人懐っこくて好奇心いっぱい、可愛らしいミャンマーの子供たち[ミャンマー・バガン]

Pocket

bagan 2  人懐っこくて好奇心いっぱい、可愛らしいミャンマーの子供たち[ミャンマー・バガン]

散々な目に合った、ポッパ山のツアー。
でも、これに参加したおかげで、ニコールというドイツ人女性と親しくなった。
ツアーが終わって宿に戻ったあと、ニコールの案内で、ホテルから徒歩圏内にある、寺院の遺跡を訪ねることになった。

その遺跡は、住宅地に囲まれていて、観光客はなかなか気が付きにくい場所にある。
ニコールとおしゃべりをしながら、寺院を目指して路地を歩いていたとき。
いつからか、小学校高学年か中学生くらいの女の子がふたり、私たちの後をつけて来ていることに気がついた。

私たちが振り向くと、二人は満面の笑みを浮かべて、
「ミンガラバ! ミンガラバ!(=こんにちは) 」と駆け寄って来た。
私とニコールが「ミンガラバ」と返事をすると、キャーキャーと喜んだ。

女の子たちは、私たちを先導して、遺跡の中へ案内してくれた。
いつのまにか、友達らしき男の子たちも合流して、一緒に遺跡の中を探検。
「写真撮っても良いかな?」とカメラを見せると、またまた、歓声を上げた。

そして、遺跡のいろんな場所に立って、いろんな角度から写真撮影会。
言葉は全然通じないんだけど、子供たちはどの子もとても人懐っこく、 明るく元気で本当に可愛らしかった。

bagan 2  人懐っこくて好奇心いっぱい、可愛らしいミャンマーの子供たち[ミャンマー・バガン]

遺跡で遊んでいるうちに、すっかり暗くなって来たので、子供たちは「バイバーイ」と言いながら、バラバラの方向に帰って行った。
なんか、懐かしい感覚だなぁ〜。秘密基地みたいな場所で遊んで、暗くなってきたらバイバイ。
私もひさしぶりに、ちょっぴり子供の頃に戻ったような気持ちになった。

ニコールは、
「ミャンマーの人たちって、子供たちもそうだけど、みんな本当にフレンドリーよね。どこに行っても、こうやって声をかけてくれるじゃない?」と言った。

その言葉で気がついた。
そういえば、ニコールと二人で歩いていると、たしかに子供たちだけじゃなく、大人たちも好奇心の目を向けてくるし、たくさんの人たちが親しげに挨拶をしてくる。
私がひとりでいるときと、ミャンマー人たちの反応が全然違う。

そうか、ニコールのブロンドの髪と白い肌が、ミャンマーの人たちの興味を引いて、好感をもたれているんだな〜
一方の私は、道を歩いていても、あいさつされたり視線を投げかけられたりすることは、あまり無かった気がする。

たまに話しかけられても、「あなた、タイ人?ベトナム人?」とか言われたりするし。なんでやー!
そういえば、ポッパ山で、通りすがりに話しかけて来たおじさんから、
「あなた本当に日本人? 全然そう見えない。顔立ちも、肌の色も、体型まで、ミャンマー人そっくりだよ。」とか言われた。
自分ではどうなのか良く分からないけど、おじさんの言うことが本当なら、ミャンマーでは空気のように現地の風景に溶け込んでいたのかもしれない。

とにかく、ニコールと一緒にいてはじめて、フレンドリーで好奇心旺盛な、ミャンマーの人たちの違う一面を見ることができた。
多分、ニコールをはじめ白人の旅行者たちは、アジアのどこの国に行っても、こうして憧れの視線を向けられているんだろうな、と思う。

ちょっぴりうらやましいけど、それはそれできっと、うっとおしい思いをすることも多々あるんだろうな〜〜

<注>
写真の女の子たちの顔が白塗りなのは、「タナカ」というミャンマー独自の化粧をしているためです。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>