タイ南部料理ロティとマタバが絶品♪プーケットオールドタウンのArun restaurantアルーンレストラン

最近のお気に入り、マレー系のタイ南部料理が楽しめる人気店「Arun restaurantアルーンレストラン)」♪
プーケットオールドタウンのメインストリートに店舗を構え、いつもたくさんのお客さんで賑わっている。

店内はけっこう古びていて、いかにもローカルタイ人向けといった雰囲気。
でもさまざまなガイドブックやネットで紹介されているせいか、店員さんが外国人の対応に慣れていて、わりと入りやすい。

英語が併記されたメニューには、ロティカオモックガイなど、タイ南部の名物料理がずらりと並ぶ。
他のレストランではあまり見たことがない、「マタバ・ガイ」「カオ・ヤム・パッタニー」という料理がこのお店の名物らしい。

「マタバ・ガイ」は、カレー風味に味付けされた鶏肉や野菜などの具を、ロッティの生地と一緒に焼いたオムレツ(お好み焼き?)のようなもの。

マタバ

とても優しい味付けで、ケチャップが欲しいような、いやそんなの無くても美味しく食べられるような、絶妙な塩味加減。
特別インパクトのある味ではないのに、一度食べたらなぜか忘れられない。また食べたくなる。そして何度も通ってしまう。この店で一番のお気に入りメニュー。

2番目のお気に入りのメニューは、プレーンロティとカレー

ロティ
ロティとは、マレー半島でよく食べられている、小麦粉や卵などの生地をたっぷりの油で焼いたシンプルな料理。
表面はサクッとしていながらもっちりとした絶妙な焼き具合のロティを、ピリ辛のイエローカレーにつけて食べる。
カレーの辛さもほどよく、最高〜〜♪♪
上記のマタバが若干味が薄い気がするので、カレーとマタバを一緒に食べても美味しい。

ちなみにこのお店のもうひとつの名物「カオ・ヤム・パッタニー」は、ヘルシーなタイ風混ぜごはん。
ハーブがたっぷりで少々くせがある味だけど、こちらもとても美味しいと思う。
「パッタニー」ってなんだろ?地名? カオ・ヤムは混ぜご飯っていう意味だけど……

このレストランの一番うれしいところは、なんといっても値段が安いこと。
今日はプレーンロッティ + チキンのカレー + マタバ + レモンティーと一人でたらふく食べて、合計95バーツ!
どのメニューも大体1品20〜40バーツ程度なので、安い予算で美味しい料理がたくさん食べれてしまう〜♪

お店の場所はプーケットオールドタウンの、タランロード(Thalang Rd)。
シリキット王妃公園側の交差点から数十メートルほどのところにある。
数軒隣に別のロティ屋さんがあって紛らわしいので注意。そのお店も、まあまあかなと思うけど。

あ、昼間だけの営業で夜はやっていないのでご注意を!


 

付近の地図(※アルーンレストランのすぐ近くのカフェがピンされてます)

スープが絶品!プーケットタウンのスープ&おかゆの専門店ゴーベン(Ko benz)【タイ・プーケット】

カオトム

クイッティオ(タイ風ラーメン)から麺だけを抜いたような、具だくさんのスープ料理のことをガオラオと呼ぶ。
プーケットタウンオールドタウンの近くに、このガオラオとカオトムタイ風おかゆ)の人気店があると聞いて、行ってみた♪

このお店を教えてくれたのは、先日プーケットに遊びにきてくれた日本人の友人たち (*´ω`*)
彼女たちはプーケットに何度か遊びに来ていて、私以外のローカルの知り合いがいるので、私がまだ知らないお店もたくさん知っている。

お店の名前は、ゴーベン(タイ語表記はโกเบ๊นช์)。
私の家から徒歩10分ぐらいの場所にあり、日頃からバイクでしょっちゅうお店の前を通ってるんだけど、いつ見てもお客さんがいっぱいで、たまに並んでいる人もいたりする。
何のお店かなーとずっと気になってはいたんだけど、ローカルの家族連れや友だち連れが多く、ひとりでは何となく入りづらい雰囲気だったので今まで行く機会がなかった。

友人たちに教えてもらって、そのお店がかなりの有名店だったことをはじめて知る。
あとで調べたら、私がずいぶん前に買ったプーケットのガイドブック(タイ人向けのタイ語のガイドブック)にも載ってた!
なんで今まで気が付かなかったんだ〜〜

お店の外観はこんな感じ。
タイではよくある、壁が無くて全体がオープンになった食堂スタイルのお店。

ゴーベン

とりあえず、壁に貼られていた人気メニューを何種類か注文して、4人メンバーでシェアすることに。
メニュー表に値段が書いてないし割り勘で払ったので正確な値段は分からないんだけど、ガイドブックによると1品45バーツ〜とのこと。

ゴーベン

注文したのは、カオトム(おかゆ)、ガオラオ(スープ)、クワイジャップ(麺料理)、そして豚の骨付き肉の煮込み。
クワイジャップは、タイ料理の麺類の種類のひとつで、平べったい麺がクルっと丸まっている。見た目はパスタの一種のようだけど米麺。

ゴーベン

写真にはうつってないけど、このあと追加でカオトム・ヘン汁なしおかゆ)とインスタント麺入のスープも追加注文。
汁なしおかゆは、盛りだくさんの具がのせられた白米に、別の器に入ったスープをかけて食べる。
お茶漬けのような食べ方で、最初から煮こまれた状態で出てくるカオトムとはまたひと味違った味わい。

いろいろ頼んだけど、どのメニューも基本は同じスープを使っているようだった。
コショウがぴりっと効いていて、あっさりめだけど深みがある豚ダシのスープ、どれを食べてもめちゃめちゃウマイ!!
いつ見ても満席になっているだけのことはあると思った。家から徒歩圏内だし、これからしょっちゅう通いそう〜。

特に私が気に入ったメニューは、クワイジャップと汁なしおかゆ♪♪
このお店のFacebookを見ると、「汁なしおかゆの店 ゴーベン」と書いてあるので、汁なしおかゆが一番人気のメニューなのかも。

このお店、営業時間が19時からなんと深夜の3時まで。
どのメニューも食欲がなくてもさらっと食べられる味とボリュームなので、プーケットタウンのバーで飲んだ後、小腹がすいたときの夜食に良さそうかも。

教えてくれたみんな、本当にありがとう!
短い間だったけど一緒に過ごせて楽しかったです。また会おうねー!


↓ゴーベン(Ko Benz、โกเบ๊นช์)の場所

プーケット名物?の海藻料理♪at レームヒン・シーフード【タイ・プーケット】

海に囲まれたプーケット島は、シーフードが名物。
島内には、先日のブログで紹介したガンエンやパトンのサボイ・シーフードなど、有名なシーフードレストランが数多く点在している。

⇒「海沿いのシーフードレストラン「ガンエン@ピア(Kan Eang@Pier)」【タイ・プーケット】

先週、そういったシーフードの有名店のひとつ、「レームヒン・シーフード」に行ってきた。

レームヒン・シーフード

レームヒン・シーフードは、プーケットタウン市街地の北東の方角にあり、ココナッツ島(ゴ・マプラーオ)に向かう船が出発する桟橋のすぐそば。
ここに至る道中ではイスラム教徒が多く住む集落を通るので、ムスリム独特の短い円筒形の帽子をかぶった男性たちがぞろぞろと通りを歩き、モスクでお祈りする姿を見れたりして、ちょっとだけ異国の雰囲気。

店内の写真を撮り忘れてしまったんだけど、テラス席のすぐ横は海。
海の向こうには、ココナッツ島が見える。
ロケーションも味も最高のお店 (*´ω`*)♪

このお店に、プーケットならではの一風変わったシーフード料理があったのでご紹介。
エビの揚げ物なんだけど、エビと一緒にあまり見たことがない不思議な植物のようなものがくっついている。

レームヒン・シーフード

この植物の正体は、海藻
なんでも、タイの他の地域では食べられない、このあたりでしか取れない珍しい海藻とのこと(友人談)。
名前は「ブア」とか言うらしい。
タイ語では蓮のことも「ブア」っていうけど、多分発音か綴りが微妙に違うのではと思う。

食べてみたら、フライにしてあるせいかもしれないけど、風味や香りなどはほとんど無く、クセの全く無い味。
見た目は硬そうに見えるけど、全然そうでもなくて、サクサクとした軽い食感。
食感を楽しむ食べ物なのかな?
とりあえず、甘くプリッとしたエビたちと一緒にチリソースにつけて食べたら、とっても美味しかった。

プーケットの人たちは、以外と海藻を食べる。
他のお店でも、これとはまた違う種類の、ノリのような黒いワサワサとした海藻を食べたことがあるし。
プーケットのシーフード料理店に来たら、他では食べられない海藻料理にチャレンジするのも良いかも♪


 

レームヒン・シーフードへの地図

日本には明太子スパゲッティが、タイにはスパゲッティ・キーマオがある

明太子スパゲッティに和風キノコスパゲティ、納豆スパゲッティなど、日本には日本独自のパスタ料理が多い。
タイにも、実はこういったパスタ料理がけっこうある。
グリーンカレーのスパゲッティ、トムヤムクンのスープパスタ、アヒル肉の醤油煮込みパスタ、などなど。
ご飯に合うタイ料理は、パスタと一緒に食べても美味しい。

こういった料理の中でも特に代表格と思われるのが、「スパゲッティ・キーマオ」。
パスタ料理のメニューがあるお店なら、かなり高い確率で食べられるタイの定番スパゲッティ♪♪

スパゲッティキーマオ

タイには、パット・キーマオと呼ばれる麺料理がある。
バジルとたっぷりの唐辛子、ニンニク、ナンプラーなどで味付けした、具だくさんの焼きそばのようなもの。
この料理で使う麺をパスタに変えた料理が、スパゲッティ・キーマオ。

ちなみに上の写真はカニが入ったスペシャル版だけど、普通は残念ながらカニは入ってない。
たいてい、豚肉または鶏肉や、エビなどのシーフードがメインの具として入っている。

img2

バジルと唐辛子の風味が、パスタと本当によく合っていると思う。
メニューにこの料理を見つけたら、ついつい頼んでしまう大のお気に入りメニュー。

注意しないといけないのは、お店によってはハンパなく辛いときがあること
そもそもこれの元になっているパットキーマオっていうのが、激辛の焼きそば。
少し食べただけで汗が出てきて胃が熱くなるくらい辛いときがあるので、胃が弱い私が注文するときは、必ず「辛くしないで下さい」と言うことにしている。

タイって、普通のイタリア料理のパスタでも、めちゃくちゃ辛いときがある。
辛いものを避けるためにイタリンレストランに行き、普通のトマトソースパスタを頼んだら、激辛で最後まで食べられなかった、なんてこともしばしばあったりする。
タイでは、タイ料理以外のレストランでも油断できない(−_−;)

一番最近食べたスパゲッティ・キーマオは、プーケットの旧市街地にある「ディブーク・レストラン(Dibuk restaurant)」のもの。

img6

写真がイマイチであんまり美味しく見えないけど、かなり美味しかった!
辛さが、かなり辛いけど食べられないことはない、という絶妙な辛さでGood。
値段はたしか200バーツぐらい(約630円)。
他のお店と比べるとちょっと高いけど、ムール貝や大ぶりの海老などがたっぷり入っていて、むしろ200バーツで安いぐらいの満足感。

ディブーク・レストランは、旧市街地の古民家を改築したとっても素敵なフレンチ・レストラン。
以前に見たガイドブックで名前を覚えていたので、通りすがりにひとりでフラっと行ってみた。
お店に入ってみて分かったけど、ジーンズにTシャツの人が一人で行くべきではないお店だったよ、ここ…………( ノД`)

img4
img3

民家にもともとあったらしき中華風の祭壇や折衷的なインテリアなどをそのまま残した、古い時代のプーケット文化を思わせる内装。
素敵すぎる。

テーブルのセッティングやスタッフの対応もしっかりしていて、かなり本格的なフレンチレストラン。
高級店ではないのでドレスコードはなかったけど、一人でパスタだけ注文して食べるのはとても肩身が狭かった。
次は絶対、誰かとデートで来ようと心に誓う。
大きな海老のスパゲッティ・キーマオ、またいつか絶対食べたい!


Dibuk Restaurant(ディブーク・レストラン)

img5

カラフルで可愛くて美味しい、タイのお菓子「ルーク・チュップ」

ルークチュップ

このあいだの「プーケット・オールドタウン・フェスティバル」で買ってきた、大好きなお菓子ルーク・チュップ

ルーク・チュップは、タイの市場やお祭などでときどき見かける、タイの伝統お菓子。
マンゴー、トマト、ナスなど、さまざまな果物や野菜の形になっていて、カラフルでツヤツヤしていてとっても可愛い♪
ひとつひとつの大きさは、かなり小さい。
大きさが分かるように、メガネとの比較写真を載せてみた。↓

SONY DSC

ルーク・チュップを私がはじめてみたのは、2年前にバンコクの高級ホテルに泊まったとき。
マンゴスチンとマンゴーの形をしたルーク・チュップが、机の上にサービスで置いてあったんだけど、最初はまさか食べ物とは全く思わず、ガラス細工の飾りだと思って宿泊初日はそのまま放置していた。

こちらがそのときの写真。(ピンぼけでごめんなさい。)

ルークチュップ

宿泊2日目になって、お皿にラップが巻いてあることに気づき、「これもしかしたら食べ物では……?」と思った。
ラップを取って触ったら食べ物っぽい弾力があったので、思い切って口に入れてみたら、これが予想外の美味しさ!!

外側の透明のゼラチンコーティングは無味無臭だけど、プリッとしていて面白い食感。
そして中身は、味も食感も和菓子の白あんと似ている。
外見から判断すると極甘なんじゃないかと思ったけど、それほどでもなく、コクがあって上品な甘さ。
作り方を調べたら、「ココナッツミルクで味付けした緑豆のあんを寒天につけて作る」とのこと。

このときのホテルではたった2個しかなくて物足りなかったけど、お祭りで買ってきたルーク・チュップは1パック30バーツ(約100円)で中身盛りだくさん♪
甘さがしつこくないし小さくて食べやすいので、食べ始めると止まらない。
買った翌日には、ひとりで完食してしまった( ´ ▽ ` ;)

ルーク・チュップ、冷蔵庫に入れれば3日ぐらいもつらしいので、旅行最終日に買えば良いおみやげになるのではと思う。
着色料はすごく使ってそうなので、そういうのが気になる方にはあまりおすすめしないけど……

ルーク・チュップの写真がいろいろ載ってるページ見つけたので、興味のある方は見てみて下さい↓
私が買ったやつよりも、形が凝ってて可愛いものばかり (*´ω`*)。

http://matome.naver.jp/odai/2137974455759879201