タイの伝説的バンド「カラバオ」ブランドのアコースティックギターを買った!

カラバオギター

ーー ある日突然「よしギターを弾けるようになろう!」と思い立ち、
以前から家にあったギターを取り出してきて、2〜3回の練習で挫折 ーー

というのを、高校生の頃から約ン十年間、何度も何度も繰り返してきた。

そしてこの歳になって、なぜかタイに住んでいる今になって、またその「ギターやりたい病」が突然復活してしまった……
そこで意を決して買ってきたのが、このタイ・ブランドのアコースティック・ギター。

ブランド名は「カラバオ」。近所のショッピング・モールで購入、3990バーツ。
カラバオは、タイの音楽を少しでも知っている人なら誰もがその名を知る、タイの伝説的なバンド(今も現役)。
よく、人気ギタリストが楽器ブランドと提携して、「YAMAHAの松本孝弘(B’z)モデル」だとか「GIBSONのザック・ワイルドモデル」だとかのシグニチャーモデルギターが作られているので、これもそういうものの一種だと思ったらそうではなくて、どうやら「カラバオ」がブランド名らしい。

ボディーにはタイ語で「カラバオ」の文字と、バンドのシンボルマークの水牛のイラスト。
ヘッド部分にもロゴと水牛のマーク。

カラバオギター

ダンボール製の外箱には、バンドのメンバーの顔写真もプリントされていた。
ギターも外箱も、カラバオファンにはたまらないカッコ良いデザイン!
外箱は邪魔だったので、買った店に置いてきてしまったけど。

こんなギターを買ってしまったけど、でも私は別にカラバオファンではない。
多分彼らの曲は2〜3曲しか知らない。しかも友達がカラオケで歌ってるのを聞いて知った。
同じお店では他にもタイブランドギターがたくさん売っていて、それらと比べると1000バーツぐらい高かったのに、これに決めた理由は、
「タイでしか買えない、いかにもタイらしさ満点のギター」だったから。
ほぼ一目惚れ状態で、購入を決めた。

そして購入してからもう1週間ぐらいたつけど、今ちょうどものすごく仕事が忙しいせいもあって、あんまり弾いてない……
多分合計で30分ぐらいしか触ってない気がする。
これではまた、今までと同じことの繰り返しになってしまう(−_−;)
何か無理矢理でも目標を立てないと〜〜

近所のショッピングモールに、タイの人気俳優がやってきた!【タイ・プーケット】

ウィア・スコラワット

昨日、うちの近所のTesco Lotus(テスコ・ロータス)という小さいショッピングモールにお買い物に行った。
モール内のスーパーマーケットでお買い物を済ませ会計をしているとき、スーパーの入口脇付近から、「キャーー!!」っていう黄色い歓声が急に聞こえてきた。
声のする方をみると、人だかりができている。そして歌声も聞こえる。
どうやら歌謡ショーみたいなのをやってるみたい。

興味津々で見に行って、ステージで歌う歌手(?)の顔をのぞいてみたけど、全然知らない……見たこと無い……

ウィア・スコラワット

隣にいたおじさんに聞いたら、「ウィアだよ。いまテレビに良く出てるスターだよ!」と教えてくれた。
って名前を聞いても、やっぱり知らない……。でも、有名なのか。
私はタイに住んでいるのに、TVをつけるともっぱらアメリカのドラマチャンネルか洋楽チャンネルばかり観ている日々なので、タイの芸能人には少し疎い。

狭い通路の一角に簡単に作られたステージで、予告無しにはじまった超適当なライブイベントだったので、最近デビューした注目の新人歌手とか?とかぐらいに思ってたんだけど、かなり人気がある人らしい。
ウィアさん、歌は良い声で上手だったし、気さくにファンとの写真撮影に応じていて人柄も良さそうだったけど、見た目は普通だなーという印象だった。なんか私の知り合いに似てるし、普通にそこらへんにいそう?

って思いながら家に帰ってネットで調べてみたら、衝撃!!
「抱かれたいタイの男性芸能人2013年ランキング」の中にいた! 
しかも5位ってかなりの人気。

詳細ページ→ 「抱かれたいタイの男性芸能人2013年」
(どうでもいいけど、これの2位と3位はなんか腑に落ちない)

こっち↓にウィアさん(ウィア・スコラワット)の特集ページもあった。
ウィア・スコラワット

ここに載ってる写真でみると、たしかにかっこいいかも。
でも、このランキング記事以前見たことあったのに、同じ人だと全然気づかなかった。写真と実際とのギャップがかなりある気が。

抱かれたい男性5位が地方の小さいショッピングモールで歌謡ショーって、日本で言えば、ジャニーズのメンバーとか福山雅治とかが金沢のイオンモールでライブやってるようなもんかな。そう考えるとなんかすごい。
タイって、日本と比べると芸能人がもっと身近な存在なのかもしれない。
ヒットチャートのトップ10入りするようなバンドでも、小さいパブみたいなところでライブやってたりするし。

それにしても、そんな人気のある人だったのなら私も行列に並んで一緒に写真をとれば良かった、と今ごろ後悔 (´・ω・)