プーケットベジタリアン・フェスティバル2015 パレード情報&パレードを見るコツ

ベジタリアン・フェスティバルのパレード

プーケットで一番有名なお祭りといえば、奇祭ベジタリアン・フェスティバル
2015年の今年は10月13日〜21日まで開催される。

ベジタリアン・フェスティバルの見どころは、顔や体に様々なものを突き刺した「マーソン」と呼ばれる人々が練り歩く、ユニークかつちょっぴり(?)ホラーなパレード。
お祭りの期間中、マーソンたちには神様が宿っているため、何をやっても平気だそうな…… 
↓こちらは去年のパレードの様子。勇気がある方だけご覧ください。


(※サムネイルをクリックすると写真が拡大します。)

このパレードは、イベント3日目の10月15日から最終日の21日まで、毎日プーケット島内で開催される。
パレードの出発点は島内各地の中華寺院で、日替わりで違う寺からスタートするので、通る道なども毎日異なる。
どの寺からスタートするかは、下記のとおり。

10月15日 Sapam Shrine
10月16日 Samkong Shrine
10月17日 Ban Tha Rve Shrine
10月18日 Bang Neow Shrine, Cherng Thalay Shrine
10月19日 Jui Tui Shrine
10月20日 Kathu Shrine, Yokkekeng Shrine
10月21日 Sui Boon Tong Shrine

大半はプーケットタウン市内の寺院で、朝6〜7時ぐらいに寺院を出発してサパーンヒンに向かい、サパーンヒンから折り返してまた寺院に戻るというルートをたどる場合が多いらしい。
なので、確実にパレードを見るとすれば、早朝に出発点となるお寺の周辺に行くか、または午前中にプーケットタウン中心地のサパーンヒンへ向かう道に行くか、どちらかになると思う。
ちなみにサパーンヒンとは、プーケットタウンの南端にある海浜公園。

パレード隊は大体お昼頃までには寺院に戻ってしまうようなので、パレードを見るなら朝早くから出かけるのが鉄則。
プーケットタウンから離れたお寺が拠点の場合はサパーンヒンには行かないので、前日にホテルのスタッフやツアー会社の人に、どこへ行けば見れるのか問い合わせるのが良いかも。

その日その場所をパレードが通るかどうかは、周辺のお店や会社の様子を見るとなんとなく分かる。
お店や会社の前の通り沿いに、果物などを置いた祭壇がたくさん設置されている場合は、そのあとその道にパレードが通る可能性が高い。

ベジタリアン・フェスティバルのパレード

パレードを見てとにかく驚くのは、練り歩く参加者たちの人数の多さ。
顔に色んな物を突き刺したマーソンだけでも、何百人もいると思われる。
毎年それだけの人たちが顔に大きな穴をあけているのに、不思議なことに、そういう傷跡をつけているような人を一度も見たことがないんだよな〜。

私の知人の中で一人だけ、過去にマーソンになってバーベキュー串を顔に突き刺したことがある人がいるんだけど、彼いわく、

めっちゃ痛いよ……もうやだよ

とのこと。
神様に取り憑かれているから痛さは感じない、って聞いていたんだけど、実際はそうでもなかったのか……

パレードだけでなく、火渡りショーや刃物ハシゴ登りなどの命がけのイベントも、お祭りの期間中ほぼ毎晩行われる。
最終日夜にサパーンヒンで行われる大爆竹祭り&花火祭りも圧巻で、見逃せない。

イベントのスケジュールや場所は、下記の公式サイトが配布しているPDFファイルで詳細を確認できるので、そちらを参考に♪
ベジタリアン・フェスティバル公式サイト

お祭りの詳しい様子は、過去の日記をご覧くださ〜い♪
衝撃閲覧注意!ベジタリアン・フェスティバルのパレードの様子【タイ・プーケット】
ベジタリアンフェスティバル最終日、神様のお見送り
プーケット「ベジタリアン・フェスティバル」のパレード
プーケット「ベジタリアン・フェスティバル」、はじまりの儀式

色とりどりのランの花に癒やされる♪ プーケット・オーキッド・ファーム(Phuket orchid farm)

phuket orchid farm

数ヶ月ほど前の話だけど、プライベートでの様々な悩みが重なって、ストレスで円形脱毛症に。
量だけはやたら多かった自慢の髪が一挙に減って、頭頂部に結構目立つ10円ハゲが…… ううう(ToT)

仕事が多いと何日も家にとじこもりがちになる生活なので、これではいけないと思い、美しいお花を見て癒やされようと「プーケット・オーキッド・ファームPhuket orchid farm)」に行ってみた。
オーキッドとはラン)の花のことで、オーキッド・ファームはランを育てている農園。

場所はシャロン寺からラワイ方面に行く道の途中の、脇道を少し入ったところにある。
「PHUKET ORCHID FARM」って書いてある青い看板が目印。

phuket orchid farm

入場料を払って農園に入ると、様々な種類の美しいランの花が出迎えてくれる。
一言にランの花といっても、こんなにバラエティ豊かな色と形があるんだな〜 キレイ♪♪
ランはタイを代表するお花のひとつだと思う。「タイの花」といえばランのイメージ。

phuket orchid farm

phuket orchid farm

ここで育てられたランの花は、いずれどこかに売られていくんだろうと思う。
農園内では、たくさんのランの花の苗がただひたすら整然と並んでいる。
敷地内はそこそこ広いけど、どこまで行ってもひたすら同じ光景が続く……

phuket orchid farm

phuket orchid farm

そっか、ここはファーム・つまり「農園」だもんね。決して「ガーデン」ではない。
ランを育てている農園が、ついでに入場料を取って一般客に内部を公開しているだけで。
なんとなく勝手に「ガーデン」的なエンターテイメント性のある施設を想像していたので、ちょっぴり期待とは違っていたかも。

だけど、色とりどりの美しいお花は、見ているだけで心癒してくれる。

phuket orchid farm

phuket orchid farm

農園の奥のほうまで行ってみると、あれ!?なぜかニワトリがいっぱい!

phuket orchid farm

phuket orchid farm

オリの中には、様々な種類のニワトリっぽい鳥たちが種類ごとに分けられて飼育されている。
「世界の家禽類たち」を集めて飼育しているんだろうか?
正直私はお花よりも動物が大好きなので、こっちの方が圧倒的に興味を惹かれてしまった。

phuket orchid farm

phuket orchid farm

phuket orchid farm

そんな感じの園内をひととおり見終わったら、アイスクリームタイム!
パッションフルーツ&マンゴーのアイスが、どうやらこの農園の名物らしい。
美しいお花に囲まれながら食べるアイスの味は格別〜〜♪♪ 濃厚な甘さで美味しい。
かなり量があるのでこれだけでお腹いっぱいになった。

phuket orchid farm

併設のおみやげ屋さんでは、可愛らしい手作りのラン・グッズのほか、ランの栽培セットも売られていた。

phuket orchid farm

プーケットオーキッドファーム

栽培セットは種類によって値段が違ってたんだけど、大体日本円で1,000〜3,000円程度だったかなと思う。
丁寧な栽培マニュアルがついていて、初心者でも育てられそうな感じ。

ランを自分で育てるなんて素敵すぎる! やってみたい!
とか思ったけど、サボテンすら枯らしてしまうほど植物の扱いが苦手な自分。
多分無理だろうなと思い、買うのはやめておいた。

……でもこれ書いてたらやっぱり育ててみたくなってきたので、そのうちまた農園に行って栽培セット買うかも?

このプーケット・オーキッド・ファームの入場料は400バーツ(約1,400円)。
オマケ特典でランの花(下の写真↓)がもらえるけど、内容を考えるとちょっと高いかなという気もする。
だけどストレスで悶々としてた気分がかなりリフレッシュできたので、とりあえず行って良かったかなー。

プーケットオーキッドファーム


プーケットオーキッドファーム(Phuket Orchid Farm)の地図

早朝から活気にあふれるプーケットタウンの朝市場【タイ・プーケット】

プーケットの朝市

わりと最近まで存在を知らなかったんだけど、プーケットタウンロビンソンデパートの横に、けっこう大きな朝市場がある。
朝市場なので、当然昼はやっていない。朝9時過ぎぐらいには全部閉まってしまうらしい。
昼間この付近を通りすぎても中に誰もいないし商品も何も見当たらないので、最初の頃はてっきり廃墟なんだと思っていた。

プーケットの朝市

朝の6〜8時ぐらいの時間帯にここを訪れると、たくさんの買い物客でにぎわっていて、とても活気がある。
飲食店をやっている人たちが仕入れに来ているのかなー?

プーケットタウンの朝市

市場では、ありとあらゆる食材が売られている。
野菜や魚介類はもちろん、日用品や仏様へのお供え品まで。

プーケットタウンの朝市

プーケットタウンの朝市

↓おお! タルの中で暴れまわるたくさんのお魚たち!(ナマズ?)
何匹かは外に飛び出して床でのたうち回っていた。

プーケットタウンの朝市

↓何の肉なのか、そして何の部位なのか。
何十種類もの正体不明の肉が並べられたお肉屋さんは、ちょっとホラーっぽくて迫力〜。

プーケットタウンの朝市

↓鶏がほぼそのままの姿で、こんがりと焼きあがっている。
美味しそうなような、グロテスクなような……

プーケットタウンの朝市

市場内には食堂スペースもあり、出勤前と思しき人々がタイ料理の定番メニューを注文して食べている。
朝からみんなずいぶんとボリュームのある料理を食べているなぁ〜〜

プーケットの朝市

この市場で買える私のお気に入り食べ物は、レッドカレー&ロティ
カレーだけど辛さはほどほどで、お腹がとてもすいているときの朝食にピッタリ♪
↓こちらがロティのお店。

プーケットタウンの朝市

ロティはマレー半島南部の名物で、小麦粉等でできた生地を多めの油で焼いたクレープ風のお菓子。
カレーにつけて軽食として食べたり、バナナや練乳と一緒にデザートとして食べても美味しい。

ロティ

ロティ以外にも、肉まんや揚げパンなどの軽食を売るお店が数多くそろっていて、ここに来れば、タイならではの朝食メニューを食べ歩くことができる。

ちなみにこの市場、夜になるとシーフード料理の屋台街になっている。
朝は活気あふれる朝市、昼は廃墟、夜になれば賑やかな屋台街と、一日のうちにコロコロとその姿を変える様子は、本当に驚いてしまう。(;´∀`)

プーケットでしか買えない、プーケットご当地おみやげいろいろ【タイ・プーケット】

プーケットのおみやげ

最近プーケットでは、「PHUKET(プーケット)」と書かれたTシャツ、バッグ、ポーチなどの”プーケットご当地グッズ”が増えてきた気がする。
数年前までは、プーケットで売られているみやげ物といえば「THAILAND(タイランド)」とか「BANGKOK(バンコク)」の文字が入っていたりして、バンコクで売られているのと同じものばかりだったのに。

下の写真は、先日日本に一時帰国したときに買い集めたおみやげたち。
手作り感のある素朴なものが多くて、高級感はないけれども個性があって可愛らしい。
プーケットオールドタウンの街並みや、ビーチをモチーフにしたデザインが多い。

プーケットのおみやげ

だけどこういうプーケットグッズを取り扱っている店は、案外限られている。
空港やデパート内のおみやげ屋さんの商品は、今もほとんどがバンコクでも売っているのとまったく同じ大量生産品ばかり。
「PHUKET」の文字が入っている商品はほとんど無いし、あっても古くさいキーホルダーだとかあまり可愛くないものが多い。

こういうプーケットグッズがどこで売られているかというと、確実に見つかるのはプーケットオールドタウン周辺。
この周辺にあるおみやげ屋さんや、日曜日に開催されるプーケットウォーキングストリートに行けば、必ず見つかる。
ウィークエンドマーケットでもチラホラ見かけるけど、オールドタウン周辺と比べると少ないかも。

プーケットウォーキングストリートの詳細はこちら

そして、私の最近のお気に入りプーケットみやげは、カラフルな家の形をした外箱がとっても可愛いこちら↓。
中身はタイ南部名物のお菓子、クッキー、カシューナッツなど、何種類かある。

プーケットのおみやげ

この箱のデザインのモデルになっているのは、プーケットのオールドタウン周辺で見られる、シノ・ポルトガルスタイルという独特の建築様式の建物。
中身もパッケージもプーケットらしさ満点だし、写真左の缶タイプの方は食べ終わった後も小物入れとして使えるのが嬉しい♪

この商品は、プーケットオールドタウンのタラン通りにあるおみやげ屋さんと、この商品を作っている「ポーンティップ(Pornthip)」の専門ショップで買うことができる。

ポーンティップ(Pornthip)の詳細はこちらのページで。
Pornthip Facebook
Pornthip地図と詳細

タイの場合、食べ物系のおみやげはバリエーションが少ないから、こういうおみやげがもっともっと増えるといいなー。

世界中から集められた美しい貝殻の数々♪ タイ・プーケット南部の貝殻博物館(シーシェル・ミュージアム)へ

シーシェルミュージアム

プーケット南部、ラワイビーチの近くに貝殻博物館シーシェル・ミュージアム)というスポットがある。
なんでも、博物館オーナーのソムチャイさんという方が、何十年もかけて世界中から集めた2000種類もの貝殻を展示しているらしい。

プーケットのガイドブックにも載っていることが多いので、どのような感じなのか見てみようと、先日なんとなく行ってみた。
そして、思い出した。

……自分が貝殻にはまったく興味がなかったことを。

博物館内にはたくさんの貝殻が並べられていたけど、本当にただ種類ごとに陳列されているだけ。
日本の博物館のように、何やらボタンを押すと展示物に何らかのアクションが起きたりするとか、そういう工夫は一切ない。
英語とタイ語による簡単な説明文が書いてあるだけ。

私のように興味がない人間にとっては、さほどおもしろいスポットではないかも……、というのが正直な感想。
ソムチャイさんの数十年にも渡る血と汗と涙の結晶の価値がまったく分からなかったし、たった200バーツの入場料も少し高いなーとか思ってしまった。
だけど、貝殻が好きな人や多少知識がある人にとっては、もしかしたらとてつもなく素晴らしい場所なのかもしれない!

興味がある方のために、以下、博物館の様子を少しだけご紹介。

建物の外観はかなり立派で目立っているんだけど、中に入ると案外とこじんまりしている。
ゆっくりと時間をかけて観覧しても、20分ぐらいで見終わるぐらいの大きさ。

シーシェルミュージアム

シーシェルミュージアム

見たことのない、めずらしい貝殻・美しい貝殻がいっぱい。

シーシェルミュージアム

シーシェルミュージアム

アコヤ貝などの巨大貝殻や貝殻の化石などもある。

シーシェルミュージアム

シーシェルミュージアム

展示品の中で一番多かったのは、産地の異なる同じ種類の貝を集めたもの。
海は全世界でつながっているので、同じ種類の貝が世界各地に分布している。
だけど、見た目や大きさは地域によって微妙に異なる。
その様子が良く分かる展示になっている。

シーシェルミュージアム

シーシェルミュージアム

私のような貝殻に関しての知識がまったく無い者にとっても、とても勉強になる内容ではあった。
この近くのエリアに来ることがあれば、ついでに立ち寄ってみる価値はあるのでは、と思う。


貝殻博物館(Seashell museum)の地図