タイ人が考える「日本食」の代表格って……まさか「カ◯◯◯」!?

タイ人の友達とディナーに行くときは、ローカル食堂ではなく、お値段少しだけ高めの小洒落たオープンバーに行くことが多い。
タイ料理にまだあまり詳しくない私は、料理の注文はたいてい友達に任せて、友達が頼んだものを一緒に食べる。

料理を選んだ友達が
「Akikoのために、日本食も注文しておいたね!」と言ったとき、
かなりの確率でその料理は、

「カニカマの刺し身」

カニカマ

「わ〜日本食って、何かな? わざわざ私のためにありがとう!♪♪」
なんてウキウキして待っていた私の期待を打ち砕く、冷凍品を切っただけのメニュー………
本当に、過去3回これをやられた。(※ちなみに毎回別の人、別のお店)

メニューにはちゃんと普通のお寿司も載っているのに。
まぁお寿司は高いから避けられただけだろうけど。

値段の安いカニカマを刺し身としてメニューにしたのは、タイ人ならではのアイディアだろうと思うけど。
でも日本人は、わざわざお店に行ってカニカマがメインの料理を食べたりしないんだけどなぁ〜〜。

一応日本食なので、しょうゆとワサビが必ずついてくる。

友達は、「Akikoのために、ワサビたくさん入れるよ!!」
なんて言ってくれるけど、私は日本人のくせにワサビが苦手。
辛いもの大好きタイ人は、ワサビも容赦なくたっぷりと入れてくれる。

そして、遠慮してるのかよくわからないけど、みんな一切れずつしか食べずに、残り全部を私に食べさせてくるのもパターン。
食べ渋っていると、「Akikoのために頼んだんだから、いっぱい食べてね!」なんて勧めてくれる。
みんな本当に親切心で言ってくれているので何も言えず、ワサビで涙が出そうになるのをこらえながら、必死の思いで毎回ひとりで完食する私。

タイの人はけっこうカマボコやつみれのような練り物系が好きなので、カニカマも人気。
カニカマは、お寿司のネタとしても常連なので、ちゃんとした日本食レストランに行ってもかなりの確率で遭遇する。
私がタイに来てから食べたカニカマの量は、それまでの人生で食べてきた総量よりももしかしたら多いかもしれない

別にカニカマきらいじゃないけど、でもこれが典型的日本食のひとつだと思われていそうなのがちょっとなぁ〜〜……