Facebookに見られるタイ人独自の傾向……自分写真大好き&グロ画像に抵抗なし

日本でもたくさんのネットユーザーが利用している、世界的なSNSサイトのFacebook(フェイスブック)。
ここでいまさらそんな説明する必要もないほど、ここ数年ですっかり一般的に定着したWebサービスだ。
私もアカウントを持っていて、Facebook上で私が友達になっている人たちのうち、1/3が日本人、1/3がタイ人、1/3がそれ以外の国の人たち、という割合になっている。

だいたいどこの国の人も、FacebookにUPしていることはほとんど同じような感じ。
日々感じていることとか、誰かの名言、旅行や食べ物の写真、子どもやペットの写真、または気に入った動画や記事のシェアとか。
こういうのは国籍を問わず共通で、大きな違いはない。

だけど、「タイ人」と「日本含むそれ以外の国の人達」との間で、明確に違う傾向が2つある。

ひとつは、とにかく自分の写真をたくさん載せるのが好きだということ。
欧米人や日本人は、自分の写真を載せるのはどっちかというと避けてる人が多くて、旅行に行っても旅先の風景や料理の写真ばかり載せている人が多いけど、タイ人は自分や連れがバッチリ映った写真をUPしていることが多い。

自撮り写真もとても多い。
キメ顔・キメポーズでいろんな角度から自撮りして、さらにアプリで画像補正してキレイに仕上げた素敵な自分写真の数々を、みんな抵抗なくたくさんUPする。
こういうのをやってるのは、別に美人とか若い子に限らない。女性だけじゃなくて、男性でも普通にやってる。
もし私がタイ人と同じように自撮り写真を何枚も何枚もUPしたら、間違いなく日本人の友達から引かれる……(−_−;)
けどタイ人はみんな気にしてないみたい。

これに関連するけど、スマホの待受画像が自分のキメ顔画像、って人もすごい多い。
スマホをどこかに置き忘れた時に、良い目印になるからと思ってやっているのかもしれないけど。
スマホ立ち上げるたびに自分の顔を見なきゃいけないのって………
私はものすごい抵抗あるんだけど、タイ人は平気なのかな。

そして、Facebookにおけるタイ人独特の傾向のもうひとつは、
グロ画像を平気でUPするということ

具体的には、奇病で苦しむ人の実際の写真とか、事故・事件の被害者の写真とか。
最近見たやつで強烈だったのは、裁断機か何かに巻き込まれた直後の患部の写真。(!!!!!)
こういうのを、平気でシェアしてFacebookに載せてくる。
数日ぐらいトラウマになって夢に出てきそうな写真もたまにある。

もちろんこういう画像のUPはしょっちゅうではないんだけど、月に1〜2回ぐらいはこういうの見る気がするし、なぜか最近ますます増えてきたような気がする。
私は仕事の合間にリラックスするためにFacebookを閲覧することが多いんだけど、そんな私を予告なしに襲ってくる、恐ろしい通り魔のような存在になっている。

グロ画像の多くは、「こんなひどい目に遭った人を、寄付で助けよう」っていう目的でシェアしているようだけど、それにしたって、ご丁寧に写真まで付けなくていいでしょーー!!
しかもこういうのシェアしてるのは、なぜか男性より女性が多い。
そしてそんな写真をUPする友達に対して、文句を言うタイ人は誰もいない。どうやら普通のことらしい。

上の「自分写真大好き」は、多分タイ人だけじゃなくて東南アジア人・日本以外のアジア人全般に見られる傾向かもしれない。
だけどこのグロ画像UPは、多分タイ人だけじゃないかと思う。

タイって、新聞やテレビとかでもモザイク無しに死体画像を載せることがたまにあって、それも影響してるのか、みんなこういうことに抵抗があまり無いっぽい。
かといって、残酷なことに別に無感情なわけではなくて、「可哀想」とか「ひどい」とかは普通に思うらしいんだけど、そういう写真を見たくないとは思わないらしい……

もちろんタイ人も人それぞれだろうから「絶対見たくない」って思ってる人もいるだろうけど、こういう写真を載せることがタイ人の間では容認されているのは確か。
国によって常識は異なるものだとは思うけど、のんびりとしていて心優しいタイ人の多くが、なぜ残虐グロ画像が平気なのかは、私にとって大きな謎だ。(´・ω・)

タイの移動遊園地に行ってみた♪ミニ観覧車、見世物小屋、etc【タイ・プーケット】

タイの移動遊園地

前回のブログの続きで、プーケットのお寺ワット・シャロンのお祭りの話。

⇒前回の記事「春節(中国の旧正月)のプーケットは、ワット・シャロンのお祭りへ!【タイ・プーケット】

年に1回のワット・シャロンのお祭りでは、食べ物やファッションアイテムの屋台だけじゃなく、移動遊園地も楽しめる♪
お寺の敷地の広場や駐車場だったスペースに、立派なメリーゴーラウンドや巨大トランポリンなどのさまざまな遊具が出現。

プーケットには遊園地はないけど、お祭りなどのイベントがあるたびに、こういった移動遊園地がオープンする。
遊具はどれも意外とよく出来ていて、日本でいえば「80年代の地方の遊園地」ぐらいのレベルの本格派。結構大きいものもある。
これだけの規模のものをお祭前のわずか数日でつくり上げるのかと思うと、すごいと思う。

タイの移動遊園地

タイの移動遊園地

こういった移動遊園地で必ず見かけるのが、ミニ観覧車。
以前別のお祭で1回だけ乗ったことがあるけど、ごく標準的な身長の私でも、座っていて頭がつくぐらい天井が低くて狭い。
高さよりも狭さが圧倒的に恐怖感を与える、閉所恐怖症の人には無理無理な乗り物。

タイの移動遊園地

↓なつかしのフライングカーペット系の動きをする絶叫マシーンもあった。
左右のイラスト、萌え系アニメを意識してるのかもしれないけど、かなりビミョー。

タイの移動遊園地

この安っぽいイラストのせいもあって最初はナメていたんだけど、なんとなく見物していたらこれがあなどれなくて、この後とんでもないスピードでグルングルン回ってた。
乗っている子どもたちは笑顔でキャーキャー悲鳴を上げてたけど、見ている大人たちはみんなマシーンのすさまじい動きにボー然。
私は絶対無理、怖すぎて乗れない(−_−;)。

そして、タイにもあるのかなーと思ってたらやっぱりあった!見世物小屋。

タイの見世物小屋

このとき私は一人だったので、怖いし何となく恥ずかしいしで入らなかったけど、今写真をよくよく見たら「入場料10バーツ(約30円)」って激安。
内容はイラストから判断する限りでは、人魚、首だけの女性、そして普通のワニ?(タイ語読んでも「ワニ」としか書いてない)
全然怖そうじゃないし。話のタネに入っておけば良かったかかも。

そういえば私が日本で最後に見世物小屋を見たのは、もう10年以上も前。
たしか靖国神社だったと思う。今の日本でも、まだやってるところあるのかな〜

このほかに、普通のお化け屋敷もあったけど、そっちは結構現代的な感じで本当に怖そうだった。

日本でも昔はこういう移動遊園地ってあったらしいけど、私はタイに来るまで一度も見たことが無かった(と思う)。なのでとっても新鮮に感じる。
日本ではディズニーランドだとか富士急ハイランドだとか、規模が大きい遊園地が身近にたくさん出来たので、移動遊園地ってかなりの昔に廃れてしまったかなと思う。
タイは逆に、そういった遊園地が無いに等しいので、こういうのが今も残ってるんだなーと思った。

どこに行っても中国人だらけ!春節(中国旧正月)のプーケット

先週金曜日、つまり1月31日は春節(中国の旧正月)だった。

中華系の移民が多いプーケットでは、春節当日の数日前から街のあちこちで爆竹の音。
スーパーマーケットに行くと、おめでたそうな中国語が書かれた真っ赤なTシャツや赤ちょうちんなど、春節グッズがズラリと並ぶ。
Facebookでは、中華系の友人が春節のごちそうの写真をアップしたりしていたので、もしかして市街地に行くと大きなお祭りとかやってたりするのかな?と思い、夕方からバイクで遊びに行ってみた。

でも、行けども行けども、何もやっていない……
公園や商店街では、新年をお祝いする中国っぽい飾り付けが施されていたけど、飾りだけでイベントはやってない。
中華系の寺院にも行ってみたけど、いつもよりも旗や飾りがちょっと増えているだけで、人が集まっている気配もないし。

なんだ、プーケットでは春節のお祭りはしないのか〜〜
どうやら、中華系の人たちが家族でお祝いをするだけっぽい。
クリスマスに対する扱いと近いかもしれない。街中で飾り付けをしてムードを盛り上げてるのに、実際にお祝いをしている人は少数派っていう。

でも春節のプーケットは、普段とは全然雰囲気が違っていた。
とにかく、中国人観光客がとんでもなく多い

観光地やお買い物スポットはもちろん、どこで話を聞きつけてきたのか、地元民御用達の穴場レストランにまであふれかえる中国人。
中国人観光客が乗る大量のツアーバスのせいで、普段は空いている道も大渋滞。

去年見たニュース記事の話だけど、中国本土の人たちの国外旅行の行き先ランキングというのがあって、1位が香港。そして2位がなんとここプーケットだった
香港は一応中国の一部だし、実質プーケットが中国国外で一位なのではと思う。

なんでも、去年中国でタイ旅行をテーマにしたコメディー映画が大ヒットしたらしく、それでタイ旅行がブームになったそうで。
詳細記事(外部ブログ)
特にプーケットの場合は、中国には常夏のビーチリゾートは少なそうだから、憧れるのかな。
タイなら食べ物も中国の人たちの口に比較的合いそうだし、なにより物価が安いし。

一部の中国の人たちがマナーが宜しくないこともあって、タイ人からの評判はあまり良くなかったりはするけど、それでもたくさんの人たちが遊びに来てくれて、プーケットの経済が良くなるんだから何より。

ただ、日本人の私としては、ちょっと寂しいというか、同じように日本人ももっとたくさん遊びに来てくれたらいいのにな〜って思う。

「アロエ」はタイ語で「◯◯のしっぽ」。【タイ・プーケット】

タイのアロエ

先日、タイ人の女友達数人とランチに行った帰り道、近くにアロエを売っているお店があるというのでみんなで立ち寄った。

写真ではあまり伝わらないけど、アロエ、めちゃめちゃ大きい!
小柄な女性のふくらはぎぐらいの太さがある。こんな大きなアロエが、たくさんカゴに入って無造作に売られていた。
こういう巨大アロエは日本にもあるのかもしれないけど、私は鉢植えとかで育てるような小さなアロエしか見たことなかったので、結構衝撃だった。

友人たちはみんな、お肌のお手入れ用および食用に、2〜3本買っていた。
値段は忘れたけど、見た目の迫力のわりにかなり安かったと思う。普通の果物程度の値段。

「Akikoは買わないの?」と聞かれたけど、こんな、いつまでたっても使い切れそうにない生鮮物を部屋に置くことに抵抗を感じたのでやめておいた。
お肌のお手入れとかアロエ料理とか、どうやってするのかよくわかんないし……( ´ ▽ ` ;)

アロエはタイ語で「ハーン・ジョーラケー」と言う。
「ハーン」はしっぽ、「ジョーラケー」はワニという意味で、つまりは「ワニのしっぽ」。

去年バイクのマフラーでやけどを負ったとき、周りで見ていた人が口々に「ジョーラケー(=ワニ)」「ジョーラケー」とか言っていたのを思い出す。
そのときは、「このシチュエーションに、ワニ関係ないやろ……」とか思ってたけど、あとになってアロエのことを話していたんだと分かった。

この呼び名は、今回実物を見て本当に納得。
この太さ、両サイドのトゲトゲ、ワニのしっぽそっくり。
うまいこと表現するなぁ〜

シャットダウン・バンコク!バンコクのデモの様子とプーケットの人々【タイ・プーケット】

shutdown-bangkok

ニュースでも報道されているように、バンコクでは反政府派の人々が「シャットダウン・バンコク」と称し、都市部の道路を封鎖するなどして、大規模なデモ活動を展開している。
つい先日は大きな爆発事件なども起きたりして、バンコクはだんだんと物々しい雰囲気になってきているようだ。

なので、そういったニュースを見た友人知人から時々心配のメールをいただくんだけど、プーケットはいたって平和なので、ご安心なく♪

プーケットでも最近デモ隊が県庁封鎖とかやりはじめたらしいんだけど、実際にそこに行ってみた人の話によると、危険な雰囲気は一切なく、子供がたくさん遊んでいて食べ物の屋台がいくつか並んでいただけで、どうみてもただのお祭りだった、とのこと。

「バンコク・シャットダウン」も、爆発さえなければ、野外フェスでもやってるような平和なノリだったらしい。
道路を封鎖しているっていっても、そこにステージや屋台村を作って人気歌手のコンサートとかやってるだけだったみたいだし。
タイ人の中には、毎年のように繰り返されるデモを、お祭り行事みたいに思ってる人も多いっぽい。
日本人が想像する「デモ」とは実情も感覚も全然違うので、日本のニュースはちょっと怖そうに報道しすぎなのではと思うところもある。
もちろん、いつ爆発があるかわからないので危険なことは間違いないから、遊び目的で近寄ってはいけないと思うけど。

今回のデモは、主にバンコクやプーケットなどの都市部の富裕層に支持されている。
私のプーケットの友人知人はほぼ全員デモ隊の支持者で、地元のデモ行進に参加したり、バンコクまで行ってデモに参加している人たちもいる。
近所のレストランが最近ずっと休んでるな〜と思ったら、主人がバンコクでデモに参加していた、なんてことも。

そういえば先日の爆発の犠牲者のひとりが、プーケットから来ていた方だったらしい。
いまその人のお葬式がプーケットのどこかで行われているらしいんだけど、親戚知人だけじゃなくてたくさんの人達が弔問に訪れているとのこと。
不運にも爆発に巻き込まれてしまったのは本当にお気の毒だったと思うけど、亡くなられたことで、プーケットでは「国を変えるために戦った地元の英雄」のような存在になっているみたい。

ところで少し前の話だけど、友人のひとりが「バンコクのデモの様子を良いカメラで記録をおさめたい」と言って、私のミラーレス一眼レフカメラを借りてバンコクのデモに参加しに行った。今回のブログに掲載している何枚かの写真は、その友人が撮ってきたもの。
友人の許可を得て、戻ってきたカメラにおさめられた生々しいデモの写真をブログに載せようと思っていたのに、100枚以上撮影された写真は、ほとんど自分たちの記念写真ばっかり。 
デモの様子が分かるような写真がほとんどない。なんだよ〜!
タイの人たちは、本当に自分撮りが大好き。( ´ ▽ ` ;)

shutdown-bangkok

デモに行った友人とその仲間たち。プライバシーを考慮して全員サングラスの写真を載せてみた。
彼らのように、タイの国旗と同じ赤・青・白の3色が入ったリボンやリストバンドなどを身につけるのが、今回のデモ隊支持者の目印。
そしてTシャツには「シャットダウン・バンコク」の文字。
こういったグッズは、デモ会場で売られていて、良いおみやげになっているらしい。

幸い、カメラを借りて行った私の友人たちがバンコクに行ったのは爆発騒ぎが起きる前で、全員トラブルもなく無事にプーケットに帰ってきた。
バンコクのデモはまだまだ収まりそうになく、数日前には非常事態宣言も出てしまっている。
タイの人たちがみんな政治問題に熱いのはすごく良いことだと思うけど、命までは懸けてほしくないなぁ〜 
だからもうプーケットの友人知人がバンコクに行くのは、できればやめてほしい。
早く、平和なバンコクが戻ってきますように。

以下、デモの様子をちょっとだけ。本当にこれぐらいしか載せられる写真がなかった……

shutdown-bangkok

shutdown-bangkok

img2