アットホームな宿「インワ・ゲストハウス」と、 スタッフのジョウさん[ミャンマー・バガン]

bagan 2  アットホームな宿「インワ・ゲストハウス」と、 スタッフのジョウさん[ミャンマー・バガン]

バガンの旅、初日の朝。

予約しておいた宿「インワ・ゲストハウス」のスタッフが、空港までお迎えにきてくれた。
私ひとりのために、男性がなんと3人も。
「Akiko」と書かれた紙を持った3人は、私を見つけてニコニコと微笑んでくれた。

一泊20ドルと決して高くはない宿なのに、なんて手厚い歓迎だろう♪
と、感心していたのに、ロビーから駐車場に向かうまでの間、誰一人として、私の重たい荷物を持ってくれる人がいない。アレ……?

車に乗り込んでからも、私のことはそっちのけで、3人で談笑。
運転手以外の2人は、一体何しに来たんや〜〜!  単にヒマだっただけ!?

と、スタートはこんな感じだったけど、「インワ・ゲストハウス」は、素晴らしい宿だった。
町の中心に位置していて、周りにはたくさんのレストランや、おみやげを売っている大きな市場があり、とても便利。
朝食は、眺めの良い屋上のテラスで食べるので、朝から清々しい気分になれる。
上の写真は、そのテラスから撮影した。

部屋はまあまあ清潔で広くて、エアコン付き。
シャワーは水しか出ないけど、バガンの気候がとても暑く乾燥しているので、それほど気にならない。

問題点といえば、洗濯を頼むと、なんと川で洗われてしまうこと。
私はそれを知らずに頼んでしまったので、戻ってきた洗濯物は、ちょっと砂埃のにおいがしてゴワゴワしていた。まあ、見た目にはまったく問題なかったけど。

何より一番良かったのは、スタッフが本当にみんなフレンドリーで、親切だったこと。
特に印象深いのは、日本語を上手に話せる若い男性スタッフ、ジョウさん。

バガン滞在初日の朝、チェックインを対応してくれたジョウさんは、私が3日間の滞在だと聞くと、
「じゃあ1日目は馬車ツアーはどうですか? 明日はポッパ山に行くのはどうですか?」
「レストランは、ここから100mぐらい行ったところの○○がおすすめですよ」
などと、いろんなプランの提案をしてくれたり、宿や周辺のお店の説明をしてくれたりした。

バガンは思っていた以上に田舎で、公共の交通機関はまともに無いし、周辺にツアー代理店などもほとんど見当たらない。
なので、彼が最初に対応してくれなかったら、私は3日間一体何をすれば良いのか分からなくなっていたと思う。

ジョウさんは、一人旅の私を気遣ってくれてか、私がロビーを通りかかるたびにいつも日本語で声をかけてくれた。
どういうわけかルックスも日本人に近いというか、日本に普通にいそうな、親近感を感じる顔立ち。
不慣れなミャンマーの田舎での滞在でも、心細さを感じることがなかったのは、彼のおかげだったと思う。

ある晩、私は同じ宿に泊まっていたヨーロッパからの旅行者たちと一緒に、バーに飲みに行った。
夜遅くにみんなで宿に戻ると、ロビーは真っ暗。
よく見ると、狭いロビーの床の上に何人かの人が、横になって寝ていた。

そのうちの一人がむくっと起きた。ジョウさんだった。
ジョウさんは寝ぼけまなこで、私たちに「Good night(おやすみなさい)」と声をかけた。

他の旅行者たちの話によれば、宿のスタッフは、どうやら毎晩こうやってロビーで雑魚寝しているらしい。
早朝から夜遅くまで働いているのに、プライベートも何も無い、タイル貼りのロビーの床で、布団も枕も使わずにゴロ寝って。

ジョウさん、日本語も英語も堪能で、まあまあのイケメンなのに……こういう暮らしなんだ。
一方で、静かな個室のフカフカのベッドに寝て、好き勝手に毎日遊び回っている私たち。
彼は、私たち外国人旅行者の面倒を毎日見ながら、この現実の差を、どういう風に感じているんだろう。

最終日、出発まで少し時間があまったので、ジョウさんとふたりでロビーでおしゃべり。
彼の実家の話、ミャンマーの若い人たちの考え方や生活など、いろいろと教えてもらった。
そして最後に、二人で写真を撮って、お別れした。

ミャンマーの旅を終えてしばらくしてから、ジョウさんからメールが来た。
最後の日に、二人で撮った写真を送って欲しいとのことだった。
私のことを、単なる通りすがりのお客さんじゃなくて、友達として認識してくれたのかな? と思って、うれしくなった。

もちろん、写真をすぐに送って、
「いつかまた絶対、バガンに遊びに行きますね」とメッセージを添えた。

バガンの滞在が素晴らしいものになったのは、この宿とジョウさんのおかげが大きいと思う。
本当に、いつかまた、この宿の泊まりに行けたらいいなと思った。

あ、でも、そのときは一人じゃなく、誰かと一緒がいいな〜 ( ´▽`)
友達や家族にも、この素晴らしい景色を見せてあげたい。

ヤンゴンにまた来ても、もう泊まりたくない。 ゲストハウス「CHAN MYAYE」

民主化の波の中にあるせいか、ヤンゴンは、どこの宿泊施設も満室。

滞在初日の晩は、タクシードライバーの手助けで、そこそこ良いゲストハウスに泊まれた。
でも、翌日から予約でいっぱいになっていたらしく、一晩で追い出された。

仕方なく、その宿から徒歩数分ほどの、「CHAN MYAYE」ゲストハウスへお引っ越し。

「CHAN MYAYE」は、古いアパートの一部を改装して、客室を作ったゲストハウス。
なんと、フロントロビーが建物の4階にあり、そこまでのエレベーターはなし

重い荷物を背負いながら、暑さと湿気の中、汗びっしょりになって階段を上がる。
ところどころに、「がんばれ!あと少し!」みたいな励ましの張り紙があったけど、余計いらつく (−_−#)

なんとかフロントにたどり着き、無事チェックイン。
そして言われた衝撃の一言は、
「お部屋は8階です

8階まで、やっぱりエレベーター無し!! おおおおい!!
どこかに出かける度に、8階を上り下りしないといけない。なんてこった……

そして、通されたお部屋は、ベッドをのぞけばわずか一畳分ほどのスペース。
壁に取り付けられた小さな板が、テーブル替わり。それ以外は何も無い。
家具もシーツも、正直言って、あまり綺麗ではない。
正体不明の小さい虫の群れが、部屋の壁の穴から穴へ、行列を作って通り抜けている。

そして、バストイレは共同。
シャワーは温水ではなく、水シャワーのみ。
でも、水シャワーよりもっとイヤだったのは、シャワー室の半分が、謎の貯水プールになっていたこと

約1m四方、おそらく水深1メートルぐらいありそうな水溜めが、シャワーを浴びる私の真横で、異様な冷気を放つ。
水はどす黒く、底がまったく見えない。

うっかりシャンプーボトルなどをプールに落としてしまったら、二度と戻ってこないだろう。
シャワーを浴びている間中、緊張感がつきまとう。
真っ黒な水と薄暗い明かりのせいで、昔見た「リング」とか「仄暗い水の底で」とか、怖い映画の場面が何度もフラッシュバックする。
一日の疲れを癒すはずのシャワータイムが、全然リラックスできない。

これで、1泊1,000円。
マレーシアで泊まった約800円の宿は、数倍まともだったぞーー!
タイでも、1,000円も出したら、もっとノーマルなところに泊まれるはず。

今、急激に物価が上昇しているので、おそらく数ヶ月前なら半分くらいの価格だったのかもしれない。
タイミングが悪かったものと、あきらめるしかなかった。

この宿に関して唯一良かったのは、朝ごはん。
目玉焼きがのって、野菜がたっぷり入ったラーメンが出てきた。
香辛料の入ってない、ほっとする味。インスタントだけど、とても美味しかった。
このラーメンの価格が、宿代の半分の500円だったんだと思うことにした。

でも、この宿には、長期間滞在する旅人がたくさんいた。
アットホームな雰囲気があったので、居心地が良いのかもしれない。
でも私は、もう二度と泊まらないよ、と思った。

怖すぎて私には無理だったゲストハウス「Suk11」

7月の半ば、バンコクに滞在していたとき、「Suk11」というゲストハウスに泊まった。

日本円でシングル1泊約1500円、各部屋ごとにシャワー・トイレつき。

古いアパートを改装して、タイの古民家風の手作りの内装を施した、個性的なゲストハウス。
ガイドブックやネットの口コミでは、「趣があって良い」「独特の雰囲気にハマる」とか書いてあって、評判が良かった。
私の知人男性も、バンコクに来るたび毎回ここに泊まるとのことだったので、それならと、私も泊まってみた。

でも、私には、まったくもって合わなかった……とにかく怖すぎた

まず、通路が真昼でもやたら暗い。夜中かと思うくらいとにかく暗い。
ぼんやりと小さな明かりがいくつか灯るのみで、外からの明かりがまったく入ってこない。
ところどころに、仏像や、何だかよく分からないオブジェが置いてあったりして、ホラーテイストをさらに演出。

部屋の中も、窓があるにも関わらず、やたら暗い。
そして、なぜか部屋の中に、上へのぼる階段がある。

試しに階段をのぼってみると、その先は真っ暗で、つきあたりに謎の開かずの扉が2つ
どちらも鍵がかかっているんだけど、微妙に、数ミリだけ開く。
その向こうは、ただ真っ暗。
一体そこに何があるのか……気になって夜眠れなくなりそうなほど、不気味。

いるだけで憂鬱な気分になってしまったので、本当はここに数泊泊まるつもりだったのが、1泊でギブアップしてしまった。

その次の日は、カオサンエリアの「ランブトリー・ビレッジ」というゲストハウスへ引っ越し。
値段はSuk11とまったく同じなのに、部屋も通路も、とにかくさわやかに明るい。
そして、Suk11にはついていなかった、テレビ・フリーwifi・ミネラルウォーター・冷蔵庫・ドレッサーつき!!
最初からここに泊まっておけば良かったよ〜〜(T_T)。