出稼ぎミャンマー人たちの過酷な生活[タイ・プーケット]

Pocket

プーケットは、いま続々とリゾート開発が進んでいて、ホテルやコンドミニアムの建設ラッシュ。
そういった建設現場で働く人々の中には、出稼ぎのミャンマー人が多いらしい。

朝の通勤時間帯、プーケットの町中でしゅっちゅう目にする、荷台にぎゅうぎゅう詰めにたくさんの人を乗せた大型トラック。
これは、そういった出稼ぎ労働者の人たちを、居住施設から建築現場へと運んでいるところらしい。

プーケットに来たばかりのころは、この光景に本当にビックリしていた。
「タイの人は、あんな風にトラックの荷台にいっぱい人を乗せて危ないね〜。日本だったら逮捕されるよ」
と、何気なくタイ人の友達に言ってみたら、友達は、
「あれはタイ人じゃないよ。みんなミャンマー人だよ」と、キッパリとした口調で返してきた。

『一緒にしないで』
っていう心の声が、伝わってきた。

どうもタイでは、タイより貧しいミャンマーの人々に対して、少し差別意識があるみたい。
どこの国でも、こういう感覚ってあるんだな。
こういうことに関しては、日本人は大きなこと言えない……

さて、先週のことだけど、そんな出稼ぎミャンマー人たちの現実が垣間見える、ちょっとした事件を目撃した。

語学学校で授業を終えて、同じクラスの生徒さんたちと、学校の入り口付近でおしゃべりをしていたときのこと。
突然、学校の横の細い裏道から、たくさんの人々が現れ、正面の道路を横断し、反対側にある林の中に続々と消えて行った。
林へと入って行く人々の行列は、どこまでも続く。
100人はいたのではと思う。みんなあわてている様子だった。

普段このあたりは、ほとんど人通りが無い場所。
なんで急にこんなに人が? 一体どこから?
一体何が起きているのかと思っていたら、語学学校の先生の一人が、
「学校の裏にある集落に住む、不法就労のミャンマー人だよ。警察が見回りにきて逃げているんじゃない?」
と教えてくれた。

しばらくすると、あとから追いかけて来たと思われる警察がひとり、林の中へ走って行った。
「やばい、警察来ちゃった! 早く逃げて〜!!」と先生たち。

どうやら、警察につかまってしまうと、3500バーツ(約12,000円)の罰金を払わないといけないらしい。
先生たちの話によると、彼らのお給料は、日給で150バーツ(約500円)ぐらい。
そんなに安いなんて……日々の生活費分を考えると、3500バーツも払えるはずがない。
捕まってしまったら、きっと強制送還だろう。

こういった出稼ぎ労働者たちの多くは、ほったて小屋のようなボロい集合住宅に住んでいる。
以前、朝の散歩中にそれらしき集落に迷い込んだときがあるんだけど、床は粗末な板張り、入り口には布カーテン。天井も板一枚で隙間だらけだった。
スコールが降ったら、眠ることもできないんじゃないだろうか。

そんな家で生活をしながら、過酷な労働に耐えて、さらに警察に捕まる心配をしないといけない。
本当に、崖っぷちの生活なんだな……

私の周りにいるタイ人たちは、日本人とさほど変わらない生活をしている、比較的裕福な人ばかり。
だから普段はあまり実感できないけど、やっぱりこういった過酷な暮らしをしている人たちも、たくさんいる。
これもタイの現実なんだなー、と思った。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>