麺無しタイ屋台ヌードル「ガオラオ」とは?

Pocket

タイの屋台で食べられる名物麺類といえば、「クイッティアオ」。
(日本語で表記するの難しい……)
毎日でも食べられる、私の大好きなタイ料理のひとつ (*´∇`*)

クイッティアオの麺は多くの場合、米から作られる太・中・細の3段階の太さの麺と、小麦粉でできた中華麺の4種類があり、その中から好きなものを選んで注文する。
スープはお店によって様々な種類があって、鶏ダシのクリアなすまし汁風味のものもあれば、牛肉などを煮込んだこってり系、漢方風味系、豚の生き血を入れたスープなんていうものもある。
基本的に具はたっぷり、野菜やお肉、練り物などがこれでもかと入っている。

日本のラーメンと同じ、温かいスープに麺を入れるのが基本だけど、「スープ無し」というのも注文できる。
お店にもよるんだけど、私はもしかしたらスープ無しの方が好きかもしれない。
「スープ無し」とはいっても、少しだけ底の方にスープが入っていて、たくさんの野菜と一緒に混ぜ混ぜして食べる。
バテそうな暑い昼間にはピッタリの食べ方。思い出しただけでお腹がすいてくる〜〜

さらに、クイッティアオは「スープ無し」だけじゃなく、なんと「麺無し」という注文もできる。

それじゃクイッティアオ屋さんに来る意味ないじゃん!って最初は思ったけど、麺無しの場合は、具を普通よりもたくさん入れて、ごはんと一緒に食べるのが主流らしい。
この麺無しクイッティアオは、「ガオラオ」と呼ばれている。

実は今私がやっているタイの王女様のダイエットの、3日目のランチのメニューが、このガオラオだった。
⇒詳しくはこちら「タイ美人のようになれる? タイ王女様のタイ式ダイエットに今日から挑戦!

もともとごはんより麺が好きな私は、これまでガオラオを食べる機会がなかったので、今回はじめての注文♪

アパートの隣の隣のクイッティアオ屋さんで、「ガオラオ・ルークチン・ムー(豚肉団子のガオラオ)」をお持ち帰りで購入。

gaorao2

お持ち帰りの場合は、こういう風にビニール袋にスープを入れるのがタイの定番。
麺ありの場合は、湯切りした麺入りの袋が別につけられる。

家に帰って器に入れて、ではいただきま〜す♪♪

gaorao

シャキシャキの葉野菜、大きめの大根は柔らかく、スープの味がよくしみ込んでいる。
肉団子がたくさん入っているおかげで、ごはんなしでもこれだけで結構お腹いっぱい。

ダイエット3日目の栄養補給にはちょうど良い料理だった。ごちそうさまでした〜( ´ ▽ ` )ノ

Pocket

麺無しタイ屋台ヌードル「ガオラオ」とは?” への2件のコメント

  1. 私はクイティアオ ヘーンをセンレックでお願いするのが好きです。
    日本にあるタイ料理屋さんではあまり食べる機会がないんですよね。

    タイではこうしてビニールに入れられたおかずが沢山売っていますね。
    最初は熱でビニールが溶けたりしないんだろうかと心配になりましたが
    猫舌のタイ人は熱々という料理にはしませんから、こういうビニールでも
    問題ないんでしょうね。

    • 私も、クイッティアオはヘーン(汁なし)でセンレック(細麺)で食べるのが一番好きです^^! 汁ありの気分のときは、なぜかバミー(中華麺)を選ぶことが多いです。
      おかずをビニールにそのまま入れるのって、最初はとてもビックリしてました。でも、合理的といえば合理的ですよね。使った後はそのまま生ゴミ袋にもなるし。
      そういえば、今回のスープ持ち帰りのときは熱々のスープをそのまんまビニールに注いでいたので、意外とこのビニールは丈夫なようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>