プーケット・オールドタウン夜のライトアップ

Pocket

phuket town old town

プーケットオールドタウン周辺では、夜になると、多くの建物の軒先に中華風の提灯の明かりが灯る。
これがとても幻想的なので私は大好きで、ある晩、写真を撮りに行ってみた。

オールドタウンの中心地、タラン通りに行ってみると、なんか私が今まで思っていたのと様子が違う……?

phuket town old town

家々の窓が、ライトアップされてる!

しかも、時間の経過にともなって、少しずつ色が変化するようになっているみたい。

img6

phuket town old town

以前はこんなライトアップはなかったように思うんだけど? 
最近はじめたのか、それともたまたま私が今まで気が付かなかっただけなのか……

うーん、でも……

phuket town old town

こういう、提灯だけのライトアップの方が、雰囲気があって良かったような気がするな〜
なんかテーマパークのような感じになってしまったかも?
地元の人達はどう思ってるんだろう?

でも、色が刻々と変わっていくオールドタウンのライトアップ、他の場所では見られない光景だし、きれいなことには間違いない。
この通り沿いは、夜になるとほとんどのお店が閉まってしまうから、夜にここを訪れた観光客ががっかりしないようにとの配慮なのかも。

phuket town old town

というわけで、何回かに分けて紹介したオールドタウン散策記は、これが最終回♪
でも、オールドタウンはまだまだいろんな見どころや素敵なお店がたくさんあるので、またぼちぼちと紹介していければなーと思ってます。

Pocket

プーケット・オールドタウン夜のライトアップ” への2件のコメント

  1. 冒頭の写真の「千と千尋の神隠し」に出てきそうな提灯は
    中華テイストを感じますね。台湾の桃園国際空港にも同じような
    提灯が飾ってありますし、「千と千尋の神隠し」の舞台となった
    と言われる九份というところにも同じような提灯があったのを
    思いだしました。

    夜の建物のライトアップは日本人の感覚からすると、う~んと
    いったところだとおもいます。でもこういうライトアップも
    やはり華人的感覚のなせる技だと思います。
    上海の高速道路も地下鉄の通路も同じようなライトアップが
    されていたりします。
    日本人的には違和感ありありのライトアップですがトゥクトゥクの
    電飾を見ると意外と違和感を感じていないのかもしれませんね

    • なるほど、このライトアップは華人的感覚なんですね。なんか納得しました。
      提灯だけのほのかなライトアップなら風情があると思うのですが、七色に変化する明るいライトアップは現代的すぎて、私の目にはややミスマッチに感じました。綺麗なことは綺麗なんですけどね。
      最近プーケットは中国人観光客が本当に多いのですが、彼らはこのライトアップを喜んでいるかもしれないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>