日本人にとっては逆に新鮮かも(?)タイ流日本食レストランSUKISHI【タイ・プーケット】

Pocket

sukishi

日本にはたくさんのチェーンレストランがあるけど、タイにもタイスキで有名な「MK」など、タイ発のチェーンレストランがいろいろとある。
今回紹介するのは、数年前から急激に店舗数を増やしていて、タイ在住者の方にはすっかりおなじみの存在になっていると思われる、食べ放題レストラン「sukishi(スキシ)」
名前の由来は多分、「すきやき+寿司」。

もう1年ぐらい前のことだけど、はじめてこのお店に来た時は、なかなか衝撃的だった。

「お寿司が食べ放題の、リーズナブルな日本食レストランが新しくできたよ!」
と友達に勧められて、プーケットのTesco Lotus内にある店舗へ。
お店の前には、なぜか韓国の民族衣装のチマチョゴリを着たタイ人女性が立っていて、ものすごい違和感。
一瞬入るのやめようかと躊躇したけど、とりあえず店内に入ってみてまず目に飛び込んできたのは、くるくる回るコンベアーに載せられたたくさんの小皿。

「やったー!回転寿司だ!」
と思ってよくよく皿の上に載せられたものを見てみると、様子がおかしい。

sukishi

生の白菜、生の肉、素のうどん…… 鍋の具材が回っている

勧めてくれた友人いわく、sukishiではスキヤキ鍋が食べ放題とのこと。
具はコンベアーの上から好きなものを選んで取り放題で、スープは鶏ガラスープ、トムヤムクン風味、イェンタフォー風味(腐乳が入った酸っぱいスープ)などの数種類の中から2種類選べる。
そしてスープで煮た具材は、タイスキのタレにつけて食べる。

……って、スキヤキでも日本食でもないじゃん!! 

タイの人はこういう鍋のことを総称して「スキ」と呼び、「スキ」が日本食だと思ってる人もときどきいる。
日本の本当のスキヤキを食べさせたら、カルチャーショックを受けるかも。

具材が回転してるのはわかったけど、じゃあお寿司は一体どこに?と思ったら、回らない寿司のコーナーが店内の一角にあった。

sukishi

写真にはとらなかったけど、寿司だけじゃなく、天ぷらや餃子などのおかずも置いてあった。
このコーナーは、まぁかろうじて日本食と呼べるかな……。

タイのお寿司はたいていかなりちっちゃくて、巻きずしとかは日本の2/3ぐらいの大き。そしてカラフルで可愛い。
でも使われている魚は、9割がサーモン。マグロは生臭いとかで人気がないみたい。
でもそれは、本当に美味しいマグロがタイにはないからだろうな〜 あっても、タイ人が気軽に手が出せる値段ではないんだろうと思う。

お寿司の味は、特別美味しくもなくかといってまずくもなく。多分タイでは普通のレベルかなと思う。
でも、タイスキ鍋はなかなか美味しい。
タイスキ鍋の有名チェーン店の「MKスキ」ではスープは1種類しかないけど、こちらはいろんな味が楽しめるし。
特にトムヤムクンスープの鍋は、けっこうお気に入り。

全部食べ放題で300バーツちょい(1,000円前後)、だったかな?
チェーン店だけど地方によって価格が違うらしくて、物価の高いプーケットは他の地方と比べるとちょっと高いみたい。
でも、日本食レストランってたいがい高いので、それを考えると確かにお得感のあるお店かなと思う。

<最後のおまけ。>

寿司コーナーの横に、肉まんや焼売などの蒸し物のケースがあったんだけど、そこに書いてあった文字が衝撃!

sukishi

「だんごむし」

言いたいことはなんとなくわかるけど、でもちがーう!!

↓sukishiがある「Tesco Lotus」の地図

大きな地図で見る

Pocket

日本人にとっては逆に新鮮かも(?)タイ流日本食レストランSUKISHI【タイ・プーケット】” への9件のコメント

  1. アハハ(笑)((o(^∇^)o))面白くてゲラゲラ笑っちゃた!!
    読みながら、やっぱPhuketだと思いました。日本は寒いからPhuketが懐かしい…(笑)(*^-^*)

    • miuさん、コメントありがとうございます。お返事がすごく遅くなってしまいましてごめんなさい。
      プーケットらしい、とうか、まさにタイって感じですよね (^_^;) 。不思議な日本語・不思議な日本食は、タイにいるとしょっちゅう見かけます。
      そうですよね、日本は真冬なんですよね……プーケットは毎日常夏状態なので、とても不思議な感じがします。
      これからますます気温も下がっていく季節になりますので、風邪を引かないよう、お体にはどうぞお気をつけ下さい。

  2. 団子蒸し…せめて蒸し団子にしてほしいな〜(笑)
    このお店、バンコクのどこかで見たことあります。『シャブシ』とかいうのもありません?初めて見たときは衝撃的でした。
    日本食=お寿司になってますが、肉じゃがとかきんぴらなどの、日本人が日常的に家庭で食べてるものって、広がりませんね〜
    すき焼きもしゃぶしゃぶもお寿司も、日本人にとっては特別な日に食べる料理で、そんなに毎日食べてないのに。

    • マナオさん、ありがとうございます。お返事がおそくなってごめんなさい。
      シャブシ、ありますね!私はまだ行ったことありませんが、多分このスキシと同じような感じなのではと思います。スキシ、シャブシ以外にも、類似の日本食ビュッフェレストランが続々とできているみたいです。
      たしかに、日本食の場合は特別なものだけが外国に浸透してる感じですよね。タイ料理やイタリア料理は、現地の人も普通に食べているものがほとんどだと思うんですが。
      でも最近は、タイでも大戸屋なんかが人気だったりして、日本の素朴な家庭料理の人気も少しずつ広がっていってきているのかなーと思います。

  3. MKにはいったことがありますが、こちらの鍋の具が回っているというのは
    斬新ですね。グアムに行ったときに「回転焼肉」という看板を見かけたときは
    寿司のように肉が回っているのかなという程度の認識でしたが斬新さは
    こちらのほうが上ですね

    海外ではやはり日本と韓国、中国が区別されていないケースは多いですね
    日本食と言われてチマチョゴリを着た女性が出てきたらやはり引いてしまい
    ますよね。とは言っても大抵の日本人もタイ人、ミャンマー人、ラオス人
    ベトナム人なんて区別つかない人がほとんどでしょうし、仕方がないのかも
    しれませんね。

    回転していないお寿司も見た目はなんか微妙な感じがします。
    イサーンの市場で寿司が売っているのを見たことがありますが
    日本人的感覚からすると、食べてみたいと思わせるものは
    ありませんでしたが、似たような感じに見えます

    「だんごむし」ですか(笑)
    大阪人が「イカ焼き」と「焼きイカ」を明確に区別しているという話が
    ありますが、この場合はそれ以上の違いが発生してしまいますね

    • 鍋の具回転のアイディアには、本当にびっくりしました。
      チマチョゴリについては……欧米の国なら仕方ないかもと思うのですが、同じアジアのタイ人ならもう少しちゃんと認識してるものと思ってました ( ´ ▽ ` ;)。
      もしかしたらタイの場合は、区別がついていないのではなくて、まぁ似たようなものだからどっちでもいいやっていう感覚なのかもしれません。

      タイの市場で売られているお寿司は、私も怖くて手をつけたことがありません。
      スキシのお寿司は、見た目は異常にカラフルですけど、市場のものと違って新鮮ですし味付けもそこそこちゃんとしていて、普通に食べられますよ^^。

      「だんごむし」のミステイクが発生した理由は、やっぱりタイ語と日本語の語順の違いのせいでしょうね〜 タイは主語+修飾語の順なので。こんな風に堂々と表記してしまう前に少しは調べればいいのに、っていつも思うのですが、日本も変な英語が書かれた商品が氾濫してる国なので、人のこと言えないですね。
      「イカ焼き」と「焼きイカ」に違いがあるなんて知りませんでした。今度調べてみます♪

      • 大阪では「焼きイカ」というとイカを、そのまま焼いたものを指しますが
        「イカ焼き」というと、小麦粉にイカのすり身を混ぜて焼いた粉もの料理です。
        姿は ↓ こんな感じ

        http://img5.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/06/3c/specialweek010813/folder/1499422/img_1499422_55182680_0

        梅田駅前の阪神百貨店のお店が有名で、私も大阪に住んでいた時は
        よく食べていました。冷凍したものも売っていてお取り寄せも
        できるのですがやはりお店で焼き立てを食べるのが美味しいです

        • こんにちは。こちらの返信コメントを見落としていました。お返事が遅くなってしまってごめんなさい。
          「焼きイカ」と「イカ焼き」の違い、そうだったんですね〜 というか「イカ焼き」の存在を知りませんでした。
          リンク先の写真はなぜか見れなかったのですが、説明だけ聞くと、お好み焼きみたいで美味しそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>