日本人にとっては逆に新鮮かも(?)タイ流日本食レストランSUKISHI【タイ・プーケット】

sukishi

日本にはたくさんのチェーンレストランがあるけど、タイにもタイスキで有名な「MK」など、タイ発のチェーンレストランがいろいろとある。
今回紹介するのは、数年前から急激に店舗数を増やしていて、タイ在住者の方にはすっかりおなじみの存在になっていると思われる、食べ放題レストラン「sukishi(スキシ)」
名前の由来は多分、「すきやき+寿司」。

もう1年ぐらい前のことだけど、はじめてこのお店に来た時は、なかなか衝撃的だった。

「お寿司が食べ放題の、リーズナブルな日本食レストランが新しくできたよ!」
と友達に勧められて、プーケットのTesco Lotus内にある店舗へ。
お店の前には、なぜか韓国の民族衣装のチマチョゴリを着たタイ人女性が立っていて、ものすごい違和感。
一瞬入るのやめようかと躊躇したけど、とりあえず店内に入ってみてまず目に飛び込んできたのは、くるくる回るコンベアーに載せられたたくさんの小皿。

「やったー!回転寿司だ!」
と思ってよくよく皿の上に載せられたものを見てみると、様子がおかしい。

sukishi

生の白菜、生の肉、素のうどん…… 鍋の具材が回っている

勧めてくれた友人いわく、sukishiではスキヤキ鍋が食べ放題とのこと。
具はコンベアーの上から好きなものを選んで取り放題で、スープは鶏ガラスープ、トムヤムクン風味、イェンタフォー風味(腐乳が入った酸っぱいスープ)などの数種類の中から2種類選べる。
そしてスープで煮た具材は、タイスキのタレにつけて食べる。

……って、スキヤキでも日本食でもないじゃん!! 

タイの人はこういう鍋のことを総称して「スキ」と呼び、「スキ」が日本食だと思ってる人もときどきいる。
日本の本当のスキヤキを食べさせたら、カルチャーショックを受けるかも。

具材が回転してるのはわかったけど、じゃあお寿司は一体どこに?と思ったら、回らない寿司のコーナーが店内の一角にあった。

sukishi

写真にはとらなかったけど、寿司だけじゃなく、天ぷらや餃子などのおかずも置いてあった。
このコーナーは、まぁかろうじて日本食と呼べるかな……。

タイのお寿司はたいていかなりちっちゃくて、巻きずしとかは日本の2/3ぐらいの大き。そしてカラフルで可愛い。
でも使われている魚は、9割がサーモン。マグロは生臭いとかで人気がないみたい。
でもそれは、本当に美味しいマグロがタイにはないからだろうな〜 あっても、タイ人が気軽に手が出せる値段ではないんだろうと思う。

お寿司の味は、特別美味しくもなくかといってまずくもなく。多分タイでは普通のレベルかなと思う。
でも、タイスキ鍋はなかなか美味しい。
タイスキ鍋の有名チェーン店の「MKスキ」ではスープは1種類しかないけど、こちらはいろんな味が楽しめるし。
特にトムヤムクンスープの鍋は、けっこうお気に入り。

全部食べ放題で300バーツちょい(1,000円前後)、だったかな?
チェーン店だけど地方によって価格が違うらしくて、物価の高いプーケットは他の地方と比べるとちょっと高いみたい。
でも、日本食レストランってたいがい高いので、それを考えると確かにお得感のあるお店かなと思う。

<最後のおまけ。>

寿司コーナーの横に、肉まんや焼売などの蒸し物のケースがあったんだけど、そこに書いてあった文字が衝撃!

sukishi

「だんごむし」

言いたいことはなんとなくわかるけど、でもちがーう!!

↓sukishiがある「Tesco Lotus」の地図

大きな地図で見る

タイ人が考える「日本食」の代表格って……まさか「カ◯◯◯」!?

タイ人の友達とディナーに行くときは、ローカル食堂ではなく、お値段少しだけ高めの小洒落たオープンバーに行くことが多い。
タイ料理にまだあまり詳しくない私は、料理の注文はたいてい友達に任せて、友達が頼んだものを一緒に食べる。

料理を選んだ友達が
「Akikoのために、日本食も注文しておいたね!」と言ったとき、
かなりの確率でその料理は、

「カニカマの刺し身」

カニカマ

「わ〜日本食って、何かな? わざわざ私のためにありがとう!♪♪」
なんてウキウキして待っていた私の期待を打ち砕く、冷凍品を切っただけのメニュー………
本当に、過去3回これをやられた。(※ちなみに毎回別の人、別のお店)

メニューにはちゃんと普通のお寿司も載っているのに。
まぁお寿司は高いから避けられただけだろうけど。

値段の安いカニカマを刺し身としてメニューにしたのは、タイ人ならではのアイディアだろうと思うけど。
でも日本人は、わざわざお店に行ってカニカマがメインの料理を食べたりしないんだけどなぁ〜〜。

一応日本食なので、しょうゆとワサビが必ずついてくる。

友達は、「Akikoのために、ワサビたくさん入れるよ!!」
なんて言ってくれるけど、私は日本人のくせにワサビが苦手。
辛いもの大好きタイ人は、ワサビも容赦なくたっぷりと入れてくれる。

そして、遠慮してるのかよくわからないけど、みんな一切れずつしか食べずに、残り全部を私に食べさせてくるのもパターン。
食べ渋っていると、「Akikoのために頼んだんだから、いっぱい食べてね!」なんて勧めてくれる。
みんな本当に親切心で言ってくれているので何も言えず、ワサビで涙が出そうになるのをこらえながら、必死の思いで毎回ひとりで完食する私。

タイの人はけっこうカマボコやつみれのような練り物系が好きなので、カニカマも人気。
カニカマは、お寿司のネタとしても常連なので、ちゃんとした日本食レストランに行ってもかなりの確率で遭遇する。
私がタイに来てから食べたカニカマの量は、それまでの人生で食べてきた総量よりももしかしたら多いかもしれない

別にカニカマきらいじゃないけど、でもこれが典型的日本食のひとつだと思われていそうなのがちょっとなぁ〜〜……

バンコクの中の日本2 ー シーロム・タニヤ通り

taniya1

色とりどりの日本語の看板に、行き交うたくさんの人と車。まさに、典型的な日本の歓楽街の風景。
でも、ここは日本じゃない。
バンコクの中心地のひとつ、シーロムエリアにあるタニヤ通り。

なんかどこかの地方都市で見たことがあるような〜〜?? ものすごい既視感ありまくり。
地元(福井)の歓楽街、片町にちょっと似てるかも?

taniya2

とにかくどこを見ても日本語がいっぱい。おお、なつかしい、牛角がある……
お店の名前とか看板のデザインが、ちょっと昭和っぽいかも。

このタニヤ通りは、日本人のお客さんだけを対象にした、日本と同じシステムのカラオケバーやらクラブなどのお店がたくさんあるらしい。
そのため、日本のおじさんたち向けのお店が多数集まっている。
この通りにあるショッピングモールにフラッと入ってみたら、1〜2階のテナントのほとんどがゴルフ用品店だった(−_−;)。
ウィンドウショッピングでもしようかと思って入った自分の、場違い感が半端ない。びっくりだ。

そもそもなぜこんなところに来たかというと、このタニヤ通りがあるシーロムエリアが、パスポート再発行のために行った日本大使館と近かったから。
バンコクに遊びにくるのはこれでもう7回目なのに、このエリアにはほとんど行ったことがなかったので、興味本位で立ち寄ってみた。
実際来てみてよく分かったけど、女性がひとりで散歩がてらに遊びに来てもしょうがない場所だった……
ただ、日本食のレストランがとても充実しているので、グルメ目当てに来るのには良いかもしれないけど。

タニヤ通りと平行して隣同士の場所に、おみやげ物や偽ブランドで有名な夜店街とゴーゴーバー(女性をお持ち帰りできるバー)で有名なパッポン通りがある。
この2つの通りがあるために、このあたりは本当にたくさんの男性観光客で賑わっている。

観光でバンコクを訪れた日本人のおじさんたちは、タニヤ通りの居酒屋で夕食を食べて、カラオケバーで歌って、そしてパッポン通りに移動して、お土産を見たりゴーゴーバーではしゃいだりするのが定番のコースだったりするのかな。

そして日本に帰ったら、家族にはその夜の話は秘密にするんだろうか……(´・ω・`)

taniya4

バンコクの中の日本 ー スクンビット・ソイ1/33を探検

soi31

風にたなびくたこ焼きののぼり旗が、郷愁を誘う。
BTSプロンポン駅を下りてすぐ、交通量激しいスクンビット通りから路地に入ると、そこにあるのはバンコクの中の日本!!

ここは、スクンビット通りソイ1/33。
「ソイ」とは、大通りに接している細い路地のことで、「ソイ1」「ソイ2」といった具合に番号で呼ばれる。
スクンビット通りのソイ1/33は、日本人駐在員が多いプロンポンエリアに位置し、在住日本人の生活を支える路地だ。

この通りにあるのは、日本人のためのお店ばかり。
日本食レストラン、お好み焼き屋、ラーメン屋、そして日本の書籍ばかりを取り扱った書店などもある。

tokyodo

「東京堂書店」。
店内はそこそこ広く、最新のものから少し古い雑誌のバックナンバーまで、品揃えもかなり充実している。
日本で買うよりも当然かなり割高ではあるけど、プーケットにはこういうお店は無いので、タイ語勉強本や旅行ガイドブックなど、全部で5,000円分ほどまとめ買い♪

そのほかにも、日本の100均商品らしきものを取り扱っている雑貨店もある。
60バーツ、80バーツといった具合に均一価格にはなっているけど、日本の倍近く、または倍以上の値段だ。

neo

ちょうどお腹がすいていたので、この通りでランチを食べることに。
私が入ったお店は、“日本の”昔ながらの洋食レストラン。名前は「洋々亭」。

yoyotei

店内に入ると、「いらっしゃいませ〜」の声と店員さんの笑顔。すぐに提供されるおしぼり。
いかにも日本の「町の喫茶店」といった感じの内装で、清掃が行き届いていて静かにくつろげる雰囲気。
本当に久しぶりだ〜 この空気感……

メニューは、ハンバーグやオムライスなど、定番の洋食がズラリ。
どれもプーケットでは食べられないので、どれにしようか相当悩んだんだけど、選んだのは大好きなナポリタン!

napolitan

お味は、見ての通りのトマトソースたっぷりの濃いめ系。でも、めっちゃ美味しい〜〜!!
量は結構多かったんだけど、ペロッと全部食べてしまった。ごちそうさまでした。

ランチに満足したら、次は路地の一番奥にある「フジスーパー」へ。

fuji

ここは、在住日本人奥様たちの御用達スーパー。
店内に入ると、「え、ここは日本ですか?」って笑ってしまいそうなくらい、日本でおなじみの商品ばかりが並ぶ。

私も何か買おうと思って、そういえばプーケットのスーパーではカツオブシが見つからなかったことを思い出し、カツオブシのコーナーへ。
何種類かあったけど、どれもバカ高い!
小分けにされたカツオブシが5袋入ったやつが、約130バーツ(約400円)。
1袋約25バーツって、私がプーケットの市場でたまに夕ご飯に買ってる20バーツのパット・バミー(タイ風焼きそば)より高いじゃないか!
そう思ったらアホらしくなって、買うのをやめた。

スーパーの店内を見渡すと、来ているお客さんのほとんどは、日本人の奥様方。
ひさしぶりにたくさんの日本人に囲まれて思ったけど、日本人て、背が高い!

私も身長163cmぐらいあるので、プーケットではかなり大きい人の部類。
プーケットは、バンコクより全般的に身長が低い印象で、私は大体いつも周りの女性を見下ろす状態になっている。5cm以上のヒールをはくと、半分ぐらいの男性を見下ろしている。
でも、このスーパーでは私の身長はごく標準的で、なんだか新鮮に感じた。まあ当たり前なんだけど……

最近のタイでは、昔のイメージとは異なり、ぽっちゃりした体型の人が激増している。
ぽっちゃりさんと、モデルのようなスリムさんが混在状態。
でも日本人女性って、みんな本当に同じような「やや細め」の体型。体型のバラエティーが少ないと感じた。

スラッとしていて背が高く、肌が透き通るように白く、着ている服も上品、な日本人奥様方。
色黒で露店で買ったTシャツ&ジーンズの私は、完全に浮きまくっているよ……( ´ ▽ `;)
なぜタイの人たちが日本人に憧れるのか、なぜ私がタイ人から日本人だと思われないのか、分かった気がした。

スーパーを出たら、次は日本風の総菜パンを売っているパン屋さんへ。

nakamura

このお店、たまたま前日に読んだ在住日本人向けのフリーペーパーのコラムで、ミュージカル歌手の新妻聖子さんが、以前よく通っていたお店として紹介されていた。
全然知らなかったけど、新妻聖子さんは10代の頃ご両親のお仕事の都合で、バンコクに住んでいたらしい。

私はここで、翌日の朝ご飯用にカレーパンとシュークリームを購入。
どちらもとても美味しかった。

散歩のあとは、滞在ホテルに戻り、フジスーパーで買ったたい焼きで3時のおやつ♪

taiyaki

つかの間に日本に帰国したような気分を味わえた、充実したひとときでした〜( ´ ▽ ` )ノ

この近辺に住んでたら、ホームシックなんてまったく感じなさそうだな……

日本に遊びにくるタイ人観光客のビザが、7月から免除になるらしい

この話、多分日本でもニュースになっていると思うので、もうすでに知っている方も多いのではと思うけど……

タイ人観光客の、日本入国のビザが今年7月1日から免除になるらしい!

http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/jis/2013/1321.htm
(※在タイ日本大使館からのお知らせ)

やっとか〜!って感じ。本当に、これは素晴らしい決定。
日本に遊びに行きたいと思っているタイ人は本当に多いんだけど、今まではほとんどの人が、「でもビザを取るのが難しいからね」と諦めていた。
でもこれからは、お金さえあれば誰でも行けることに♪♪♪

特に今は円安だし、今年後半からはかつての中国人旅行客みたいに、ものすごい数のタイ人観光客が日本に押し寄せるかも^^?

私の周りでも、日本に行きたいと言っている友人・知人は多数。
「Akikoが日本に帰国するときには、一緒に連れて行ってね!」、なんていう約束をした人が、何人いることか。

来年春あたり2〜3週間ぐらい帰ろうかなと思っているけど、このままではもしかしたら、10人ぐらいの団体旅行客を引き連れての帰国になるかも……( ´ ▽ ` ;)
そこまで多いとめんどくさいので、できるだけ秘密にしておこうっと。

タイの人たちに、「日本のどこに行きたいか、何が見たいか」って聞くと、返ってくる答えは、圧倒的に「桜と富士山」
それから雪や秋の紅葉、北海道など、日本の自然に憧れている人が多い。
東京や大阪などの大都会は、その次ぐらいの人気。
京都や奈良などの、日本の伝統文化や歴史的建築物が多い都市には、それほど興味がない人が多いかも……これはちょっと意外だった。

でも考えてみると確かに、お寺などの古い建物はタイ人も見慣れているけど、日本で見られるような山や渓谷の美しさは、タイの人には新鮮かもしれないと思う。
底の砂利が見えるくらい透き通った小川や、雪をかぶった山脈、落差の激しい豪快な滝。
こういうのは、日本の田舎ではごくフツーのことだけど、タイではほとんど見ることができない。

「日本に行ったらAkikoの実家に泊まりたい」っていうのもよく言われるんだけど、私が「うちの実家は田んぼと山しかないよ」って返すと、みんな「そういうところに行きたいんだよ〜」って言う。

タイの人たちにとっては、平凡なわが故郷も、山々の景色が美しい素晴らしい場所にうつるかもしれない。
そう思うと、機会があったら、ぜひ連れて行ってあげたいなーって思う。
うちの両親と犬が、大変なことになりそうだけど……( ´ ▽ ` ;)