プーケットのカルチャーを楽しむイベント!プーケット・オールドタウン祭り【タイ・プーケット】

プーケット・オールドタウン・フェスティバル

前回の日記に続き、今回もプーケット・オールドタウン・フェスティバルのお話。

↓前回の日記
年に1回のプーケット旧市街地のお祭り!プーケット・オールドタウン・フェスティバル【タイ・プーケット】

前回はタラン通りでのお祭りの様子について書いたけど、今回はその隣のパンガー通りの様子をご紹介。
パンガー通りは、以前の日記で少し触れたことがあるんだけど、アーティストのギャラリーやアトリエが多い。

⇒詳細記事
プーケットタウン「オールドタウン(旧市街地)」を探検!おすすめスポット紹介 ★パンガー通り編★

そのためか、お祭りの期間中のパンガー通りには、たくさんのアーティストの作品が展示されていて、青空絵画展状態になっていた。
(急に通り雨降ったらどうするんやろ……)

プーケット・オールドタウン・フェスティバル
プーケット・オールドタウン・フェスティバル
プーケット・オールドタウン・フェスティバル

タイらしい、仏画っぽいものやアジアンテイストな作品が多く、どれもとても見応えがある。
こういう絵を、ぽーんとその場の思いつきで買って、部屋にかざって楽しむような生活を、いつかやってみたい……

展示だけじゃなく、アートな生パフォーマンスも行われていた。

プーケット・オールドタウン・フェスティバル

ギターの生演奏に合わせて、生で絵を仕上げていくというもの。
写真右手にいるのが、大きなブラシを使って大胆に色を塗っていくアーティスト。
このときはまだはじまったばかりだったので、どんな絵になっていくのか全然予想がつかない。

写真左側にいるギタリストの腕前はプロ級で、ツェッペリンの「Stairway to heaven」やガンズの「Sweet child o’mine」など、(私には)馴染み深い、懐かしいロックバラードの名曲の数々を情感あふれる美しい音色で奏でていた。
でも、絵画のパフォーマンスとなんか全然合ってない気が……ギターいらないんじゃ?

絵画だけじゃなく、手作りのアクセサリーやシルクスクリーンのオリジナルTシャツなどを売るお店などもあり、特設ステージ上ではバンドの演奏が行われ、タラン通りとは全く違って完全にアートフェスティバル!
いいなー、いいなー。
プーケットに住んでからはアートに触れる機会がめっきり少なくなったので、こういうイベントに来れたのはとてもうれしい。

パンガー通りには中国寺院があるんだけど、そこに入ったら「なんか」やってた。

プーケット・オールドタウン・フェスティバル

上半身ハダカの男性が、祭壇のようなを囲んでる……?
しばらく見てると、男性たちが「えいっ」と祭壇を持ち上げて寺院の外へ出発。

プーケット・オールドタウン・フェスティバル
プーケット・オールドタウン・フェスティバル

この感じ……日本の神社のおみこしそっくり

中国にも、おみこしがあるの!?
このあと、どこからともなく同じようなおみこしが多数集まってきて、みんなで一斉にどこかに向かって出発して行った。
一体なんだったんだろう? これも、プーケットの文化のひとつ??

パンガー通りをあとにして近くの広場に行くと、こちらは完全に中華風の飾り付けになっていて、かなり大きなステージの上では剣舞やカンフーのパフォーマンスが行われていた。
プーケットタウンは中華系移民が多いので、それにちなんだものなんだと思う。

プーケット・オールドタウン・フェスティバル
プーケット・オールドタウン・フェスティバル
プーケット・オールドタウン・フェスティバル

タイ流のお祭りが楽しめるタラン通りに、地元のアートが楽しめるパンガー通り。
そして、中華風の文化を楽しめる広場。

プーケットのミックスカルチャーが一度に楽しめる、内容盛りだくさんで充実度満点のお祭でした〜♪

年に1回のプーケット旧市街地のお祭り!プーケット・オールドタウン・フェスティバル【タイ・プーケット】

SONY DSC

もう3週間ほど前のことなんだけど、プーケットタウンの旧市街地(オールドタウン)で「プーケット・オールドタウン・フェスティバル」が開催された。
開催期間の2月7日〜9日間の3日間は、旧市街地の3つのストリートが全面歩行者天国に!

かつて錫やゴムの貿易港として栄えたプーケットのオールドタウンは数百年の歴史があり、特に中華系の移民を中心にして栄えた街。
そんなプーケットタウンの歴史や文化を満喫するというのが、このお祭りの目的らしい。

オールドタウンの歴史あるコロニアル風の建物が提灯でライトアップされ、たくさんの人々が行き交う様子はなんだか幻想的。

phuket oldtown festival

オールドタウンの中心「タラン通り」では、道路の真ん中に様々な屋台・夜店が並ぶ。

phuket oldtown festival

Tシャツなどの衣類も売ってたけど、前回行ったシャロン寺院のお祭りよりさらに安かった!
なので、そのときは買うのをためらった服と同じものをみつけて思わず購入♪ ラッキー♪

⇒前回行ったお祭りの詳細
春節(中国の旧正月)のプーケットは、ワット・シャロンのお祭りへ!【タイ・プーケット】

どうでもいいけど、この↓日本語Tシャツがちょっとツボだった。
「東京」はわかるけど、「KUMAMOTO」? 
これ以外にもたくさん熊本Tシャツがあった。なんでそんなに熊本押し?
これらのTシャツも100バーツほどで激安。

phuket oldtown festival

プーケットタウンの文化を紹介する、のがこのイベントの目的とのことで、
通りのあちこちでパフォーマンスが行われいてた。

子どもたちによるタイの伝統楽器の演奏。

phuket oldtown festival

な……なんだこれ? のっぽの中国人。

phuket oldtown festival

この人達以外にも、これと同じパフォーマンスをしている二人組が何組かいたので、多分何か意味があるんだと思う。なんかの物語の登場人物とか?

そしてこっち↓も、正体不明のパフォーマンス。こ、怖い!! 一体何!?
多分これは、タイかプーケットに伝わる怪談話の一場面を表現しているのかなと思う。

phuket oldtown festival

あとなぜだか、コスプレイヤーもいっぱいいた。西遊記とか(なんか関係ない人も混じってるけど)。

phuket oldtown festival

プーケットタウンは中国の影響を強く受けている、ということで、中国にちなんだコスプレなんだと思う。
ほかにもチャイナドレスの女性やキョンシー(懐かしい)の衣装みたいなのを着た人とかもいた。
でもこっちは……!?

img19

これも中国文化・西遊記がらみといえばそうなのかもしれないけど、なんか違う気が〜〜
そして左の人は、一体何のコスプレなの?

と、以上がオールドタウン祭りでのタラン通りの様子の紹介。
タイらしいなんだか少しカオスな雰囲気でとっても楽しかった( ´ ▽ ` )ノ
隣のパンガー通りやその近くにある公園でもお祭りが開催されていて、そちらはまた違った見どころがあったので、それは次回のブログで☆

このお祭りは、年に1回2月頃に開催されていて、多分春節が終わった次の週末に開催されているのでは、と思う。
春節のプーケット言えばシャロン寺院のお祭りだけど、もしそれを見逃してしまったら、こちらのお祭がチャンスかも♪