シャットダウン・バンコク!バンコクのデモの様子とプーケットの人々【タイ・プーケット】

shutdown-bangkok

ニュースでも報道されているように、バンコクでは反政府派の人々が「シャットダウン・バンコク」と称し、都市部の道路を封鎖するなどして、大規模なデモ活動を展開している。
つい先日は大きな爆発事件なども起きたりして、バンコクはだんだんと物々しい雰囲気になってきているようだ。

なので、そういったニュースを見た友人知人から時々心配のメールをいただくんだけど、プーケットはいたって平和なので、ご安心なく♪

プーケットでも最近デモ隊が県庁封鎖とかやりはじめたらしいんだけど、実際にそこに行ってみた人の話によると、危険な雰囲気は一切なく、子供がたくさん遊んでいて食べ物の屋台がいくつか並んでいただけで、どうみてもただのお祭りだった、とのこと。

「バンコク・シャットダウン」も、爆発さえなければ、野外フェスでもやってるような平和なノリだったらしい。
道路を封鎖しているっていっても、そこにステージや屋台村を作って人気歌手のコンサートとかやってるだけだったみたいだし。
タイ人の中には、毎年のように繰り返されるデモを、お祭り行事みたいに思ってる人も多いっぽい。
日本人が想像する「デモ」とは実情も感覚も全然違うので、日本のニュースはちょっと怖そうに報道しすぎなのではと思うところもある。
もちろん、いつ爆発があるかわからないので危険なことは間違いないから、遊び目的で近寄ってはいけないと思うけど。

今回のデモは、主にバンコクやプーケットなどの都市部の富裕層に支持されている。
私のプーケットの友人知人はほぼ全員デモ隊の支持者で、地元のデモ行進に参加したり、バンコクまで行ってデモに参加している人たちもいる。
近所のレストランが最近ずっと休んでるな〜と思ったら、主人がバンコクでデモに参加していた、なんてことも。

そういえば先日の爆発の犠牲者のひとりが、プーケットから来ていた方だったらしい。
いまその人のお葬式がプーケットのどこかで行われているらしいんだけど、親戚知人だけじゃなくてたくさんの人達が弔問に訪れているとのこと。
不運にも爆発に巻き込まれてしまったのは本当にお気の毒だったと思うけど、亡くなられたことで、プーケットでは「国を変えるために戦った地元の英雄」のような存在になっているみたい。

ところで少し前の話だけど、友人のひとりが「バンコクのデモの様子を良いカメラで記録をおさめたい」と言って、私のミラーレス一眼レフカメラを借りてバンコクのデモに参加しに行った。今回のブログに掲載している何枚かの写真は、その友人が撮ってきたもの。
友人の許可を得て、戻ってきたカメラにおさめられた生々しいデモの写真をブログに載せようと思っていたのに、100枚以上撮影された写真は、ほとんど自分たちの記念写真ばっかり。 
デモの様子が分かるような写真がほとんどない。なんだよ〜!
タイの人たちは、本当に自分撮りが大好き。( ´ ▽ ` ;)

shutdown-bangkok

デモに行った友人とその仲間たち。プライバシーを考慮して全員サングラスの写真を載せてみた。
彼らのように、タイの国旗と同じ赤・青・白の3色が入ったリボンやリストバンドなどを身につけるのが、今回のデモ隊支持者の目印。
そしてTシャツには「シャットダウン・バンコク」の文字。
こういったグッズは、デモ会場で売られていて、良いおみやげになっているらしい。

幸い、カメラを借りて行った私の友人たちがバンコクに行ったのは爆発騒ぎが起きる前で、全員トラブルもなく無事にプーケットに帰ってきた。
バンコクのデモはまだまだ収まりそうになく、数日前には非常事態宣言も出てしまっている。
タイの人たちがみんな政治問題に熱いのはすごく良いことだと思うけど、命までは懸けてほしくないなぁ〜 
だからもうプーケットの友人知人がバンコクに行くのは、できればやめてほしい。
早く、平和なバンコクが戻ってきますように。

以下、デモの様子をちょっとだけ。本当にこれぐらいしか載せられる写真がなかった……

shutdown-bangkok

shutdown-bangkok

img2