早朝から活気にあふれるプーケットタウンの朝市場【タイ・プーケット】

プーケットの朝市

わりと最近まで存在を知らなかったんだけど、プーケットタウンロビンソンデパートの横に、けっこう大きな朝市場がある。
朝市場なので、当然昼はやっていない。朝9時過ぎぐらいには全部閉まってしまうらしい。
昼間この付近を通りすぎても中に誰もいないし商品も何も見当たらないので、最初の頃はてっきり廃墟なんだと思っていた。

プーケットの朝市

朝の6〜8時ぐらいの時間帯にここを訪れると、たくさんの買い物客でにぎわっていて、とても活気がある。
飲食店をやっている人たちが仕入れに来ているのかなー?

プーケットタウンの朝市

市場では、ありとあらゆる食材が売られている。
野菜や魚介類はもちろん、日用品や仏様へのお供え品まで。

プーケットタウンの朝市

プーケットタウンの朝市

↓おお! タルの中で暴れまわるたくさんのお魚たち!(ナマズ?)
何匹かは外に飛び出して床でのたうち回っていた。

プーケットタウンの朝市

↓何の肉なのか、そして何の部位なのか。
何十種類もの正体不明の肉が並べられたお肉屋さんは、ちょっとホラーっぽくて迫力〜。

プーケットタウンの朝市

↓鶏がほぼそのままの姿で、こんがりと焼きあがっている。
美味しそうなような、グロテスクなような……

プーケットタウンの朝市

市場内には食堂スペースもあり、出勤前と思しき人々がタイ料理の定番メニューを注文して食べている。
朝からみんなずいぶんとボリュームのある料理を食べているなぁ〜〜

プーケットの朝市

この市場で買える私のお気に入り食べ物は、レッドカレー&ロティ
カレーだけど辛さはほどほどで、お腹がとてもすいているときの朝食にピッタリ♪
↓こちらがロティのお店。

プーケットタウンの朝市

ロティはマレー半島南部の名物で、小麦粉等でできた生地を多めの油で焼いたクレープ風のお菓子。
カレーにつけて軽食として食べたり、バナナや練乳と一緒にデザートとして食べても美味しい。

ロティ

ロティ以外にも、肉まんや揚げパンなどの軽食を売るお店が数多くそろっていて、ここに来れば、タイならではの朝食メニューを食べ歩くことができる。

ちなみにこの市場、夜になるとシーフード料理の屋台街になっている。
朝は活気あふれる朝市、昼は廃墟、夜になれば賑やかな屋台街と、一日のうちにコロコロとその姿を変える様子は、本当に驚いてしまう。(;´∀`)

プーケットでしか買えない、プーケットご当地おみやげいろいろ【タイ・プーケット】

プーケットのおみやげ

最近プーケットでは、「PHUKET(プーケット)」と書かれたTシャツ、バッグ、ポーチなどの”プーケットご当地グッズ”が増えてきた気がする。
数年前までは、プーケットで売られているみやげ物といえば「THAILAND(タイランド)」とか「BANGKOK(バンコク)」の文字が入っていたりして、バンコクで売られているのと同じものばかりだったのに。

下の写真は、先日日本に一時帰国したときに買い集めたおみやげたち。
手作り感のある素朴なものが多くて、高級感はないけれども個性があって可愛らしい。
プーケットオールドタウンの街並みや、ビーチをモチーフにしたデザインが多い。

プーケットのおみやげ

だけどこういうプーケットグッズを取り扱っている店は、案外限られている。
空港やデパート内のおみやげ屋さんの商品は、今もほとんどがバンコクでも売っているのとまったく同じ大量生産品ばかり。
「PHUKET」の文字が入っている商品はほとんど無いし、あっても古くさいキーホルダーだとかあまり可愛くないものが多い。

こういうプーケットグッズがどこで売られているかというと、確実に見つかるのはプーケットオールドタウン周辺。
この周辺にあるおみやげ屋さんや、日曜日に開催されるプーケットウォーキングストリートに行けば、必ず見つかる。
ウィークエンドマーケットでもチラホラ見かけるけど、オールドタウン周辺と比べると少ないかも。

プーケットウォーキングストリートの詳細はこちら

そして、私の最近のお気に入りプーケットみやげは、カラフルな家の形をした外箱がとっても可愛いこちら↓。
中身はタイ南部名物のお菓子、クッキー、カシューナッツなど、何種類かある。

プーケットのおみやげ

この箱のデザインのモデルになっているのは、プーケットのオールドタウン周辺で見られる、シノ・ポルトガルスタイルという独特の建築様式の建物。
中身もパッケージもプーケットらしさ満点だし、写真左の缶タイプの方は食べ終わった後も小物入れとして使えるのが嬉しい♪

この商品は、プーケットオールドタウンのタラン通りにあるおみやげ屋さんと、この商品を作っている「ポーンティップ(Pornthip)」の専門ショップで買うことができる。

ポーンティップ(Pornthip)の詳細はこちらのページで。
Pornthip Facebook
Pornthip地図と詳細

タイの場合、食べ物系のおみやげはバリエーションが少ないから、こういうおみやげがもっともっと増えるといいなー。

世界中から集められた美しい貝殻の数々♪ タイ・プーケット南部の貝殻博物館(シーシェル・ミュージアム)へ

シーシェルミュージアム

プーケット南部、ラワイビーチの近くに貝殻博物館シーシェル・ミュージアム)というスポットがある。
なんでも、博物館オーナーのソムチャイさんという方が、何十年もかけて世界中から集めた2000種類もの貝殻を展示しているらしい。

プーケットのガイドブックにも載っていることが多いので、どのような感じなのか見てみようと、先日なんとなく行ってみた。
そして、思い出した。

……自分が貝殻にはまったく興味がなかったことを。

博物館内にはたくさんの貝殻が並べられていたけど、本当にただ種類ごとに陳列されているだけ。
日本の博物館のように、何やらボタンを押すと展示物に何らかのアクションが起きたりするとか、そういう工夫は一切ない。
英語とタイ語による簡単な説明文が書いてあるだけ。

私のように興味がない人間にとっては、さほどおもしろいスポットではないかも……、というのが正直な感想。
ソムチャイさんの数十年にも渡る血と汗と涙の結晶の価値がまったく分からなかったし、たった200バーツの入場料も少し高いなーとか思ってしまった。
だけど、貝殻が好きな人や多少知識がある人にとっては、もしかしたらとてつもなく素晴らしい場所なのかもしれない!

興味がある方のために、以下、博物館の様子を少しだけご紹介。

建物の外観はかなり立派で目立っているんだけど、中に入ると案外とこじんまりしている。
ゆっくりと時間をかけて観覧しても、20分ぐらいで見終わるぐらいの大きさ。

シーシェルミュージアム

シーシェルミュージアム

見たことのない、めずらしい貝殻・美しい貝殻がいっぱい。

シーシェルミュージアム

シーシェルミュージアム

アコヤ貝などの巨大貝殻や貝殻の化石などもある。

シーシェルミュージアム

シーシェルミュージアム

展示品の中で一番多かったのは、産地の異なる同じ種類の貝を集めたもの。
海は全世界でつながっているので、同じ種類の貝が世界各地に分布している。
だけど、見た目や大きさは地域によって微妙に異なる。
その様子が良く分かる展示になっている。

シーシェルミュージアム

シーシェルミュージアム

私のような貝殻に関しての知識がまったく無い者にとっても、とても勉強になる内容ではあった。
この近くのエリアに来ることがあれば、ついでに立ち寄ってみる価値はあるのでは、と思う。


貝殻博物館(Seashell museum)の地図

地元のティーンに人気の小さなナイトマーケット♪Phuket Indy Market【タイ・プーケットタウン】

phuket indy market

毎週木曜日と金曜日の夜、プーケットタウンの中心地で「プーケット・インディ・マーケット Phuket Indy market(タイ語はตลาด ปล่อย ของ)」って呼ばれている小さなナイトマーケットをやっている。

こういう毎週恒例の市場って、タイのそこそこ大きな街ではたいていどこでもやっているんだけど、このマーケットは他と比べるとちょっと雰囲気が違う。
手作りアクセサリーやオリジナルのファッション雑貨を売っているお店が多く、お客さんは流行に敏感な地元の10代・20代が中心。

マーケットの中心にはステージがあり、学生とおぼしき初々しい若者たちがタイのヒット曲を演奏していたり。
プーケットの若い子の間でどんなものが流行っているのかを、ちょっとだけ垣間見ることができる♪

売られている商品はどれもとても安く、他のマーケットでは見たことがない、個性的なオリジナルアイテムも多い。
観光客向けのおみやげ屋さんはあまり無いけれど、自分への素敵なおみやげは見つかるかも?
正直、私にはちょっと若すぎるかな?と思われるデザインのものが多いんだけど、もし私がまだ学生だったら、衝動買いしまくりそう〜。

Phuket Indy Market↑オリジナルキャラクター?船長さんのTシャツ。吉田戦車的なゆるい感じのイラストでかなりツボ。

Phuket Indy Market↑手作り感あふれる、オリジナルのポーチやバッグ

Phuket Indy Market↑華やかな柄のストールがたった80バーツ(約300円)!インテリア用にひとつ買ったけどかなりお気に入り。

Phuket Indy Market↑若い子向けのカジュアルウォッチは100〜200バーツ程度。これもひとつ買ったけど、結構使える。

Phuket Indy Market↑おみやげにもなる、オリジナルのプーケットグッズ。

マーケットの入り口付近はファッションアイテムのお店が集中しているけど、奥の方に行くと、食べ物の屋台がたくさん並んでいる。
豚の串焼きやカットフルーツ等の軽食から、パッタイ(タイ風焼きそば)やステーキなどの夕食代わりになるボリューム満点の食事まで、種類豊富でひととおりのものがそろっている。
食べ歩き目的でも十分楽しめるかも♪

それにしても、周りを見渡すととにかく若いタイ人の友だち連れ・恋人連ればかり。
私のようなひとりで遊びに来ている外国人のおばさんは、少々浮いた存在になってしまう……。

phuket indy market

phuket indy market

これほど多くの、健全なタイの若者たちを一同に見られる場所は、プーケットではなかなか無いかも?
タイの若い子たちのファッションとか、デートの様子だとかを観察するのも何気に楽しい。

聞いた話では、木曜日と金曜日の夜(16:00-22:00)しかやっていないとのこと。
土曜日や日曜日にもやっているのを何回か見たことがあるんだけど、やってないときもあって不確かなので、行くとしたら木曜日か金曜日に行くのが確実だと思う。
プーケットで一番大きいウィークエンドマーケットが土日しかやっていないから、旅行のスケジュール的にそちらに行けない方は、変わりにこちらのマーケットに行ってみるのもいいかも?

場所はプーケットオールドタウンから徒歩数分程度なので、オールドタウンに来たついでに寄ることができる。
具体的には、プーケットタウンの中心地にある「シリキット王女記念公園」の北側で、最近できたニュースポット「LIMELIGHT」(↓)の横。

limelight

ちなみに「LIMELIGHT」の中はレストランがいくつかあって、なかなか美味しいお店がそろっていると思う♪


プーケット・インディ・マーケットの場所(LINELIGHTの場所)