プライベートビーチと森のバンガロー♪ピピ島のバイキング・ネイチャー・リゾート【タイ・ピピ島】

バイキング・ネイチャー・リゾート

今回のピピ島滞在で利用したリゾートホテルが、なかなか素敵だったのでご紹介♪

ホテルの名前は、バイキング・ネイチャー・リゾートViking Nature Resort)。
ピピ島の繁華街からは少し距離がある、海と森に囲まれたリゾート施設。
リゾート、というか、リゾートとキャンプ場の中間、といった位置づけが一番近いかもしれない。

南国の植物が生い茂る森の中に、宿泊客用のたくさんのバンガローが立ち並ぶ。
バンガローはどれも素朴な作りの木造で、タイの田舎のおうちのような懐かしさもありながら、統一感のあるインテリアでオシャレさもある。

バイキング・ネイチャー・リゾート

バイキング・ネイチャー・リゾート

バイキング・ネイチャー・リゾート

写真では見えないけれど、バルコニーを囲む木々の向こうには、海が見える。
こんな素敵なバルコニーのハンモックでお昼寝なんて、本当に夢の様な環境♪
でも実際は、蚊が多いせいであまりくつろげなかった……長袖長ズボンの重装備で昼寝していたら、むき出しの顔を蚊にさされまくった(ToT)
蚊取り線香を用意していたら良かったのかも。

バンガローの価格はピンキリで、私たちは2番目に安い「スタンダードルーム」を予約。
1番安い部屋タイプは、どうやらシャワーが屋外のようなので女性が泊まる場合は注意が必要かも。
スタンダードルームなら、ちゃんと屋内のシャワーで温水も出てくる。

部屋はかなり狭くて、ベッド周りは人ふたりがようやくすれ違えるぐらいのスペースしかなかった。
もっと優雅な気分で過ごしたい方は、もう1〜2ランク上の部屋が良いかも。
多少ランクを上げても、それほど高くはないと思う。私たちが泊まった部屋も二人で約6,000円だったし。

ホテルの敷地内には、いくつかのプライベートビーチがあって、宿泊客以外の人はほとんど入ってこないのでビーチを独り占めできる。

バイキング・ネイチャー・リゾート

バイキング・ネイチャー・リゾート

施設内のレストランも、素朴なアジアンテイストのインテリアで雰囲気が良く、とっても素敵〜♪
お料理の味もなかなか良かったと思う。

バイキング・ネイチャー・リゾート

難点といえば、自分のバンガローからレストランやレセプションに行くまでの道が、かなりの獣道だということ。
一応遊歩道は作ってあるけれども、小石が多くて転倒しやすく、でかくて不気味な虫(巨大ミミズ?)がそこらじゅうにいて怖い。
でもそういった野性味が、この宿の魅力でもあるかな、と思った。

バイキング・ネイチャー・リゾートに行くには2通りの方法があって、ピピ島の船着場から船で行くか、獣道チックな遊歩道を自力で歩いていくか。
船着場との距離は船なら5分ぐらい、徒歩なら15分ぐらいかなと思う。
ホテルを予約すれば船での送迎が無料でついてくるけど、それ以外で街に出るときなどは獣道をがんばって歩かなければいけない。

交通の面では若干不便ではあるけれど、そのおかげで外界からは隔たれた感があって、大自然のリゾート気分を満喫することができる♪
虫嫌い&蚊アレルギーの私には少々きつい部分もあったけど、機会があればまた泊まっても良いかなーと思える宿で、大満足!


タイ南部のリゾートアイランド、ピピ島の旅行記のこれまでの記事はこちら。

⇒「映画「ザ・ビーチ」の舞台になったピピ島に1泊旅行【タイ・プーケット】
⇒「のんびりとピピ島(ピピ・ドン島)を散策。ビーチと高台のビューポイントへ。【タイ・ピピ島】
⇒「透き通ったエメラルドグリーンの海!ピピ・レイ島でシュノーケリング【タイ・ピピ島】

透き通ったエメラルドグリーンの海!ピピ・レイ島でシュノーケリング【タイ・ピピ島】

ピピレイ島

前回に続き、タイ南部のリゾートアイランド、ピピ島について。

前回の記事
⇒「のんびりとピピ島(ピピ・ドン島)を散策。ビーチと高台のビューポイントへ。【タイ・ピピ島】

ピピ島はピピ・ドン島ピピ・レイ島の2つから成り、ピピ・ドン島はホテルやお店が密集した比較的大きな島。
一方のピピ・レイ島は無人島で、映画「ザ・ビーチ」のロケ地として有名になった美しいビーチ、「マヤベイ」がある。
ピピ・レイ島はピピ島観光のハイライトになっているけど、フェリーを使ったツアーでピピ島に行くと、マヤベイは遠巻きに通り過ぎるだけで近づいて見ることができない。
ここに行くには、スピードボートのツアーに参加するか、ピピ島から船をチャーターすることになる。

ピピ島滞在初日、とりあえず街歩きをしてみたけれど、ひたすら降り続く雨と曇天模様に、気持ちは少しへこんでいた。
そんな私たちに声をかけてきた、チャーター船のおじさん。
「明日はもっと天気が悪くなるよ! ツアー会社のツアーはもう終わっちゃったよ! ピピ・レイ島は今いくしかないよ!」と。

たしかに、現地ツアー会社が主催しているピピ・レイ島に行く遊覧ツアーなどは、もうとっくに出発してしまっている時間帯だった。
明日の天気については、おじさんの話を信用してよいものか分からなかったけど、どんより天気の街歩きが憂鬱になってきていた私たちは、気分転換におじさんの誘いにのってみることにした。
料金は忘れてしまったけど(ごめんなさい)、交渉の結果、ツアー会社のツアーに参加するよりは安くなるようにできた。

おじさんの船は、タイ南部の海でよく使われているタイプの船(写真のような船)で、かなりのボロ。
まぁ大体他の船もそんなもんだったので、別に良いけど。とりあえず出発!

ピピレイ島

ボロ船でのツアーは、ピピ・レイ島の周りを1周して戻るルート。
ピピ・レイ島は石灰質岩が波で削られて形成された切り立った崖が特徴的で、近くでみると、その高さと険しさの迫力に圧倒される。
でも天気が…… 天気が悪いと海の色も濁ったグリーン。

ピピレイ島

ザ・ビーチの舞台になった例のビーチ・マヤベイに近づいてみるけど、あきらかに、海の色が濁っている。

ピピレイ島

「ビーチに上陸する?」とおじさんに聞かれたけど、上陸するには入島料(たしか200バーツぐらい?)がかかる。
少し離れた場所から見て、それだけの金額を払っても行ってみたいほどきれいかと言われると、どう見てもそうは感じなかったので、やめておくことにした。
天気のせいなのか、それともここ数年観光客が殺到したせいで水が濁ってしまったのか……

正常なときのマヤベイがどれほど美しいのかは、下の動画をご参考に。
(なかなかカッコイイ動画で一見の価値ありです。ついでにパンガー湾の様子も見れます)

さてマヤベイを後にし、ピピ・レイ島の切り立った崖に囲まれて湾状に入り込んだ場所に行ってみると、なんとびっくり!

ピピレイ島

えーーーめちゃめちゃキレイ!!
エメラルドグリーン色に輝く海はガラスのように透き通っていて、サンゴ礁が見える。マヤベイよりよっぽどこっちの方が美しい。
何人かの観光客が泳いだりシュノーケルしたりしている。ピピ島周辺にこんな綺麗なシュノーケルスポットがあったなんて。

おじさんから「ここでシュノーケルしよう!!」と誘われたんだけど、私たちは泳げるような格好をしてきていなかったので「いや、いいです〜」と断った。
でもおじさんは、そんな私たちの意見は完全無視。
シュノーケルグッズをどこからか出してきて、私たちにつけさせた。
半ば無理やり私たちにシュノーケルをさせようとするおじさん。

私も、こんなきれいな海を見たら、やってみようかなという気になってきたので、服のまま飛び込む。
ゴーグルで海の中をのぞくと、小さな魚たちがいっぱい。底の方まではっきりと見えるぐらい透明度が高い海。
ここだけこんなに海がきれいな不思議…… 湾に囲まれていて波が穏やかだからなんだろうか?

シュノーケルを存分に楽しんだら、元のピピ・ドン島へと戻る。
あとになって考えてみれば、もしここでシュノーケルをしなかったら、この船ツアーはかなり物足りないものになってたかも。
相当強引にシュノーケルをおじさんも、そうなってしまうことを心配して、無理やりにでも私たちにシュノーケルさせたのかなーと思った。

のんびりとピピ島(ピピ・ドン島)を散策。ビーチと高台のビューポイントへ。【タイ・ピピ島】

プーケットからフェリーで2時間ほどの距離にある、美しいビーチが魅力のリゾートアイランド「ピピ島」。
ピピ島と呼ばれる島は実は2つあって、映画「ザ・ビーチ」の舞台で有名になったのはピピ・レイ島という小さな無人島。
もう一方のピピ・ドン島はピピ・レイ島のすぐそばにある比較的大きな島で、観光客はみんなこちらの島に滞在する。

ピピ・ドン島の船着場付近のエリアは小さな繁華街になっていて、たくさんのおみやげ屋さんやオシャレなレストランが観光客をお迎えする。

ピピ島

船着場付近のビーチ。今回は悪天候のため海があんまり綺麗じゃなかった。

ピピ島

こちら(↓)2年前行ったときの同じビーチ。全然色が違う〜〜

ピピ島の、船着き場近くのビーチ。エメラルドグリーン!!

ピピ島は、完全観光客向けのリゾート地なのかと思うと、そうでもない。
島内を歩きまわってみると、ローカルの人々ののんびりとした生活の様子が伺えるような場所もたくさんある。
船着場周辺から少し離れて、ゲストハウスや民家が立ち並ぶ静かなエリアに入ると、漂う雰囲気がどことなく日本の海沿いの町っぽい空気感があって、なんだか懐かしい感じ。
リゾート地のオシャレさとのどかな海の町の風情が混ざり合ったピピ島の雰囲気は、プーケットとはまた少し違っていて、私はけっこう好きかも。

ピピ・ドン島の中心付近は両側から湾が深く入り込んでいるので、一方の湾から反対側の湾までとても近い。
船着場付近のビーチから徒歩5分ぐらいで、島の反対側のビーチにたどり着く。
反対側のビーチは、船着場のビーチよりも緑色で少し濁っていた。

ピピ島

おかしいな〜、前回来たときは、むしろこちらの海の方がブルーに近くて透き通っていて本当に綺麗だったのに。(↓前回の写真)
海の美しさって本当に天候に左右されるんだなー。

phuket islands  のんびりとピピ島(ピピ・ドン島)を散策。ビーチと高台のビューポイントへ。【タイ・ピピ島】

ピピ・ドン島内にはこれといった観光スポットは無いんだけど、船着場の繁華街から少し外れた場所に、見晴らし台(ビューポイント)がある。
ピピ・ドン島には高い山が見当たらないので、この見晴し台に行くのも、きっとたいした距離と高さではないだろう、と勝手に思っていた。

完全に油断して1泊分の荷物を背負いながら行ってみたら、思っていたよりもはるかにハードな階段登り!
傾斜の激しい階段が、休憩ポイントもほとんどなく延々と延々と続く。
普段から身体を動かしている人なら平気かもしれないけど、そうではない人には相当きつい。
重い荷物のせいもあったかもしれないけど、私には金毘羅さんよりもはるかにヘビーに感じた。

そうして辿り着いた見晴らし台。
「ピピ・ビューポイント1」と書いてある。

img23

どうやら「ビューポイント2」がまだこの先にあったようだけど、そこまで行く体力はもう残っていなかった。

見晴らし台からは、船着場のビーチとその反対側の湾のビーチの両方を見ることができる。
こうしてみると、2つのビーチは本当に近いんだなー。
美しい景色に、階段登りの疲れも吹っ飛ぶ。

ピピ島

ピピ島

今回で3度目のピピ島訪問、1つだけ、ちょっと以前とは雰囲気が変わったなーと思ったことがあった。
それは、中国人観光客の多さ。
2年前に来たときはほとんど見かけなかったのに、ここ数年で急激に増えたっぽい。

つい最近見たネットのニュースで、「ザ・ビーチ」の舞台の島ピピ・レイ島が、中国人観光客が殺到したことによってビーチの汚染が深刻になっていると報じていた。
記事の写真では、島の小さなビーチがたくさんの中国人観光客で埋め尽くされている様子が写されていて、海の色は映画の中で見た美しさではなくなっていた。

ピピ・ドン島の海の濁りも、もしかして天気のせいじゃなくて観光客が増えたせいなんだろうか……?
プーケットも、昔と比べると海の色がきれいじゃなくなっているらしいし。
プーケットはもう仕方ないとして、ピピ島は、観光客の数を制限したりゴミ捨てを厳しく取り締まったりして、自然保護にもっと努めていくべきなんじゃないかなー。
このままだと、本来の美しさや魅力が失われてしまう (´;ω;`)

映画「ザ・ビーチ」の舞台になったピピ島に1泊旅行【タイ・プーケット】

ピピ島

もう数ヶ月前の話だけど、タイ南部のリゾート地ピピ島に1泊旅行に行ってきた。
ピピ島は、レオナルド・ディカプリオ主演の映画「ザ・ビーチ」のロケ地になったことで有名になった島。
プーケットからはフェリーで2時間ぐらいの距離。

プーケットからピピ島に行く方法は様々あるけど、プーケットに滞在している観光客は、1日ツアーを利用していくことが多いのではと思う。
私も、過去に日帰りで2回行ったことがあるので、今回が3度目。
でも個人的には、ピピ島は日帰りで遊びに行くタイプのスポットではなく、のんびり数日ほど滞在するのが一番の楽しみ方、のような気がしていた。

エメラルドグリーンの海を見ながらのんびりとビーチでくつろいだり、夜は繁華街のオシャレなバーに行ってみたり……
なんていろいろと想像してすごく楽しみにしていた旅行だったけど、滞在2日間の天気が、、、壊滅的 。・゚・(ノД`)・゚・。
最初から最後までどんより天気で、雨が降りっぱなしだった。
雨が降ると、海は濁るし街歩きも楽しめない。
天気が悪い時のビーチリゾート滞在は、その価値が20%ぐらいに落ち込むと思う。
こればっかりは運なので仕方ないけど、本当に残念〜〜

それでもいろいろと楽しいことがあったピピ島滞在、次回の記事から2回ぐらいに分けて紹介します。

ちなみに今回の旅行では、船着場までの送迎と往復フェリーがセットになったチケットを旅行代理店で購入、800バーツ。
プーケットはタクシー代が高くて、パトンビーチから船着場までのタクシー代だけで500バーツ以上はするし、フェリー往復チケットがたしか1,000バーツぐらいだったので、こういうセットチケットを買っていくのが断然お得だと思う。

こちらの代理店さんで購入させていただきました。
ブルーアイランド プーケット


<おまけ情報>
1日ツアーで行くなら、フェリー利用のツアーよりもスピードボート利用のツアーの方がいろんな場所を回ってくれるので断然おすすめ。
フェリー利用のツアーは、映画のロケ地になったビーチに上陸しないです。

プーケットの歯医者さんで、歯のチェックとクリーニング【タイ・プーケット】

歯医者

タイに住み始めてから2年半、先週はじめてタイの歯医者さんに行ってきた。
日本にいた頃は、年に数回歯医者さんで検査&歯石取りをやっていたんだけど、タイに住んで以来まったく行っていなかったため、そろそろヤバいかなと思ったので。
自覚のある症状は何も無かったけど、とりあえず悪いところがないかのチェックと、歯のクリーニングが目的。

家から徒歩数分のところにある歯医者さんに行ってみたんだけど、受付のお姉さんはタイ語しか話せず、問診票もタイ語オンリー…… 完全タイ人向けの歯医者さん。
待合室は無駄に広くてとても清潔で、大きなソファーがたくさん並べてある。
ちょうど今は学校が夏休みなので、子どもたちがたくさんいた。

ソファーの座り心地がとても良いので、ソファーに寝転がっている子どもが多かったんだけど、ふと自分の右のソファーに座っている親子に目をやったら、はぁぁ!?と目が点になった。

どうみても高校生ぐらいの大柄な男の子が、どうみても普通のタイのおばちゃんといった風情のお母さんのひざの上に、頭をのせた状態で寝転がっている。
そして二人はひざまくらの状態で、見つめ合いながら何かしゃべっている。

!?!?!?

しゃべっている口調とか内容とかに耳をすますと、ごく普通の親子の会話という感じ。
その後しばらくして受付から名前が呼ばれたら、男の子はしゃきっと立ち上がって診察室に入っていったので、別に体のどこかが悪かったからそうしていたわけでもない。
高校生ぐらいの男の子って、お母さんと二人で出かけることすら照れくさくて嫌がりそうなものだけど……
こういうのも、国によって違うものなのかなー。

ひざまくら親子の話は置いておいて、本題の歯医者さんの話。

30分ぐらい待って、やっと私の番が来た。
日本では見たことがない何やら大掛かりな機器で歯のレントゲンをとり、診察室へ。

診察室の設備は日本の歯医者さんとほとんど同じ感じでちゃんとして、歯石取りや検査もとても丁寧にやってくれた。
歯医者さんはおじいちゃん先生だったけど、英語が話せる方だったので意思疎通も問題なかったし。
そういや何も考えずに近所の歯医者に突撃したけど、もしタイ語しか話せない先生だったら、歯の症状の話とかされてもちんぷんかんぷんだったかも。

検査の結果、虫歯は無いと言われて一安心。
でも、親知らずがそのうちやばくなりそうかもということで、6ヶ月後にまた来てくださいと言われた。
親知らずかー。。。今までに何度か抜いたけど、言われてみればあと1本残ってたわ。
親知らずを抜くときのあの痛みを思い出し、いつかもう1回やらないといけないのかなと思うと、とても憂鬱。(´・ω・`)

診察が終わったら、すぐに受付でお会計。
チェックとクリーニングだけだったし、500バーツぐらいかな?とか思ってたら、
「1,500バーツです(約5,000円強)」と言われ、大ショック!!
タイの物価を考えると、高すぎない!?

たまたま高い歯医者さんに行ってしまったからなのか、それとも私が外国人だからぼられたのか、と思ったけど、あとでタイ人の友人に聞いてみたら「普通の値段」とのこと。
そうなのかー。まぁ、保険なしでこの値段は、日本と比べればすごく安いのかも。

タイの歯医者さんってどうなんだろう、と実は少し心配していたんだけど、設備や技術は日本とほとんど変わらなかったので安心した。
プーケットには外国人対応の歯医者さんもたくさんあるようなので、次回はそちらに行ってみようかな。