乗り物あつまれ、タイのはたらくくるま♪♪

タイでお客さんを乗せて走る車といえば、やっぱりこの「トゥクトゥク」
カラフルな外観が特徴的な、オート三輪。

image

メーターはついていないので、価格は交渉制。当然ぼったくられることがときどきある。

走行中は吹きっさらしの風でヘアスタイルがぐしゃぐしゃになり、一時停止するとむんむんとした暑さと排気ガスにむせてしまう。

よくよく考えるとあまり良いところが無いような気もするけど、それでもときどき、普通のメータータクシーじゃなくてこのトゥクトゥクに乗りたくなる。
日本には無いタイらしさを満喫できるし、何より、私はこのトゥクトゥクのノスタルジックな外観が大好き。

でも、今まで何人かの日本人友達とタイ国内を旅行したことがあったけど、トゥクトゥクに喜んでいたのはいつも私だけだったような……あまり女性ウケしないのかな。私は大好きなんだけどなー。

ところで、このトゥクトゥクをはじめタイの乗り物は、地方によって微妙に形や呼び名が違ったりする。
さっきの写真はバンコクのトゥクトゥクだけど、下の写真は、古都アユタヤのトゥクトゥク。

image

これはもしかして、なつかしのミゼット!? 可愛いなぁ〜〜(*´∇`*)

色違いの仲間も♪

image

タイ第二の都市チェンマイのトゥクトゥクは、バンコクのとほぼ同じ形。
でも、チェンマイではトゥクトゥクよりも「ソンテオ」と呼ばれる乗り合い式のタクシーの方がメジャー。

image

トゥクトゥクより大きく、色はだいたい赤。

ガイドブックによると、
「ソンテオはだいたい決まったルートを走っていて、そのルートと目的地が同じ方向であれば乗車可。」とか書いてあったんだけど、滞在中ソンテオに乗車を断られたことは、1回もなかった気がする。
行き先を言えば必ずそこに連れて行ってくれたので、ほとんどトゥクトゥクと同じ感覚で利用できた。

こちらの写真を見れば一目瞭然、チェンマイの街はとにかくソンテオがいっぱい!

image

写真の下の方をよくみると、足漕ぎタイプの人力車がいる。

この人力車はチェンマイでは「サームロー」と呼ばれていて、バンコクやプーケットでは見たことがなく、チェンマイでも最近は数がとても少なくなっているらしい。
次にチェンマイに行ったときは、チャレンジしてみようかな〜〜 絶滅してしまう前に。

ちなみに、プーケットでは「ソンテオ」は完全な路線バスのことを指す。なんともややこしい……
こちらがプーケットのソンテオ。

image

プーケットでは一番安い交通手段だけど、乗り方がいまいちわからなくていまだに使いこなせていない。


さて、最後に紹介するのはプーケットのトゥクトゥク。
どんな外観をしているかというと、こんな感じ。

image

これはまさか……もとは日本の軽トラ!?

レッド、ピンク、グリーン、とにかくカラフル。

そして最近は、巨大スピーカーやチカチカと光るイルミネーションを搭載した、改造トゥクトゥクが増えている。

image

これは、バンコクのトゥクトゥクには真似できない芸当。

夜になると、大音量でクラブミュージックをかけながら、ノリノリになった欧米のお客さんたちを乗せて走っているトゥクトゥクは、もはやプーケット名物のひとつと言って良いと思う。

私も、以前日本人二人で乗ったとき、トゥクトゥクの運転手さんが私たちを韓国人と思ったのか、PSYの「Kangnam style」を大音量でかけてくれたことがあった。
まだ真っ昼間だったし、わりと静かな地域を走っていたので、通行人から大注目を浴びてしまったけど、運転手さんと一緒に踊ってすごく楽しかった思い出♪

とにかく、色使いが可愛いプーケットのトゥクトゥクは、私のお気に入り ( ´ ▽ ` )ノ
バンコクのトゥクトゥクは、よくお土産用にフィギュアやキーホルダーになってたりしているけど、プーケットのはまだ見たことがない。
プーケットのトゥクトゥクの、ミニカーとか作ってくれないかな〜 絶対買うのに。