ミャンマー独特の化粧法、タナカ [ミャンマー・バガン]

Pocket

バガンに住むミャンマー女性や子供の多くは、頬や鼻筋を真っ白な何かで塗りたくっている。

これは、タナカと呼ばれるミャンマー独特の化粧法。

タナカは、木の樹皮をすりおろした粉で、水に溶いて顔に塗る。
肌に優しく、日焼けから守ってくれるらしい。

木の状態で市場などで売られているようだけど、粉の状態で製品化されているものもあり、タナカ化粧品のテレビCMも、目にしたことがある。
それにしても「タナカ」って……日本人には親近感がわく名前だなー。

写真はどれもバガンで撮ったものだけど、ヤンゴンのような都会でも、タナカ人気は根強い。
オシャレに気を使っていそうな若い女性は、さすがに普通の化粧をしている人が多かったけど、タナカで化粧している年配の女性や子供を、ヤンゴンでもよく見かけた。

普通のファンデーションにも、紫外線を防ぐ機能はあるわけだけど。
それにタナカって、元の顔をより良く見せる役割は果たしていないし。
それでも、ミャンマーの女性は、伝統的なタナカの方がお気に入りらしい。
単に安いから、っていうのもあるかもしれないけど。

ミャンマー人は、男性にしても、ジーンズより民族衣装のロンジーをはいている人の方が多い。
ガムじゃなくて昔ながらの噛みタバコをかんで、口の中を真っ赤にしていたり。
外国から入ってくるものを何でもかんでも取り入れるんじゃ無く、 伝統的なものをすごく大切にしているんだなー、という印象を受けた。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>