タイの文化を楽しく学べるテーマパーク&ショー「サイアム・ニラミット」【タイ・プーケット】

サイアムニラミット

以前からずっと気になっていた、タイの文化をテーマにしたショー&パーク施設「サイアム・ニラミット」に、ついに行ってきた♪♪

「サイアム・ニラミット」は、元はバンコクで人気を博していた施設らしいんだけど、数年前プーケットに2号がオープン。
広い敷地内には、毎夜カルチャーショーが開催される大きな劇場と、タイの昔ながらの田舎の風景を再現した「タイビレッジ」、そして巨大なビュッフェレストラン等がある。

施設は毎日17:30から開園となり、劇場でのカルチャーショーは20:30スタート。
入場チケットはビュッフェ付きか無しか選べるんだけど、私たちは食事をしている時間がもったいないと思ったので、ビュッフェ無しを選んだ。
夕方頃周辺の安いお店で食事を済ませて、18:00頃に園内へ。

ショーがはじまるまでの時間は、「タイビレッジ」を自由に散策。
この「タイビレッジ」が、なかなか楽しい〜!
タイの各地方の民家を再現した家が並び、畑や水上マーケット風の水路もある。

サイアムニラミット

各民家の中に入ってみると、田舎の暮らしの様子や各地方の生活風習などを見ることが出来る。
少数民族の服を着た人がいて、一緒に自由に写真を撮影したり。
タイの伝統的なお菓子を作っていたりするので、食べさせてもらったり。

サイアムニラミット

サイアムニラミット

北部の家。チェンマイ名物の傘祭りの傘?(おそらく)が並べてある。

サイアムニラミット

こちらは東北地方の家。東北地方の有名な奇祭「ピーターコン祭」の衣装が飾ってある。

サイアムニラミット

仮面や衣装は自由に身につけてOK。そして浮かれまくりな写真を一枚。

サイアムニラミット

可愛い家畜たちもいる。
この動物たち、このあとカルチャーショーにも出演していた。

img6

メインのカルチャーショー以外にも、園内の広場で数々のミニショーを楽しむことができる。

まずはムエタイのエキシビジョン!
急にはじまったせいかお客さんが少なく、リングのすぐそばでみることができた。
本格的な試合ではないとはいえ、この距離で見ると大迫力!

サイアムニラミット

そのあとはタイダンスのショーや、定番の象のショーも。

サイアムニラミット

サイアムニラミット

数々のミニショーの最後を締めくくるのは、タイの古い時代の戦争を再現したパレード。
そうそう、ちょっと前にタイの歴史物の映画を観てはじめて知ったんだけど、タイの昔の戦争では、兵士は馬じゃなくて象に乗って戦うんだよね。
荘厳な音楽とともに行進する象と兵士たち。カッコイイ〜

サイアムニラミット

サイアムニラミット

このパレードが終わったら、いよいよ劇場に入ってメインのカルチャーショーの観劇がスタート。
ショーの内容は、タイの歴史・文化・宗教観を、音楽やダンスとともに紹介していくというもの。

当然カメラでの撮影は禁止なのでお見せできる写真は無いんだけど、ショーはとにかく素晴らしいの一言だった。
舞台装置は最新の技術を駆使していて、あっと驚かされる仕掛けや演出が盛りだくさん。
タイの各時代の風景を再現した舞台美術や衣装、そして大勢のダンサーによるバラエティー豊かなダンスはとても美しく、幻想的で芸術的。

詳細を説明したいんだけど、これから見る人のネタバレになっちゃうから、これ以上ここでは言わない方がいいのかな……?
1時間半ぐらいのショーだったけど、最後まで全く飽きることなく楽しむことができた。

そういえば、バンコクの近隣エリアに、ほぼ同じようなコンセプトの「ローズガーデン」っていう施設があって、一度行ったことがある。
ローズガーデンは多分もう十年以上も前(もしかしたらもっと前?)にできた古い施設なせいか、スタッフもショー自体もなんだかゆるい感じで適当、全体に安っぽい印象だった。
それと比べたらこのサイアム・ニラミットは、まるでタイ版ディズニーランドようなエンターテイメント精神が感じられ、断然良かったと思う。

チケット代は席の位置やビュッフェの有無によって違うんだけど、大体1300〜1800バーツぐらい。
決して安くはないんだけど、充分その価値はあったと思う。大満足でした♪♪

<補足情報>
チケットは、施設入り口で直接当日券を買ったりオフィシャルサイトから購入するよりも、現地の旅行代理店を通して買う方が安い上に送迎付きでお得です。

旅情あふれるタイ鉄道の旅、バラエティー豊かな車内販売【タイ・バンコク&コラート】

タイ国鉄

前回の記事の続き。
バンコクのドンムアン空港の最寄り駅・ドンムアン駅から、タイ国鉄東北線でイサーン地方のコラートへ。

⇒前回の記事はこちら「タイ鉄道の旅!列車に乗って、ドンムアン駅からタイ東北地方のコラートへ【タイ・バンコク】

タイ国鉄の列車は電車ではなく、ディーゼル。
日本の電車の車両を再利用しているという話を聞いたことがあったので、それを楽しみにしていたんだけど、私が乗った列車は残念ながら日本のものじゃなかったみたい。

列車が出発すると、何やら大きな声を上げながら食べ物を売る売り子さんが、車両に入ってきた。
ちょうどお腹がすいていたし、これを逃すともう食べ物は買えないかも?と思ってとりあえず買ってみる。
おそらく干し肉を揚げた食べ物で、なんだか硬くてしょっぱくて私の好みじゃない……一緒についてたモチ米は炊きたてで美味しかったけど。

車内販売の売り子さんたちは、各駅で入れ代わるように続々と入ってくる。
「ガパオ・ガイ〜 ガパオ・ガイ〜」「ムーヤ〜ン ムーヤ〜ン」「飲み物〜 飲み物〜」などなど、各々売っている商品の名前を叫び、その声がひっきりなしに続く。
隣の席の人が買って食べてたガパオ・ガイ(鶏肉のバジル風味炒めごはん)、目玉焼きつきですごく美味しそう……
こんな食べ物も売っているなんて最初から知っていれば、さっきの干し肉は買わなかったのに。(´・ω・`)

列車はバンコクからアユタヤを通って、東北地方に向かう。
東北地方に近づいてきたとき、すごく美味しそうなガイ・ヤーン(鶏の炭火焼き)を売るおじさんが車両に入ってきた。
このときはもうお腹いっぱいだったので結局買わなかったけど、ガイ・ヤーンといえば東北料理
日本の駅弁ほどではないけれど、タイの車内販売でも地方色がある食べ物を楽しむことができるのかも?

ところでこの日は平日だったので、きっと車内はガラガラだろうと思ってたら、意外にも満席だった。
誰かが途中で下車しても、すかさずその次の駅で別の人が乗ってきたりして、席の予約がギッチリと埋まっている様子。
座席指定ができない3等席車両には、立ち乗りの人多数で熱気ムンムン。2等席を取っておいて本当に良かった〜

2等席はエアコンまたはファン、ということらしいんだけど、私が乗った列車は残念ながらエアコン無しで天井のファンのみ。
乗り込んだのが夕方だったせいか、窓を全開にしておけば涼しい風が入ってきて、暑くて汗をかくようなことは無かった。
でも暑季の真っ昼間に乗ったら、結構きついかもしれない。

タイ国鉄

それにしても、タイの列車は本当に遅い。
バンコクからコラートまで、バスなら3時間弱で着くところが、私が乗った列車は5時間近くかかった。
イスも座り心地良くないし、エアコンじゃないし、車両自体が古くて綺麗じゃないし、トイレの洗面台は水が流れなくて手を洗えないし……
事故やトラブルも多いらしく、脱線だの衝突だの盗難だの、いろいろな悪いニュースをよく耳にするし。
なのに列車の2等席切符とバスの運賃の価格は、それほど大きく変わらないとういう。

じゃあ絶対にバスの方がいいじゃん! 
そう思ってコラートからの帰りはバスにしてみた。
快適なシートにエアコンの効いた車内、さらに無料でお菓子とお水のサービス。
バス、なんて素晴らしい! 
なぜ列車があんなに混んでいるのか、不思議になってしまうぐらい。

だけど、列車での旅は、バスでは味わえない魅力があったと思う。

バラエティ豊かな車内販売の食べ物と、周りの乗客たちとのコミュニケーション。
窓の外にはどこまでも広がる田園風景、夕焼けに照らされるアユタヤの遺跡、真っ暗闇の中ぼんやり灯りが浮かび上がる夜の無人駅。
後で思い返すとちょっぴり切なくなってくるような、旅情にあふれていた。

というわけで初のタイ列車の旅は、おおむね満足♪

タイ国鉄

次回ブログでは、コラート市内の様子をご紹介予定です。

ベジタリアン・フェスティバル本日スタート! &昨晩の前夜祭の様子【タイ・プーケット】

vegetarian festival

今日からいよいよ、世界的に有名なプーケットの奇祭ベジタリアン・フェスティバルギンジェー)がはじまった。
9日間に及ぶお祭りの期間中は、多くの人々が全身白の服を身にまとって菜食に徹し、身を清めて健康を祈る。

昨日はその前夜祭として、お祭りの中心となるプーケット内の複数の中華寺院で、お祭りのシンボルのポールを立てる儀式が行われた。
2年前にSamkongエリアのお寺で見たときはなかなか見応えのある行事だったので、今年もぜひ見に行ってみようと、今回はカトゥーKathu)の寺院に行ってみることにした。
Kathuといえばベジタリアン・フェスティバル発祥の地なので、Samkongよりももっと華やかなことをやっているのでは?と期待をこめて……。

うっかりカメラのバッテリーを充電し忘れていたので、今回はiPhoneでの撮影。

ベジタリアン・フェスティバル

カトゥーはパトンビーチとプーケットタウンのちょうど中間にあるエリア。
どちらかといえば市街地から離れた郊外という風情で、のんびりしたところ。
普段は静かなカトゥー中華寺院の周りも、ギンジェーのカラフルな無数の旗や、草食料理の屋台で賑わっていた。

ベジタリアン・フェスティバル

お寺の敷地に入ると、何人かの男性が、ポールを立てるための準備作業を行っていた。
地面に固定された高い柱(掲揚塔?)に、水平に倒れた状態になっているお祭り用のポールをロープでくくりつけ固定し、その後ポールを持ち上げながら立てていく模様。

ベジタリアン・フェスティバル

その様子をずーーっと見ていたんだけど、……要領をわかっている人が誰もいないんだろうか?
ヒモを縛ってはほどき、また違う方法で縛り直し、と試行錯誤しながらモタモタ、モタモタとやっている。

私は、この前日まで風邪で寝込んでいた病み上がり。
暑さのせいもあってだんだん気分が悪くなり、意識がもうろうとしてきて倒れそうになってきた。
「早くして〜」と心の中で叫んだけど、ポール立て作業の男性たちはニヤニヤと談笑しながら相変わらずのんびり作業。。。。
周りにいた見物客たちも、どんどんと減ってきている。おいおい。。。

かなりの時間待たされたあと、ポールがようやく持ち上がった! いよいよだ!

ベジタリアン・フェスティバル

ポールが少しずつ上昇して……どこまで上がるのか?

ベジタリアン・フェスティバル

そしてここで引き上げストップ。

ベジタリアン・フェスティバル

え? もしかしてこれで終わり?
柱立てるんじゃなくて、持ち上げるだけ?

ベジタリアン・フェスティバル

どうやらこれが完成形らしい。縦のポールと持ち上げた横のポールとで作った十字架型。
カトゥー寺のポール立て儀式、終了。

なんか、イマイチ〜!! 病み上がりでフラフラになりながらも待った甲斐が、全然なかった。

2年前のSamkongのお寺では、きらびやかな中華衣装を身にまとったマーソン(神様が憑依した人たち)がたくさん登場して、横たわっていたポールを大勢で綱引きみたいにして垂直に立ちあげていた。そっちはとても迫力があって面白かったのに。
お寺によってポールの持ち上げ方が全然違うみたい。ちょっと残念〜

2年前の様子はこちら
プーケット「ベジタリアン・フェスティバル」、はじまりの儀式

ちょっぴりガッカリ気分で帰路につき、帰りのコンビニでギンジェー用のカップラーメンを購入。

ベジタリアンフェスティバル

タイにもある、おなじみ日清のカップヌードル。
これは菜食用のマッシュルーム味。
当然肉類は一切使っていないんだろうけど、そのわりにはコクがあってなかなか美味しい!

一人寂しいカップ麺のディナーを楽しんでいると、外からドンドンドンドンと太鼓を鳴らす音が聞こえてきた。
太鼓の音が少しずつ私の家の方に近づいてきて、「何だろ?」って思った瞬間、

バババババババババババーーーーーーーーー!!!!!

という、けたたましい爆発音。
爆竹だ!

ベジタリアン・フェスティバル

バルコニーから外をみると、すぐそこの道で大量の爆竹を鳴らしていた。
数キロ先の家にまで響きそうな、とんでもない爆音。もくもくと立ち昇る濃い煙。

ベジタリアン・フェスティバル期間中は、こんな風に毎日島内の色んな場所で爆竹が鳴らされる。
2年前もそうだったけど、期間中は街中がひたすらお祭りムードで活気があって、つられてこちらも浮かれたような気分にさせられる。
名物の串刺しパレードはちょっと怖いけど、この雰囲気はかなり好きです (*´ω`*)

戒厳令下、タイのネットユーザーの間で話題になっている事とは?

すでにニュースなどでご存知の方も多いと思うけど、昨日タイの国軍が戒厳令を発令。
「タイは今危ないの?」と、日本からご心配の連絡をいただいているけど、とりあえずここプーケットは昨日から特別何の変化も見られない。危機感やヤバさは全く感じない。
いまもテレビつけてるけど、普通に恋愛ドラマとかやってるし……

半年ぐらい前にあった「バンコク・シャットダウン」の大規模デモのときも、日本ではさも大変なことのように報道されていたようだけど、実質は大規模なお祭りイベントのようなノリだった。

そのころタイのネットユーザーの間で話題になっていたのは、タイに取材に訪れていたフジテレビの榎並大二郎アナウンサー。イケメンリポーターとしてタイ女性に大人気になった。
また、デモ参加者の中にいる美人や可愛い女の子を見つけて、「美人すぎるデモ隊女性」として写真をアップすることも流行していた。

そして戒厳令下の今、ネットユーザーの話題をさらっているのは、
イケメンな兵士さん探し」。

thai-soldiers

バンコクではいま街のあちこちに軍隊が出動しているらしいんだけど、そんな非日常な光景を目の当たりにして、多くのバンコクっ子たちが兵隊さんたちとのどかな記念写真を撮影。
そして、ツイッターやインスタグラムなどで、自分が見つけたイケメン兵士さんをUPするのが流行っているらしい。

上の写真もそういった写真の中のひとつ。
これをみると、どういう系統の顔立ちがタイでイケメンとされているのかが、なんとなく分かる。
(面長で眉毛がりりしいタイプが人気?)

……なんて、ついのんきな感想を言ってしまったけど、そんな私以上にのんきなタイの人々。
戒厳令なんて言っても、タイはやっぱり相変わらずタイ。

これからどういう動きになっていくのかは、タイの政治に詳しくない私には予想もできないけど、この調子のノリで何事もなく終わってくれれば良いなと思う。

今日はソンクラーン・タイの水かけ祭りの日☆プーケットタウンの水かけ祭りはこんな感じ【タイ・プーケット】

ソンクラーン

本日4月13日は、タイの旧正月・ソンクラーン
多くの人びとが街に繰り出し、桶・水鉄砲・ホースなどを駆使して水をかけあって新年を祝う、水かけ祭りとしてよく知られている。

前回のブログで、「次回はクラビ旅行記の続き」とか予告してたけど、せっかくのソンクラーンなので、今日撮影したプーケットのソンクラーンの様子をご紹介。
バイクに二人乗りしながら、防水カバーをつけたiPhoneで撮影した写真なので、なんかぼんやりしてるしあんまりうまく写ってないけど、とりあえず雰囲気は伝わるかな〜?

ソンクラーン
ソンクラーン
img4

こうして写真見てると、ピックアップトラックで遊びに行くのが正解だなーと思う。
普通の車では窓が開けられなくてつまらないし、バイクは水かけの集中攻撃に合うし事故の確率も高いし。
だからタイでは、ピックアップトラックが人気なんだろうか!?

ソンクラーンのプーケットタウンでは、多くのバイク・車が、サパーン・ヒンという海沿いの公園へと向かっていた。
サパーン・ヒンは、ソンクラーンはもちろん大晦日やロイクラトンなど、何かイベントがある日はなぜかみんなそこに集まるという、プーケットタウン市民の憩いの場。
上の写真も、旧市街地からサパーン・ヒンへと向かう通りで撮影。道は大渋滞。

通り沿いの商店の人たちはみんな外へ繰り出し、大音響でタイ演歌をかけて踊りながら、水をかけまくって盛り上がってた。
この通りは他のどこよりも盛り上がってるので、プーケットタウンでソンクラーンを楽しむなら、ここに行くのがおすすめだと思う。

img5

バイクで遊びに行くと、本当に水かけの的になってしまうんだけど、かけられる水の種類もさまざま。
赤や緑などの色に染まった謎の色水をかけてきたり、なぜかすごいいい匂いがする水をかけてくる人もいる。
何の匂いなのかはよく分からないけど、どれも全部同じ匂いだった。
暑さのせいで水の温度がぬるくなっているので、普通の水ならかけられても全然問題ないんだけど、たまにたっぷり氷の入った超冷たい水をぶっかけてくる人がいて、心臓に悪い(−_−;)

水だけじゃなく、白いパウダーのようなものをほっぺたにつけてくる人もときどきいる。
私も信号待ちで停車中に、突然後ろから現れたオカマさんから水で溶いた白いパウダーを顔にたっぷり塗られてしまった。

去年のソンクラーンはパトンビーチに行ったんだけど、曇り空で気温が低く、水をかけられるのはちょっぴりつらかった。
でも今年は快晴で気温も高く、氷水を浴びながらバイクに乗っていてもすぐに暖かくなるので快適で、去年よりもずっと楽しめた。
やっぱりソンクラーンの日は、こういうお天気じゃないと( ´ ▽ ` )ノ


去年のパトンビーチでのソンクラーンの模様はこちら
タイの水掛け祭り・ソンクラーン[タイ・プーケット]