世界中から集められた美しい貝殻の数々♪ タイ・プーケット南部の貝殻博物館(シーシェル・ミュージアム)へ

Pocket

シーシェルミュージアム

プーケット南部、ラワイビーチの近くに貝殻博物館シーシェル・ミュージアム)というスポットがある。
なんでも、博物館オーナーのソムチャイさんという方が、何十年もかけて世界中から集めた2000種類もの貝殻を展示しているらしい。

プーケットのガイドブックにも載っていることが多いので、どのような感じなのか見てみようと、先日なんとなく行ってみた。
そして、思い出した。

……自分が貝殻にはまったく興味がなかったことを。

博物館内にはたくさんの貝殻が並べられていたけど、本当にただ種類ごとに陳列されているだけ。
日本の博物館のように、何やらボタンを押すと展示物に何らかのアクションが起きたりするとか、そういう工夫は一切ない。
英語とタイ語による簡単な説明文が書いてあるだけ。

私のように興味がない人間にとっては、さほどおもしろいスポットではないかも……、というのが正直な感想。
ソムチャイさんの数十年にも渡る血と汗と涙の結晶の価値がまったく分からなかったし、たった200バーツの入場料も少し高いなーとか思ってしまった。
だけど、貝殻が好きな人や多少知識がある人にとっては、もしかしたらとてつもなく素晴らしい場所なのかもしれない!

興味がある方のために、以下、博物館の様子を少しだけご紹介。

建物の外観はかなり立派で目立っているんだけど、中に入ると案外とこじんまりしている。
ゆっくりと時間をかけて観覧しても、20分ぐらいで見終わるぐらいの大きさ。

シーシェルミュージアム

シーシェルミュージアム

見たことのない、めずらしい貝殻・美しい貝殻がいっぱい。

シーシェルミュージアム

シーシェルミュージアム

アコヤ貝などの巨大貝殻や貝殻の化石などもある。

シーシェルミュージアム

シーシェルミュージアム

展示品の中で一番多かったのは、産地の異なる同じ種類の貝を集めたもの。
海は全世界でつながっているので、同じ種類の貝が世界各地に分布している。
だけど、見た目や大きさは地域によって微妙に異なる。
その様子が良く分かる展示になっている。

シーシェルミュージアム

シーシェルミュージアム

私のような貝殻に関しての知識がまったく無い者にとっても、とても勉強になる内容ではあった。
この近くのエリアに来ることがあれば、ついでに立ち寄ってみる価値はあるのでは、と思う。


貝殻博物館(Seashell museum)の地図

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>