地元のティーンに人気の小さなナイトマーケット♪Phuket Indy Market【タイ・プーケットタウン】

phuket indy market

毎週木曜日と金曜日の夜、プーケットタウンの中心地で「プーケット・インディ・マーケット Phuket Indy market(タイ語はตลาด ปล่อย ของ)」って呼ばれている小さなナイトマーケットをやっている。

こういう毎週恒例の市場って、タイのそこそこ大きな街ではたいていどこでもやっているんだけど、このマーケットは他と比べるとちょっと雰囲気が違う。
手作りアクセサリーやオリジナルのファッション雑貨を売っているお店が多く、お客さんは流行に敏感な地元の10代・20代が中心。

マーケットの中心にはステージがあり、学生とおぼしき初々しい若者たちがタイのヒット曲を演奏していたり。
プーケットの若い子の間でどんなものが流行っているのかを、ちょっとだけ垣間見ることができる♪

売られている商品はどれもとても安く、他のマーケットでは見たことがない、個性的なオリジナルアイテムも多い。
観光客向けのおみやげ屋さんはあまり無いけれど、自分への素敵なおみやげは見つかるかも?
正直、私にはちょっと若すぎるかな?と思われるデザインのものが多いんだけど、もし私がまだ学生だったら、衝動買いしまくりそう〜。

Phuket Indy Market↑オリジナルキャラクター?船長さんのTシャツ。吉田戦車的なゆるい感じのイラストでかなりツボ。

Phuket Indy Market↑手作り感あふれる、オリジナルのポーチやバッグ

Phuket Indy Market↑華やかな柄のストールがたった80バーツ(約300円)!インテリア用にひとつ買ったけどかなりお気に入り。

Phuket Indy Market↑若い子向けのカジュアルウォッチは100〜200バーツ程度。これもひとつ買ったけど、結構使える。

Phuket Indy Market↑おみやげにもなる、オリジナルのプーケットグッズ。

マーケットの入り口付近はファッションアイテムのお店が集中しているけど、奥の方に行くと、食べ物の屋台がたくさん並んでいる。
豚の串焼きやカットフルーツ等の軽食から、パッタイ(タイ風焼きそば)やステーキなどの夕食代わりになるボリューム満点の食事まで、種類豊富でひととおりのものがそろっている。
食べ歩き目的でも十分楽しめるかも♪

それにしても、周りを見渡すととにかく若いタイ人の友だち連れ・恋人連ればかり。
私のようなひとりで遊びに来ている外国人のおばさんは、少々浮いた存在になってしまう……。

phuket indy market

phuket indy market

これほど多くの、健全なタイの若者たちを一同に見られる場所は、プーケットではなかなか無いかも?
タイの若い子たちのファッションとか、デートの様子だとかを観察するのも何気に楽しい。

聞いた話では、木曜日と金曜日の夜(16:00-22:00)しかやっていないとのこと。
土曜日や日曜日にもやっているのを何回か見たことがあるんだけど、やってないときもあって不確かなので、行くとしたら木曜日か金曜日に行くのが確実だと思う。
プーケットで一番大きいウィークエンドマーケットが土日しかやっていないから、旅行のスケジュール的にそちらに行けない方は、変わりにこちらのマーケットに行ってみるのもいいかも?

場所はプーケットオールドタウンから徒歩数分程度なので、オールドタウンに来たついでに寄ることができる。
具体的には、プーケットタウンの中心地にある「シリキット王女記念公園」の北側で、最近できたニュースポット「LIMELIGHT」(↓)の横。

limelight

ちなみに「LIMELIGHT」の中はレストランがいくつかあって、なかなか美味しいお店がそろっていると思う♪


プーケット・インディ・マーケットの場所(LINELIGHTの場所)

ツッコミどころの満載!のB級スポット、プーケット動物園(プーケット・ズー)

プーケット動物園

プーケットで唯一の動物園プーケット動物園プーケット・ズー)」。
数あるプーケットの観光スポットの中ではやや人気度が低いけれども、日本の動物園では決して見られない、タイならではの独特のゆるーい味わいがあって、いろんな意味で意外と面白い♪
特にB級スポットが好きな方、動物とふれあいたい方にはオススメ!

ここで飼育されている動物は、ゾウ、トラ、ワニ、いろんな種類のサルなど、アジア周辺に生息する生き物たちが中心。
種類はあまり多くなく、珍しい動物はいないので、そういうのは期待しない方が良いと思う。

phuket zoo

phuket zoo

プーケット動物園の一番の見どころはなんといっても、動物とたくさん触れ合えること。

園内のあちこちに、動物と一緒に写真を撮影できるコーナーがある。
動物1種類あたり100〜200バーツ程度のお得な料金で、手持ちのカメラでいくらでも写真撮り放題!
トラ、オランウータン、ワニ、ヘビなど、たくさんの種類の動物達と、思う存分記念写真が撮れる〜♪♪

phuket zoo

↑私たちが一緒に写真を撮ったモデルの虎さん。
「虎だ!可愛い〜♪♪」なんて言いながら近づいてみたら、思っていたよりも大きくてビビる。
虎を刺激しないように背後に回り、スタッフにたくさんの写真を撮ってもらったんだけど、撮影中は恐怖でずっと顔が引きつっていた (;´∀`)

そしてプーケット動物園の2番目の見どころは、動物たちのショー
猿・象・ワニのショーが、1日数回ずつ行われている。

まずはお猿さんが演じるモンキーショーをチェック。
出演している猿はタイでよく見かけるタイプで、タイ国内の他のパークでも、この種類の猿が見事な芸を披露しているのを何度か見たことがある。

phuket zoo

でもここのモンキーショーは、ひたすらゆるかった…… 観客を驚嘆させるような芸はほとんどやらない。
お猿さんとトレーナーさんがステージで何やらやっているのは分かるけど、何をやっているのかよく分からないまま、気が付くとその芸は終わっている。

1つの芸が終わったあと、次の芸の準備のためにトレーナーさんとお猿さんがいったんステージ裏へ退出。
しばらくしてショーが再開すると、トレーナー&猿と一緒に、なんとが登場!
一人+二匹が行儀よく縦列に並んでステージ上に出てきたので、おお〜!猫も一緒に芸をするんだ!と期待したら、その猫はどうやら単なる迷い猫。
そのあと猫は、お猿さんの芸も観客からの視線も知らん顔で、ステージ上でのんびりくつろいでいた…… ゆるすぎ。

このショーの良かったところをひとつあげるとすれば、マイペースな猿と猫をトレーナーさんが温かく見守っている感じで、全体にほのぼのとした空気が流れていたこと、……かな?

続いて、ワニのショー

phuket zoo

ここのワニのショーは、タイ各地のワニ園でよく見られるものと内容は同じ。
ワニの口を開けさせて、その中にパフォーマーのお兄さんが手や顔を入れたりするというもの。
私は、この手のショーは話には聞いていたけど実際に見るのははじめてだったので、なかなかスリルがあって楽しめた。

でも猿のショー同様、若干グダグダ感はあったかもしれない。
ショーの最初はワニがめんどくさがってずっと逃げまわったりしていたし。
ノリの良い大音量の音楽とパフォーマーさんのハイテンションぶりで、なんだかごまかされていたけど。

そして最後は、タイでは定番の象のショー

プーケット動物園

このショーは、プーケット動物園の中で一番クオリティーが高かったと思う。
2頭の象さんが、球技を披露したり、新体操を踊ったり。
テンポの良い本格的なショーに、観客の子どもたちも大喜び。タイの象さんは芸達者で、本当に可愛い。

この3つのショーと動物との写真撮影だけでも結構満足できるし、それだけでここに来る価値はあるかもしれない。
でもプーケット動物園のおもしろさは、まだそれだけじゃない。園内のいたるところにひそんでいる!

プーケット動物園の敷地はさほど広くないので、全部の動物をじっくりと見ながら歩いたとしても、1時間ぐらいで回れるのではと思う。

プーケット動物園

そんな園内には、気になるモノ、ツッコミを入れたくなる要素がいっぱい。
たとえば、有名キャラクターをモチーフにした完全アウトな像とか。

プーケット動物園

あんまりかわいくない、オリジナルキャラクターの像とか。B級臭がぷんぷん。
写真をあまり撮らなかったのでここではお見せできないけど、こういった像やオブジェがいたるところに置かれている。

プーケット動物園
プーケット動物園

園内はあまりきちんと整備されていなくて、落ち葉とか雑草とか掃除されていないし、遊歩道脇に巨大な倒木があったけどそのまま放置だった。
使われなくなった売店スペースとか、廃墟状態になっているのにそのまま……
日本の動物園ではちょっとあり得ない、荒れっぷりを観察するのが結構楽しい。

プーケット動物園

見たことのない変わった鳥がいるオリの中をのぞいてみると、お!?
鳥の背後(写真右奥)に、とても見覚えがある別の種類の鳥がいる。スズメだ!

プーケット動物園

どうやらオリに大きな穴があいていて、そこからスズメたちが忍び込み、飼育されている鳥のエサを勝手に食べている様子。おいおい……。

バード・パーク」という建物があったので入ってみると、中は植物園のようになっていた。

プーケット動物園
プーケット動物園

南国の色とりどりの鳥たちが、どこかに隠れているんだろうか?
ウキウキしながら中を歩きまわってみる。
鳥のさえずり声を探して耳をすませてみるけど、あたりに響き渡るのは「クルック、クルック〜♪♪」という馴染みのある鳴き声だけ…… えぇっ?

「バード・パーク」の中で飼育されているのは、どうやらすべて鳩ポッポ
木にとまっているような鳥はまったくおらず、かわりにたくさんの鳩たちがエサを食べながら歩き回っている。

南国の野鳥は? オウムは!? インコは!?
「バード・パーク」という名前で人を期待させておきながら、日本でさんざん見飽きたハトしかいないなんて、なんという詐欺。
もしかしたらそのハトたちも、勝手に外から入ってきただけなのでは、と思ってしまう(;´∀`)。

園内のあちこちにスタッフがいるんだけど、たいていはボーっと座っていたりスタッフ同士おしゃべりしているだけで、キビキビと作業している人はほとんどいない。
でも、みんなにこやかにあいさつしてきたり話しかけたりしてくれて、とてもフレンドリーではある。
おかげでこちらもほのぼのとした気分にさせられるけど、いやいや、そんなことよりも園内の清掃・整備をもう少しがんばろうよ!

プーケット動物園は、こんな感じでとにかく突っ込みどころが満載。

入園料は、大人500バーツ(1700円ぐらい?)。
ちなみに上野動物園の入園料は600円らしい。
それを考えると少し首をひねる値段設定ではあるけれど、私は(いろんな意味で)かなり楽しめたし、500バーツの料金が高すぎるとは決して思わなかった (´∀`*)


↓プーケット動物園(プーケット・ズー)の地図
動物園はプーケット島の南部、シャロンエリアにあります。

多忙につきブログをお休みしております

similan

ここ最近ありえないぐらいの忙しさで、ブログをちょっとお休みしております。
来週後半ぐらいには落ち着きそうなので、そのあとまた更新を再開しようと思ってますので、また見に来ていただけると嬉しいです。

写真は、プーケットから車で1時間半&スピードボートで1時間半ほどの距離にある、シミラン諸島で先月半ば頃に撮影。
真っ白い砂浜、青く透き通った海、プーケット島内では決して見られないこの色。
本当に、なんてすばらしい〜〜!!また行きたい!

シミラン諸島の詳細は、また後日ブログで書く予定です♪

プーケット最大(おそらく)の涅槃仏がある、ちょっと変わったお寺へ【タイ・プーケット】

プーケット

前回のブログでご紹介した、ワット・プラトーンに行く途中の道で、ちょっと気になる謎寺を発見したのでついでに立ち入ってみた。
通り沿いからでも見える涅槃仏がとてつもない存在感を放っているので、すぐ分かるかなと思う。

⇒前回の記事はこちら
不思議な伝説が残る黄金の仏像ープーケットのパワースポット「ワット・プラトーン」【タイ・プーケット】

場所はワット・プラトーンよりもプーケットタウン寄り、ヒロイン像のロータリーの近く。
お寺の名前はおそらく「ワット・シースントン?」(タイ語の読み方に自信無し)

ワット・シースントン

参拝者をまず出迎えてくれるのが、なんとも不思議な動物の像たち。

ワット・シースントン

パンダ、鹿、ワニ…… 順番に特に意味はないのかな?

ワット・シースントン

こちら↑には、お魚とピンクの象さん。一番右にはタイの妖怪(名前忘れた)、奥にはタイの鬼(ヤック)。

ああ! 今気づいたけど、この少年たちはキスをしている!? 
多分偶然そうみえるだけだろうけど、ちょっとあせった……

どれもこれも、何とも形容しがたい微妙なつくり。可愛いのか不気味なのか……
こういうのをお寺の中に作る意図は何なんだろう?

ワット・シースントン

お寺に入って正面の奥に、一番の目玉と思われる巨大な涅槃仏が建物の屋上部分に横たわっている。

ワット・シースントン

写真では分かりにくいけど、かなり大きい。
アユタヤの有名な涅槃仏に匹敵しそうなくらいで、多分プーケットで一番大きいのでは、と思う。
でもなんだか、こちらも何とも言えないユニークな表情をされているな〜。こういう顔の人、いそう。

小さいマイナーなお寺だけれども、観光バスが何台か止まっていて中国人観光客がチラホラ。
最近作られたばかりと思われるピカピカの神像の周囲には、中国語での説明書き。

ワット・シースントン

神像の奥の方に行くと、外壁に劇画調の仏画が描かれた建物がある。
この仏画もものすごく気になるけど、とりあえずそれはおいておき建物の中に入ってみる。

ワット・シースントン

建物の中は新しい仏像が置かれた礼拝堂で、お坊さんがたくさんの中国人観光客を集めて、なにやら説明をしていた。
観光客たちの周囲にはガラスのショーケースがズラッと並び、その中にはたくさんの仏像のお守り。
多分ほとんどが金でできているのではないかな? 値段をチラっと見たけどかなりの高額だった。

なんだかな〜…… ちょっと違和感を感じてしまう。
さっきの神像もこの金の仏像を売る礼拝堂も、本当にごく最近作られた感じで、いかにも中国人観光客のお金を狙っている感じがあからさまで。
残念ながらあまりありがたみを感じなかったので、このお寺ではお金の寄付やお参りはしなかった。

涅槃仏と動物像だけのままだったら、魅力あるお寺だったのにー。

不思議な伝説が残る黄金の仏像ープーケットのパワースポット「ワット・プラトーン」【タイ・プーケット】

ワット・プラトーン

「地球の歩き方」っていうガイドブックのタイ版に、プーケットの観光名所として、2箇所のお寺が紹介されている。
そのうちのひとつは、市内観光ツアーの定番にもなっている有名なお寺「ワット・シャロン」。
そしてもうひとつが、「ワット・プラトーン」というお寺。

⇒ワット・シャロンについての詳細はこちら
プーケットのお寺、ワット・シャロン

豪華で美しい外観のワット・シャロンは、プーケット観光では絶対に外せないスポットのひとつ。
強力なパワースポットとしても知られていて、私も何回も参拝に行っている。
でも、一方のワット・プラトーンに関しては、2年半もプーケットに住んでいるというのにまだ一度も行ったことがなかった。
そこで先週ふと思い立ち、ひとり原付に乗ってお参りに行ってみることに。

場所は、プーケット空港とプーケットタウンをつなぐ大通りの途中、タランエリアのテスコ・ロータスから少し空港寄りに行ったところある。
プーケットタウンからも各リゾート地からも遠く離れた、少々不便な場所。

途中道に迷いつつもなんとか辿り着いたお寺は、思っていたよりずっと小さく訪れる人も少ない。
建物は写真↓の2つだけ。そのうちの1つは扉が閉まっていて入ることができない。

ワット・プラトーン

入り口が開いている建物に入ってみると、そこには体の半分が床に埋まった黄金の仏様が。
ちなみに「ワット・プラトーン」とは、「黄金の仏像のお寺」という意味。

ワット・プラトーン

この仏様については、不思議な伝説が語り継がれているらしい。
内容は以下の様なもの。(※お寺の看板に書かれていた説明文をざっと翻訳)


何百年も前、この仏像は頭の先の部分だけを地上に出した状態で、牧草地に完全に埋まっていた。
ある少年がそれを発見したが、それが仏像だとは気が付かず単なる棒だと思いこんで、仏像の頭の先に牛をくくりつけたところ、少年と牛は死んでしまった。
父親がその事実に気がつき、村人みんなで仏像を掘り起こそうとしたが、蜂の大群におそわれたり体調を崩して死ぬ人が出たりなどして、掘り起こすことができなかった。

時代は流れ、ビルマ軍がこの地を攻めてきた時、ビルマ軍がこの仏像の存在に気づき掘り起こそうとした。
しかし不思議なことにまたも蜂の大群があらわれ、掘り起こそうとする人々を襲い、何百人もの人が病に倒れたり死んだりしたという。

その後、偉いお坊さまがやってきて、ここにお寺を作ってこの仏様を祀りなさい、と助言をした。
こうして、このお寺(ワット・プラトーン)が作られることになった。
<おしまい>


なるほど〜 この手の伝説とか言い伝えって、どこにでもあるもんだなー。
切ろうとすると関係者が死んでしまうご神木とか。日本でもよく聞く話。

何百人ものビルマ軍を壊滅させたほどのパワーがあるのだから、きっとご利益があるに違いない。
私も、いくらかのお金を寄付してお線香でお参りした。

それにしても、伝説が本当だとすれば、この仏像は相当昔に作られたもののはずだけど、まるでつい最近作られたかのようにピカピカだ。

ワット・プラトーン

日本だったら、こういった仏像は塗り直しせずにそのままの状態で保存するんだろうけど、タイではどこのお寺にいっても仏像はたいていピッカピカ。
ミャンマーあたりだと、極彩色にペイントされたりしている。
多分、何度も塗りなおしたり補強したりして、常に見た目が新しい状態になるようにしているような感じ。

日本人の感覚だと、歴史の古いものはそれを感じさせてこそ価値があるように見えるものだけど、東南アジアではそこらへんの考え方が違うのかも。
仏様を敬うため、いつの時代でも常に綺麗な状態を保つようにした方が良い、という思いがあるのかもしれない。

黄金の仏様が安置されている建物の裏に行くと、かなり雑な作りの謎の少年像が。

ワット・プラトーン

なんだこれ…… 多分言い伝えの中に出てくる、仏様を発見した少年の像なんだろうと思うけど。
左に立てかけられた看板には「タバコと健康だったら健康を選ぶ」とか書いてある。
いや、そりゃまったくその通りだと思うけど…… だから一体何なんだろう??

少年の前にお供えされた赤い飲み物の理由や、この少年を拝むことで得られるご利益とか、まったく分からない。
なんなんだー すごく気になる〜〜
この赤い飲み物は、いろんな場所でお供え物になっているのを見かけるんだけど、詳細は今だに不明。

「地球の歩き方」では、ワット・シャロンと同じぐらいの扱いで掲載されているワット・プラトーン。
実際行ってみたら、ワット・シャロンよりもずっと規模が小さく、観光地としての魅力はそれほどでも無いかなというのが正直なところ。
でもきっと、パワースポットとしては相当のご利益があるのではと思う。

黄金の仏様、パワーをありがとうございます。良いことがありますように!