カニのソムタムと卵入り焼きイカ♪シーフードレストラン「パーライ・シーフード」【タイ・プーケット】

パーライシーフード

プーケットタウンから南へ少し行ったところにあるシャロン湾。
プーケット動物園の道をまっすぐ行くと、突き当りにシーフードレストランがたくさん並んでいる海岸に出る。

このあたりのシーフードレストランは、どちらかといえば地元民向けで、お手頃価格でタイのシーフード料理が楽しめるのでおすすめ♪
今回は一番南端にある「パーライ・シーフード」へ。今までに他のお店も2軒行ったことがあるけど、どこも美味しく、今のところハズレのお店はないかも。

プーケットって島なので当然海に囲まれているので、シーフード料理が一応名物のひとつ。
このエリアだけじゃなく、プーケット島内の沿岸沿いにはたくさんのシーフードレストランがある。

こちらは「パーライ・シーフード」の目の前にあるビーチ。

シャロン湾

プーケットの中ではあまり綺麗な砂浜ではないけど、海を見ながらのランチというのは、開放感があって最高〜!
この写真にはうつってないけど、遠くの方には海上に住む少数民族の民家が見える。

そしてお料理も最高〜!!

パーライシーフード

手前はトート・マン・プラー(魚のすり身揚げ)、奥にあるのは私の大好物、火を通していない生のカニ入りソムタム(パパイヤサラダ)。
カニはガザミ系で、殻ごと入っているのでむいて食べる。ソムタムの酸っぱ辛い味付けと、甘いカニの身が本当に合う。
なぜか半分凍ってることが多いんだけど、それもまた美味しかったりする。

そしてこちらは今回はじめて食べた、卵入りイカの焼き物。卵って、鶏のではなくてイカの卵。

卵入りイカ

体の中に卵を抱えたイカを焼いたもので、中心まで火を通さず卵は半生状態で、柔らかく甘い。
焼きイカの中にイカのお刺身が入っているような食感で、おいしかった〜☆

こういう海鮮焼きは、日本なら醤油系のタレをつけると思うけど、タイでは酸味のある辛いタレをつけて食べる。
それはそれですごく美味しいんだけど、この焼きイカは醤油つけて食べたいな、とちょっと思ってしまった。

やっぱり私も日本人。

↓「パーライ・シーフード」の地図

大きな地図で見る

タイの屋台デザート、タイ風おしるこ【タイ・プーケット】

タイのおしるこ

正式名称はよく分からないけど、屋台などで時々売られている、お気に入りのタイ・デザート。
ココナッツミルクに小豆を混ぜたもの♪ 写真のやつは、さらにタピオカも入っている。
味も食感も日本のおしるこ・ぜんざいによく似ていて、日本人にもとても親しみやすい味 (*´∇`*)
特に私は子供の頃から小豆のお菓子が大好きだったので、街で見かけたらついつい買ってしまう。

このデザートは、下の写真みたいに袋入りで売られている。
好みでもち米を入れて食べてもOK。

タイのおしるこ

この手の、ココナッツミルクと何かを混ぜて袋に入れて売るデザートは、様々なバリエーションがある。
かぼちゃ、にんじん、バナナ、などを入れたものもある。

そしてこちらも同じくよく見かける、粒コーン入り。

コーンぜんざい

見た目が完全にコーンポタージュなので、それ系の味を期待して食べてしまうと、ウエーッとなってしまう極甘コーン味。
以前私が小豆ココナッツを買おうとしたとき、お店のおばちゃんから「こっちの方が美味しいよ」と勧められてつい買ったことがあるんだけど、どうしてもコーンポタージュの先入観が邪魔してしまって、美味しく感じることができなかった。
日本人の方には、小豆ココナッツが断然おすすめ。

プーケットタウンのレストラン「SPグンガタ」で、焼き肉・鍋料理ほか何でも食べ放題〜!

sp-gungata

先週、このブログを読んでくださった日本人旅行者の方からご連絡をいただいて、一緒にお食事に行くことに♪
ブログをスタートしてから約1年半、こういったお誘いをいただいたのははじめてのことで、大興奮。

お誘いくださった方は、アジア各国を長期間旅行している女性三人グループ。
フィリピンやマレーシアなどもう数ヶ月ぐらい旅を続けていて、これからタイの各地を回る予定だけど、プーケットタウンの居心地の良さが気に入って1週間ほど滞在しているところとのこと。

三人ともとっても素敵な方で、ひさしぶりの日本語での女子トークになんだかものすごく癒やされた〜〜(*´∇`*)
本当にありがとうございました! また近いうちにお会いしましょうね♪

さて、そんな彼女たちと2日前に一緒に行ってきたのが、プーケットタウンのパンガー通りからちょっと裏道に入ったところにある「SPグンガタ」。
以前にも紹介した、豚鍋食べ放題ムーカタ(ムーガタ)の系統のお店。
でもこのお店は「グンガタ(エビの鍋)」を名乗っているので、どうやらエビがメインらしいんだけど、食事の内容はムーカタとまったく同じ。

↓ムーカタの詳細についてはこちら
タイの食べ放題レストランの定番、その名もムーカタ[タイ・プーケット]

「SP」の看板とエビのイラスト、そしてリアルなエビの像が目印!

sp-gungata

バットに入れて並べられた取り放題の鍋の具は、豚バラ、ホルモン系、海鮮類、各種野菜など盛りだくさん。
それ以外にも、パッタイやチャーハン、揚げ物、サラダなどのおかずも種類方法。
自分でソムタムが作れるコーナーなんかもあった。

ジンギスカン風の鍋スタイルで、鉄板の上で肉を焼き、下のスープ部分で野菜をゆでる。
そしてタイスキと同じ甘辛いタレにつけて食べると、お、美味しい〜!

グンガタ

「アングリーバード」のカマボコが可愛い。これ、タイではたまに見かける。

金曜日の夜だったせいもあるかもしれないけど、かなり広い敷地の店内は、ローカルの人たちでほぼ満席状態。
ソフトドリンク飲み放題も全部込みで190バーツ(約600円)と激安だし、味も美味しいのでその人気も納得。
私の家からは少し遠い場所にあるので、全然存在すら知らなかったお店だけど、機会があったらまた来よう♪♪

昨日またその女性三人と楽しくプーケット市内観光をし、今朝彼女たちはパンガン島へ向けて出発。
ちょっぴり寂しい気持ちの私は、明日からパンガン島へ行こうかと企み中。
明日仕事が入ってくるかどうか次第なので、今はまだ決めかねているけど。行けたらいいな〜〜

↓「SPグンガタ」への地図(緑の矢印の場所)

大きな地図で見る

お気に入り♪エビ味噌ごはん「カオ・クルック・ガピ」【タイ料理】

カオ・クルック・ガピ

仕事が忙しいときは、近所の市場でお惣菜やお弁当を買って帰ることが多いんだけど、最近はまってるのが「カオ・クルック・ガピ」。

写真では分かりづらいけど、エビ味噌で味付けしたごはんの上に、刻み野菜や甘辛く炊いた豚肉などの具材をのせた料理。
私がいつも買っている「カオ・クルック・ガピ」は、ごはんの味はけっこう濃い目で、それだけで食べるのはちょっと苦しい。
でも、上にたっぷりとのった具と一緒にまぜまぜして食べると、ほどよい塩加減になってイイ感じ!

生野菜たっぷりで脂分が少ないので、胃がもたれているときでもさっぱりと食べられるので、お気に入り( ´ ▽ ` )ノ♪

ダイエットにイイかも? タイの家庭料理ナムプリックとごはん【タイ料理】

タイ料理って、炒めものや揚げ物などけっこう油をたくさん使うものが多く、毎日毎食食べているとときどき、
「もう脂っこいタイ料理はイヤーー!」って思うことがある。

そういうときに助っ人になるのが、ナムプリック
そして付け合せに野菜と魚と、主食の白いごはん♪

ナムプリック

写真にうつってる魚、なんかの動物のミイラみたい〜〜(;゚ Д゚)
これは、「プラートゥー」と呼ばれる、タイではとても一般的な魚。
アジみたいな味(シャレではなく)で、クセがなくてなかなか美味しいと思う。

そしてナムプリックは、一言で言うとタイ風ディップ(つけだれ)。タイのサルサソースみたいなものかな〜?
野菜や魚にこのナムプリックをつけて、ごはんと一緒に食べるのが、タイの昔ながらの家庭料理スタイル。
日本で言う「粗食」にあたるタイ料理が、これかもしれない。

市場やフードコートなどに行くと、よくナムプリック専門のお店がある。
ナムプリック専門店では、どのお店でも数種類のナムプリックを売っていて好きなものを選べる。
野菜や魚も、好きな種類を好きなだけ選んで買う。

ナムプリックは基本の材料はにんにく・唐辛子・カピ(えびみそ)・ナンプラーで、それらにさまざまな食材を加え、そのまま食べたり加熱したりして作る。
それぞれの家庭、地方、お店によってレシピが様々あって、とても奥が深い食べ物らしい。

辛さはさまざまだけど、基本的には日本人にとってはかなり辛く感じるものが多い。
でも、魚風味でスパイシーでコクがあって、辛いものが好きな人なら日本人の味覚にもかなり合うんじゃないかなと思う。実際、私は大好き。
白いごはんに、軽く湯通しした葉野菜とほぐした魚をのせて、ナムプリックをかけて、さらに日本の醤油をちょっとだけ足すのが私がハマってる食べ方 (*´∇`*)

脂分は少ないし、魚と野菜をたっぷり食べられるので、非常にヘルシーなメニューだと思う。
タイの人たちは、このナムプリックやソムタム(パパイヤサラダ)なんかをよく食べているから、太らない人が多いんだろうな〜

私も、炒めものだのカレーだの油や糖分が多い料理をやめて、かわりにこれを毎日食べたら、きっと健康的にダイエットができるような気がする!
うーーんでも、そもそも白いごはんがあまり好きではない私には、ちょっと難しい話だけど……