の私でも、座っていて頭がつくぐらい天井が低くて狭い。
高さよりも狭さが圧倒的に恐怖感を与える、閉所恐怖症の人には無理無理な乗り物。

タイの移動遊園地

↓なつかしのフライングカーペット系の動きをする絶叫マシーンもあった。
左右のイラスト、萌え系アニメを意識してるのかもしれないけど、かなりビミョー。

タイの移動遊園地

この安っぽいイラストのせいもあって最初はナメていたんだけど、なんとなく見物していたらこれがあなどれなくて、この後とんでもないスピードでグルングルン回ってた。
乗っている子どもたちは笑顔でキャーキャー悲鳴を上げてたけど、見ている大人たちはみんなマシーンのすさまじい動きにボー然。
私は絶対無理、怖すぎて乗れない(−_−;)。

そして、タイにもあるのかなーと思ってたらやっぱりあった!見世物小屋。

タイの見世物小屋

このとき私は一人だったので、怖いし何となく恥ずかしいしで入らなかったけど、今写真をよくよく見たら「入場料10バーツ(約30円)」って激安。
内容はイラストから判断する限りでは、人魚、首だけの女性、そして普通のワニ?(タイ語読んでも「ワニ」としか書いてない)
全然怖そうじゃないし。話のタネに入っておけば良かったかかも。

そういえば私が日本で最後に見世物小屋を見たのは、もう10年以上も前。
たしか靖国神社だったと思う。今の日本でも、まだやってるところあるのかな〜

このほかに、普通のお化け屋敷もあったけど、そっちは結構現代的な感じで本当に怖そうだった。

日本でも昔はこういう移動遊園地ってあったらしいけど、私はタイに来るまで一度も見たことが無かった(と思う)。なのでとっても新鮮に感じる。
日本ではディズニーランドだとか富士急ハイランドだとか、規模が大きい遊園地が身近にたくさん出来たので、移動遊園地ってかなりの昔に廃れてしまったかなと思う。
タイは逆に、そういった遊園地が無いに等しいので、こういうのが今も残ってるんだなーと思った。

春節(中国の旧正月)のプーケットは、ワット・シャロンのお祭りへ!【タイ・プーケット】

ワットシャロンのお祭り

毎年、春節(中国の旧正月)の日から1週間、プーケットのお寺ワット・シャロンでは大規模なお祭りが開催される。
ワット・シャロンは、プーケットタウンの市街地から少し南に行ったところにある、プーケットで一番有名なご利益あるお寺。

ワットシャロンの詳細記事はこちら
→「プーケットのお寺、ワット・シャロン

ワット・シャロンはタイ式のお寺で、このお祭りは春節をお祝いしているわけではなく、仏教関連の何かに関するお祭りらしい。(ごめんなさい、詳細不明)
タイでも以前は中国と同じ暦を使っていたとかで、毎年、春節と日が重なっているんだとか。

春節の時期にこういうお祭りがあるという話は、以前誰かから聞いたことあったのにすっかり忘れてた。
終了日の2日前に語学学校の先生に教えてもらって、あわててその夜にひとりで行ってきた。

夕方の6時頃に家を出たんだけど、付近の道路は大渋滞。
通常時なら駐車場になっているところが全部お祭りスペースになっていたので、とにかく車を止めるところを探すのが困難。一人でバイクで来て良かった♪
付近の住民が、自宅の庭をバイク用駐車スペースとして提供していたようだったので、住民の案内に導かれるままそこに停めた。

すると、「一台20バーツね☆」と。
え、え、お金とるの〜? まぁ、私有地なんだから当然か……。
近所の人たちにとっては、年に1回のボロい商売なんだろうな〜( ´ ▽ ` ;)。

人混みにもまれながらワット・シャロン入り口の門をくぐると、そこには驚くほどたくさんの屋台・屋台・屋台!! 
そしてたくさんの人に、ムンムンの熱気。
話には聞いていたけど、本当にお祭りの規模が大きい。

ワット・シャロンのお祭り

タイのお祭りの屋台といえば、やっぱり食べ物屋さん。

ワット・シャロンのお祭り

定番の揚げ物や焼き物はもちろん、お菓子やケーキ、天津甘栗にたこ焼きなど、本当にさまざまなお店があった。
そういえば虫の揚げ物の屋台も多かったな…… 毎回そばを通るたびに、目の焦点をそこに合わせないようにしてたけど。

雑貨や服の屋台も充実していて、ほかのマーケットとかより全体に少し安かったと思う。
Tシャツが50バーツ(約160円)ぐらいから、そこそこ使えそうなバッグが150バーツ(約500円)ぐらいからあって、いろいろと買いまくった。
↓大量売りされていた懐かしのアラレちゃん帽子。
なんで今、アラレちゃん……タイで流行ってるの?

ワット・シャロンのお祭り

ペットもいた。ウサギ、犬、猫など。
……扱いが良くないのか毛並みが悪い動物が多くて、ちょっとかわいそうだったかも。

ワット・シャロンのお祭り

数カ所にステージが設けられ、コンサートもやっていた。

ワット・シャロンのお祭り

そしてワット・シャロンの中心の建物の前に行ってみたら、土が盛られていてたくさんの旗が?

ワット・シャロンのお祭り
ワット・シャロンのお祭り

普段はもちろん、こんな盛り土はない。
みんながどこからともなく小さい旗を持ってきて、次々に土に突き刺していた。
一体どういう意味があるんだろう? 旗をさしたら何かのご利益があるのかな?

それにしてもこのお祭り、広いスペースに無数の屋台がごちゃごちゃとひしめきあって、全部じっくり見て回ったら数時間はかかるのではと思う。
実際自分も、買い物や買い食いをしながら遊んでたら、あっという間に3時間ぐらいたっていた。

そんな感じの、ワット・シャロンで年に1回行われる特別なお祭り。
ちょっと話が長くなりそうなのと、いまあまり時間がないこともあって、今日はここまで。
続きは次回のブログで♪

カニのソムタムと卵入り焼きイカ♪シーフードレストラン「パーライ・シーフード」【タイ・プーケット】

パーライシーフード

プーケットタウンから南へ少し行ったところにあるシャロン湾。
プーケット動物園の道をまっすぐ行くと、突き当りにシーフードレストランがたくさん並んでいる海岸に出る。

このあたりのシーフードレストランは、どちらかといえば地元民向けで、お手頃価格でタイのシーフード料理が楽しめるのでおすすめ♪
今回は一番南端にある「パーライ・シーフード」へ。今までに他のお店も2軒行ったことがあるけど、どこも美味しく、今のところハズレのお店はないかも。

プーケットって島なので当然海に囲まれているので、シーフード料理が一応名物のひとつ。
このエリアだけじゃなく、プーケット島内の沿岸沿いにはたくさんのシーフードレストランがある。

こちらは「パーライ・シーフード」の目の前にあるビーチ。

シャロン湾

プーケットの中ではあまり綺麗な砂浜ではないけど、海を見ながらのランチというのは、開放感があって最高〜!
この写真にはうつってないけど、遠くの方には海上に住む少数民族の民家が見える。

そしてお料理も最高〜!!

パーライシーフード

手前はトート・マン・プラー(魚のすり身揚げ)、奥にあるのは私の大好物、火を通していない生のカニ入りソムタム(パパイヤサラダ)。
カニはガザミ系で、殻ごと入っているのでむいて食べる。ソムタムの酸っぱ辛い味付けと、甘いカニの身が本当に合う。
なぜか半分凍ってることが多いんだけど、それもまた美味しかったりする。

そしてこちらは今回はじめて食べた、卵入りイカの焼き物。卵って、鶏のではなくてイカの卵。

卵入りイカ

体の中に卵を抱えたイカを焼いたもので、中心まで火を通さず卵は半生状態で、柔らかく甘い。
焼きイカの中にイカのお刺身が入っているような食感で、おいしかった〜☆

こういう海鮮焼きは、日本なら醤油系のタレをつけると思うけど、タイでは酸味のある辛いタレをつけて食べる。
それはそれですごく美味しいんだけど、この焼きイカは醤油つけて食べたいな、とちょっと思ってしまった。

やっぱり私も日本人。

↓「パーライ・シーフード」の地図

大きな地図で見る

どこに行っても中国人だらけ!春節(中国旧正月)のプーケット

先週金曜日、つまり1月31日は春節(中国の旧正月)だった。

中華系の移民が多いプーケットでは、春節当日の数日前から街のあちこちで爆竹の音。
スーパーマーケットに行くと、おめでたそうな中国語が書かれた真っ赤なTシャツや赤ちょうちんなど、春節グッズがズラリと並ぶ。
Facebookでは、中華系の友人が春節のごちそうの写真をアップしたりしていたので、もしかして市街地に行くと大きなお祭りとかやってたりするのかな?と思い、夕方からバイクで遊びに行ってみた。

でも、行けども行けども、何もやっていない……
公園や商店街では、新年をお祝いする中国っぽい飾り付けが施されていたけど、飾りだけでイベントはやってない。
中華系の寺院にも行ってみたけど、いつもよりも旗や飾りがちょっと増えているだけで、人が集まっている気配もないし。

なんだ、プーケットでは春節のお祭りはしないのか〜〜
どうやら、中華系の人たちが家族でお祝いをするだけっぽい。
クリスマスに対する扱いと近いかもしれない。街中で飾り付けをしてムードを盛り上げてるのに、実際にお祝いをしている人は少数派っていう。

でも春節のプーケットは、普段とは全然雰囲気が違っていた。
とにかく、中国人観光客がとんでもなく多い

観光地やお買い物スポットはもちろん、どこで話を聞きつけてきたのか、地元民御用達の穴場レストランにまであふれかえる中国人。
中国人観光客が乗る大量のツアーバスのせいで、普段は空いている道も大渋滞。

去年見たニュース記事の話だけど、中国本土の人たちの国外旅行の行き先ランキングというのがあって、1位が香港。そして2位がなんとここプーケットだった
香港は一応中国の一部だし、実質プーケットが中国国外で一位なのではと思う。

なんでも、去年中国でタイ旅行をテーマにしたコメディー映画が大ヒットしたらしく、それでタイ旅行がブームになったそうで。
詳細記事(外部ブログ)
特にプーケットの場合は、中国には常夏のビーチリゾートは少なそうだから、憧れるのかな。
タイなら食べ物も中国の人たちの口に比較的合いそうだし、なにより物価が安いし。

一部の中国の人たちがマナーが宜しくないこともあって、タイ人からの評判はあまり良くなかったりはするけど、それでもたくさんの人たちが遊びに来てくれて、プーケットの経済が良くなるんだから何より。

ただ、日本人の私としては、ちょっと寂しいというか、同じように日本人ももっとたくさん遊びに来てくれたらいいのにな〜って思う。