夜間外出禁止令は出てるけど……ほぼ平常通りのプーケット[タイ・プーケット]

前回の日記を書いた翌日(5月22日)に、タイ国軍がクーデターを決行。

タイのクーデターのニュースが出た日は、いろんな人から「大丈夫なの!?」って連絡をいただきましたが……
今のところはまったくもって大丈夫です ( ´ ▽ ` )ノ

クーデター宣言当日は、テレビをつけると軍のロゴマークとメッセージが静止画像で表示されいて、10分おきぐらいに軍によるスピーチの映像を流す、というのを繰り返していて、全チャンネルすべてがずっとその状態だった。
それを見たときは「これからどうなってしまうんだろう」って少々不安を感じたけど、翌日夜ぐらいから普通の番組を放送しはじめ、今はほぼ平常通りの放送に戻っている。

テレビだけじゃなく、プーケットの人々の生活もほぼ平常通り。

バンコクでは町のあちこちに戦車や軍隊が配備され、若干物々しい雰囲気はあるらしいけど、プーケットでは軍隊の姿は見当たらない。平和そのもの。
普通にみんな仕事に行ってるし、遊びに行ったりショッピングに行ったりもしてる。

夜間外出禁止令が出ているので、22:00〜5:00の間は原則外出が出来ないんだけど、無視して普通に出かける人も結構多い。
でもお店は全部閉まってしまうので、夜の歓楽街で有名なパトンビーチのバングラー通りは、たいそう寂しい状態になっているみたい。

ショッピングモールやスーパーマーケットは、後始末時間を考慮してか、20:00で閉店してしまう。
一昨日はそれを知らずに近所のモールに遅い夕食を食べに行ったら、お目当てのレストランがすでに閉まっていて入れず、ちょっぴり悲しい思いをした。

夜遊び目当てでタイに遊びに来ていた観光客の方々は、本当にタイミングが悪く気の毒だと思う……
私も、先週末はハリウッド版「ゴジラ」のレイトショー観に行こうと計画してたのにーヽ(`Д´#)ノ

夜間外出禁止令はしばらく解除されないらしいので、当分はこんな状態が続きそう。
クーデターに関しては、現政府支持派層(赤シャツ派)は反対していて、クーデターに対するデモなども小規模だけど起こってるみたいなので、油断はできない状態らしい。
とにかく一刻も早く、平和に終わって欲しいと願うばかり。

ところで、クーデターを起こした軍の目的は、タイの2つの政党間の対立が悪化してきて国が混乱してきたので、それを仲裁して平和的に解決すること。
赤シャツ派を除くタイ人の多くは、これで少しは問題が解決して状況が良くなるのではと考えているし、今回の軍の決断は良いことだととらえている。

だから、日本の家族友人から「クーデターって、大丈夫なの!?」っていう風に聞かれたとき、どう説明をしたら良いものか少し困ってしまった。
クーデターってものに対するとらえ方が、日本人とタイ人(&タイに詳しい人たち)との間では、違いすぎて。

タイに住んでいると、もしかしたら民主主義ってものは必ずしも正義とは限らないのかもしれない、って思うときがある。

戒厳令下、タイのネットユーザーの間で話題になっている事とは?

すでにニュースなどでご存知の方も多いと思うけど、昨日タイの国軍が戒厳令を発令。
「タイは今危ないの?」と、日本からご心配の連絡をいただいているけど、とりあえずここプーケットは昨日から特別何の変化も見られない。危機感やヤバさは全く感じない。
いまもテレビつけてるけど、普通に恋愛ドラマとかやってるし……

半年ぐらい前にあった「バンコク・シャットダウン」の大規模デモのときも、日本ではさも大変なことのように報道されていたようだけど、実質は大規模なお祭りイベントのようなノリだった。

そのころタイのネットユーザーの間で話題になっていたのは、タイに取材に訪れていたフジテレビの榎並大二郎アナウンサー。イケメンリポーターとしてタイ女性に大人気になった。
また、デモ参加者の中にいる美人や可愛い女の子を見つけて、「美人すぎるデモ隊女性」として写真をアップすることも流行していた。

そして戒厳令下の今、ネットユーザーの話題をさらっているのは、
イケメンな兵士さん探し」。

thai-soldiers

バンコクではいま街のあちこちに軍隊が出動しているらしいんだけど、そんな非日常な光景を目の当たりにして、多くのバンコクっ子たちが兵隊さんたちとのどかな記念写真を撮影。
そして、ツイッターやインスタグラムなどで、自分が見つけたイケメン兵士さんをUPするのが流行っているらしい。

上の写真もそういった写真の中のひとつ。
これをみると、どういう系統の顔立ちがタイでイケメンとされているのかが、なんとなく分かる。
(面長で眉毛がりりしいタイプが人気?)

……なんて、ついのんきな感想を言ってしまったけど、そんな私以上にのんきなタイの人々。
戒厳令なんて言っても、タイはやっぱり相変わらずタイ。

これからどういう動きになっていくのかは、タイの政治に詳しくない私には予想もできないけど、この調子のノリで何事もなく終わってくれれば良いなと思う。

神秘的な景色☆青く透き通ったブルー・プール【タイ・クラビー/エメラルド・プール国立公園】

前回のブログ更新からずいぶん間があいてしまいましたが、元気にしております。

先日の記事でご紹介した、タイ・クラビーから車で1時間ほどの山奥にあるエメラルド・プール国立公園
ここには、地底深くで温められた湧き水が作り出す川や池が無数に存在し、独特の美しい風景を作っている。
一番有名なのが、エメラルド色に透き通る天然のプール、エメラルド・プール

※エメラルド・プールの詳細は前回ブログをご参考ください。
⇒前回の記事「タイ・クラビーの人気スポット「エメラルド色に透き通る天然のプール」の、理想と現実

main
(※↑は事情によりネットで拾った写真を使用)

エメラルド・プールは、想像していたものとは違い、ちょっぴり残念な感じだった。(詳しくは↑の記事参照)

だけど、この国立公園内には、エメラルド・プールだけじゃなく他にもたくさんの素敵な見どころがあった。
今回はそれをご紹介♪

国立公園内に点在する天然の池や小川は、どれもすべて透き通っていて独特の色合いをしている。
これは、水底の石灰カルシウムの働きのために水が澄んでいて、それによって水中のバクテリアの色が透けて見えるため。
このバクテリアは、温かい水にしか存在しない独特の種類のもので、水の温度によって色が変わる。
水温が低いと黄色に近い色になり、水温が高ければ高いほど青っぽい色になっていくらしい。

国立公園内にはとても長〜い遊歩道が作られていて、川の下流から上流方面へとさかのぼって見学することができる。

一番下流にあるのは、「サ・ゲーオ(ガラスの池)」と呼ばれるそこそこ大きな池。遊泳は禁止。
たしかに水はとても透き通っているけど、黄緑に近くて、なんだか手入れをさぼった金魚の水槽を思わせる色……またはむかしのバスクリン。
とにかく、あんまり綺麗ではないな〜
これだけ黄緑色をしているということは、水温はかなり低いということらしい。

sageaw

そこから50mほど上流に行くと、前述のエメラルド・プールがある。
上のサ・ゲーオと比べると黄色味が少なく青に近い色になっているので、水温がやや高いということだ。

エメラルド・プールを通り過ぎ、さらに川をさかのぼっていく。
川の水もとても澄んでいる。色がないので、川にはどうやらバクテリアはいないらしい。

stream

そして、エメラルド・プールよりもさらに青みが強くなった小さな池を発見!
とても澄きとおった水に、淡い水色。きれい〜〜!!
上流に行くのに従って、池の色が青に近づいていっているのが分かる。

sapasi

遊歩道沿いを歩いていると、小川や池だけじゃなく森の美しさにも目をひかれる。
日本ではあまり見たことがないような、様々な種類の植物が生い茂り、南国らしい不思議な形をした木々がたくさん。

path
tree

美しい風景、清々しい空気。
この日はかなり気温が高かったはずなのに、長い遊歩道散歩でも暑さはまったく気にならなかった。
森歩き、気持ちいい〜〜

スタート地点のサ・ゲーオから、大小いくつかの池や小川を通りすぎて、遊歩道が終わる森の一番奥で見た風景。
そのあまりの美しさに、私は「うわーーー」と言って大きく口をあけたまま言葉を失ってしまった。
青いーーーーーー!

bluepool2

遊歩道のゴール地点にある、「ブルー・プール」。その名の通り本当に池の色がブルー。
まるで画像加工でもしたような色だけど、もちろんそんなことは一切していない。天然の色。

タイ語では「サ・ナーム・プット」と呼ばれていて、意味は「湧き水の池」。
写真ではよくわからないかもしれないけど、水底をよくみてみると不定期に底の砂が舞い上がり、空気の泡がぽつぽつの上がっていくので、そこから水が湧き出ているのだというのが分かる。

青い色をしているのは温度が高い証拠なので、色のせいか一見ものすごく冷たそうに見えるけど、かなり水温が高いんだろうと思う。
温泉の源泉だから温かい、ってことか。

put

池の淵では、何人かの観光客が「パン・パン!」とあたりに響くような大きな音で拍手をしていた。
このときはその行動の意味が分からなかったけど、あとで調べたら、拍手をするとその反響音の効果で水が湧き出る勢いが強くなるかららしい。

ここも遊泳禁止の看板が立っていたけど、誰もこんな場所で泳ごうとは思わないと思う。
神様や妖精でも住んでいそうな、幻想的で本当に美しい佇まい……

ブループール

国立公園の入り口からエメラルド・プール&サ・ゲーオまでは約800m。
そこからこのブルー・プールまではまたさらに約700mぐらい歩くので、ちょっとしたハイキングぐらいの距離がある。
そのせいか、このブルー・プールまで来る人はとても少なく、あたりは静寂に包まれていて余計に神秘的な雰囲気だった。
激混みのエメラルド・プールと比べると別世界。

エメラルド・プールでは少しがっかりしてしまったけど、このブルー・プールを見たら、そんな気持ちは吹き飛んでしまった。
これとここまで来る遊歩道だけでも、ここに来る価値は充分あったと思う。

ツアーで来るとエメラルド・プール国立公園には1時間ぐらいしか立ち寄らないらしく、このブルー・プールまで歩いて来る時間はとれないらしい。
それでは非常にもったいないと思う。
ここに来るなら、ツアーではなくぜひレンタカーで!

タイ・クラビーにある、真っ青に透き通った不思議な池

bluepool

前回のブログで、
「この国立公園の素晴らしさは、まだまだこれだけじゃなかった。続きは次回のブログで!」
なんて予告をしておきながら、なかなか記事を作る時間がとれず更新が滞ってましてごめんなさい(−_−;)

※前回のブログはこちら
⇒「タイ・クラビーの人気スポット「エメラルド色に透き通る天然のプール」の、理想と現実

上の写真は、エメラルド・プールの国立公園内で撮影したもの。

この、青く透き通った美しい池の正体は一体……!?

ごめんなさい、今日も詳しく書いている時間がなくて、
今回は予告のみです〜〜 ( ´ ▽ ` ;)

詳細はGW明け更新予定の、次回のブログで!