タイ・クラビーの人気スポット「エメラルド色に透き通る天然のプール」の、理想と現実

main

前回紹介したクローントム温泉から、車で10分ほどの距離のところに、「エメラルド・プール」と呼ばれるクラビーの人気観光スポットがある。
少し前に、日本のテレビでも紹介されたことがあるらしい。

このあたりは一帯は温泉地で、31-32度ぐらいの温かい湧き水があちこちから吹き出し、無数の小川や池を形成している。
そのうちのひとつが、底がはっきりと見えるくらい透き通ったエメラルド色をした、エメラルド・プール。

なぜ水が透き通っているかというと、このあたりの地質は石灰質で、石灰カルシウムが水の汚れを素早く分解してくれるから。
そしてエメラルド・プールの中には、水温の高いところでしか生息しない特殊なバクテリアがいて、このバクテリアがエメラルド色をしているから池の色がエメラルド色に見える、ということらしい。
(※パンフレット参照)

エメラルド・プールの周辺一帯は、国立公園に指定されている。
なんでも、この特有の環境が独特の生態系を作り出しているようで、付近の動植物は厳重に保護されているとのこと。
そのため国立公園内は食べ物・飲み物の持ち込みが一切禁止で、公園に入る前に捨てていくか置いていかないといけない。

そんなこととは全然知らなかった私は、入り口ゲートの手前にあったおみやげ屋さんでウキウキしながらコーラと大量のおやつを買いこみ、ゲートで係員に止められて大ショック (゚´Д`゚)゚
歩き食い・ゴミポイ捨てが得意な人が多いタイにも、こんな厳しい場所があったとは。
一応食べ物を置いておくための簡易な棚は用意してあってそこに置いてきたんだけど、帰るときにもまだちゃんと残っててホッ。

入り口ゲートからお目当てのエメラルド・プールまでは、様々な種類の木々が生い茂る林の中を歩いて行くんだけど、これがけっこう遠い。
っていうか、ものすごい遠い!!
歩けども歩けども、いつまで立っても辿り着かない。

多分20分ぐらいかかったんじゃないだろうか?
まさかこんなところでこんなに歩かされるとは予想もしていなかったので、エメラルド・プールにたどりつくまでにはヘトヘトになってしまった。

そうやってがんばって辿り着いたエメラルド・プール。

ガイドブックやツアーパンフレットに掲載されている写真は、どれを見ても本当に美しい。
実際に以前ここを訪れたことがある友だちも絶賛していたので、とても楽しみにしていた。
以下、インターネット上で見つけてきた著作権フリー写真をご紹介。
ちなみにページの一番最初に載せた写真も、私が撮ったものではなくネットで拾ってきた。

これが、私が夢に思い描いていたエメラルド・プール。

ideal2
ideal1

そして、これ↓↓が私が見た現実のエメラルド・プール。

img2

水、完全に濁ってる!!!
パンフレットの写真と全然違う!

……人が多すぎるからや〜〜!!

そういえば、ネットで見た情報だと「土日はタイ人の観光客で混み合うので避けた方が良い」と書いてあった。
この日はモロに日曜日、しかもお昼すぎの一番混みそうな時間帯。
人が多すぎて、水を透明にするという石灰カルシウムとやらの働きも、全く追いついていないらしい。

多分だけど、以前は土日であってもこんなに人はいなかったんじゃないかな?
ここ何年かで、国内旅行を楽しむリッチなタイ人が急増しているらしいので、エメラルド・プールの景色もこのように変わってしまったのではと思われる。

これからここを訪れる皆さん、絶対に土日に行ってはいけない!

透き通った美しい水の中で泳ぐことを楽しみにしていた私は、まるで近所の市民プールのような光景を目の当たりにして、相当ガックリしてしまった。
でもせっかく来たんだし、とりあえず泳ぐことにした。

水に入ると、温水プールのようなちょうど良いぬるさで心地よい。
水深も150cmぐらいで本当にプールみたいだったけど、底は岩でところどころ急に深くなってたりでかい石があったりして、子供が遊ぶにはちょっと危ないような気もした。
だけど、周囲のいたるところから透き通った水が湧き出ていて、たくさんの川や滝があって、池の周囲の景色がとても美しいので、泳いでいて気分も爽快。

img3
img4

人は多かったけど、とても清々しい気持ちになれる場所には間違いないと思った。

そして、この国立公園の素晴らしさは、まだまだこれだけじゃなかった。
続きは次回のブログで!

天然温泉の滝!タイにもあった露天風呂♪クローントム温泉【タイ・クラビー】

krabi

タイ南部にも、天然温泉の露天風呂があった〜!

クラビー旅行で私が滞在したアオナンビーチから、車で東へ1時間半ほど行った山奥にある、クローントム温泉
タイ語では「ナームトック・ローン(温かい滝)」と呼ばれている。
その名の通り、温泉水が上の方から湧き出て流れ落ちていく様子は、まるで滝のよう。

img1

石灰岩が削られた部分がちょうど湯船のようにくぼんでいて、入浴を楽しむことができる。
どっぷりと肩までつかって長風呂を楽しんでいるのは、ほとんどが外国からの観光客。
お風呂につかる習慣のないタイ人観光客は、足湯のみの人が多かった。

img2

↓は滝の上から撮った写真。
滝の下は池のように水がたまっていて、そこで泳いでいる子供たちもたくさんいた。

img4

「ひさしぶりの露天風呂だ〜〜!私も入りた〜い!!」

……って最初は思ったけど、30℃を超えるこの日の気温に加えて、温泉から発生する熱気がものすごくて、滝の周辺に立っているだけで汗があふれ出てくる。

「温泉につかったら、さらに暑いだろうな……倒れそうだな」って思ったら、入る気を無くしてしまった(−_−;)。
タイで温泉を楽しむ文化が根付かないのも仕方ないなと思った。この暑さじゃ。

それにこの日は日曜日だったせいか、やたら観光客が多く混み合っていて、温泉につかったところでとてもリラックスできそうにもなかったし。
一応服の下には水着を着ていて準備万端ではあったんだけど、このあと別の場所で泳ぐ予定があったので、ここではとりあえず足湯だけやってみることにした。

温泉に足を入れてみると、思ったよりも温かい。
滝になってるから相当ぬるいんじゃないかなと思ったけど、38〜40℃ぐらいはあるんじゃないかと思った。
10分ぐらい膝から下だけひたしていたら、足の疲れがとれてすごく軽くなった。
やっぱり温泉って素晴らしい♪

日本の温泉といえば火山性だけど、タイの温泉は非火山性温泉。
地下深くにある花崗岩の層で温められた水が、地表に湧き出ることでできるらしい。
だから温泉の効能も、日本とはちょっと違うのかな?
温泉文化の無いタイでは、当然効能なんて書いてある看板とかないので、よく分かんないけど〜〜


Ron Khlong Thom Waterfall(クローントム温泉)

クラビーで一番賑やかなエリア、アオナン・ビーチに滞在【タイ・クラビー】

krabi

クラビー旅行記の続き☆
(※前回の記事はこちら⇒「プーケット近郊のリゾート地・クラビーに遊びに行ってきました〜♪【タイ・クラビー】」)

クラビーは、私が想像してたよりもずっと広くて、いくつかのエリアに分かれていた。
その中でも特に観光客がたくさん集まっているのは、クラビー県の中心地でローカルの人々の生活エリアであるクラビータウンと、欧米からのバカンス客が集まるリゾート地アオナン・ビーチの2箇所。

クラビータウンの方が安宿が多く何かと便利らしいんだけど、ローカルの生活エリアというからには、今住んでるプーケットタウンとあんまり変わらないんじゃ?と思ったので、アオナンビーチに滞在することにした。

アオナンビーチは、クラビーで一番賑やかなビーチだと聞いていたけど、プーケットのビーチと比べたら、断然静か!
ハイシーズンはすでに終わった後とはいえ、お昼近いのにほとんど人がいない〜 
泳いでる人もすごく少ないし……もしかしたら泳いだらダメなの?って思ってしまうぐらい
(多分問題ないはず)

img3

プーケットのビーチって、どこに行ってもたいていパラソルとビーチチェアでびっしり砂浜が埋まっているので、こんな風に端から端までほとんど何もないというビーチは、なんだか新鮮。

海の透明度はそれほどでもないけど、少し沖合に出ると、透明度抜群の美しい島々が点在しているらしい。
アオナンビーチの波打ち際では、たくさんのロングボートが待機していて、片道100バーツ(約300バーツ)でボートに乗ってそれらの島々に行くことができる。
500バーツ(約1500円)ぐらいで、いくつかの島を一日かけて周るランチ付きのアイランドピクニックツアーもあるみたい。

img2

私も、滞在最終日に往復200バーツを払ってライレイというビーチに行ってきた。
そのときの話は、また後日のブログで。

アオナンビーチエリアの町並みは、こんな感じ(↓)。
ビーチから続く一番大きな通り沿いでも、行き交う車や人はそれほど多くなく、とても落ち着いている。

img1

道路脇の街路樹は綺麗に手入れされているし、落ちてるゴミも少ないし、なんかタイじゃないみたい……
人が少ないとはいえ、レストランやマッサージ店、おみやげ屋さんなどのお店はとても充実していて、滞在していて不自由は何も感じない。
タイっぽさはあまり無いけど、のんびりバカンスを楽しむ場所としては最高だなーと思った♪

今日はソンクラーン・タイの水かけ祭りの日☆プーケットタウンの水かけ祭りはこんな感じ【タイ・プーケット】

ソンクラーン

本日4月13日は、タイの旧正月・ソンクラーン
多くの人びとが街に繰り出し、桶・水鉄砲・ホースなどを駆使して水をかけあって新年を祝う、水かけ祭りとしてよく知られている。

前回のブログで、「次回はクラビ旅行記の続き」とか予告してたけど、せっかくのソンクラーンなので、今日撮影したプーケットのソンクラーンの様子をご紹介。
バイクに二人乗りしながら、防水カバーをつけたiPhoneで撮影した写真なので、なんかぼんやりしてるしあんまりうまく写ってないけど、とりあえず雰囲気は伝わるかな〜?

ソンクラーン
ソンクラーン
img4

こうして写真見てると、ピックアップトラックで遊びに行くのが正解だなーと思う。
普通の車では窓が開けられなくてつまらないし、バイクは水かけの集中攻撃に合うし事故の確率も高いし。
だからタイでは、ピックアップトラックが人気なんだろうか!?

ソンクラーンのプーケットタウンでは、多くのバイク・車が、サパーン・ヒンという海沿いの公園へと向かっていた。
サパーン・ヒンは、ソンクラーンはもちろん大晦日やロイクラトンなど、何かイベントがある日はなぜかみんなそこに集まるという、プーケットタウン市民の憩いの場。
上の写真も、旧市街地からサパーン・ヒンへと向かう通りで撮影。道は大渋滞。

通り沿いの商店の人たちはみんな外へ繰り出し、大音響でタイ演歌をかけて踊りながら、水をかけまくって盛り上がってた。
この通りは他のどこよりも盛り上がってるので、プーケットタウンでソンクラーンを楽しむなら、ここに行くのがおすすめだと思う。

img5

バイクで遊びに行くと、本当に水かけの的になってしまうんだけど、かけられる水の種類もさまざま。
赤や緑などの色に染まった謎の色水をかけてきたり、なぜかすごいいい匂いがする水をかけてくる人もいる。
何の匂いなのかはよく分からないけど、どれも全部同じ匂いだった。
暑さのせいで水の温度がぬるくなっているので、普通の水ならかけられても全然問題ないんだけど、たまにたっぷり氷の入った超冷たい水をぶっかけてくる人がいて、心臓に悪い(−_−;)

水だけじゃなく、白いパウダーのようなものをほっぺたにつけてくる人もときどきいる。
私も信号待ちで停車中に、突然後ろから現れたオカマさんから水で溶いた白いパウダーを顔にたっぷり塗られてしまった。

去年のソンクラーンはパトンビーチに行ったんだけど、曇り空で気温が低く、水をかけられるのはちょっぴりつらかった。
でも今年は快晴で気温も高く、氷水を浴びながらバイクに乗っていてもすぐに暖かくなるので快適で、去年よりもずっと楽しめた。
やっぱりソンクラーンの日は、こういうお天気じゃないと( ´ ▽ ` )ノ


去年のパトンビーチでのソンクラーンの模様はこちら
タイの水掛け祭り・ソンクラーン[タイ・プーケット]

プーケット近郊のリゾート地・クラビーに遊びに行ってきました〜♪【タイ・クラビー】

krabi paradise resort

ここ数ヶ月間ぐらい、ほとんど休日を取らず仕事ばかりの日々で、せっかくプーケットに住んでいるにも関わらずリゾート気分を全く満喫できていなかった(−_−;)
そんな毎日にそろそろ爆発しそうになってきたので、先週末に意を決して3日間の休日をとってバカンスに行ってきた♪♪
タイの人気リゾート地クラビー

クラビーは海(パンガー湾)を挟んでプーケットの東側の対岸に位置し、プーケットから車で行くと2〜3時間ほどの距離。
プーケットからフェリーで行くこともできる。
今までも、クラビーの近くを素通りしたりちょこっと立ち寄ったりしたことはあったんだけど、滞在したり旅行したり、っていうのははじめて。

プーケットからわりと近い場所にあるけど、プーケットとはまた違う魅力や見どころがあって、私は今回の滞在でかなり気に入ってしまった〜♪ クラビー、いいな!
市街地でも人がそれほど多くなく落ち着いているし、美味しいお店も多かったし。

何よりクラビーがプーケットと違うのは、その独特の美しい風景。
海にも陸にも、いたるところに切り立った崖のような石灰岩の岩山がある。

krabi

クラビーの郊外は、熱帯植物のジャングルやパームツリーの畑が広がり、そのあちこちに石灰岩の岩山がそびえ立ち、圧巻の景色。
プーケットを出発して、パンガー県からクラビー県に至るドライブの道中は、とにかく景色が素晴らしく、窓の外をずっと眺めていても全く飽きなかった。

krabi

今回滞在したホテルは、クラビーで一番賑やかなビーチエリア・アオナンビーチにある「アオナン・パラダイス・リゾート(aonang paradise resort)」。
海岸からは徒歩約10分と少し距離があるけど、ホテルからの景観はこのとおり、すばらしいの一言。

krabi paradise resort
krabi paradise resort
krabi paradise resort

部屋はこんな感じ。
コテージタイプでシンプル&モダンな内装。部屋の入り口がバルコニーを兼ねている。
バルコニーに出るとすぐそこには切り立った崖と、蓮などの水生植物が生い茂る自然の湿地帯が見える。

krabi paradise resort

ホテル自体の入り口は賑やかな大通りに面しているのに、中に入ると大自然と静寂に包まれた別世界。
この界隈の他のホテルと比べると比較的リーズナブルで、宿泊料は1泊1室6,000円ほど。
この値段でこの景色が楽しめるなら、蚊が多かろうと蟻が部屋に忍び込んでこようと文句は言えない。大満足♪♪

次回のブログは、滞在先ホテルの周辺の様子を紹介します☆


アオナン・パラダイス・リゾート(aonang paradise resort)
予約・ホテルの詳細はこちら