カニのソムタムと卵入り焼きイカ♪シーフードレストラン「パーライ・シーフード」【タイ・プーケット】

パーライシーフード

プーケットタウンから南へ少し行ったところにあるシャロン湾。
プーケット動物園の道をまっすぐ行くと、突き当りにシーフードレストランがたくさん並んでいる海岸に出る。

このあたりのシーフードレストランは、どちらかといえば地元民向けで、お手頃価格でタイのシーフード料理が楽しめるのでおすすめ♪
今回は一番南端にある「パーライ・シーフード」へ。今までに他のお店も2軒行ったことがあるけど、どこも美味しく、今のところハズレのお店はないかも。

プーケットって島なので当然海に囲まれているので、シーフード料理が一応名物のひとつ。
このエリアだけじゃなく、プーケット島内の沿岸沿いにはたくさんのシーフードレストランがある。

こちらは「パーライ・シーフード」の目の前にあるビーチ。

シャロン湾

プーケットの中ではあまり綺麗な砂浜ではないけど、海を見ながらのランチというのは、開放感があって最高〜!
この写真にはうつってないけど、遠くの方には海上に住む少数民族の民家が見える。

そしてお料理も最高〜!!

パーライシーフード

手前はトート・マン・プラー(魚のすり身揚げ)、奥にあるのは私の大好物、火を通していない生のカニ入りソムタム(パパイヤサラダ)。
カニはガザミ系で、殻ごと入っているのでむいて食べる。ソムタムの酸っぱ辛い味付けと、甘いカニの身が本当に合う。
なぜか半分凍ってることが多いんだけど、それもまた美味しかったりする。

そしてこちらは今回はじめて食べた、卵入りイカの焼き物。卵って、鶏のではなくてイカの卵。

卵入りイカ

体の中に卵を抱えたイカを焼いたもので、中心まで火を通さず卵は半生状態で、柔らかく甘い。
焼きイカの中にイカのお刺身が入っているような食感で、おいしかった〜☆

こういう海鮮焼きは、日本なら醤油系のタレをつけると思うけど、タイでは酸味のある辛いタレをつけて食べる。
それはそれですごく美味しいんだけど、この焼きイカは醤油つけて食べたいな、とちょっと思ってしまった。

やっぱり私も日本人。

↓「パーライ・シーフード」の地図

大きな地図で見る

「タイ人が外国人に食べて欲しいタイ料理ランキング」のNo.1は?

以前ネットで見た記事で、「タイ人が外国人観光客に食べて欲しい地元料理」のランキングが紹介されていた。

タイ料理といえば、日本では「トムヤムクン」や「グリーンカレー」が有名かなと思う。
でもランキング1位に輝いた料理は、そのふたつのどちらでも無かった。っていうかその2つ、ランキング10位にも入ってなかった……ちょっと驚き。

タイ人おすすめのタイ料理、No.1は「ソムタム」。

image

英語での呼び名は「パパイヤサラダ」。

熟していない青パパイヤ、トマト、ピーナッツなどの野菜を、木臼に入れて押しつぶしながら、ナンプラーや唐辛子などの調味料と一緒に和える。
生の小さなカニを殻ごと入れたり(これがすごく美味しい♪)、パパイヤのかわりに青いマンゴーを入れたりと、いろんなバリエーションがある。

これが一位に選ばれるのは、タイに住んでいると、かなり納得。
タイの人たちは、本当にソムタムが大好き。
タイ人と数人で食事に行くと、必ず誰かがこれを注文するし、私が通ってる語学学校の先生たちは、ほぼ毎日ソムタムを手作りしてお昼ご飯に食べている。

味は甘酸っぱくて、辛くて、さっぱりしていて、ほんのり魚介の香り。とても美味しい。
でも、お店によっては、とんでもなく辛い。
2〜3口食べただけで、呼吸困難で気絶しそうなほど激辛なときがある (;´Д`)


タイ人向けのお店だと、「辛さ控えめで」とお店の人に伝えても、やっぱりかなり辛い。
タイ人が思う「辛い」のレベルは、日本人とは全然違う。
でも、観光客向けのお店で食べると、今度は辛さが物足りないことが多い……そんなに極端にしなくてもいいのに。

タイ人が一番好きなタイ料理、ソムタム。
私的には、ビーチにゴザを敷いて海を見ながら、お酒を飲みつつ食べるのが最高に美味しいと思う ♪( ´▽`)
※ちなみにランキング2〜10位までの料理は、ここ↓からチェックできます。
http://www.caplogue.com/archives/7628742.html