プーケットのたこ焼き屋さん[タイ・プーケット]

Pocket

先日、うちのアパートのすぐ近くに、たこ焼き屋さんが新しくオープンしているのを発見!!
お店の名前は「こころ」。

たこ焼き屋さんなんて、バンコクの人たちには「ふーん」て感じで、珍しく無いのかもしれないけど。
うちの近所は、外国人はほとんど立ち寄ることの無い、ローカルタイ人向けの住宅地。
タイ料理の安食堂はたくさんあるけど、イタリアンも中華もないし、マクドナルドすら無いところ。

「たこ焼き」の看板がはじめて目に入ったとき、「うそ〜、マジでぇ〜!?」って飛び上がって喜びそうになった。
夕ご飯に、市場でおかずを買おうと思っていたのをとりやめて、早速お店に入ってみる。

日本人も働いてるかな〜?と期待したけど、スタッフはみんなタイ人だった。
カウンターで注文しようとすると、
「まず、たこ焼きの具を選んで下さい」と言われた。

メニュー見ると、何種類かの具が書いてある。
たこ焼きなので当然「タコ」、そして「エビ」、さらに「チーズ」などなど……

たこ焼き屋さんなのに、タコ以外の具が選べると!?
大丈夫か、このお店……(´∀`;)
と、最初は心配したけれども。

運ばれて来たたこ焼きを一口食べて、再び嬉しさで飛び上がりそうになった。
外側はカリっとしていて、中はふわふわ、とろ〜り。
美味しいっっ!

 

プーケットに来てから今まで、いろんな日本食レストランでたこ焼きを食べて来たけど、その度にガッカリしていた。
毎回、明らかに冷凍物(しかもイマイチの部類の)と分かる味だったから。

でも、このたこ焼き屋さんは、ちゃんと全部一から作って、本格的なたこ焼き器で焼いている。
しかも、ソース、紅ショウガ、マヨネーズ、青のり、すべてがちゃんと日本の味!
どっちかといえば、「銀だこ」に近いタイプかな〜、と思う。
外側を、たっぷりの油で揚げてカリッとさせているような感じ。

関西の人が食べたら、「こんなんたこ焼き違う」とか思うかもしれないけど、私はとても美味しいと思った。
日本にいても、近所にあったら普通に買いに行くレベル。
一緒に注文した抹茶ドリンクは、「かき氷抹茶シロップの味で、ちょっと残念な感じだったけど……

心配なのは、こんなローカルなエリアに作ってしまって、流行るのかな〜、ってこと。
お値段は、たこ焼き6個+抹茶ドリンクで、99バーツ(約300円)。
45バーツで、タイ風チャーハンをお腹いっぱい食べられるようなお店に囲まれているので、ちょっとお高く感じてしまう。

この日の客入りは、半分ぐらいの席が埋まっていてまあまあだったけど。
完全日本人好みの味の食べ物が、タイ人にも好まれるかどうか……
タイ人が高いお金を出して買ってくれるかどうか……心配。

どうか、つぶれないで〜〜 いっぱい買いに行くから!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>