プーケット「ベジタリアン・フェスティバル」のパレード

Pocket

※注意! 刃物、血に弱い人は、画像を拡大しないで下さい!!

昨日、ついに行ってきた!!
プーケット「ベジタリアン・フェスティバル」の目玉イベント、神様たちの大パレード♪
事前にどういうものか知ってはいたけど、実際は、想像を遥かに超える衝撃的なものだった。

9日間のお祭りの期間中、一部の選ばれた人たちが、神様が憑依した「マーソン」となる。
パレードの主役は、このマーソンたち。

彼らは、いま神様になっているので、何だってできる。
その証明をするためなのか、一体なんなのか、さっぱり理由はわからないけれど、彼らの頬にはそれぞれ、いろんなものが貫通している。

串、ナイフ、針、といった尖りもの系は、基本中の基本。
中には、パラソル、おもちゃの銃、スコップ、釣り竿、トロンボーンなどの、刺すためのものじゃないモノを無理矢理差し込んでいる人も。
なんと、女性もけっこういた!!

失血で倒れないの? 破傷風になったりしないの?
そもそも、この炎天下の中、アスファルトの上をみんな平気で裸足で歩いてるし……
一体、何が起きているのか!?

みんな、ブツブツ何かをつぶやいていたり、たまに「アヒャーー!!」とかイミフな叫び声を上げたり。目が完全にイッている。
本当に、神様が憑依しているとしか思えない。普通の人間のなせる技じゃない。

とはいっても、まれに「お、俺は、もうダメだ……」みたいな感じでフラフラな人もいたけど。
救急車も1回出動してたし。(やっぱり!!)

ビックリしたのは、私はパレードを途中から見学し始めたのに、列が全部終わるまでなんと2時間以上かかったこと。
どこまでも、どこまでも、顔にいろんなモノを突き刺した人たちの行列が延々と続く。
どれだけの人が参加しているんだろう。数千人、数万人規模の大パレードだ。
しかも、これがフェスティバルの期間中、ほぼ毎日島のどこかで行われている。

マーソンたちは神様なので、パレードが通る道沿いにある会社の多くが、神様用の祭壇を用意していた。
そして、ときどきマーソンたちがその祭壇の前に立ち止まって、その会社のためにお祈りを捧げる。
たまに、お供えの果物を持ち去ったり、また、祭壇の周りに集まった人にふるまったりするマーソンもいた。

私は、そういった祭壇のそばで見学していたので、マーソンから全部で9つの美味しいミカンをいただくことができた。
一緒にいた友達は、パイナップルをもらっていた。いいな〜〜

マーソンたちの驚異的なパフォーマンスは、串刺しパレードだけじゃない。
燃えさかる炎の上を歩いたり、刃物でできたハシゴをのぼったりと、様々な「あり得ない」技を見せてくれるイベントも、連日開催される。

一昨日も、たまたま通りかかった空き地で、火渡りの準備をしていた。
しばらく見学していたんだけど、ゴーゴー燃える火があまりにすごくて、チキンな私は、本番を見るのが怖くて帰ってしまった。
ちなみに、刃物ハシゴでは、今年転落死が出たとか (ToT)……なぜ、みんなそんな無茶をする!?

そんなベジタリアン・フェスティバルも、明日で最終日。
ここ最近ずっと、町中がお祭りムードで盛り上がっていたので、終わってしまうのはちょっと寂しい。

Pocket

プーケット「ベジタリアン・フェスティバル」のパレード” への1件のコメント

  1. ピンバック: プーケット「ベジタリアン・フェスティバル2013」パレードやイベントのスケジュール | Phuket Diary

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>