乗り物あつまれ、タイのはたらくくるま♪♪

タイでお客さんを乗せて走る車といえば、やっぱりこの「トゥクトゥク」
カラフルな外観が特徴的な、オート三輪。

image

メーターはついていないので、価格は交渉制。当然ぼったくられることがときどきある。

走行中は吹きっさらしの風でヘアスタイルがぐしゃぐしゃになり、一時停止するとむんむんとした暑さと排気ガスにむせてしまう。

よくよく考えるとあまり良いところが無いような気もするけど、それでもときどき、普通のメータータクシーじゃなくてこのトゥクトゥクに乗りたくなる。
日本には無いタイらしさを満喫できるし、何より、私はこのトゥクトゥクのノスタルジックな外観が大好き。

でも、今まで何人かの日本人友達とタイ国内を旅行したことがあったけど、トゥクトゥクに喜んでいたのはいつも私だけだったような……あまり女性ウケしないのかな。私は大好きなんだけどなー。

ところで、このトゥクトゥクをはじめタイの乗り物は、地方によって微妙に形や呼び名が違ったりする。
さっきの写真はバンコクのトゥクトゥクだけど、下の写真は、古都アユタヤのトゥクトゥク。

image

これはもしかして、なつかしのミゼット!? 可愛いなぁ〜〜(*´∇`*)

色違いの仲間も♪

image

タイ第二の都市チェンマイのトゥクトゥクは、バンコクのとほぼ同じ形。
でも、チェンマイではトゥクトゥクよりも「ソンテオ」と呼ばれる乗り合い式のタクシーの方がメジャー。

image

トゥクトゥクより大きく、色はだいたい赤。

ガイドブックによると、
「ソンテオはだいたい決まったルートを走っていて、そのルートと目的地が同じ方向であれば乗車可。」とか書いてあったんだけど、滞在中ソンテオに乗車を断られたことは、1回もなかった気がする。
行き先を言えば必ずそこに連れて行ってくれたので、ほとんどトゥクトゥクと同じ感覚で利用できた。

こちらの写真を見れば一目瞭然、チェンマイの街はとにかくソンテオがいっぱい!

image

写真の下の方をよくみると、足漕ぎタイプの人力車がいる。

この人力車はチェンマイでは「サームロー」と呼ばれていて、バンコクやプーケットでは見たことがなく、チェンマイでも最近は数がとても少なくなっているらしい。
次にチェンマイに行ったときは、チャレンジしてみようかな〜〜 絶滅してしまう前に。

ちなみに、プーケットでは「ソンテオ」は完全な路線バスのことを指す。なんともややこしい……
こちらがプーケットのソンテオ。

image

プーケットでは一番安い交通手段だけど、乗り方がいまいちわからなくていまだに使いこなせていない。


さて、最後に紹介するのはプーケットのトゥクトゥク。
どんな外観をしているかというと、こんな感じ。

image

これはまさか……もとは日本の軽トラ!?

レッド、ピンク、グリーン、とにかくカラフル。

そして最近は、巨大スピーカーやチカチカと光るイルミネーションを搭載した、改造トゥクトゥクが増えている。

image

これは、バンコクのトゥクトゥクには真似できない芸当。

夜になると、大音量でクラブミュージックをかけながら、ノリノリになった欧米のお客さんたちを乗せて走っているトゥクトゥクは、もはやプーケット名物のひとつと言って良いと思う。

私も、以前日本人二人で乗ったとき、トゥクトゥクの運転手さんが私たちを韓国人と思ったのか、PSYの「Kangnam style」を大音量でかけてくれたことがあった。
まだ真っ昼間だったし、わりと静かな地域を走っていたので、通行人から大注目を浴びてしまったけど、運転手さんと一緒に踊ってすごく楽しかった思い出♪

とにかく、色使いが可愛いプーケットのトゥクトゥクは、私のお気に入り ( ´ ▽ ` )ノ
バンコクのトゥクトゥクは、よくお土産用にフィギュアやキーホルダーになってたりしているけど、プーケットのはまだ見たことがない。
プーケットのトゥクトゥクの、ミニカーとか作ってくれないかな〜 絶対買うのに。

私がタイを好きな理由と、日本とタイの違い[チェンマイの思い出]

image

過去の写真の整理をしていて、見つけたこの写真。

2010年のチェンマイ、クリスマスの日。
宿泊したホテルがある狭い路地で、出会ったかわいい子供たち。

これを見ていたら、写真とは直接関係ないんだけど、この日遭遇した、ちょっぴり心温まった出来事を思い出したので、書いてみることにした。


このとき私は、日本から数日間の短い日程で、友人二人とチェンマイに遊びに来ていた。

チェンマイは、タイの北部にある街で、首都バンコクに次いでタイ第二の都市と言われている。

第二の都市とはいっても、高層ビルはほとんど無く、人や車の流れはとてもゆるやか。
大都会バンコクとは比較にならないくらい、のんびりとした時間が流れる街だ。

一緒に来ていた友人たちは、2泊のみの弾丸スケジュール。
クリスマスのディナーを食べた後、二人は空港へ出発し、先に日本へ帰ってしまった。
もう1泊滞在の私はひとり残り、夜のチェンマイを散策することに。

クリスマスのチェンマイは、街全体でフェスティバルが繰り広げられていた。
あちこちで特設ステージが作られ、バンドの演奏や子供たちのダンスが披露されている。
広場や通りにはたくさんの屋台が立ち並び、タイ料理独特のスパイシーで香ばしい匂いに包まれていた。

私は、色とりどりのイルミネーションに飾られたクリスマスの町中を、おみやげのショッピングを楽しみつつの一人歩き
でも、1〜2時間ほど歩き回ったら、なんとなく寂しくなってきたので、ホテルに戻ることにした。

ホテルへと続く裏通りは、どこか懐かしい雰囲気の古い食堂や小さな商店が立ち並ぶ。
時間はすでに22時近かったので、どのお店もすでに閉まっていた。

ふと前方を見ると、暗闇の中に人だかりができているのに気付いた。
おそらく散髪屋さんと思われる店舗の入り口に、15人くらいの人が集まっている。ほとんどは子供たち。

「なんだろう? 何かあったのかな?」
と思っていると、聞き慣れたメロディーが耳に飛び込んできた。

「ハッピーバースデー・トゥー・ユー♪」
「ハッピーバースデー・トゥー・ユー♪」


よく見ると、男性がひとり、大きなバースデーケーキをお店の中へと運んでいる。
そして、ケーキを取り囲みながら、子供たちが近所中響くような大声で歌っていた。

「こんな時間に、こんな大声出して大丈夫かな。近所の人が文句言ってこないかな?」
と思う私の心配は、ここではまったく的外れなものだった。

歌を聞きつけた近所の人たちが、続々と笑顔で家を飛び出していたのだ。
そして、バースデーケーキの輪の中に、一緒に加わっていた。

街灯の消えた真っ暗な裏通りで、ケーキにのせられたたくさんのキャンドルの光が、ケーキを取り囲む人たちの笑顔をほのかに照らし出す。
子供たちも、後から集まってきた大人も、みんな満面の笑顔だ。
なんて、温かい光景なんだろう。

私はこのとき思った。こういう光景こそが、私がタイを好きな理由なんだと。
タイには良いところがたくさんある。
タイ料理、美しいビーチ、マッサージ、仏教文化、綺麗な女性とオカマちゃん、どれをとっても素晴らしい。
だけどそれ以上に私が惹かれるのは、こういった、人と人との温かいつながりなんだと思う。

日本では、多くの家が窓と門を固く閉ざし、外とのつながりをシャットアウトしてしまっている。
家の外で賑やかに騒いでいる他人たちは、目の敵になってしまうことが多い。

私には、チェンマイでのこの出来事と、とても対象的な日本での思い出がある。
学生のころ、友人たちと公園で花火をしながら談笑していたら、近くの家に住む男性が、どなりこんできた、というもの。
まだ時刻は夜の8時過ぎ。しかも、その家は50mぐらい離れていた。
私たちの笑い声も、それほど大きくは無かった。

こういうのは、たぶん、音自体は実はそれほど迷惑でもなんでもないんだと思う。
こういう行為を非常識だと定義してしまうから、相手のことが許せなくなるし、また、無関係な他人だと思うから、容赦のない対応をしてくるんだろうと思う。
幸せなひとときを楽しんでいる人たちを、温かく放っておく心の余裕が、どうしてみんな無いんだろうか。

タイの社会ではごく当たり前の、“迷惑はお互い様”の精神からくる寛容さと、他人との間の低い垣根
日本人はいつのまにかそれを失ってしまったのか、それとももともと無かったのかは、私にはよくわからないけど。

タイのこういう感覚が、私にとってはとても新鮮で、うらやましく感じる。
そして私も、タイの人々のようにもっとおおらかに、他人のことを受け入れられたら、と思う。

チェンマイの人たちは、ひとりぼっちのクリスマスの夜に、幸せな気持ちを私に分けてくれて、いろいろなことを考えさせてくれた。

チェンマイのエレファントキャンプ


旅の思い出写真、[タイ・チェンマイ]のエレファント・キャンプ。
まだプーケットに住み始める前、2010年のクリスマスに友人と訪れた。

この写真、私が撮ったものではなくて、同行した友人が撮ったんだけど……別に載せてもいいよね、多分(^^;。
この日私は、カメラのバッテリーを充電器にさしたまま、ホテルに置いてきてしまうという失態をやらかしていた。

チェンマイには、いくつかのエレファント・キャンプがある。
エレファント・キャンプは、象の保護と、象使いの育成を目的とした施設。
象さんに乗ってジャングルを探検したり、可愛い象さんたちのショーを見ることができる。

2枚目の写真は、象さんが鼻で描いた絵。どれも味があって、とても可愛らしい (´∀`)♥
絵を描くところは、ショーの中で見ることができるんだけど、本当に器用に筆を操って描いていた。

たまにいる、絵心のない人間より、よっぽどうまいのでは