プーケットベジタリアン・フェスティバル2015 パレード情報&パレードを見るコツ

ベジタリアン・フェスティバルのパレード

プーケットで一番有名なお祭りといえば、奇祭ベジタリアン・フェスティバル
2015年の今年は10月13日〜21日まで開催される。

ベジタリアン・フェスティバルの見どころは、顔や体に様々なものを突き刺した「マーソン」と呼ばれる人々が練り歩く、ユニークかつちょっぴり(?)ホラーなパレード。
お祭りの期間中、マーソンたちには神様が宿っているため、何をやっても平気だそうな…… 
↓こちらは去年のパレードの様子。勇気がある方だけご覧ください。


(※サムネイルをクリックすると写真が拡大します。)

このパレードは、イベント3日目の10月15日から最終日の21日まで、毎日プーケット島内で開催される。
パレードの出発点は島内各地の中華寺院で、日替わりで違う寺からスタートするので、通る道なども毎日異なる。
どの寺からスタートするかは、下記のとおり。

10月15日 Sapam Shrine
10月16日 Samkong Shrine
10月17日 Ban Tha Rve Shrine
10月18日 Bang Neow Shrine, Cherng Thalay Shrine
10月19日 Jui Tui Shrine
10月20日 Kathu Shrine, Yokkekeng Shrine
10月21日 Sui Boon Tong Shrine

大半はプーケットタウン市内の寺院で、朝6〜7時ぐらいに寺院を出発してサパーンヒンに向かい、サパーンヒンから折り返してまた寺院に戻るというルートをたどる場合が多いらしい。
なので、確実にパレードを見るとすれば、早朝に出発点となるお寺の周辺に行くか、または午前中にプーケットタウン中心地のサパーンヒンへ向かう道に行くか、どちらかになると思う。
ちなみにサパーンヒンとは、プーケットタウンの南端にある海浜公園。

パレード隊は大体お昼頃までには寺院に戻ってしまうようなので、パレードを見るなら朝早くから出かけるのが鉄則。
プーケットタウンから離れたお寺が拠点の場合はサパーンヒンには行かないので、前日にホテルのスタッフやツアー会社の人に、どこへ行けば見れるのか問い合わせるのが良いかも。

その日その場所をパレードが通るかどうかは、周辺のお店や会社の様子を見るとなんとなく分かる。
お店や会社の前の通り沿いに、果物などを置いた祭壇がたくさん設置されている場合は、そのあとその道にパレードが通る可能性が高い。

ベジタリアン・フェスティバルのパレード

パレードを見てとにかく驚くのは、練り歩く参加者たちの人数の多さ。
顔に色んな物を突き刺したマーソンだけでも、何百人もいると思われる。
毎年それだけの人たちが顔に大きな穴をあけているのに、不思議なことに、そういう傷跡をつけているような人を一度も見たことがないんだよな〜。

私の知人の中で一人だけ、過去にマーソンになってバーベキュー串を顔に突き刺したことがある人がいるんだけど、彼いわく、

めっちゃ痛いよ……もうやだよ

とのこと。
神様に取り憑かれているから痛さは感じない、って聞いていたんだけど、実際はそうでもなかったのか……

パレードだけでなく、火渡りショーや刃物ハシゴ登りなどの命がけのイベントも、お祭りの期間中ほぼ毎晩行われる。
最終日夜にサパーンヒンで行われる大爆竹祭り&花火祭りも圧巻で、見逃せない。

イベントのスケジュールや場所は、下記の公式サイトが配布しているPDFファイルで詳細を確認できるので、そちらを参考に♪
ベジタリアン・フェスティバル公式サイト

お祭りの詳しい様子は、過去の日記をご覧くださ〜い♪
衝撃閲覧注意!ベジタリアン・フェスティバルのパレードの様子【タイ・プーケット】
ベジタリアンフェスティバル最終日、神様のお見送り
プーケット「ベジタリアン・フェスティバル」のパレード
プーケット「ベジタリアン・フェスティバル」、はじまりの儀式

衝撃閲覧注意!ベジタリアン・フェスティバルのパレードの様子【タイ・プーケット】

ベジタリアン・フェスティバルのパレード

毎年恒例、プーケットのベジタリアン・フェスティバルギンジェー)。
9日にわたるお祭りは、先週10月2日に幕を閉じた。
その間、私は風邪から気管支炎をこじらせて部屋にこもりきりになり、お祭をほとんどエンジョイできず……(T_T)

でもたまたま私が住んでいるコンドミニアムのすぐそばに、カトゥー寺のパレード隊がやってきたので、見学をすることが出来た。
朝の6時から鳴り響く爆竹とともに、神様がとり憑いてトランス状態になった人々(マーソンと呼ばれている)と、そのお供たちが大行列で通りをゆっくりと行進していく。

ベジタリアン・フェスティバルのパレード

ベジタリアン・フェスティバルのパレード

マーソンといえば、ベジタリアン・フェスティバル名物の「顔にいろんなもの突き刺した人々」。
バーベキュー串のようなものから、定規のようなもの、木の棒など、様々なものを突き刺して歩く。
舌にぶっ刺してる人もいた。うぎゃ〜〜

下は、そんなマーソンたちの素敵写真ギャラリー、2014年版。
かなり衝撃的な写真もあるので、興味のある方だけご覧ください。


(※サムネイルをクリックすると写真が拡大します。)

何枚も写真を撮っておきながらなんだけど、血とかグロいものは大の苦手な私。
朝早い時間だったせいもあってか、まだ傷が新しく血をダラダラ流しながら歩いてる人もいたりして、こっちが気を失いそうになったことが何度かあった。

パレードが通る道沿いにある企業やお店は、祭壇を作ってマーソンたちをお迎えする。
マーソンたちは、祭壇に対してお祈りを捧げたり、お供えのフルーツを持ち去って見物客に配ったり。

ベジタリアン・フェスティバルのパレード

ベジタリアン・フェスティバルのパレード

マーソンのインパクトに負けてしまってあまり目立たないけど、たくさんのお神輿もパレードの名物。
お神輿が通り過ぎるときは、通り沿いの人たちが爆竹を鳴らす。

ベジタリアン・フェスティバルのパレード

ベジタリアン・フェスティバルのパレード

パレードの最後尾に近づいたとき、大きなお神輿がやってきた。
お神輿を先導する人たちが、見物客たちに「頭を下げて!」と叫びながら歩いていたので、私含めて周囲の人々はみんな一斉にしゃがむ。
そして通り過ぎたのがこのお神輿。

ベジタリアン・フェスティバルのパレード

おぉ!? 「大」「帝」!?

ベジタリアン・フェスティバルには実はもうひとつ別名があって、「ナイン・エンペラー・フェスティバル」つまり「9人の神様のお祭り」と呼ばれている。
中国語では「九皇大帝」と書くらしく、この「九皇大帝」と書かれたのぼり旗が、お祭りの期間中街のいたるところに立てられる。
多分このお神輿は、その九皇大帝のうちのひとつを祀ったものなんだろうと思う。
お祭りの中心となる一番尊い神様が通りすぎるので、頭を下げて、って言ってたんだろうな、と。

プーケット島内にはたくさんの中華系寺院があり、私が見学したパレードはカトゥー寺のパレードだったけど、他の寺院でも同じようなパレードをする。
残りの8人の神様たちは、多分他の寺院に祀られているのかな?(※憶測です)
ちなみに「九皇大帝」が一体何なのか、いろいろ調べたけど今だによく分からない……

パレードはカトゥー寺を出発し、プーケットタウン市内を練り歩きながらサパーンヒン(プーケットタウンの海浜公園)に行き、また引き返してカトゥー寺に戻るというルートをたどる。
カトゥーからサパーンヒンは、車でも30分はかかるほど離れていて、気軽に歩いていけるような距離ではない。
現に、朝6〜7時ぐらいに出発して、また同じお寺に戻ってくるのに4時間ぐらいかかってたみたいだし。

それなのに、パレードに参加するマーソンたちは、みんな裸足で歩いているし、その上いろんなものを顔につきさしているし……あんな状態で4時間ぐらい歩きっぱなしなんて。
本当に、神様の力のなせるワザなのかもしれない……(−_−;)

そんなデンジャラスでアメージングなベジタリアン・フェスティバル、「今年はもう終わってしまったのか」と残念に思うのはまだ早いですよ〜

なんと今年は、2回あるらしいです。

ベジタリアン・フェスティバルはそもそも中国の旧暦を元にしていて、今年は旧暦で9月が2回あるために、ベジタリアン・フェスティバルも2回行うとのこと。
2回目は、2014年10月24日から11月1日まで。

パレードも、10月31日にカトゥー寺出発で行うらしいので、1回目を見逃した方はぜひ〜!

ベジタリアン・フェスティバル本日スタート! &昨晩の前夜祭の様子【タイ・プーケット】

vegetarian festival

今日からいよいよ、世界的に有名なプーケットの奇祭ベジタリアン・フェスティバルギンジェー)がはじまった。
9日間に及ぶお祭りの期間中は、多くの人々が全身白の服を身にまとって菜食に徹し、身を清めて健康を祈る。

昨日はその前夜祭として、お祭りの中心となるプーケット内の複数の中華寺院で、お祭りのシンボルのポールを立てる儀式が行われた。
2年前にSamkongエリアのお寺で見たときはなかなか見応えのある行事だったので、今年もぜひ見に行ってみようと、今回はカトゥーKathu)の寺院に行ってみることにした。
Kathuといえばベジタリアン・フェスティバル発祥の地なので、Samkongよりももっと華やかなことをやっているのでは?と期待をこめて……。

うっかりカメラのバッテリーを充電し忘れていたので、今回はiPhoneでの撮影。

ベジタリアン・フェスティバル

カトゥーはパトンビーチとプーケットタウンのちょうど中間にあるエリア。
どちらかといえば市街地から離れた郊外という風情で、のんびりしたところ。
普段は静かなカトゥー中華寺院の周りも、ギンジェーのカラフルな無数の旗や、草食料理の屋台で賑わっていた。

ベジタリアン・フェスティバル

お寺の敷地に入ると、何人かの男性が、ポールを立てるための準備作業を行っていた。
地面に固定された高い柱(掲揚塔?)に、水平に倒れた状態になっているお祭り用のポールをロープでくくりつけ固定し、その後ポールを持ち上げながら立てていく模様。

ベジタリアン・フェスティバル

その様子をずーーっと見ていたんだけど、……要領をわかっている人が誰もいないんだろうか?
ヒモを縛ってはほどき、また違う方法で縛り直し、と試行錯誤しながらモタモタ、モタモタとやっている。

私は、この前日まで風邪で寝込んでいた病み上がり。
暑さのせいもあってだんだん気分が悪くなり、意識がもうろうとしてきて倒れそうになってきた。
「早くして〜」と心の中で叫んだけど、ポール立て作業の男性たちはニヤニヤと談笑しながら相変わらずのんびり作業。。。。
周りにいた見物客たちも、どんどんと減ってきている。おいおい。。。

かなりの時間待たされたあと、ポールがようやく持ち上がった! いよいよだ!

ベジタリアン・フェスティバル

ポールが少しずつ上昇して……どこまで上がるのか?

ベジタリアン・フェスティバル

そしてここで引き上げストップ。

ベジタリアン・フェスティバル

え? もしかしてこれで終わり?
柱立てるんじゃなくて、持ち上げるだけ?

ベジタリアン・フェスティバル

どうやらこれが完成形らしい。縦のポールと持ち上げた横のポールとで作った十字架型。
カトゥー寺のポール立て儀式、終了。

なんか、イマイチ〜!! 病み上がりでフラフラになりながらも待った甲斐が、全然なかった。

2年前のSamkongのお寺では、きらびやかな中華衣装を身にまとったマーソン(神様が憑依した人たち)がたくさん登場して、横たわっていたポールを大勢で綱引きみたいにして垂直に立ちあげていた。そっちはとても迫力があって面白かったのに。
お寺によってポールの持ち上げ方が全然違うみたい。ちょっと残念〜

2年前の様子はこちら
プーケット「ベジタリアン・フェスティバル」、はじまりの儀式

ちょっぴりガッカリ気分で帰路につき、帰りのコンビニでギンジェー用のカップラーメンを購入。

ベジタリアンフェスティバル

タイにもある、おなじみ日清のカップヌードル。
これは菜食用のマッシュルーム味。
当然肉類は一切使っていないんだろうけど、そのわりにはコクがあってなかなか美味しい!

一人寂しいカップ麺のディナーを楽しんでいると、外からドンドンドンドンと太鼓を鳴らす音が聞こえてきた。
太鼓の音が少しずつ私の家の方に近づいてきて、「何だろ?」って思った瞬間、

バババババババババババーーーーーーーーー!!!!!

という、けたたましい爆発音。
爆竹だ!

ベジタリアン・フェスティバル

バルコニーから外をみると、すぐそこの道で大量の爆竹を鳴らしていた。
数キロ先の家にまで響きそうな、とんでもない爆音。もくもくと立ち昇る濃い煙。

ベジタリアン・フェスティバル期間中は、こんな風に毎日島内の色んな場所で爆竹が鳴らされる。
2年前もそうだったけど、期間中は街中がひたすらお祭りムードで活気があって、つられてこちらも浮かれたような気分にさせられる。
名物の串刺しパレードはちょっと怖いけど、この雰囲気はかなり好きです (*´ω`*)

プーケット「ベジタリアン・フェスティバル2014」パレードやイベントのスケジュール

プーケットベジタリアン・フェスティバル

先週あたりからプーケット内のコンビニでは、ギンジェー食品が並び始めた。
インスタントラーメンにスナック菓子、ソフトドリンクと種類は様々だけど、どれも原料はすべて植物性由来。
肉や魚は一切使っていない、ベジタリアン食品。

ギンジェーとは、プーケットが誇るタイ三大奇祭のひとつ、「ベジタリアン・フェスティバル」のこと。
下の写真のような、串刺し人間たちの猟奇的なパレードばかりが有名になってしまっているけど、本来は菜食をして健康を祈願するというプーケットの中華系のお祭りが起源。

(↓は2年前の2012年ベジタリアン・フェスティバルの様子。閲覧注意!)

今年2014年は、9月24日(水)〜10月2日(木)に開催が決まっている。
9日間のお祭りの間は、多くの人びとが全身白一色の服を身にまとって菜食に徹し、プーケット島内の各地で連日に渡って串刺し人間のパレードが行われる。
パレードだけじゃなく、夜には火渡りや刃物ハシゴ上りなどの苦行イベントも、市内の各中華系寺院で開催される。

一体いつどのお寺でイベントをやっているのか、地元民でも把握が難しいイベント。
公式のWebサイトが、観光客にも分かりやすくイベントのスケジュールをまとめたPDFファイルを公開しているので、期間中プーケットを訪れる方はぜひご参考に!

プーケット・ベジタリアン・フェスティバルイベントやパレードのスケジュールはこちら ↓

http://www.phuketvegetarian.com/phuketvegetarian2014_en.pdf

中身は英語オンリーだけど、7ページ目あたりにスケジュールが書いてあります。

私は去年のベジタリアン・フェスティバルは一時帰国で見逃してしまったので、今年は絶対に見に行くつもり♪
そして、菜食もできる限りチャレンジしてみるつもり!


以下、2012年のベジタリアン・フェスティバルの様子を書いた記事です。
良かったらご参考に★

プーケット「ベジタリアン・フェスティバル」が今日からスタート!!

プーケット「ベジタリアン・フェスティバル」、はじまりの儀式

プーケット「ベジタリアン・フェスティバル」のパレード

ベジタリアンフェスティバル最終日、神様のお見送り

ベジタリアン・フェスティバルのギンジェー食品

パレードだけじゃなく、最終日の夜にサパーン・ヒン(プーケットタウン南東にある海浜公園)で行われる大爆竹大会も必見です!

今日はソンクラーン・タイの水かけ祭りの日☆プーケットタウンの水かけ祭りはこんな感じ【タイ・プーケット】

ソンクラーン

本日4月13日は、タイの旧正月・ソンクラーン
多くの人びとが街に繰り出し、桶・水鉄砲・ホースなどを駆使して水をかけあって新年を祝う、水かけ祭りとしてよく知られている。

前回のブログで、「次回はクラビ旅行記の続き」とか予告してたけど、せっかくのソンクラーンなので、今日撮影したプーケットのソンクラーンの様子をご紹介。
バイクに二人乗りしながら、防水カバーをつけたiPhoneで撮影した写真なので、なんかぼんやりしてるしあんまりうまく写ってないけど、とりあえず雰囲気は伝わるかな〜?

ソンクラーン
ソンクラーン
img4

こうして写真見てると、ピックアップトラックで遊びに行くのが正解だなーと思う。
普通の車では窓が開けられなくてつまらないし、バイクは水かけの集中攻撃に合うし事故の確率も高いし。
だからタイでは、ピックアップトラックが人気なんだろうか!?

ソンクラーンのプーケットタウンでは、多くのバイク・車が、サパーン・ヒンという海沿いの公園へと向かっていた。
サパーン・ヒンは、ソンクラーンはもちろん大晦日やロイクラトンなど、何かイベントがある日はなぜかみんなそこに集まるという、プーケットタウン市民の憩いの場。
上の写真も、旧市街地からサパーン・ヒンへと向かう通りで撮影。道は大渋滞。

通り沿いの商店の人たちはみんな外へ繰り出し、大音響でタイ演歌をかけて踊りながら、水をかけまくって盛り上がってた。
この通りは他のどこよりも盛り上がってるので、プーケットタウンでソンクラーンを楽しむなら、ここに行くのがおすすめだと思う。

img5

バイクで遊びに行くと、本当に水かけの的になってしまうんだけど、かけられる水の種類もさまざま。
赤や緑などの色に染まった謎の色水をかけてきたり、なぜかすごいいい匂いがする水をかけてくる人もいる。
何の匂いなのかはよく分からないけど、どれも全部同じ匂いだった。
暑さのせいで水の温度がぬるくなっているので、普通の水ならかけられても全然問題ないんだけど、たまにたっぷり氷の入った超冷たい水をぶっかけてくる人がいて、心臓に悪い(−_−;)

水だけじゃなく、白いパウダーのようなものをほっぺたにつけてくる人もときどきいる。
私も信号待ちで停車中に、突然後ろから現れたオカマさんから水で溶いた白いパウダーを顔にたっぷり塗られてしまった。

去年のソンクラーンはパトンビーチに行ったんだけど、曇り空で気温が低く、水をかけられるのはちょっぴりつらかった。
でも今年は快晴で気温も高く、氷水を浴びながらバイクに乗っていてもすぐに暖かくなるので快適で、去年よりもずっと楽しめた。
やっぱりソンクラーンの日は、こういうお天気じゃないと( ´ ▽ ` )ノ


去年のパトンビーチでのソンクラーンの模様はこちら
タイの水掛け祭り・ソンクラーン[タイ・プーケット]