旅情あふれるタイ鉄道の旅、バラエティー豊かな車内販売【タイ・バンコク&コラート】

タイ国鉄

前回の記事の続き。
バンコクのドンムアン空港の最寄り駅・ドンムアン駅から、タイ国鉄東北線でイサーン地方のコラートへ。

⇒前回の記事はこちら「タイ鉄道の旅!列車に乗って、ドンムアン駅からタイ東北地方のコラートへ【タイ・バンコク】

タイ国鉄の列車は電車ではなく、ディーゼル。
日本の電車の車両を再利用しているという話を聞いたことがあったので、それを楽しみにしていたんだけど、私が乗った列車は残念ながら日本のものじゃなかったみたい。

列車が出発すると、何やら大きな声を上げながら食べ物を売る売り子さんが、車両に入ってきた。
ちょうどお腹がすいていたし、これを逃すともう食べ物は買えないかも?と思ってとりあえず買ってみる。
おそらく干し肉を揚げた食べ物で、なんだか硬くてしょっぱくて私の好みじゃない……一緒についてたモチ米は炊きたてで美味しかったけど。

車内販売の売り子さんたちは、各駅で入れ代わるように続々と入ってくる。
「ガパオ・ガイ〜 ガパオ・ガイ〜」「ムーヤ〜ン ムーヤ〜ン」「飲み物〜 飲み物〜」などなど、各々売っている商品の名前を叫び、その声がひっきりなしに続く。
隣の席の人が買って食べてたガパオ・ガイ(鶏肉のバジル風味炒めごはん)、目玉焼きつきですごく美味しそう……
こんな食べ物も売っているなんて最初から知っていれば、さっきの干し肉は買わなかったのに。(´・ω・`)

列車はバンコクからアユタヤを通って、東北地方に向かう。
東北地方に近づいてきたとき、すごく美味しそうなガイ・ヤーン(鶏の炭火焼き)を売るおじさんが車両に入ってきた。
このときはもうお腹いっぱいだったので結局買わなかったけど、ガイ・ヤーンといえば東北料理
日本の駅弁ほどではないけれど、タイの車内販売でも地方色がある食べ物を楽しむことができるのかも?

ところでこの日は平日だったので、きっと車内はガラガラだろうと思ってたら、意外にも満席だった。
誰かが途中で下車しても、すかさずその次の駅で別の人が乗ってきたりして、席の予約がギッチリと埋まっている様子。
座席指定ができない3等席車両には、立ち乗りの人多数で熱気ムンムン。2等席を取っておいて本当に良かった〜

2等席はエアコンまたはファン、ということらしいんだけど、私が乗った列車は残念ながらエアコン無しで天井のファンのみ。
乗り込んだのが夕方だったせいか、窓を全開にしておけば涼しい風が入ってきて、暑くて汗をかくようなことは無かった。
でも暑季の真っ昼間に乗ったら、結構きついかもしれない。

タイ国鉄

それにしても、タイの列車は本当に遅い。
バンコクからコラートまで、バスなら3時間弱で着くところが、私が乗った列車は5時間近くかかった。
イスも座り心地良くないし、エアコンじゃないし、車両自体が古くて綺麗じゃないし、トイレの洗面台は水が流れなくて手を洗えないし……
事故やトラブルも多いらしく、脱線だの衝突だの盗難だの、いろいろな悪いニュースをよく耳にするし。
なのに列車の2等席切符とバスの運賃の価格は、それほど大きく変わらないとういう。

じゃあ絶対にバスの方がいいじゃん! 
そう思ってコラートからの帰りはバスにしてみた。
快適なシートにエアコンの効いた車内、さらに無料でお菓子とお水のサービス。
バス、なんて素晴らしい! 
なぜ列車があんなに混んでいるのか、不思議になってしまうぐらい。

だけど、列車での旅は、バスでは味わえない魅力があったと思う。

バラエティ豊かな車内販売の食べ物と、周りの乗客たちとのコミュニケーション。
窓の外にはどこまでも広がる田園風景、夕焼けに照らされるアユタヤの遺跡、真っ暗闇の中ぼんやり灯りが浮かび上がる夜の無人駅。
後で思い返すとちょっぴり切なくなってくるような、旅情にあふれていた。

というわけで初のタイ列車の旅は、おおむね満足♪

タイ国鉄

次回ブログでは、コラート市内の様子をご紹介予定です。

タイ鉄道の旅!列車に乗って、ドンムアン駅からタイ東北地方のコラートへ【タイ・バンコク】

ドンムアン駅

私が住んでいるプーケットには、鉄道が通っていない。
プーケットから一番近い鉄道駅はスラータニー駅で、車でも3〜4時間ぐらいかかり気軽に行ける距離ではない。
「タイの鉄道って、どんな感じなんだろう?」と先月ふと思い立ち、鉄道の旅に初チャレンジすべく、プーケットから飛行機でまずはバンコクに飛んだ。

バンコクのドンムアン空港には、ドンムアン駅が隣接している。
ここから東北線の列車に乗って、タイ東北地方(別名:イサーン地方)の玄関口である都市、コラートに行くというのが今回の旅の計画。

このドンムアン駅、バンコク第二の空港の最寄り駅なんだから、さぞかし大きい駅だろうと思っていたら……
予想を大きく覆す駅の小ささ、のどかさ、設備の古さ!

ドンムアン駅

駅の出入口には改札がなく、基本的に出入り自由。そのかわりに、列車の中でしっかりと検札を行うらしい。
プラットフォームは2つのみで、日本の駅とは異なり、線路とプラットフォームとの高さの差がほとんどない。
反対側のプラットフォームに行くには、線路の上を歩いて横断する。

ドンムアン駅

のどかな光景だな〜とか思っていたら、バイクに乗った人が駅の構内に入ってきて、プラットフォーム内を普通にバイクで走行。
そのまま線路を横断して、反対側の出口から駅構内を出て、一般の道路へと去っていった。
線路の向こう側の道路に行くために、バイクで駅構内を通過するんだ…… 軽いカルチャーショック。

ドンムアン駅

切符は、プラットフォーム内にある切符販売ブースで買う。
切符の種類は3種類あって、1等エアコン付き寝台車、2等エアコンまたは扇風機付き車両、3等が扇風機なし。
1等・2等は指定席で3等は自由席。
3等は座席の指定ができずシートも固い木製だったりするらしいので、長距離の場合はかなりきついらしい。

私が外国人だからなのか、「コラートまでの切符をください」といったら、有無を言わさず2等の切符が出てきた。
もともと2等に乗ろうと思ってたから別に良かったけど。
これがその切符の写真。

切符

目的地がナコーン・ラーチャシーマーと書いてあるけど、これはコラートの正式名称。
料金は158バーツ(約550円)。
バンコクと目的地のコラートが約250km離れていることを考えると、衝撃の安さ!

駅の中や周辺では、各種飲み物や食べ物が売られていて、待ち時間にひもじい思いをすることはない。
ベンチに腰掛けて列車の到着を待っていたら、手作りっぽいお菓子をカゴにたくさん入れて売り歩いているおばさんが話しかけてきた。
しゃべっているうちに私がタイ語が話せる日本人だということが分かると、おばさん大喜びして、話が盛り上がる。

ぱっと見カスタードプリンのような美味しそうなお菓子があったので、1つ下さいと言ったら、
「1つ20バーツだよ。でももし買ってくれるなら2つあげるよ。助け合いだよ。」
と言うので、1つ買ったらもう1つサービスでくれるのかと思い「ありがとうございます!」と返したら、
「じゃあ40バーツね」という返事………アレ?

おばさんの言ったセリフをよくよく思い出せば、おばさんは別に私を勢いで騙したわけではなかった。
私が勝手におばさんのタイ語を誤解釈しただけ。
でも、「助け合いだよ」というセリフを聞いたら、日本人の感覚では、お互いに何らかの「助け」をし合うことを期待してしまうわけで。
まさか私だけが一方的に相手を助ける立場になるとは、おばさんのあのフレンドリーな態度からは、想像もできなかった。まぁ別にいいけどさ。

おばさんから買ったお菓子を食べながらベンチに座ること約2時間、ようやく目的の列車がやってきた。
そんなに待たされたのは、駅に早く到着しすぎたせいもあったけど、列車のダイヤが1時間以上遅れたせいもある。
そのぐらい遅れるのはよくあることのようで、日本の電車とは感覚が全然違う。

ドンムアン駅

それではいよいよ、タイ東北地方に向かう列車の旅へ出発!
続きは次回のブログで。

シャットダウン・バンコク!バンコクのデモの様子とプーケットの人々【タイ・プーケット】

shutdown-bangkok

ニュースでも報道されているように、バンコクでは反政府派の人々が「シャットダウン・バンコク」と称し、都市部の道路を封鎖するなどして、大規模なデモ活動を展開している。
つい先日は大きな爆発事件なども起きたりして、バンコクはだんだんと物々しい雰囲気になってきているようだ。

なので、そういったニュースを見た友人知人から時々心配のメールをいただくんだけど、プーケットはいたって平和なので、ご安心なく♪

プーケットでも最近デモ隊が県庁封鎖とかやりはじめたらしいんだけど、実際にそこに行ってみた人の話によると、危険な雰囲気は一切なく、子供がたくさん遊んでいて食べ物の屋台がいくつか並んでいただけで、どうみてもただのお祭りだった、とのこと。

「バンコク・シャットダウン」も、爆発さえなければ、野外フェスでもやってるような平和なノリだったらしい。
道路を封鎖しているっていっても、そこにステージや屋台村を作って人気歌手のコンサートとかやってるだけだったみたいだし。
タイ人の中には、毎年のように繰り返されるデモを、お祭り行事みたいに思ってる人も多いっぽい。
日本人が想像する「デモ」とは実情も感覚も全然違うので、日本のニュースはちょっと怖そうに報道しすぎなのではと思うところもある。
もちろん、いつ爆発があるかわからないので危険なことは間違いないから、遊び目的で近寄ってはいけないと思うけど。

今回のデモは、主にバンコクやプーケットなどの都市部の富裕層に支持されている。
私のプーケットの友人知人はほぼ全員デモ隊の支持者で、地元のデモ行進に参加したり、バンコクまで行ってデモに参加している人たちもいる。
近所のレストランが最近ずっと休んでるな〜と思ったら、主人がバンコクでデモに参加していた、なんてことも。

そういえば先日の爆発の犠牲者のひとりが、プーケットから来ていた方だったらしい。
いまその人のお葬式がプーケットのどこかで行われているらしいんだけど、親戚知人だけじゃなくてたくさんの人達が弔問に訪れているとのこと。
不運にも爆発に巻き込まれてしまったのは本当にお気の毒だったと思うけど、亡くなられたことで、プーケットでは「国を変えるために戦った地元の英雄」のような存在になっているみたい。

ところで少し前の話だけど、友人のひとりが「バンコクのデモの様子を良いカメラで記録をおさめたい」と言って、私のミラーレス一眼レフカメラを借りてバンコクのデモに参加しに行った。今回のブログに掲載している何枚かの写真は、その友人が撮ってきたもの。
友人の許可を得て、戻ってきたカメラにおさめられた生々しいデモの写真をブログに載せようと思っていたのに、100枚以上撮影された写真は、ほとんど自分たちの記念写真ばっかり。 
デモの様子が分かるような写真がほとんどない。なんだよ〜!
タイの人たちは、本当に自分撮りが大好き。( ´ ▽ ` ;)

shutdown-bangkok

デモに行った友人とその仲間たち。プライバシーを考慮して全員サングラスの写真を載せてみた。
彼らのように、タイの国旗と同じ赤・青・白の3色が入ったリボンやリストバンドなどを身につけるのが、今回のデモ隊支持者の目印。
そしてTシャツには「シャットダウン・バンコク」の文字。
こういったグッズは、デモ会場で売られていて、良いおみやげになっているらしい。

幸い、カメラを借りて行った私の友人たちがバンコクに行ったのは爆発騒ぎが起きる前で、全員トラブルもなく無事にプーケットに帰ってきた。
バンコクのデモはまだまだ収まりそうになく、数日前には非常事態宣言も出てしまっている。
タイの人たちがみんな政治問題に熱いのはすごく良いことだと思うけど、命までは懸けてほしくないなぁ〜 
だからもうプーケットの友人知人がバンコクに行くのは、できればやめてほしい。
早く、平和なバンコクが戻ってきますように。

以下、デモの様子をちょっとだけ。本当にこれぐらいしか載せられる写真がなかった……

shutdown-bangkok

shutdown-bangkok

img2

バンコクの中の日本2 ー シーロム・タニヤ通り

taniya1

色とりどりの日本語の看板に、行き交うたくさんの人と車。まさに、典型的な日本の歓楽街の風景。
でも、ここは日本じゃない。
バンコクの中心地のひとつ、シーロムエリアにあるタニヤ通り。

なんかどこかの地方都市で見たことがあるような〜〜?? ものすごい既視感ありまくり。
地元(福井)の歓楽街、片町にちょっと似てるかも?

taniya2

とにかくどこを見ても日本語がいっぱい。おお、なつかしい、牛角がある……
お店の名前とか看板のデザインが、ちょっと昭和っぽいかも。

このタニヤ通りは、日本人のお客さんだけを対象にした、日本と同じシステムのカラオケバーやらクラブなどのお店がたくさんあるらしい。
そのため、日本のおじさんたち向けのお店が多数集まっている。
この通りにあるショッピングモールにフラッと入ってみたら、1〜2階のテナントのほとんどがゴルフ用品店だった(−_−;)。
ウィンドウショッピングでもしようかと思って入った自分の、場違い感が半端ない。びっくりだ。

そもそもなぜこんなところに来たかというと、このタニヤ通りがあるシーロムエリアが、パスポート再発行のために行った日本大使館と近かったから。
バンコクに遊びにくるのはこれでもう7回目なのに、このエリアにはほとんど行ったことがなかったので、興味本位で立ち寄ってみた。
実際来てみてよく分かったけど、女性がひとりで散歩がてらに遊びに来てもしょうがない場所だった……
ただ、日本食のレストランがとても充実しているので、グルメ目当てに来るのには良いかもしれないけど。

タニヤ通りと平行して隣同士の場所に、おみやげ物や偽ブランドで有名な夜店街とゴーゴーバー(女性をお持ち帰りできるバー)で有名なパッポン通りがある。
この2つの通りがあるために、このあたりは本当にたくさんの男性観光客で賑わっている。

観光でバンコクを訪れた日本人のおじさんたちは、タニヤ通りの居酒屋で夕食を食べて、カラオケバーで歌って、そしてパッポン通りに移動して、お土産を見たりゴーゴーバーではしゃいだりするのが定番のコースだったりするのかな。

そして日本に帰ったら、家族にはその夜の話は秘密にするんだろうか……(´・ω・`)

taniya4

バンコク「ピンクのカオマンガイ屋さん」に行ってみた! inプラトゥーナム

kaomangai1

バンコクのガイドブックを見ると、必ずといって良いほど紹介されているプラトゥーナムのピンクのカオマンガイ屋さん
以前からずっと気になっていたんだけど、今回の旅行ではじめて行ってみた!

だいたい、タイって適当にそこらへんのお店に入っても普通に美味しいことが多いから、がんばってガイドブックに載ってる店にわざわざ行こうっていう気が、あんまり起こらない。
暑くてめんどくさい、っていうのもあるし。

でも今回は、時間がたっぷりあったこともあったし、そういえばプラトゥーナム周辺はあんまりうろついたことないなと思って、行ってみることにした。
場所はプラティナム・ファッションモールから大通り沿いを東方向へ(パンティップ・プラザと反対方向)へ3分ほど。
BTSチットロム駅から、徒歩10分ほどで行ける。

なんで「ピンクのカオマンガイ屋」と呼ばれているかというと、上の写真のように、店員さんがピンクのポロシャツを着ているから。
この店に行く途中には、偽物の「グリーンのカオマンガイ屋さん」があるので注意!
でも、そのお店もタイ人のお客さんで賑わっていたので、多分美味しいんだと思う。

偽物に惑わされずピンクのお店にたどり着くと、行列ができるほどの大賑わいだった。
お客さんの半分ぐらいは、なんと中国人観光客! 
中国でも、ガイドブックで取り上げられているんだろうか? 
もともとカオマンガイは中国の海南島出身の華僑が伝えた料理らしいので、中国人の舌にも合うのかもしれない。

ところで、そもそも「カオマンガイ」って何なのか。
タイ料理に詳しくない方はご存じないと思うので、軽く説明。

カオマンガイは、タイでは屋台ご飯の定番、タイ人にも観光客にも大人気のメニュー。
そして、私の大好物タイ料理のひとつ( ´ ▽ ` )ノ
鶏肉を茹でた汁で炊いたごはんに、茹でた柔らか〜い鶏肉を載せて、ピリ辛のソースを全体にかけて食べる。
だいたい、付け合わせできゅうりなどの生野菜と、スープがついてくる。

そしてこれが、ピンクのカオマンガイ屋さんで注文したカオマンガイ。

kaomangai2

なんか、皿にタレが汚くかかってるけど……これは自分の仕業。
最初左側に置いてあったタレの小皿を、右側に移動させようとしたときに、ばっしゃーとぶちまけてしまった(´ω`)トホホ…
肝心のお料理の写真が、出来が悪くてごめんなさい……

お味の方はどうだったというと、うーーーん、これはもしかしたら、今まで食べた中では一番かもしれない!
私はあまりグルメ情報に詳しくないから、もしかしたらもっと美味しいお店はたくさんあるのかもしれないけど、少なくともプーケットではこんなに美味しいカオマンガイは食べたこと無い!

特に違うなと感じたのは、ごはん。お米の一粒一粒が立っている、絶妙な炊き加減!
そして、タレも甘すぎずほどよいピリ辛具合で、ショウガが効いていてとても美味しい。
がんばって炎天下の中歩いて来たかいがあった〜〜♪♪ 
機会があったらまた来よう(*´∇`*)♪

ピンクのカオマンガイ屋さんへの地図
(お店の名前はRaan Kaithong Pratunam ร้านไก่ตอน ประตูน้ำ)
※地図上の緑色の矢印の部分です。「A」と書かれたピンは関係ありません。


大きな地図で見る