タイ南部料理ロティとマタバが絶品♪プーケットオールドタウンのArun restaurantアルーンレストラン

最近のお気に入り、マレー系のタイ南部料理が楽しめる人気店「Arun restaurantアルーンレストラン)」♪
プーケットオールドタウンのメインストリートに店舗を構え、いつもたくさんのお客さんで賑わっている。

店内はけっこう古びていて、いかにもローカルタイ人向けといった雰囲気。
でもさまざまなガイドブックやネットで紹介されているせいか、店員さんが外国人の対応に慣れていて、わりと入りやすい。

英語が併記されたメニューには、ロティカオモックガイなど、タイ南部の名物料理がずらりと並ぶ。
他のレストランではあまり見たことがない、「マタバ・ガイ」「カオ・ヤム・パッタニー」という料理がこのお店の名物らしい。

「マタバ・ガイ」は、カレー風味に味付けされた鶏肉や野菜などの具を、ロッティの生地と一緒に焼いたオムレツ(お好み焼き?)のようなもの。

マタバ

とても優しい味付けで、ケチャップが欲しいような、いやそんなの無くても美味しく食べられるような、絶妙な塩味加減。
特別インパクトのある味ではないのに、一度食べたらなぜか忘れられない。また食べたくなる。そして何度も通ってしまう。この店で一番のお気に入りメニュー。

2番目のお気に入りのメニューは、プレーンロティとカレー

ロティ
ロティとは、マレー半島でよく食べられている、小麦粉や卵などの生地をたっぷりの油で焼いたシンプルな料理。
表面はサクッとしていながらもっちりとした絶妙な焼き具合のロティを、ピリ辛のイエローカレーにつけて食べる。
カレーの辛さもほどよく、最高〜〜♪♪
上記のマタバが若干味が薄い気がするので、カレーとマタバを一緒に食べても美味しい。

ちなみにこのお店のもうひとつの名物「カオ・ヤム・パッタニー」は、ヘルシーなタイ風混ぜごはん。
ハーブがたっぷりで少々くせがある味だけど、こちらもとても美味しいと思う。
「パッタニー」ってなんだろ?地名? カオ・ヤムは混ぜご飯っていう意味だけど……

このレストランの一番うれしいところは、なんといっても値段が安いこと。
今日はプレーンロッティ + チキンのカレー + マタバ + レモンティーと一人でたらふく食べて、合計95バーツ!
どのメニューも大体1品20〜40バーツ程度なので、安い予算で美味しい料理がたくさん食べれてしまう〜♪

お店の場所はプーケットオールドタウンの、タランロード(Thalang Rd)。
シリキット王妃公園側の交差点から数十メートルほどのところにある。
数軒隣に別のロティ屋さんがあって紛らわしいので注意。そのお店も、まあまあかなと思うけど。

あ、昼間だけの営業で夜はやっていないのでご注意を!


 

付近の地図(※アルーンレストランのすぐ近くのカフェがピンされてます)

スープが絶品!プーケットタウンのスープ&おかゆの専門店ゴーベン(Ko benz)【タイ・プーケット】

カオトム

クイッティオ(タイ風ラーメン)から麺だけを抜いたような、具だくさんのスープ料理のことをガオラオと呼ぶ。
プーケットタウンオールドタウンの近くに、このガオラオとカオトムタイ風おかゆ)の人気店があると聞いて、行ってみた♪

このお店を教えてくれたのは、先日プーケットに遊びにきてくれた日本人の友人たち (*´ω`*)
彼女たちはプーケットに何度か遊びに来ていて、私以外のローカルの知り合いがいるので、私がまだ知らないお店もたくさん知っている。

お店の名前は、ゴーベン(タイ語表記はโกเบ๊นช์)。
私の家から徒歩10分ぐらいの場所にあり、日頃からバイクでしょっちゅうお店の前を通ってるんだけど、いつ見てもお客さんがいっぱいで、たまに並んでいる人もいたりする。
何のお店かなーとずっと気になってはいたんだけど、ローカルの家族連れや友だち連れが多く、ひとりでは何となく入りづらい雰囲気だったので今まで行く機会がなかった。

友人たちに教えてもらって、そのお店がかなりの有名店だったことをはじめて知る。
あとで調べたら、私がずいぶん前に買ったプーケットのガイドブック(タイ人向けのタイ語のガイドブック)にも載ってた!
なんで今まで気が付かなかったんだ〜〜

お店の外観はこんな感じ。
タイではよくある、壁が無くて全体がオープンになった食堂スタイルのお店。

ゴーベン

とりあえず、壁に貼られていた人気メニューを何種類か注文して、4人メンバーでシェアすることに。
メニュー表に値段が書いてないし割り勘で払ったので正確な値段は分からないんだけど、ガイドブックによると1品45バーツ〜とのこと。

ゴーベン

注文したのは、カオトム(おかゆ)、ガオラオ(スープ)、クワイジャップ(麺料理)、そして豚の骨付き肉の煮込み。
クワイジャップは、タイ料理の麺類の種類のひとつで、平べったい麺がクルっと丸まっている。見た目はパスタの一種のようだけど米麺。

ゴーベン

写真にはうつってないけど、このあと追加でカオトム・ヘン汁なしおかゆ)とインスタント麺入のスープも追加注文。
汁なしおかゆは、盛りだくさんの具がのせられた白米に、別の器に入ったスープをかけて食べる。
お茶漬けのような食べ方で、最初から煮こまれた状態で出てくるカオトムとはまたひと味違った味わい。

いろいろ頼んだけど、どのメニューも基本は同じスープを使っているようだった。
コショウがぴりっと効いていて、あっさりめだけど深みがある豚ダシのスープ、どれを食べてもめちゃめちゃウマイ!!
いつ見ても満席になっているだけのことはあると思った。家から徒歩圏内だし、これからしょっちゅう通いそう〜。

特に私が気に入ったメニューは、クワイジャップと汁なしおかゆ♪♪
このお店のFacebookを見ると、「汁なしおかゆの店 ゴーベン」と書いてあるので、汁なしおかゆが一番人気のメニューなのかも。

このお店、営業時間が19時からなんと深夜の3時まで。
どのメニューも食欲がなくてもさらっと食べられる味とボリュームなので、プーケットタウンのバーで飲んだ後、小腹がすいたときの夜食に良さそうかも。

教えてくれたみんな、本当にありがとう!
短い間だったけど一緒に過ごせて楽しかったです。また会おうねー!


↓ゴーベン(Ko Benz、โกเบ๊นช์)の場所

自家製野菜を使ったヘルシーメニューのレストラン「We Café Salad & Coffee in Phuket」【タイ・プーケット】

we cafe phuket

ひさびさの更新です m(_ _)m。
諸々の事情で今月は忙しく、ブログのことをすっかり忘れてしまっていたのですが、元気にやってます!


今回は、プーケット内で最近お気に入りのカフェをご紹介。
お気に入り、とはいえ、今住んでいるところからはちょっと遠いので、滅多に行けないんだけど。

お店の名前は「We Café Salad & Coffee in Phuket」。
お店と隣接する畑でたくさんの野菜を栽培していて、それらの新鮮な野菜を使った健康的なメニューが中心。
内装もなかなかオシャレだし、この手のお店はプーケットではとてもめずらしい。
客層は、現地在住者らしき欧米人とタイ人が半々。

we cafe phuket

写真ではちょっと分かりにくいけど、ネットで囲まれた野菜栽培スペース↓

we cafe phuket

お料理はパスタやピザなどの洋食が中心だけど、タイ料理もある。
といっても完全なタイ料理ではなく、トムヤム風パスタ、キーマオ・パスタなど、西洋風のアレンジを加えたフュージョン料理が中心。
値段は一品150〜250バーツ程度で、こういうテーマのお店にしてはとても安いと思う。

どのメニューも野菜がたっぷりで、ヘルシーで美味しいのだけれど、最初の一口は必ず「あれ、味薄い?」とか思う。
健康志向のためか、塩分控えめの味付けになっているのかもしれない。
でも、素材そのものの旨味がたっぷりなので、食べ進めていくうちに、これでちょうどよい塩加減だと感じてくる。
最近の私は油たっぷり・調味料たっぷりの食堂メニューばかり食べているので、ちょっと馬鹿舌になってしまっているのかも……。

こちらは、バターと唐辛子のパスタ。

we cafe phuket

野菜とベーコンとソーセージがたっぷり。ピリ辛で美味しい。
そういえば、このお店はタイ人の知人から「ベジタリアン料理のお店だよ」って教えてもらったんだけど、全然ベジタリアン料理じゃないな……。

お店の横には、自家製野菜を販売するコーナーもある。
奥に写ってるパプリカが色鮮やかで美味しそうだけど、どうやらあれは自家製栽培のものではなく、輸入品ぽい。

we cafe phuket

パプリカといえば、タイはパプリカが異常に高い。
スーパーでたまに売られているのを見かけるけど、1個の値段が200バーツ(約700円)ぐらいしていて、毎回アホかと思う。
お金持ちの欧米人は、こんな値段でも買うのかな〜。

カフェの場所は、プーケットタウンのセントラル・フェスティバルからバイパスを南下し、ワット・シャロンに行く途中にある。
バイパスに面しているし、最近できたプーケット・バード・パークのすぐ近くにあるので、わりと分かりやすいかも。


↓プーケット・バード・パークへの地図(カフェの位置情報が見つからなかったので)

プーケット名物?の海藻料理♪at レームヒン・シーフード【タイ・プーケット】

海に囲まれたプーケット島は、シーフードが名物。
島内には、先日のブログで紹介したガンエンやパトンのサボイ・シーフードなど、有名なシーフードレストランが数多く点在している。

⇒「海沿いのシーフードレストラン「ガンエン@ピア(Kan Eang@Pier)」【タイ・プーケット】

先週、そういったシーフードの有名店のひとつ、「レームヒン・シーフード」に行ってきた。

レームヒン・シーフード

レームヒン・シーフードは、プーケットタウン市街地の北東の方角にあり、ココナッツ島(ゴ・マプラーオ)に向かう船が出発する桟橋のすぐそば。
ここに至る道中ではイスラム教徒が多く住む集落を通るので、ムスリム独特の短い円筒形の帽子をかぶった男性たちがぞろぞろと通りを歩き、モスクでお祈りする姿を見れたりして、ちょっとだけ異国の雰囲気。

店内の写真を撮り忘れてしまったんだけど、テラス席のすぐ横は海。
海の向こうには、ココナッツ島が見える。
ロケーションも味も最高のお店 (*´ω`*)♪

このお店に、プーケットならではの一風変わったシーフード料理があったのでご紹介。
エビの揚げ物なんだけど、エビと一緒にあまり見たことがない不思議な植物のようなものがくっついている。

レームヒン・シーフード

この植物の正体は、海藻
なんでも、タイの他の地域では食べられない、このあたりでしか取れない珍しい海藻とのこと(友人談)。
名前は「ブア」とか言うらしい。
タイ語では蓮のことも「ブア」っていうけど、多分発音か綴りが微妙に違うのではと思う。

食べてみたら、フライにしてあるせいかもしれないけど、風味や香りなどはほとんど無く、クセの全く無い味。
見た目は硬そうに見えるけど、全然そうでもなくて、サクサクとした軽い食感。
食感を楽しむ食べ物なのかな?
とりあえず、甘くプリッとしたエビたちと一緒にチリソースにつけて食べたら、とっても美味しかった。

プーケットの人たちは、以外と海藻を食べる。
他のお店でも、これとはまた違う種類の、ノリのような黒いワサワサとした海藻を食べたことがあるし。
プーケットのシーフード料理店に来たら、他では食べられない海藻料理にチャレンジするのも良いかも♪


 

レームヒン・シーフードへの地図

海沿いのシーフードレストラン「ガンエン@ピア(Kan Eang@Pier)」【タイ・プーケット】

ガンエンレストラン

プーケット在住の外国人に「雰囲気が良いおすすめのレストランある?」と質問すると、しばしば「ガンエンレストランKan Eang)がおすすめだよ」という返事が返ってくる。
ガンエンレストランは、プーケット島南部のシャロン湾周辺に、ガンエン1、ガンエン2、ガンエン@ピアの3店舗を構えている、有名シーフードレストラン。
先日はじめて、そのうちのひとつのガンエン@ピアに行く機会があった。

お店に入ってみて驚いたのは、とにかく雰囲気が素敵!
屋外レストランで、シックな外観&内装にムードあるライトアップ、そしてBGMには生のジャズ演奏。すぐそばに海。
このときは女4人だったのでムードも何も関係なかったけど、カップルで来たらロマンティックな気分になれそう♪

Kan Eang @Pier

海から一番近い席に座ったら、ときどき不意に高波がザッパーーン!!としぶきをあげて襲ってきて、ちょっとビクビクしながらの夕食。

Kan Eang @Pier
Kan Eang @Pier

月明かりに照らされた海が幻想的で美しい〜 やっぱりこういうお店は、カップルで来ないと。

外国人に人気なのでおそらくお高いんだろうと勝手に思っていたけど、実際に行ってみたら全然そんなことはなかった。
だいたい一皿平均して100〜200バーツ程度(およそ330〜700円ぐらい)。
プーケットのシーフードレストランとしては、むしろ安い方かもしれない。

お味については、どれも文句なしで美味しい!

Kan Eang Pier

明かりの少ない屋外で撮った写真なので、色が悪く全然美味しく見えないのが残念〜
シーフード料理が売りのレストランなのに、なぜかほとんどシーフードは注文しなかったけど( ´ ▽ ` ;)、それでもどれも満足のいくお味だった。

この雰囲気でこの味、なのにとってもリーズナブルなお値段!
次に日本から誰か友だちが遊びに来てくれた時には、ぜひここに連れてきたい。
そう思える素敵なお店♪ (*´ω`*)


ガンエン@ピア Kan Eang @pier