のんびりとピピ島(ピピ・ドン島)を散策。ビーチと高台のビューポイントへ。【タイ・ピピ島】

Pocket

プーケットからフェリーで2時間ほどの距離にある、美しいビーチが魅力のリゾートアイランド「ピピ島」。
ピピ島と呼ばれる島は実は2つあって、映画「ザ・ビーチ」の舞台で有名になったのはピピ・レイ島という小さな無人島。
もう一方のピピ・ドン島はピピ・レイ島のすぐそばにある比較的大きな島で、観光客はみんなこちらの島に滞在する。

ピピ・ドン島の船着場付近のエリアは小さな繁華街になっていて、たくさんのおみやげ屋さんやオシャレなレストランが観光客をお迎えする。

ピピ島

船着場付近のビーチ。今回は悪天候のため海があんまり綺麗じゃなかった。

ピピ島

こちら(↓)2年前行ったときの同じビーチ。全然色が違う〜〜

ピピ島の、船着き場近くのビーチ。エメラルドグリーン!!

ピピ島は、完全観光客向けのリゾート地なのかと思うと、そうでもない。
島内を歩きまわってみると、ローカルの人々ののんびりとした生活の様子が伺えるような場所もたくさんある。
船着場周辺から少し離れて、ゲストハウスや民家が立ち並ぶ静かなエリアに入ると、漂う雰囲気がどことなく日本の海沿いの町っぽい空気感があって、なんだか懐かしい感じ。
リゾート地のオシャレさとのどかな海の町の風情が混ざり合ったピピ島の雰囲気は、プーケットとはまた少し違っていて、私はけっこう好きかも。

ピピ・ドン島の中心付近は両側から湾が深く入り込んでいるので、一方の湾から反対側の湾までとても近い。
船着場付近のビーチから徒歩5分ぐらいで、島の反対側のビーチにたどり着く。
反対側のビーチは、船着場のビーチよりも緑色で少し濁っていた。

ピピ島

おかしいな〜、前回来たときは、むしろこちらの海の方がブルーに近くて透き通っていて本当に綺麗だったのに。(↓前回の写真)
海の美しさって本当に天候に左右されるんだなー。

phuket islands  のんびりとピピ島(ピピ・ドン島)を散策。ビーチと高台のビューポイントへ。【タイ・ピピ島】

ピピ・ドン島内にはこれといった観光スポットは無いんだけど、船着場の繁華街から少し外れた場所に、見晴らし台(ビューポイント)がある。
ピピ・ドン島には高い山が見当たらないので、この見晴し台に行くのも、きっとたいした距離と高さではないだろう、と勝手に思っていた。

完全に油断して1泊分の荷物を背負いながら行ってみたら、思っていたよりもはるかにハードな階段登り!
傾斜の激しい階段が、休憩ポイントもほとんどなく延々と延々と続く。
普段から身体を動かしている人なら平気かもしれないけど、そうではない人には相当きつい。
重い荷物のせいもあったかもしれないけど、私には金毘羅さんよりもはるかにヘビーに感じた。

そうして辿り着いた見晴らし台。
「ピピ・ビューポイント1」と書いてある。

img23

どうやら「ビューポイント2」がまだこの先にあったようだけど、そこまで行く体力はもう残っていなかった。

見晴らし台からは、船着場のビーチとその反対側の湾のビーチの両方を見ることができる。
こうしてみると、2つのビーチは本当に近いんだなー。
美しい景色に、階段登りの疲れも吹っ飛ぶ。

ピピ島

ピピ島

今回で3度目のピピ島訪問、1つだけ、ちょっと以前とは雰囲気が変わったなーと思ったことがあった。
それは、中国人観光客の多さ。
2年前に来たときはほとんど見かけなかったのに、ここ数年で急激に増えたっぽい。

つい最近見たネットのニュースで、「ザ・ビーチ」の舞台の島ピピ・レイ島が、中国人観光客が殺到したことによってビーチの汚染が深刻になっていると報じていた。
記事の写真では、島の小さなビーチがたくさんの中国人観光客で埋め尽くされている様子が写されていて、海の色は映画の中で見た美しさではなくなっていた。

ピピ・ドン島の海の濁りも、もしかして天気のせいじゃなくて観光客が増えたせいなんだろうか……?
プーケットも、昔と比べると海の色がきれいじゃなくなっているらしいし。
プーケットはもう仕方ないとして、ピピ島は、観光客の数を制限したりゴミ捨てを厳しく取り締まったりして、自然保護にもっと努めていくべきなんじゃないかなー。
このままだと、本来の美しさや魅力が失われてしまう (´;ω;`)

Pocket

のんびりとピピ島(ピピ・ドン島)を散策。ビーチと高台のビューポイントへ。【タイ・ピピ島】” への2件のコメント

  1. 偏見的な言い方になるかもしれませんが中国人観光客が多くいる観光地って避けたい気持ちになってしまいます。すべての人がそうではないですが、やはりマナーの悪い人が多く気分を害することが少なくないです。上海万博の際に

     「パジャマで出かけないようにしましょう」
     「割り込みしないで列に並びましょう」
     「ごみを道端に捨てないようにしましょう」

    などと国がキャンペーンしなければならなかった国ですから、民度は世界標準に追いついていないです。私もバンコクで中国人観光客のマナーの悪さに眉をひそめる経験をしたことがあります。

    ビーチのイメージが強いピピ島ですが、こうした山間の観光ができる場所もあるのですね。やはりロングステイをしたら、様々な楽しみ方ができそうな場所ですね

    • こんにちはー、ま〜くさん!
      そうなんですよね、記事の中では書きませんでしたが、私もま〜くさんと同意見です。
      怒鳴るような大声を上げながら集団で歩く中国人団体観光客に遭遇すると、優雅なリゾートムードがなんとなく台無しにされた気分になります……。マナーの悪さのせいで、地元タイ人からもダントツに評判が悪いですね。タイの主要な観光地はどこも中国人でいっぱいなので、最近は中国人がいない場所を探すのが難しくなってきたような気がします。
      ピピ島は、山、というほどの高さの場所はないのですが、切り立った崖が特徴の小山が多くて海以外の景観も見応えがあると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>