プーケット最大(おそらく)の涅槃仏がある、ちょっと変わったお寺へ【タイ・プーケット】

プーケット

前回のブログでご紹介した、ワット・プラトーンに行く途中の道で、ちょっと気になる謎寺を発見したのでついでに立ち入ってみた。
通り沿いからでも見える涅槃仏がとてつもない存在感を放っているので、すぐ分かるかなと思う。

⇒前回の記事はこちら
不思議な伝説が残る黄金の仏像ープーケットのパワースポット「ワット・プラトーン」【タイ・プーケット】

場所はワット・プラトーンよりもプーケットタウン寄り、ヒロイン像のロータリーの近く。
お寺の名前はおそらく「ワット・シースントン?」(タイ語の読み方に自信無し)

ワット・シースントン

参拝者をまず出迎えてくれるのが、なんとも不思議な動物の像たち。

ワット・シースントン

パンダ、鹿、ワニ…… 順番に特に意味はないのかな?

ワット・シースントン

こちら↑には、お魚とピンクの象さん。一番右にはタイの妖怪(名前忘れた)、奥にはタイの鬼(ヤック)。

ああ! 今気づいたけど、この少年たちはキスをしている!? 
多分偶然そうみえるだけだろうけど、ちょっとあせった……

どれもこれも、何とも形容しがたい微妙なつくり。可愛いのか不気味なのか……
こういうのをお寺の中に作る意図は何なんだろう?

ワット・シースントン

お寺に入って正面の奥に、一番の目玉と思われる巨大な涅槃仏が建物の屋上部分に横たわっている。

ワット・シースントン

写真では分かりにくいけど、かなり大きい。
アユタヤの有名な涅槃仏に匹敵しそうなくらいで、多分プーケットで一番大きいのでは、と思う。
でもなんだか、こちらも何とも言えないユニークな表情をされているな〜。こういう顔の人、いそう。

小さいマイナーなお寺だけれども、観光バスが何台か止まっていて中国人観光客がチラホラ。
最近作られたばかりと思われるピカピカの神像の周囲には、中国語での説明書き。

ワット・シースントン

神像の奥の方に行くと、外壁に劇画調の仏画が描かれた建物がある。
この仏画もものすごく気になるけど、とりあえずそれはおいておき建物の中に入ってみる。

ワット・シースントン

建物の中は新しい仏像が置かれた礼拝堂で、お坊さんがたくさんの中国人観光客を集めて、なにやら説明をしていた。
観光客たちの周囲にはガラスのショーケースがズラッと並び、その中にはたくさんの仏像のお守り。
多分ほとんどが金でできているのではないかな? 値段をチラっと見たけどかなりの高額だった。

なんだかな〜…… ちょっと違和感を感じてしまう。
さっきの神像もこの金の仏像を売る礼拝堂も、本当にごく最近作られた感じで、いかにも中国人観光客のお金を狙っている感じがあからさまで。
残念ながらあまりありがたみを感じなかったので、このお寺ではお金の寄付やお参りはしなかった。

涅槃仏と動物像だけのままだったら、魅力あるお寺だったのにー。

不思議な伝説が残る黄金の仏像ープーケットのパワースポット「ワット・プラトーン」【タイ・プーケット】

ワット・プラトーン

「地球の歩き方」っていうガイドブックのタイ版に、プーケットの観光名所として、2箇所のお寺が紹介されている。
そのうちのひとつは、市内観光ツアーの定番にもなっている有名なお寺「ワット・シャロン」。
そしてもうひとつが、「ワット・プラトーン」というお寺。

⇒ワット・シャロンについての詳細はこちら
プーケットのお寺、ワット・シャロン

豪華で美しい外観のワット・シャロンは、プーケット観光では絶対に外せないスポットのひとつ。
強力なパワースポットとしても知られていて、私も何回も参拝に行っている。
でも、一方のワット・プラトーンに関しては、2年半もプーケットに住んでいるというのにまだ一度も行ったことがなかった。
そこで先週ふと思い立ち、ひとり原付に乗ってお参りに行ってみることに。

場所は、プーケット空港とプーケットタウンをつなぐ大通りの途中、タランエリアのテスコ・ロータスから少し空港寄りに行ったところある。
プーケットタウンからも各リゾート地からも遠く離れた、少々不便な場所。

途中道に迷いつつもなんとか辿り着いたお寺は、思っていたよりずっと小さく訪れる人も少ない。
建物は写真↓の2つだけ。そのうちの1つは扉が閉まっていて入ることができない。

ワット・プラトーン

入り口が開いている建物に入ってみると、そこには体の半分が床に埋まった黄金の仏様が。
ちなみに「ワット・プラトーン」とは、「黄金の仏像のお寺」という意味。

ワット・プラトーン

この仏様については、不思議な伝説が語り継がれているらしい。
内容は以下の様なもの。(※お寺の看板に書かれていた説明文をざっと翻訳)


何百年も前、この仏像は頭の先の部分だけを地上に出した状態で、牧草地に完全に埋まっていた。
ある少年がそれを発見したが、それが仏像だとは気が付かず単なる棒だと思いこんで、仏像の頭の先に牛をくくりつけたところ、少年と牛は死んでしまった。
父親がその事実に気がつき、村人みんなで仏像を掘り起こそうとしたが、蜂の大群におそわれたり体調を崩して死ぬ人が出たりなどして、掘り起こすことができなかった。

時代は流れ、ビルマ軍がこの地を攻めてきた時、ビルマ軍がこの仏像の存在に気づき掘り起こそうとした。
しかし不思議なことにまたも蜂の大群があらわれ、掘り起こそうとする人々を襲い、何百人もの人が病に倒れたり死んだりしたという。

その後、偉いお坊さまがやってきて、ここにお寺を作ってこの仏様を祀りなさい、と助言をした。
こうして、このお寺(ワット・プラトーン)が作られることになった。
<おしまい>


なるほど〜 この手の伝説とか言い伝えって、どこにでもあるもんだなー。
切ろうとすると関係者が死んでしまうご神木とか。日本でもよく聞く話。

何百人ものビルマ軍を壊滅させたほどのパワーがあるのだから、きっとご利益があるに違いない。
私も、いくらかのお金を寄付してお線香でお参りした。

それにしても、伝説が本当だとすれば、この仏像は相当昔に作られたもののはずだけど、まるでつい最近作られたかのようにピカピカだ。

ワット・プラトーン

日本だったら、こういった仏像は塗り直しせずにそのままの状態で保存するんだろうけど、タイではどこのお寺にいっても仏像はたいていピッカピカ。
ミャンマーあたりだと、極彩色にペイントされたりしている。
多分、何度も塗りなおしたり補強したりして、常に見た目が新しい状態になるようにしているような感じ。

日本人の感覚だと、歴史の古いものはそれを感じさせてこそ価値があるように見えるものだけど、東南アジアではそこらへんの考え方が違うのかも。
仏様を敬うため、いつの時代でも常に綺麗な状態を保つようにした方が良い、という思いがあるのかもしれない。

黄金の仏様が安置されている建物の裏に行くと、かなり雑な作りの謎の少年像が。

ワット・プラトーン

なんだこれ…… 多分言い伝えの中に出てくる、仏様を発見した少年の像なんだろうと思うけど。
左に立てかけられた看板には「タバコと健康だったら健康を選ぶ」とか書いてある。
いや、そりゃまったくその通りだと思うけど…… だから一体何なんだろう??

少年の前にお供えされた赤い飲み物の理由や、この少年を拝むことで得られるご利益とか、まったく分からない。
なんなんだー すごく気になる〜〜
この赤い飲み物は、いろんな場所でお供え物になっているのを見かけるんだけど、詳細は今だに不明。

「地球の歩き方」では、ワット・シャロンと同じぐらいの扱いで掲載されているワット・プラトーン。
実際行ってみたら、ワット・シャロンよりもずっと規模が小さく、観光地としての魅力はそれほどでも無いかなというのが正直なところ。
でもきっと、パワースポットとしては相当のご利益があるのではと思う。

黄金の仏様、パワーをありがとうございます。良いことがありますように!

タイの文化を楽しく学べるテーマパーク&ショー「サイアム・ニラミット」【タイ・プーケット】

サイアムニラミット

以前からずっと気になっていた、タイの文化をテーマにしたショー&パーク施設「サイアム・ニラミット」に、ついに行ってきた♪♪

「サイアム・ニラミット」は、元はバンコクで人気を博していた施設らしいんだけど、数年前プーケットに2号がオープン。
広い敷地内には、毎夜カルチャーショーが開催される大きな劇場と、タイの昔ながらの田舎の風景を再現した「タイビレッジ」、そして巨大なビュッフェレストラン等がある。

施設は毎日17:30から開園となり、劇場でのカルチャーショーは20:30スタート。
入場チケットはビュッフェ付きか無しか選べるんだけど、私たちは食事をしている時間がもったいないと思ったので、ビュッフェ無しを選んだ。
夕方頃周辺の安いお店で食事を済ませて、18:00頃に園内へ。

ショーがはじまるまでの時間は、「タイビレッジ」を自由に散策。
この「タイビレッジ」が、なかなか楽しい〜!
タイの各地方の民家を再現した家が並び、畑や水上マーケット風の水路もある。

サイアムニラミット

各民家の中に入ってみると、田舎の暮らしの様子や各地方の生活風習などを見ることが出来る。
少数民族の服を着た人がいて、一緒に自由に写真を撮影したり。
タイの伝統的なお菓子を作っていたりするので、食べさせてもらったり。

サイアムニラミット

サイアムニラミット

北部の家。チェンマイ名物の傘祭りの傘?(おそらく)が並べてある。

サイアムニラミット

こちらは東北地方の家。東北地方の有名な奇祭「ピーターコン祭」の衣装が飾ってある。

サイアムニラミット

仮面や衣装は自由に身につけてOK。そして浮かれまくりな写真を一枚。

サイアムニラミット

可愛い家畜たちもいる。
この動物たち、このあとカルチャーショーにも出演していた。

img6

メインのカルチャーショー以外にも、園内の広場で数々のミニショーを楽しむことができる。

まずはムエタイのエキシビジョン!
急にはじまったせいかお客さんが少なく、リングのすぐそばでみることができた。
本格的な試合ではないとはいえ、この距離で見ると大迫力!

サイアムニラミット

そのあとはタイダンスのショーや、定番の象のショーも。

サイアムニラミット

サイアムニラミット

数々のミニショーの最後を締めくくるのは、タイの古い時代の戦争を再現したパレード。
そうそう、ちょっと前にタイの歴史物の映画を観てはじめて知ったんだけど、タイの昔の戦争では、兵士は馬じゃなくて象に乗って戦うんだよね。
荘厳な音楽とともに行進する象と兵士たち。カッコイイ〜

サイアムニラミット

サイアムニラミット

このパレードが終わったら、いよいよ劇場に入ってメインのカルチャーショーの観劇がスタート。
ショーの内容は、タイの歴史・文化・宗教観を、音楽やダンスとともに紹介していくというもの。

当然カメラでの撮影は禁止なのでお見せできる写真は無いんだけど、ショーはとにかく素晴らしいの一言だった。
舞台装置は最新の技術を駆使していて、あっと驚かされる仕掛けや演出が盛りだくさん。
タイの各時代の風景を再現した舞台美術や衣装、そして大勢のダンサーによるバラエティー豊かなダンスはとても美しく、幻想的で芸術的。

詳細を説明したいんだけど、これから見る人のネタバレになっちゃうから、これ以上ここでは言わない方がいいのかな……?
1時間半ぐらいのショーだったけど、最後まで全く飽きることなく楽しむことができた。

そういえば、バンコクの近隣エリアに、ほぼ同じようなコンセプトの「ローズガーデン」っていう施設があって、一度行ったことがある。
ローズガーデンは多分もう十年以上も前(もしかしたらもっと前?)にできた古い施設なせいか、スタッフもショー自体もなんだかゆるい感じで適当、全体に安っぽい印象だった。
それと比べたらこのサイアム・ニラミットは、まるでタイ版ディズニーランドようなエンターテイメント精神が感じられ、断然良かったと思う。

チケット代は席の位置やビュッフェの有無によって違うんだけど、大体1300〜1800バーツぐらい。
決して安くはないんだけど、充分その価値はあったと思う。大満足でした♪♪

<補足情報>
チケットは、施設入り口で直接当日券を買ったりオフィシャルサイトから購入するよりも、現地の旅行代理店を通して買う方が安い上に送迎付きでお得です。