タイの伝説的バンド「カラバオ」ブランドのアコースティックギターを買った!

カラバオギター

ーー ある日突然「よしギターを弾けるようになろう!」と思い立ち、
以前から家にあったギターを取り出してきて、2〜3回の練習で挫折 ーー

というのを、高校生の頃から約ン十年間、何度も何度も繰り返してきた。

そしてこの歳になって、なぜかタイに住んでいる今になって、またその「ギターやりたい病」が突然復活してしまった……
そこで意を決して買ってきたのが、このタイ・ブランドのアコースティック・ギター。

ブランド名は「カラバオ」。近所のショッピング・モールで購入、3990バーツ。
カラバオは、タイの音楽を少しでも知っている人なら誰もがその名を知る、タイの伝説的なバンド(今も現役)。
よく、人気ギタリストが楽器ブランドと提携して、「YAMAHAの松本孝弘(B’z)モデル」だとか「GIBSONのザック・ワイルドモデル」だとかのシグニチャーモデルギターが作られているので、これもそういうものの一種だと思ったらそうではなくて、どうやら「カラバオ」がブランド名らしい。

ボディーにはタイ語で「カラバオ」の文字と、バンドのシンボルマークの水牛のイラスト。
ヘッド部分にもロゴと水牛のマーク。

カラバオギター

ダンボール製の外箱には、バンドのメンバーの顔写真もプリントされていた。
ギターも外箱も、カラバオファンにはたまらないカッコ良いデザイン!
外箱は邪魔だったので、買った店に置いてきてしまったけど。

こんなギターを買ってしまったけど、でも私は別にカラバオファンではない。
多分彼らの曲は2〜3曲しか知らない。しかも友達がカラオケで歌ってるのを聞いて知った。
同じお店では他にもタイブランドギターがたくさん売っていて、それらと比べると1000バーツぐらい高かったのに、これに決めた理由は、
「タイでしか買えない、いかにもタイらしさ満点のギター」だったから。
ほぼ一目惚れ状態で、購入を決めた。

そして購入してからもう1週間ぐらいたつけど、今ちょうどものすごく仕事が忙しいせいもあって、あんまり弾いてない……
多分合計で30分ぐらいしか触ってない気がする。
これではまた、今までと同じことの繰り返しになってしまう(−_−;)
何か無理矢理でも目標を立てないと〜〜

LINEのタイでの人気ぶりがスゴイ!タイオリジナルのスタンプも種類豊富で可愛い〜【タイ・プーケット】

タイのLINE

日本ではすっかりおなじみ、スマホ向け無料通話・チャットアプリ「LINE」が、ここタイでも本当に大人気。

私の周りの友人知人は、ほとんどの人が使っているのではと思う。スマホを持っている人ならほぼ100%。
ショッピングモールやレストラン等に行くと、周りにいる人々の携帯電話から、頻繁にLINEの通知音が鳴り響く。
LINEキャラクターの関連グッズも大人気で、上の写真みたいに、LINEのキャラをパッケージに印刷したお菓子なんかも発売されている。

LINEは、文章を入力するのが面倒なときに便利な「スタンプ」という機能がある。
これは、自分が怒っているときは怒り顔のイラストのスタンプ、仕事をしているときはパソコンの前で作業をしているイラストのスタンプを相手に送って、今の自分の状況をイラストひとつで伝えられるというもの。
この便利な機能が、どちらかといえば面倒くさがりが多いタイ人の心をつかんだのではと思う。

タイでは、日本のスマホからは入手不可能なタイオリジナルのスタンプがたくさん配布されている。

LINE タイ

↑は、トゥクトゥクやムエタイなど、タイの日常の風景を集めたスタンプ。
タイ語のセリフがいい感じ。バイクタクシーのクマが可愛い♪

LINE タイ

こちら↑は、true mobileという携帯電話会社が年末年始限定で無料提供していたもの。
上段左から2番めは、ちょっとわかりにくいけど、多分春節関連なのではと思う。
中華系移民の多いタイでは、春節のお祝いをする人も少なくない。

これらだけでなく、ほかにも様々な種類のタイオリジナルスタンプが配布されている。
LINEは日本に住んでいる友達ともつながれるので、タイオリジナルのスタンプを自慢気に日本の友達に送るのが、ちょっぴり楽しかったりする( ´ ▽ ` )ノ

世界のLINEユーザー数が去年末ぐらいに3億人突破したらしいけど、そのうちタイのユーザーは2,000万人以上。
タイの総人口は6,800万人ぐらいなので、3〜4人に1人ぐらいが使ってる計算になる。これって本当にすごいと思う。
タイでもそれだけの人が、スマートフォンを使っているんだな〜。

タイ美人のようになれる? タイ王女様のタイ式ダイエットに今日から挑戦!

先日パスポートを更新したときに、古いパスポートの10年前の自分の写真と、新しいパスポートの写真を並べてみて、その違いに大きなショックを受けた……
10年前もたこ焼きのような顔をしてるけど、今は、たこ焼きを通り越して大福のような顔になっているよ! (´;ω;`)

実際、体重は10年前より約4kg増えている。そのうち2.5kgは、タイに住み始めてからの1年間で急激に増加した。
タイに来て太ってしまったのは、やっぱりタイ料理が和食と比べて糖分と脂肪分が多いっていうことと、私がフリーランスになって気兼ねなくお菓子を大量に食べるようになってしまったから、っていうのが主な原因だと思う……
何本か持っているジーンズのうち、2本ははけなくなってしまっている。
これはヤバい。せめて、タイに住む前の体重に戻さないと。

そういうわけで、先日タイ語学校の先生に紹介してもらった、タイの女性たちの間で流行っているらしい(?)「シリントン王女様のダイエット」にチャレンジすることにした。
シリントン王女様は、タイの現王様の次女にあたり、タイ国民から大変な尊敬と人気を集めていらっしゃるお方。
その王女様がこのダイエット方法とどう関わられているのか、実はよくわからないんだけど、多分王女様が考え出されたのか推奨されているのか、っていうことなのではと思う。

王女様がおススメされているのなら、それは信頼できそう。健康的に無理なくやせられる方法なのかもしれない。
タイの女性たちも、こういった方法でがんばってダイエットして、スタイル抜群の体型を保っているのかな〜

ダイエットは1週間限定で、1週間の間、決められたメニューの通りに食事をする。
そして食事の前やお腹がすいたときには、たくさん水を飲む。
メニューの内容は下のwebサイトで確認できるんだけど、オールタイ語なので、以下その翻訳。

http://health.kapook.com/view3335.html

【1日目】
朝:フルーツジュースまたはヨーグルト
昼:ゆで卵2個
夜:野菜サラダ

【2日目】
朝:フルーツジュースまたはブラックコーヒー
昼:ゆで卵2個
夜:ヨーグルト

【3日目】
朝:ヨーグルトまたはブラックコーヒー
昼:ガオラオ・ルークチン・ムー(豚肉団子入りスープ)
夜:パイナップル1切れ

【4日目】
朝:トースト1枚とフルーツジュースまたはブラックコーヒー
昼:野菜サラダとガイ・ヤーン(タイ風焼き鳥)1切れ
夜:ヨーグルト

【5日目】
朝:フルーツジュースまたはブラックコーヒー
昼:ソムタム(パパイヤサラダ)とガイ・ヤーン(タイ風焼き鳥)1切れ
夜:野菜サラダ

【6日目】
朝:フルーツジュースまたはブラックコーヒー
昼:煮魚または焼き魚
夜:牛乳

【7日目】
朝:ごはん茶碗一杯とムー・ヤーン(焼いた豚肉)1切れまたはゆで卵
昼:ガオラオ・ルークチン・ムー(豚肉団子入りスープ)
夜:パイナップル1切れ

内容を見ると、パイナップル1切とか、ガイ・ヤーン(タイ風焼き鳥)、ソムタム(パパイヤサラダ)などなど、タイならではっていう感じのメニューが随所に入っていて面白い。

さっそく今日はダイエットの一日目として、1日目のメニューを3食実行してみた。
朝はヨーグルト、お昼ご飯にはゆで卵2個に塩・コショウ・ガーリックパウダーで味付け。結構これが、お腹にたまって夕方まで持ちこたえた。
夜ご飯は野菜サラダが指定されていたけど、私はあまり極端な無理はしたくなかったので、大盛りのシーザーサラダをスーパーで買って来て食べた。
シーザーサラダはチーズやクルトン、ベーコンなんかも入っているので、結構ボリューム満点。これだけでお腹いっぱいになる。
こうして一日目が終わったけど、それほど無理に我慢した感じはしない。それなりに満腹感もあるし体調も良い。

紹介してくれた先生は、5日目でつらくなってギブアップしたらしいけど、その時点で3kgやせていたらしい。
その先生、150cmぐらいの小柄で、ダイエットの必要も無さそうなぐらい華奢なのに、そこから3kgも落とせたなんてすごい。

私も、体調が悪くなったりストレスを感じるようになったら、すぐやめるつもりでいる。
あんまり無理をして仕事に差し支えるのは嫌だし。

だからどこまで続けられるかはわからないけど、とりあえず明日もがんばろう〜〜( ´ ▽ ` )ノ

タイのキャベツは危ない? タイのキャベツと農薬の話

サーモンとキャベツのパスタ

以前スーパーマーケットで買い物をしていたとき、私がキャベツをカゴに入れたら、一緒にいた友人からこう言われた。

キャベツ好きなの? あんまりたくさん食べない方がいいよ、農薬がすごいから。
タイ人はみんな、あまり食べないようにしてるよ

そう言われてみると、タイのスーパーや市場に並んでいるキャベツは、どれも異常なくらい虫食いが少ない。
タイは年中暑くて害虫の発生が多そうなのに、これほど綺麗に育っているということは、農薬の量が日本より多いって言うことなんだろうと思う。
まあ、日本のキャベツみたいに、葉を1枚はがしたらそこに虫がいてギャー!!っていうことにはならないので、その点は助かっているんだけど。

私は仕事が忙しくなると、鍋でお湯をわかして野菜を煮て、そこにインスタントラーメンを入れて一緒に食べるという、超手抜き料理(料理と呼べる代物でもない)を作ることがたまにある。
ある日いつも通り、お気に入りのインスタントラーメンを食べようとしたら、その袋を見ただけで吐き気を感じることに気付いた。
タイのメーカーが作っている、日本の醤油ラーメンの即席麺。わりと本格的な味。
なんで急に気持ち悪くなったのかそのときは分からなかったけど、その後しばらく、そのラーメンを思い出しただけで吐き気がする現象が続いた。

今日になって、ひさしぶりにそのラーメンが食べたくなったので、作ってみた。
ラーメンのスープを飲むと、やっぱりうまい。
どうして気持ち悪いなんて思っていたんだろう? なんて思いながらキャベツを一口食べたら、オエーー!!

ほんのかすかだけど、キャベツから出てくる汁から感じる、なんともいえないイヤな匂いと苦み。
日本のキャベツからは感じたことが無い味。多分、これが農薬の味なのではないかと思う。
どうも、この味に舌と体が拒否反応を起こしていたらしい。だから、それと一緒にいつも食べていたラーメンを見ただけで、気持ちが悪くなっていたようだった。

そういえば以前、タイ語学校の先生が、
「キャベツを食べ過ぎて、のどにひどい炎症を起こした」
なんて話をしていたことがある。
キャベツを食べ過ぎて炎症って……そんな話聞いたこと無いし、あり得るんだろうか? まさかこれも農薬のせいなの?

気になってネットを調べたら、数年前のニュースで、
タイ北部で、農薬が大量に使われたキャベツを食べた象さんが、残留農薬で中毒死
なんていう、衝撃的な記事を発見!

ヤバい! ヤバすぎるよ〜 タイのキャベツ!! (((;゚Д゚))))ガクブル
これはもう本当に、買うのを控えた方がいいのかも……

そもそもキャベツって多分、寒い冬がある地方でこそ美味しく育つ作物なのではと思う。
タイにはタイの、安全で美味しい葉野菜がたくさんある。
無理に日本での食生活を再現したりせずに、地元の野菜をもっと積極的に使うべきなんだろうなと思った。

でも、日本の美味しい春キャベツが、ちょっぴり恋しい今日この頃…… (´・ω・`)

日本に遊びにくるタイ人観光客のビザが、7月から免除になるらしい

この話、多分日本でもニュースになっていると思うので、もうすでに知っている方も多いのではと思うけど……

タイ人観光客の、日本入国のビザが今年7月1日から免除になるらしい!

http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/jis/2013/1321.htm
(※在タイ日本大使館からのお知らせ)

やっとか〜!って感じ。本当に、これは素晴らしい決定。
日本に遊びに行きたいと思っているタイ人は本当に多いんだけど、今まではほとんどの人が、「でもビザを取るのが難しいからね」と諦めていた。
でもこれからは、お金さえあれば誰でも行けることに♪♪♪

特に今は円安だし、今年後半からはかつての中国人旅行客みたいに、ものすごい数のタイ人観光客が日本に押し寄せるかも^^?

私の周りでも、日本に行きたいと言っている友人・知人は多数。
「Akikoが日本に帰国するときには、一緒に連れて行ってね!」、なんていう約束をした人が、何人いることか。

来年春あたり2〜3週間ぐらい帰ろうかなと思っているけど、このままではもしかしたら、10人ぐらいの団体旅行客を引き連れての帰国になるかも……( ´ ▽ ` ;)
そこまで多いとめんどくさいので、できるだけ秘密にしておこうっと。

タイの人たちに、「日本のどこに行きたいか、何が見たいか」って聞くと、返ってくる答えは、圧倒的に「桜と富士山」
それから雪や秋の紅葉、北海道など、日本の自然に憧れている人が多い。
東京や大阪などの大都会は、その次ぐらいの人気。
京都や奈良などの、日本の伝統文化や歴史的建築物が多い都市には、それほど興味がない人が多いかも……これはちょっと意外だった。

でも考えてみると確かに、お寺などの古い建物はタイ人も見慣れているけど、日本で見られるような山や渓谷の美しさは、タイの人には新鮮かもしれないと思う。
底の砂利が見えるくらい透き通った小川や、雪をかぶった山脈、落差の激しい豪快な滝。
こういうのは、日本の田舎ではごくフツーのことだけど、タイではほとんど見ることができない。

「日本に行ったらAkikoの実家に泊まりたい」っていうのもよく言われるんだけど、私が「うちの実家は田んぼと山しかないよ」って返すと、みんな「そういうところに行きたいんだよ〜」って言う。

タイの人たちにとっては、平凡なわが故郷も、山々の景色が美しい素晴らしい場所にうつるかもしれない。
そう思うと、機会があったら、ぜひ連れて行ってあげたいなーって思う。
うちの両親と犬が、大変なことになりそうだけど……( ´ ▽ ` ;)