早朝から活気にあふれるプーケットタウンの朝市場【タイ・プーケット】

プーケットの朝市

わりと最近まで存在を知らなかったんだけど、プーケットタウンロビンソンデパートの横に、けっこう大きな朝市場がある。
朝市場なので、当然昼はやっていない。朝9時過ぎぐらいには全部閉まってしまうらしい。
昼間この付近を通りすぎても中に誰もいないし商品も何も見当たらないので、最初の頃はてっきり廃墟なんだと思っていた。

プーケットの朝市

朝の6〜8時ぐらいの時間帯にここを訪れると、たくさんの買い物客でにぎわっていて、とても活気がある。
飲食店をやっている人たちが仕入れに来ているのかなー?

プーケットタウンの朝市

市場では、ありとあらゆる食材が売られている。
野菜や魚介類はもちろん、日用品や仏様へのお供え品まで。

プーケットタウンの朝市

プーケットタウンの朝市

↓おお! タルの中で暴れまわるたくさんのお魚たち!(ナマズ?)
何匹かは外に飛び出して床でのたうち回っていた。

プーケットタウンの朝市

↓何の肉なのか、そして何の部位なのか。
何十種類もの正体不明の肉が並べられたお肉屋さんは、ちょっとホラーっぽくて迫力〜。

プーケットタウンの朝市

↓鶏がほぼそのままの姿で、こんがりと焼きあがっている。
美味しそうなような、グロテスクなような……

プーケットタウンの朝市

市場内には食堂スペースもあり、出勤前と思しき人々がタイ料理の定番メニューを注文して食べている。
朝からみんなずいぶんとボリュームのある料理を食べているなぁ〜〜

プーケットの朝市

この市場で買える私のお気に入り食べ物は、レッドカレー&ロティ
カレーだけど辛さはほどほどで、お腹がとてもすいているときの朝食にピッタリ♪
↓こちらがロティのお店。

プーケットタウンの朝市

ロティはマレー半島南部の名物で、小麦粉等でできた生地を多めの油で焼いたクレープ風のお菓子。
カレーにつけて軽食として食べたり、バナナや練乳と一緒にデザートとして食べても美味しい。

ロティ

ロティ以外にも、肉まんや揚げパンなどの軽食を売るお店が数多くそろっていて、ここに来れば、タイならではの朝食メニューを食べ歩くことができる。

ちなみにこの市場、夜になるとシーフード料理の屋台街になっている。
朝は活気あふれる朝市、昼は廃墟、夜になれば賑やかな屋台街と、一日のうちにコロコロとその姿を変える様子は、本当に驚いてしまう。(;´∀`)

プーケットでしか買えない、プーケットご当地おみやげいろいろ【タイ・プーケット】

プーケットのおみやげ

最近プーケットでは、「PHUKET(プーケット)」と書かれたTシャツ、バッグ、ポーチなどの”プーケットご当地グッズ”が増えてきた気がする。
数年前までは、プーケットで売られているみやげ物といえば「THAILAND(タイランド)」とか「BANGKOK(バンコク)」の文字が入っていたりして、バンコクで売られているのと同じものばかりだったのに。

下の写真は、先日日本に一時帰国したときに買い集めたおみやげたち。
手作り感のある素朴なものが多くて、高級感はないけれども個性があって可愛らしい。
プーケットオールドタウンの街並みや、ビーチをモチーフにしたデザインが多い。

プーケットのおみやげ

だけどこういうプーケットグッズを取り扱っている店は、案外限られている。
空港やデパート内のおみやげ屋さんの商品は、今もほとんどがバンコクでも売っているのとまったく同じ大量生産品ばかり。
「PHUKET」の文字が入っている商品はほとんど無いし、あっても古くさいキーホルダーだとかあまり可愛くないものが多い。

こういうプーケットグッズがどこで売られているかというと、確実に見つかるのはプーケットオールドタウン周辺。
この周辺にあるおみやげ屋さんや、日曜日に開催されるプーケットウォーキングストリートに行けば、必ず見つかる。
ウィークエンドマーケットでもチラホラ見かけるけど、オールドタウン周辺と比べると少ないかも。

プーケットウォーキングストリートの詳細はこちら

そして、私の最近のお気に入りプーケットみやげは、カラフルな家の形をした外箱がとっても可愛いこちら↓。
中身はタイ南部名物のお菓子、クッキー、カシューナッツなど、何種類かある。

プーケットのおみやげ

この箱のデザインのモデルになっているのは、プーケットのオールドタウン周辺で見られる、シノ・ポルトガルスタイルという独特の建築様式の建物。
中身もパッケージもプーケットらしさ満点だし、写真左の缶タイプの方は食べ終わった後も小物入れとして使えるのが嬉しい♪

この商品は、プーケットオールドタウンのタラン通りにあるおみやげ屋さんと、この商品を作っている「ポーンティップ(Pornthip)」の専門ショップで買うことができる。

ポーンティップ(Pornthip)の詳細はこちらのページで。
Pornthip Facebook
Pornthip地図と詳細

タイの場合、食べ物系のおみやげはバリエーションが少ないから、こういうおみやげがもっともっと増えるといいなー。

世界中から集められた美しい貝殻の数々♪ タイ・プーケット南部の貝殻博物館(シーシェル・ミュージアム)へ

シーシェルミュージアム

プーケット南部、ラワイビーチの近くに貝殻博物館シーシェル・ミュージアム)というスポットがある。
なんでも、博物館オーナーのソムチャイさんという方が、何十年もかけて世界中から集めた2000種類もの貝殻を展示しているらしい。

プーケットのガイドブックにも載っていることが多いので、どのような感じなのか見てみようと、先日なんとなく行ってみた。
そして、思い出した。

……自分が貝殻にはまったく興味がなかったことを。

博物館内にはたくさんの貝殻が並べられていたけど、本当にただ種類ごとに陳列されているだけ。
日本の博物館のように、何やらボタンを押すと展示物に何らかのアクションが起きたりするとか、そういう工夫は一切ない。
英語とタイ語による簡単な説明文が書いてあるだけ。

私のように興味がない人間にとっては、さほどおもしろいスポットではないかも……、というのが正直な感想。
ソムチャイさんの数十年にも渡る血と汗と涙の結晶の価値がまったく分からなかったし、たった200バーツの入場料も少し高いなーとか思ってしまった。
だけど、貝殻が好きな人や多少知識がある人にとっては、もしかしたらとてつもなく素晴らしい場所なのかもしれない!

興味がある方のために、以下、博物館の様子を少しだけご紹介。

建物の外観はかなり立派で目立っているんだけど、中に入ると案外とこじんまりしている。
ゆっくりと時間をかけて観覧しても、20分ぐらいで見終わるぐらいの大きさ。

シーシェルミュージアム

シーシェルミュージアム

見たことのない、めずらしい貝殻・美しい貝殻がいっぱい。

シーシェルミュージアム

シーシェルミュージアム

アコヤ貝などの巨大貝殻や貝殻の化石などもある。

シーシェルミュージアム

シーシェルミュージアム

展示品の中で一番多かったのは、産地の異なる同じ種類の貝を集めたもの。
海は全世界でつながっているので、同じ種類の貝が世界各地に分布している。
だけど、見た目や大きさは地域によって微妙に異なる。
その様子が良く分かる展示になっている。

シーシェルミュージアム

シーシェルミュージアム

私のような貝殻に関しての知識がまったく無い者にとっても、とても勉強になる内容ではあった。
この近くのエリアに来ることがあれば、ついでに立ち寄ってみる価値はあるのでは、と思う。


貝殻博物館(Seashell museum)の地図

映画「ザ・ビーチ」の舞台になったピピ島に1泊旅行【タイ・プーケット】

ピピ島

もう数ヶ月前の話だけど、タイ南部のリゾート地ピピ島に1泊旅行に行ってきた。
ピピ島は、レオナルド・ディカプリオ主演の映画「ザ・ビーチ」のロケ地になったことで有名になった島。
プーケットからはフェリーで2時間ぐらいの距離。

プーケットからピピ島に行く方法は様々あるけど、プーケットに滞在している観光客は、1日ツアーを利用していくことが多いのではと思う。
私も、過去に日帰りで2回行ったことがあるので、今回が3度目。
でも個人的には、ピピ島は日帰りで遊びに行くタイプのスポットではなく、のんびり数日ほど滞在するのが一番の楽しみ方、のような気がしていた。

エメラルドグリーンの海を見ながらのんびりとビーチでくつろいだり、夜は繁華街のオシャレなバーに行ってみたり……
なんていろいろと想像してすごく楽しみにしていた旅行だったけど、滞在2日間の天気が、、、壊滅的 。・゚・(ノД`)・゚・。
最初から最後までどんより天気で、雨が降りっぱなしだった。
雨が降ると、海は濁るし街歩きも楽しめない。
天気が悪い時のビーチリゾート滞在は、その価値が20%ぐらいに落ち込むと思う。
こればっかりは運なので仕方ないけど、本当に残念〜〜

それでもいろいろと楽しいことがあったピピ島滞在、次回の記事から2回ぐらいに分けて紹介します。

ちなみに今回の旅行では、船着場までの送迎と往復フェリーがセットになったチケットを旅行代理店で購入、800バーツ。
プーケットはタクシー代が高くて、パトンビーチから船着場までのタクシー代だけで500バーツ以上はするし、フェリー往復チケットがたしか1,000バーツぐらいだったので、こういうセットチケットを買っていくのが断然お得だと思う。

こちらの代理店さんで購入させていただきました。
ブルーアイランド プーケット


<おまけ情報>
1日ツアーで行くなら、フェリー利用のツアーよりもスピードボート利用のツアーの方がいろんな場所を回ってくれるので断然おすすめ。
フェリー利用のツアーは、映画のロケ地になったビーチに上陸しないです。

プーケットの歯医者さんで、歯のチェックとクリーニング【タイ・プーケット】

歯医者

タイに住み始めてから2年半、先週はじめてタイの歯医者さんに行ってきた。
日本にいた頃は、年に数回歯医者さんで検査&歯石取りをやっていたんだけど、タイに住んで以来まったく行っていなかったため、そろそろヤバいかなと思ったので。
自覚のある症状は何も無かったけど、とりあえず悪いところがないかのチェックと、歯のクリーニングが目的。

家から徒歩数分のところにある歯医者さんに行ってみたんだけど、受付のお姉さんはタイ語しか話せず、問診票もタイ語オンリー…… 完全タイ人向けの歯医者さん。
待合室は無駄に広くてとても清潔で、大きなソファーがたくさん並べてある。
ちょうど今は学校が夏休みなので、子どもたちがたくさんいた。

ソファーの座り心地がとても良いので、ソファーに寝転がっている子どもが多かったんだけど、ふと自分の右のソファーに座っている親子に目をやったら、はぁぁ!?と目が点になった。

どうみても高校生ぐらいの大柄な男の子が、どうみても普通のタイのおばちゃんといった風情のお母さんのひざの上に、頭をのせた状態で寝転がっている。
そして二人はひざまくらの状態で、見つめ合いながら何かしゃべっている。

!?!?!?

しゃべっている口調とか内容とかに耳をすますと、ごく普通の親子の会話という感じ。
その後しばらくして受付から名前が呼ばれたら、男の子はしゃきっと立ち上がって診察室に入っていったので、別に体のどこかが悪かったからそうしていたわけでもない。
高校生ぐらいの男の子って、お母さんと二人で出かけることすら照れくさくて嫌がりそうなものだけど……
こういうのも、国によって違うものなのかなー。

ひざまくら親子の話は置いておいて、本題の歯医者さんの話。

30分ぐらい待って、やっと私の番が来た。
日本では見たことがない何やら大掛かりな機器で歯のレントゲンをとり、診察室へ。

診察室の設備は日本の歯医者さんとほとんど同じ感じでちゃんとして、歯石取りや検査もとても丁寧にやってくれた。
歯医者さんはおじいちゃん先生だったけど、英語が話せる方だったので意思疎通も問題なかったし。
そういや何も考えずに近所の歯医者に突撃したけど、もしタイ語しか話せない先生だったら、歯の症状の話とかされてもちんぷんかんぷんだったかも。

検査の結果、虫歯は無いと言われて一安心。
でも、親知らずがそのうちやばくなりそうかもということで、6ヶ月後にまた来てくださいと言われた。
親知らずかー。。。今までに何度か抜いたけど、言われてみればあと1本残ってたわ。
親知らずを抜くときのあの痛みを思い出し、いつかもう1回やらないといけないのかなと思うと、とても憂鬱。(´・ω・`)

診察が終わったら、すぐに受付でお会計。
チェックとクリーニングだけだったし、500バーツぐらいかな?とか思ってたら、
「1,500バーツです(約5,000円強)」と言われ、大ショック!!
タイの物価を考えると、高すぎない!?

たまたま高い歯医者さんに行ってしまったからなのか、それとも私が外国人だからぼられたのか、と思ったけど、あとでタイ人の友人に聞いてみたら「普通の値段」とのこと。
そうなのかー。まぁ、保険なしでこの値段は、日本と比べればすごく安いのかも。

タイの歯医者さんってどうなんだろう、と実は少し心配していたんだけど、設備や技術は日本とほとんど変わらなかったので安心した。
プーケットには外国人対応の歯医者さんもたくさんあるようなので、次回はそちらに行ってみようかな。