映画「ザ・ビーチ」の舞台になったピピ島に1泊旅行【タイ・プーケット】

Pocket

ピピ島

もう数ヶ月前の話だけど、タイ南部のリゾート地ピピ島に1泊旅行に行ってきた。
ピピ島は、レオナルド・ディカプリオ主演の映画「ザ・ビーチ」のロケ地になったことで有名になった島。
プーケットからはフェリーで2時間ぐらいの距離。

プーケットからピピ島に行く方法は様々あるけど、プーケットに滞在している観光客は、1日ツアーを利用していくことが多いのではと思う。
私も、過去に日帰りで2回行ったことがあるので、今回が3度目。
でも個人的には、ピピ島は日帰りで遊びに行くタイプのスポットではなく、のんびり数日ほど滞在するのが一番の楽しみ方、のような気がしていた。

エメラルドグリーンの海を見ながらのんびりとビーチでくつろいだり、夜は繁華街のオシャレなバーに行ってみたり……
なんていろいろと想像してすごく楽しみにしていた旅行だったけど、滞在2日間の天気が、、、壊滅的 。・゚・(ノД`)・゚・。
最初から最後までどんより天気で、雨が降りっぱなしだった。
雨が降ると、海は濁るし街歩きも楽しめない。
天気が悪い時のビーチリゾート滞在は、その価値が20%ぐらいに落ち込むと思う。
こればっかりは運なので仕方ないけど、本当に残念〜〜

それでもいろいろと楽しいことがあったピピ島滞在、次回の記事から2回ぐらいに分けて紹介します。

ちなみに今回の旅行では、船着場までの送迎と往復フェリーがセットになったチケットを旅行代理店で購入、800バーツ。
プーケットはタクシー代が高くて、パトンビーチから船着場までのタクシー代だけで500バーツ以上はするし、フェリー往復チケットがたしか1,000バーツぐらいだったので、こういうセットチケットを買っていくのが断然お得だと思う。

こちらの代理店さんで購入させていただきました。
ブルーアイランド プーケット


<おまけ情報>
1日ツアーで行くなら、フェリー利用のツアーよりもスピードボート利用のツアーの方がいろんな場所を回ってくれるので断然おすすめ。
フェリー利用のツアーは、映画のロケ地になったビーチに上陸しないです。

Pocket

映画「ザ・ビーチ」の舞台になったピピ島に1泊旅行【タイ・プーケット】” への4件のコメント

  1. ピピ島!記事楽しそうですね、期待してます~(*^-^*)
    以前のピピ島の記事を読み返してみたのですが、海の色が全然違いますね。
    ビーチリゾートは、天気に左右されるのが厳しいです(ToT)

    • ゆ。さん、こんにちは。
      そうなんですよ!前回訪れた時と今回とでは、全然海の綺麗さが違ってました。
      前回はシミラン島に匹敵するぐらいの感動があったんですけどねー。残念です。
      でもピピ島の雰囲気は好きなので、また機会があればゆっくりと滞在してみたいです。

  2. 日本人は休暇が短いので、こういうところでのんびり過ごすという
    ことをしているのはファランの滞在者が多いですね。でもこういう
    何もせずにぼーっと過ごすというのは良いですよ。私はタイではあり
    ませんが、バリ島ではAll inclusive のプランで宿泊し1週間ホテルから
    出ずに過ごすということを良くしていました。

    それにしてもせっかくのんびりしようと行ったにもかかわらず雨だった
    とは残念ですね。ソンクラーンも終わりそろそろタイも雨季に入りますが
    そんなことも影響したんでしょうかね

    そういえば以前の記事を読んでTSUTAYAで借りた「ザ・ビーチ」の
    DVDがそのままになっています。今度の週末にでも見ないと・・・

    • ま〜くさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
      そうですよね、日本人の場合はこういうところでゆっくり何日も滞在するのは難しいかもしれません。だからみんな1日ツアーを利用して訪れるしかないのだと思います。
      オールインクルーシブでバリ島に1週間なんて、優雅で素敵ですね〜。私も、いつかはそういった贅沢な旅行をやってみたいです。今までの人生、あわただしい短期滞在か貧乏節約旅行しか経験が無いので…… バリ島もいつか行ってみたいです。行きたいところややってみたい旅がたくさんありすぎて、お金も時間も足りません(^ ^:
      悪天候については、実はこのピピ島滞在、最近のことではなくて昨年の話なんです。乾季の始め頃で、ときどき天気が不安定になって雨が続くことがあります。
      「ザ・ビーチ」は人によって評価はわかれますが、私はとてもおもしろいと思います。タイの風景がたくさん楽しめますし!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>