バンコクの中の日本2 ー シーロム・タニヤ通り

taniya1

色とりどりの日本語の看板に、行き交うたくさんの人と車。まさに、典型的な日本の歓楽街の風景。
でも、ここは日本じゃない。
バンコクの中心地のひとつ、シーロムエリアにあるタニヤ通り。

なんかどこかの地方都市で見たことがあるような〜〜?? ものすごい既視感ありまくり。
地元(福井)の歓楽街、片町にちょっと似てるかも?

taniya2

とにかくどこを見ても日本語がいっぱい。おお、なつかしい、牛角がある……
お店の名前とか看板のデザインが、ちょっと昭和っぽいかも。

このタニヤ通りは、日本人のお客さんだけを対象にした、日本と同じシステムのカラオケバーやらクラブなどのお店がたくさんあるらしい。
そのため、日本のおじさんたち向けのお店が多数集まっている。
この通りにあるショッピングモールにフラッと入ってみたら、1〜2階のテナントのほとんどがゴルフ用品店だった(−_−;)。
ウィンドウショッピングでもしようかと思って入った自分の、場違い感が半端ない。びっくりだ。

そもそもなぜこんなところに来たかというと、このタニヤ通りがあるシーロムエリアが、パスポート再発行のために行った日本大使館と近かったから。
バンコクに遊びにくるのはこれでもう7回目なのに、このエリアにはほとんど行ったことがなかったので、興味本位で立ち寄ってみた。
実際来てみてよく分かったけど、女性がひとりで散歩がてらに遊びに来てもしょうがない場所だった……
ただ、日本食のレストランがとても充実しているので、グルメ目当てに来るのには良いかもしれないけど。

タニヤ通りと平行して隣同士の場所に、おみやげ物や偽ブランドで有名な夜店街とゴーゴーバー(女性をお持ち帰りできるバー)で有名なパッポン通りがある。
この2つの通りがあるために、このあたりは本当にたくさんの男性観光客で賑わっている。

観光でバンコクを訪れた日本人のおじさんたちは、タニヤ通りの居酒屋で夕食を食べて、カラオケバーで歌って、そしてパッポン通りに移動して、お土産を見たりゴーゴーバーではしゃいだりするのが定番のコースだったりするのかな。

そして日本に帰ったら、家族にはその夜の話は秘密にするんだろうか……(´・ω・`)

taniya4