映画「ザ・ビーチ」のロケに使われたプーケットタウンのホテル「オンオンホテル」

Pocket

img4

前回のブログで紹介した中国寺院より、少し東に行ったところに、「オンオンホテル(On On Hotel)」というゲストハウスがある。
ここは、レオナルド・ディカプリオ主演の「ザ・ビーチ」の撮影に使われたとして、有名になった場所だ。

前回のブログはこちら
プーケットタウン「オールドタウン(旧市街地)」を探検!おすすめスポット紹介 ★パンガー通り編★

ザ・ビーチ 特別編

ザ・ビーチ 特別編
価格:1,000円(税込、送料別)

(↑あらすじもちょっと書いてあります)

ザ・ビーチといえば、映画の中に登場する伝説の島として、ピピ島も撮影に使われている。
ピピ島は、プーケットから船で2時間ほどの沖合にあるリゾート地。
そしてこちらがロケ地となったピピ島のマヤ・ベイ。

5

マヤ・ベイは、ピピ島から出ている専用のツアーか、スピードボートのツアーに参加しないと上陸できないので、私はまだ行ったことがない。
でも、フェリーでプーケットからピピ島に向かうときに、必ずそばを通るので、写真のように遠巻きに見ることはできる。
エメラルドグリーンに光る海がとっても綺麗。いつか上陸してみたいな〜

さて、プーケットタウンのオンオンホテルは、映画の中で、バンコク市内(おそらくカオサンロード)のバックパッカー向けのゲストハウスとして、物語の最初の方で登場する。
いかにもカオサンロードの安宿といった風情で、ベッドひとつしか無いような殺風景なインテリア、ほこりっぽく傷んだ内壁。
ヤク漬けのヒッピーが隅っこでうずくまっていそうな、退廃的で陰鬱なムードを漂わせていた。……映画の中では。

こちらがオンオンホテルの入口。
どうも最近リフォームをしたらしく、外壁はきれいな白色に塗られている。

img1

中はどうなっているんだろう……今もやばそうな雰囲気なんだろうか?
と思っておそるおそる建物の中をのぞいてみたら、

img3

えっ………?

img2

意外と素敵かも

貿易港として栄えていた100年前のプーケットタウンに、タイムワープしたみたい。
奥の方には、明るい日差しが差し込む中庭が見える。
中庭を取り囲むように客室が並んでいて、客室のドアや窓も、コロニアルテイストできれいな色に塗られていておしゃれ。

もともとここは、90年ほど前に華人向けに作られた歴史のあるホテルらしい。
「オンオン」は中国語で「温温」と書く。
リフォームはしているみたいだけど、建物も内装も、当時の風情をそのまま残している。

以前、旅行者としてプーケットを何度か訪れたときは、このホテルはどんなに安くても宿泊を避けていた。
それは映画のあのイメージがあったから。あんな汚そうで荒廃した宿には泊まりたくないって思ってた。
でもそれはまったくの思い違いだったみたい。
宿泊予約サイトでチェックしてみたけど、お部屋の内装もなかなか素敵だった。
もしやあの映画、このホテルにとってイメージダウンにしかなっていないのでは……
( ´ ▽ ` ;)

私が持っている英語のガイドブックによると、5ドルでデイタイムの休憩ができるとのこと。
オールドタウン散策に疲れたら、ここでシャワーを浴びて、古き良き時代のプーケットタウンに思いを馳せながらお昼寝する、というのもいいかもしれない。

(※デイタイム休憩については、今はやっていない可能性もあるので詳細はホテルへお問い合わせを)

⇒オンオンホテルの詳細と地図、宿泊予約はこちらをクリック

Pocket

映画「ザ・ビーチ」のロケに使われたプーケットタウンのホテル「オンオンホテル」” への5件のコメント

  1. 美しい外観、内装のホテルですね〜。タイムスリップしたみたいな空間で素敵。
    映画『サヨナライツカ』とかに出てきても似合いそう。あの『ザ・ビーチ』の安宿と同じには見えませんね。
    『ザ・ビーチ』って、サムイとかパンガンとか、タイ湾側の話なのに、ロケ地はクラビとかピピとかアンダマン海側で行われてるんですよね。空撮映像だけアントン諸島を使ってましたが。
    西と東では微妙に雰囲気違うんですけどね(笑)あの映画が作られた頃のサムイは今よりずっと素朴だったんで、ロケには向いてなかったのかもしれません。サムイにはプーケットのような歴史あるコロニアル調の建物なんてないもんなー。

    • そうなんですよね、古い時代を思わせる素敵な外観・内装で、映画のイメージとは全然違うのでびっくりしました。
      「サヨナライツカ」、まだ見ていないんですよ〜 タイ好きなら必見の映画のひとつですよね。
      サムイ島もパンガン島もまだ行ったこと無いのですが、プーケットとはまた全然違う雰囲気なんでしょうか? 映画ではバンコクが舞台だったので、サムイよりは都会で古い建物が多いプーケットの方が、イメージに合っていたのかもしれませんね。
      サムイ島、今年は無理そうですが、来年こそは行ってみたいです〜!!

      • プーケットは一度行っただけですが、プーケットタウンとかは西洋の文化を取り入れた建物があって、オシャレな感じしました。
        今はサムイもかなり整備が進んで幹線道も広くキレイになりましたし、海外資本のホテルもたくさんできて、プーケットに似てきています。ですが、10年前はホントにド田舎でしたよ。基本的に道は舗装されてないし、5つ星ホテルは3つしかなかったです。
        すっかり近代化されたサムイですが、今でも4階以上の建物はありません。ヤシの木より高い建物は禁止なんです。
        もう戻れないけど、以前のサムイが懐かしいですよ。
        私も来年早々サムイに行こうかな…と思ってます。

        • マナオさん、お返事ありがとうございます。
          そうなんですね、たった10年前でも今とは全然違っていたんですね。その頃のサムイにも行ってみたかったです。
          来年またサムイに行かれるんですね! またブログでのご報告、楽しみにしてます。
          もし私も同じ時期に行くチャンスがあったら、ご連絡させていただいて良いですか?
          よかったらお食事でもご一緒出来たらいいなーと思ってます。

  2. ピンバック: プーケットタウン「オールドタウン(旧市街地)」を探検!おすすめスポット紹介 ★タラン通り編★ | Phuket Diary

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>