雨季のプーケットの楽しみ♪ラフティングツアーに行って来た【タイ・パンガー】

プーケットラフティング

10月ももうそろそろ終わり、プーケットではベストシーズンの乾季がいよいよはじまる時期。
つい最近までしばしば見られた暴風雨やどんより天気がうそのように、ここ1週間ぐらいは短時間のスコールはあれど晴天の日が多く、気分も爽やか♪

プーケット旅行といえば美しい海のイメージが強いけど、雨季のプーケットの海の荒れ方は半端ない。
うねる波で水は濁るし、ときにはまるで冬の日本海さながらの大荒れの海になる。

だから雨季のプーケットは楽しくないのかというとそうでもなく、実はたくさんの楽しみ方がある。
ショッピングや街歩きはもちろん、象乗りやイカダ下りなど南国ジャングルを満喫するアクティビティも充実している。

もう数ヶ月前の話だけど、そんな雨季ならではの楽しみのひとつ、ラフティングツアーに参加してきた♪
プーケット島から橋でつながった向こう側にあるパンガー県の、山間にある川まで行って行う。
午前中は象乗りや象のショー、午後からラフティングという日程。

午前中のアクティビティの終了後は、ラフティングの前に川沿いのレストランでランチビュッフェ。
食後川辺でのんびりしていたら、他のツアーの参加者がこれからボートに乗り込むところに遭遇。

プーケットラフティング

しばらく見てると、前方にものすごい段差が!!
まさかこれをそのまま下っていくの? これはすごい!

プーケットラフティング

……と思ったら、なぜかこの箇所だけボートを降りて、みんなでボートをかつぎながら徒歩で下っていた。
だったら最初から、この段差の下流からスタートすればいいのに……
実際、私たちが参加したツアーでは、この下流からのスタートだったし。縄張りがあるんだろうか?

さていよいよ私たちがラフティングのボートに乗り込む直前、バケツをひっくり返したような雨が降ってきた。
屋根の無い川辺で、ツアー参加者全員豪雨に打たれて呆然と立ちつくす。
「なんてタイミングが悪い」と悲しくなったけど、これが逆に良かったと思う。

ボートに乗ってしばらくすると、雨はおさまってきた。
急な豪雨のおかげで川の流れのスピードが増し、濁流になってラフティングの迫力がさらにアップ!
ボートはいろんな岩にぶつかったり乗り上げたり、大きく揺れたり飛び跳ねたりして、とにかくスリル満点。

必ず2人のスタッフがついてオールを上手に操作するので危険は無いんだけど、このスタッフたちが、かなりやんちゃ。
突然オールで水をかけてきたり、ボート同士でわざとぶつかり合ったり、どこからか見つけてきたカエルをボートの中に投げてきたり。やめてー!!

別のボートに氷川きよしそっくりの若いスタッフがいて、私たちは勝手に「きよし」と名前をつけたんだけど、きよしは特に暴れまくっていた。
何度彼に水をぶっかけられたりボートをぶつけられたりして、叫んだかわからない。
顔は同じでも、日本の氷川きよしとは雰囲気が真逆なジャングルの野生児。
でも彼のおかげで、童心に返ってさらに楽しむことができたかも。

途中写真撮影ポイントがあって、写真はあとで買うことができる。
私たちと、一緒にボートに乗った中東の美男美女カップルの、記念の一枚♪

プーケットラフティング

たしかフレーム付きで500バーツだったかな?
この写真は、友人がフレーム付きのを買ったら、おまけでつけてくれたプリント写真。
適当な紙にプリントしている感じで、すでに劣化してきているような。。。。

5キロという距離のラフティングだったけど、キャーキャー叫んでいるうちにあっという間に終了。
タイ南部ならではのジャングルの景色も堪能できるし、本当に楽しかった〜〜 5キロじゃちょっと物足りなかったかも?
オプションで距離を増やすことができるので、次回また参加することができたら、もっと長い距離を楽しみたいなと思った。

最後に川の写真。
こんな感じの濁流を下りました♪

プーケットラフティング

プーケット名物?の海藻料理♪at レームヒン・シーフード【タイ・プーケット】

海に囲まれたプーケット島は、シーフードが名物。
島内には、先日のブログで紹介したガンエンやパトンのサボイ・シーフードなど、有名なシーフードレストランが数多く点在している。

⇒「海沿いのシーフードレストラン「ガンエン@ピア(Kan Eang@Pier)」【タイ・プーケット】

先週、そういったシーフードの有名店のひとつ、「レームヒン・シーフード」に行ってきた。

レームヒン・シーフード

レームヒン・シーフードは、プーケットタウン市街地の北東の方角にあり、ココナッツ島(ゴ・マプラーオ)に向かう船が出発する桟橋のすぐそば。
ここに至る道中ではイスラム教徒が多く住む集落を通るので、ムスリム独特の短い円筒形の帽子をかぶった男性たちがぞろぞろと通りを歩き、モスクでお祈りする姿を見れたりして、ちょっとだけ異国の雰囲気。

店内の写真を撮り忘れてしまったんだけど、テラス席のすぐ横は海。
海の向こうには、ココナッツ島が見える。
ロケーションも味も最高のお店 (*´ω`*)♪

このお店に、プーケットならではの一風変わったシーフード料理があったのでご紹介。
エビの揚げ物なんだけど、エビと一緒にあまり見たことがない不思議な植物のようなものがくっついている。

レームヒン・シーフード

この植物の正体は、海藻
なんでも、タイの他の地域では食べられない、このあたりでしか取れない珍しい海藻とのこと(友人談)。
名前は「ブア」とか言うらしい。
タイ語では蓮のことも「ブア」っていうけど、多分発音か綴りが微妙に違うのではと思う。

食べてみたら、フライにしてあるせいかもしれないけど、風味や香りなどはほとんど無く、クセの全く無い味。
見た目は硬そうに見えるけど、全然そうでもなくて、サクサクとした軽い食感。
食感を楽しむ食べ物なのかな?
とりあえず、甘くプリッとしたエビたちと一緒にチリソースにつけて食べたら、とっても美味しかった。

プーケットの人たちは、以外と海藻を食べる。
他のお店でも、これとはまた違う種類の、ノリのような黒いワサワサとした海藻を食べたことがあるし。
プーケットのシーフード料理店に来たら、他では食べられない海藻料理にチャレンジするのも良いかも♪


 

レームヒン・シーフードへの地図

衝撃閲覧注意!ベジタリアン・フェスティバルのパレードの様子【タイ・プーケット】

ベジタリアン・フェスティバルのパレード

毎年恒例、プーケットのベジタリアン・フェスティバルギンジェー)。
9日にわたるお祭りは、先週10月2日に幕を閉じた。
その間、私は風邪から気管支炎をこじらせて部屋にこもりきりになり、お祭をほとんどエンジョイできず……(T_T)

でもたまたま私が住んでいるコンドミニアムのすぐそばに、カトゥー寺のパレード隊がやってきたので、見学をすることが出来た。
朝の6時から鳴り響く爆竹とともに、神様がとり憑いてトランス状態になった人々(マーソンと呼ばれている)と、そのお供たちが大行列で通りをゆっくりと行進していく。

ベジタリアン・フェスティバルのパレード

ベジタリアン・フェスティバルのパレード

マーソンといえば、ベジタリアン・フェスティバル名物の「顔にいろんなもの突き刺した人々」。
バーベキュー串のようなものから、定規のようなもの、木の棒など、様々なものを突き刺して歩く。
舌にぶっ刺してる人もいた。うぎゃ〜〜

下は、そんなマーソンたちの素敵写真ギャラリー、2014年版。
かなり衝撃的な写真もあるので、興味のある方だけご覧ください。


(※サムネイルをクリックすると写真が拡大します。)

何枚も写真を撮っておきながらなんだけど、血とかグロいものは大の苦手な私。
朝早い時間だったせいもあってか、まだ傷が新しく血をダラダラ流しながら歩いてる人もいたりして、こっちが気を失いそうになったことが何度かあった。

パレードが通る道沿いにある企業やお店は、祭壇を作ってマーソンたちをお迎えする。
マーソンたちは、祭壇に対してお祈りを捧げたり、お供えのフルーツを持ち去って見物客に配ったり。

ベジタリアン・フェスティバルのパレード

ベジタリアン・フェスティバルのパレード

マーソンのインパクトに負けてしまってあまり目立たないけど、たくさんのお神輿もパレードの名物。
お神輿が通り過ぎるときは、通り沿いの人たちが爆竹を鳴らす。

ベジタリアン・フェスティバルのパレード

ベジタリアン・フェスティバルのパレード

パレードの最後尾に近づいたとき、大きなお神輿がやってきた。
お神輿を先導する人たちが、見物客たちに「頭を下げて!」と叫びながら歩いていたので、私含めて周囲の人々はみんな一斉にしゃがむ。
そして通り過ぎたのがこのお神輿。

ベジタリアン・フェスティバルのパレード

おぉ!? 「大」「帝」!?

ベジタリアン・フェスティバルには実はもうひとつ別名があって、「ナイン・エンペラー・フェスティバル」つまり「9人の神様のお祭り」と呼ばれている。
中国語では「九皇大帝」と書くらしく、この「九皇大帝」と書かれたのぼり旗が、お祭りの期間中街のいたるところに立てられる。
多分このお神輿は、その九皇大帝のうちのひとつを祀ったものなんだろうと思う。
お祭りの中心となる一番尊い神様が通りすぎるので、頭を下げて、って言ってたんだろうな、と。

プーケット島内にはたくさんの中華系寺院があり、私が見学したパレードはカトゥー寺のパレードだったけど、他の寺院でも同じようなパレードをする。
残りの8人の神様たちは、多分他の寺院に祀られているのかな?(※憶測です)
ちなみに「九皇大帝」が一体何なのか、いろいろ調べたけど今だによく分からない……

パレードはカトゥー寺を出発し、プーケットタウン市内を練り歩きながらサパーンヒン(プーケットタウンの海浜公園)に行き、また引き返してカトゥー寺に戻るというルートをたどる。
カトゥーからサパーンヒンは、車でも30分はかかるほど離れていて、気軽に歩いていけるような距離ではない。
現に、朝6〜7時ぐらいに出発して、また同じお寺に戻ってくるのに4時間ぐらいかかってたみたいだし。

それなのに、パレードに参加するマーソンたちは、みんな裸足で歩いているし、その上いろんなものを顔につきさしているし……あんな状態で4時間ぐらい歩きっぱなしなんて。
本当に、神様の力のなせるワザなのかもしれない……(−_−;)

そんなデンジャラスでアメージングなベジタリアン・フェスティバル、「今年はもう終わってしまったのか」と残念に思うのはまだ早いですよ〜

なんと今年は、2回あるらしいです。

ベジタリアン・フェスティバルはそもそも中国の旧暦を元にしていて、今年は旧暦で9月が2回あるために、ベジタリアン・フェスティバルも2回行うとのこと。
2回目は、2014年10月24日から11月1日まで。

パレードも、10月31日にカトゥー寺出発で行うらしいので、1回目を見逃した方はぜひ〜!