プーケットの中華料理屋さん

Pocket

ベジタリアン・フェスティバル期間真っただ中の今、プーケットでは、どこに行っても中国語が書かれた黄色い旗が無数に掲げられている。
漢字を見ていると、だんだん、中華料理が食べたくてしょうがなくなってきた。
「菜食の誓い」? なにそれ。知らないな〜。

というわけで行って来た、プーケットタウンの「台湾小吃」。
現地在住の日本人の方が、ブログで紹介していたお店だ。
日本人の方が美味しいと言うのだから、きっと私の口にも合うはずと思って行ってみた。

そうしたら、当たりだった!!
日本の、町の中華屋さんで食べるような、昔ながらの優しい中華の味。
特に麻婆豆腐が、辛さ控えめで日本人好みのマイルドな味付けで、美味しかった。

ほとんどの料理が、一品50〜100バーツ(日本円で約125円〜250円程度)とやたら安いので、きっと量が少ないんだろうと思って、麻婆豆腐、酢豚、空心菜炒め、ラーメン、と4品注文したら、1品1品やたら量が多くて、二人ではとても食べきれなかった。
なので、手をつけられなかった酢豚はお持ち帰り。

こんな安いお値段で、美味しい中華がお腹いっぱい食べられる♪♪
絶対また来よ〜っと。

一緒に来た友人は、「中華料理あんまり食べたこと無い」って言ってたので、
口に合うか心配だったけど、実際食べてみたら、友人の方が「美味しい、美味しい」ってがっついていた。

そういえば、プーケットに住み始めてから、和食やイタリアンはよく食べていたけど、中華料理は一回も食べたことが無かった。
タイ料理は、中華料理の影響も少し受けているので、中華料理に良く似た味付けの料理も多い。
でも、やっぱり中華料理は、タイ料理とはまた違った美味しさがあるなーと思った。

ちょっと気になったのは、店に入って席に着いたあと、私は一言も言葉を発していないのに、店員さんが持って来たメニューは、中国語&韓国語で書かれていたものだった。
読めんし!
日本語のメニューをお願いします、と言ったら持って来てくれたけど、2ページだけの手書きのメニュー。

中国語&韓国語は、きちんと印刷された、10ページほどある豪華メニューだったのに。

最近は、めっきり日本人観光客が減っていて、プーケットで見かけるアジア人は中国人か韓国人ばかりらしい。
日本語メニューの物寂しさが、時代の変化を物語っていた。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>