今日はソンクラーン・タイの水かけ祭りの日☆プーケットタウンの水かけ祭りはこんな感じ【タイ・プーケット】

ソンクラーン

本日4月13日は、タイの旧正月・ソンクラーン
多くの人びとが街に繰り出し、桶・水鉄砲・ホースなどを駆使して水をかけあって新年を祝う、水かけ祭りとしてよく知られている。

前回のブログで、「次回はクラビ旅行記の続き」とか予告してたけど、せっかくのソンクラーンなので、今日撮影したプーケットのソンクラーンの様子をご紹介。
バイクに二人乗りしながら、防水カバーをつけたiPhoneで撮影した写真なので、なんかぼんやりしてるしあんまりうまく写ってないけど、とりあえず雰囲気は伝わるかな〜?

ソンクラーン
ソンクラーン
img4

こうして写真見てると、ピックアップトラックで遊びに行くのが正解だなーと思う。
普通の車では窓が開けられなくてつまらないし、バイクは水かけの集中攻撃に合うし事故の確率も高いし。
だからタイでは、ピックアップトラックが人気なんだろうか!?

ソンクラーンのプーケットタウンでは、多くのバイク・車が、サパーン・ヒンという海沿いの公園へと向かっていた。
サパーン・ヒンは、ソンクラーンはもちろん大晦日やロイクラトンなど、何かイベントがある日はなぜかみんなそこに集まるという、プーケットタウン市民の憩いの場。
上の写真も、旧市街地からサパーン・ヒンへと向かう通りで撮影。道は大渋滞。

通り沿いの商店の人たちはみんな外へ繰り出し、大音響でタイ演歌をかけて踊りながら、水をかけまくって盛り上がってた。
この通りは他のどこよりも盛り上がってるので、プーケットタウンでソンクラーンを楽しむなら、ここに行くのがおすすめだと思う。

img5

バイクで遊びに行くと、本当に水かけの的になってしまうんだけど、かけられる水の種類もさまざま。
赤や緑などの色に染まった謎の色水をかけてきたり、なぜかすごいいい匂いがする水をかけてくる人もいる。
何の匂いなのかはよく分からないけど、どれも全部同じ匂いだった。
暑さのせいで水の温度がぬるくなっているので、普通の水ならかけられても全然問題ないんだけど、たまにたっぷり氷の入った超冷たい水をぶっかけてくる人がいて、心臓に悪い(−_−;)

水だけじゃなく、白いパウダーのようなものをほっぺたにつけてくる人もときどきいる。
私も信号待ちで停車中に、突然後ろから現れたオカマさんから水で溶いた白いパウダーを顔にたっぷり塗られてしまった。

去年のソンクラーンはパトンビーチに行ったんだけど、曇り空で気温が低く、水をかけられるのはちょっぴりつらかった。
でも今年は快晴で気温も高く、氷水を浴びながらバイクに乗っていてもすぐに暖かくなるので快適で、去年よりもずっと楽しめた。
やっぱりソンクラーンの日は、こういうお天気じゃないと( ´ ▽ ` )ノ


去年のパトンビーチでのソンクラーンの模様はこちら
タイの水掛け祭り・ソンクラーン[タイ・プーケット]

タイの水掛け祭り・ソンクラーン[タイ・プーケット]

ハッピー・ニューイヤー!!

4月13日〜15日は、タイのお正月「ソンクラーン」。

「ソンクラーン」は、水を掛け合うことで新年を祝うことから、別名「水掛け祭」とも呼ばれている。
タイの人々は、水鉄砲・ホース・バケツなどを駆使し、知らない人同士でもお構いなしに水をぶっかけ合う。

噂には聞いていたけど、実際は想像していたよりもすごかった。
水掛けが激しい場所ではカメラをバッグから出せなかったので、比較的おとなしい光景しか撮影できなかったのが残念……実際はもっとカオス。


ソンクラーン初日の昼過ぎ、バイクで迎えに来てくれた友人と二人でアパートを出発すると、沿道で待ち構える人々から、次々にホース&手桶での放水の嵐に遭う。

出発して5分もたたないうちに、全身ずぶぬれになった。

ピックアップトラックの荷台に乗った人たちからは、氷の入ったバケツの水を思いっきりぶっかけられる。
つ、冷たいーーー!! わざわざ氷入れんな(怒)

私も負けずに、前日買っておいた水鉄砲(↓これ)で反撃。

バイクは恰好の的になってしまうのか、とにかくよく水をぶっかけられた。
人通りの少ない道を走っていると、ヒマをもてあました住民が道路に飛び出して来て、わざわざ運転をストップさせて水をかけてきたりもする。

観光客も、みんな手に水鉄砲。

道行く人・車・バイクのほとんどが、何らかの道具を手にして、水掛け祭りに参加していた。
水をかけられて怒る人は誰もいない。
誰もが笑顔で、子供みたいに無邪気に水鉄砲を撃ちまくっていた。

例年なら、今の時期は1年で一番気温が高いらしいので、水を掛け合うことで、気持ちよく涼しくなれるらしい。
でもこの日は、どんより曇り空で気温もそれほど高く無かったので、ずぶ濡れになるのはちょっとつらかった。

夕方、寒さに震えながらアパートに戻ってきたら、アパートの管理人さんがホースで不意打ち攻撃!
家の中に入るまで、まったく油断ができないお祭りだった。

これと同じことが、この日タイ全土で行われていたんだと思うと、とんでもないお祭りだなと思う。
知らない人たちとの水鉄砲合戦は、なかなか楽しかったけど、水掛けを楽しむつもりが無い人は、この日は一日家に閉じこもっていないといけないんだろうな〜〜
日本ではあり得ないお祭りだと思った。