日本に遊びにくるタイ人観光客のビザが、7月から免除になるらしい

この話、多分日本でもニュースになっていると思うので、もうすでに知っている方も多いのではと思うけど……

タイ人観光客の、日本入国のビザが今年7月1日から免除になるらしい!

http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/jis/2013/1321.htm
(※在タイ日本大使館からのお知らせ)

やっとか〜!って感じ。本当に、これは素晴らしい決定。
日本に遊びに行きたいと思っているタイ人は本当に多いんだけど、今まではほとんどの人が、「でもビザを取るのが難しいからね」と諦めていた。
でもこれからは、お金さえあれば誰でも行けることに♪♪♪

特に今は円安だし、今年後半からはかつての中国人旅行客みたいに、ものすごい数のタイ人観光客が日本に押し寄せるかも^^?

私の周りでも、日本に行きたいと言っている友人・知人は多数。
「Akikoが日本に帰国するときには、一緒に連れて行ってね!」、なんていう約束をした人が、何人いることか。

来年春あたり2〜3週間ぐらい帰ろうかなと思っているけど、このままではもしかしたら、10人ぐらいの団体旅行客を引き連れての帰国になるかも……( ´ ▽ ` ;)
そこまで多いとめんどくさいので、できるだけ秘密にしておこうっと。

タイの人たちに、「日本のどこに行きたいか、何が見たいか」って聞くと、返ってくる答えは、圧倒的に「桜と富士山」
それから雪や秋の紅葉、北海道など、日本の自然に憧れている人が多い。
東京や大阪などの大都会は、その次ぐらいの人気。
京都や奈良などの、日本の伝統文化や歴史的建築物が多い都市には、それほど興味がない人が多いかも……これはちょっと意外だった。

でも考えてみると確かに、お寺などの古い建物はタイ人も見慣れているけど、日本で見られるような山や渓谷の美しさは、タイの人には新鮮かもしれないと思う。
底の砂利が見えるくらい透き通った小川や、雪をかぶった山脈、落差の激しい豪快な滝。
こういうのは、日本の田舎ではごくフツーのことだけど、タイではほとんど見ることができない。

「日本に行ったらAkikoの実家に泊まりたい」っていうのもよく言われるんだけど、私が「うちの実家は田んぼと山しかないよ」って返すと、みんな「そういうところに行きたいんだよ〜」って言う。

タイの人たちにとっては、平凡なわが故郷も、山々の景色が美しい素晴らしい場所にうつるかもしれない。
そう思うと、機会があったら、ぜひ連れて行ってあげたいなーって思う。
うちの両親と犬が、大変なことになりそうだけど……( ´ ▽ ` ;)

無事ミャンマービザ取れた( ´ ▽ ` )ノ

でもどうやら、昨日の女性は、職員じゃなく代行業者だったみたい。まあ、正規の方法ではないんだろうってことは気づいてたけど。。。
でも業者じゃなくて、職員が職権乱用して、小遣い稼ぎしてるのかなって思っていた。

なんで分かったかというと、後で調べたら、ミャンマービザは、プラス料金を出せば、翌日でも即日でも発行してもらえることが分かったので。私が信じてた最低ニ日かかる、というネット情報は、古かったか誤りだったらしい。。(T_T)。

なので、あの女性が言ってた、今日出さないと間に合わない、というのはウソだし、おそらく、受付は午前中まで、というのもウソ。いくらなんでも職員なら、そんなウソはつかないだろう。
大使館の前で、彼女からビザとパスポートを受け取ったあと、大使館内の窓口に行って確認してみたけど、やっぱり、そんな人は職員じゃないよ、って言われた。でもビザは間違いなく正規に発行されているとのことで、一安心。

でも、中にいたガードマンから入り口の鍵を受け取っていたので、ガードマンもグルだったかな。それとも、その人も偽ガードマンで全部演技だったのかも?
彼女の穏やかな態度は、詐欺師ならではの極太神経から来てたんだね〜  なるほど( ̄ー ̄)。

でも、彼女に支払った額は1000B。ビザの申請料金は、たしか約800B。先週、旅行代理店を二軒回ったときは、ビザ取得代行は1500Bぐらいなことを言ってたので(だから直接大使館に行くことにした)、まあ法外な値段ではない。
パスポートも無事に戻ってきたので、余計に支払った約200B(約500円)は、勉強代ということで。

申請方法や料金形態について、事前にきちんと調べてなかったから、こういうことになる(−_−;)。
もしかしたら、この手口もガイドブックやネットで紹介されてたかもしれないのに。

めずらしくケンカ腰になるくらい、人を疑った自分は間違いじゃなかったので、これからも油断しないで、事前の調査をしっかりとやって、だまされないように気をつけようっと( ´ ▽ ` )ノ

ミャンマービザ取得に一苦労、トラブルの連続

明日からいよいよ、約1週間のミャンマー旅行。
おとついの午前中、ビザを申請するため、バンコクのスラサック駅近くにあるミャンマー大使館へ行った

ビザを申請するには、顔写真が必要。
私は、事前に調べもせず、
「きっと大使館の周りには、日本の運転免許証更新施設のように、写真店がたくさんあって、写真もそこで取れるだろう」
と思い、何も準備しないで行ってみた。

でも、周辺にはお店も商売人もまったく何もない。
どうしてこういうときに限って!
観光地とか、ビーチとか、どこにいっても必ず便乗商売する人たちがたくさんいたのに。

私はとりあえず近くにあった銀行に入り、両替のついでに最寄の写真店がないか聞いてた。
すると、ここから徒歩20分のところに、写真屋があった気がする、という。
徒歩20分。。。。私は、バイクタクシーを利用することにした。

タイにはバイクのタクシーがある。
安いし、渋滞でも早く目的地に着くことができるので便利だけど、やっぱり危ない。
でも、炎天下徒歩20分はきついので仕方ない。

バイクに乗ってしばらく進むと、後ろから来た暴走車が無理な追越をかけてきて、私の足に車体が微妙にかすった。
危ないな~とか思ってると、突如、バイクタクシーの運転手が怒りだし、猛スピードで暴走車を追跡。何やら大声でわめきながら、車の後ろギリギリまで追いつき、横に回り込んで幅寄せをはじめた。

バイクは、障害物をものすごいスピードで避けながら、車と併走。そして私はヘルメット無し。
ヒーーー!怖いからやめてぇーーー (ToT)!!

5分ぐらい走ったところで、目的の写真屋にたどりついたので、私は逃げるように降りた。
バイクはそのあとも車を追跡してたけど。。。その後どうなったかは知らない。

写真店で何枚かの写真をとり、再び大使館へ戻る。

とりあえず、大通りに面した入り口から中に入ってみると、窓口がいくつかあり、たくさんの人が椅子に腰掛けて、呼び出しを待っていた。
でも、なんか雰囲気がおかしい。

書かれている言葉はすべてミャンマー語。タイ語の表記すらない。
私以外に、外国人観光客らしき人も見当たらない。周りの人たちは、みんなチラチラと私を見る。

どうやらここは、ミャンマー人専用の事務所だったらしい。
だったら、誰か途中で私を引き止めてよ~~。

恥ずかしさいっぱいで外に出ると、タイ人ぽい男性がうろうろしてたので、声をかけて、外国人用の窓口がどこにあるのか聞いてみた。

すると、男性は誰かに電話をかけて、この人に聞いてみて、といって電話を渡してくれたので、とりあえず話をしてみる。すると電話の向こうの女性が、
「ビザは何日後に必要なの?それによって値段が変わるんだけど」
とか言ってきた。

なんだ、便乗商売のビザ取得代行業者か。。。
私は、電話の女性の話を聞き流して、男性に電話を返し、
「この人があなたに話があるって言ってる」と適当なことを言って二人に話をさせ、その隙に、早足で逃走。
うしろから男性がなんか叫んでたけど、とりあえず無視。ごめんなさい。

大通りを駅方面に少し戻り、細い道を少し奥に
入ってみたら、そこに外国人用の入り口があった。
入り口の外には職員らしき女性がいて、にっこりと「今日の申し込みは終了しました」と。。。。

時間は12時10分。いろいろなところで無駄に時間を使ってたので、午前中の営業時間が過ぎてしまっていた。
しかも、午後は申請の受付はやっていないという。えええ、ガイドブックに書いてある話と違うんですけど(ToT)。

しかも、ミャンマービザは申請から取得まで2日かかるので、この日申し込まないと間に合わない。途方にくれていると女性が、
「私にパスポートを預けてくれれば、代わりに申請しておくので、出発前日までに間に合うよ」と言う。
えっ。。。。。。でも、あなたは一体、どなたですか?

大使館入り口とはいえ、素性のわからない人に簡単にパスポートを渡すのは、非常に抵抗があったので、
「あなたが大使館の関係者だって証拠を見せてくれれば、渡します」と伝えた。

でも、おそらく「証拠」っていう単語が通じていないのか、何度言っても、
「大丈夫、時間外のときはみんな私に渡しているし、明日じゃ間に合わない可能性があるよ」
という言葉が返ってくる。

そのうち私も口調が強くなってきてしまって、
「私は、あなたが信用できない!もし本当に関係者なら、今すぐ中に入ってパスポートを渡してください」
とかなり無礼で無理な発言をしてしまった。

女性はやんわりと、「でも窓口はもう閉まってるのよ」と。
確かにそうなんだけど~~。でも何の証拠もないんじゃ不安でしょうがないし。
10分くらい、この女性と押し問答になった。 

そうこうしていると、どうやらビザ代行業者らしき男性がひとりやってきて、女性に何冊かのパスポートを渡していた。
その後ももうひとり、同じようにパスポートを渡す男性が出現。
そしてしばらく観察していると、女性は鍵を取り出して、入り口の施錠をはじめた。

ここでようやく私も、女性が大使館関係者だってことに納得。
非礼をわびて、女性にパスポートと写真、そして申請料を手渡した。

それにしても感心したのは、この女性の態度。
私がどれだけきつい口調で話しても、終始おだやかな態度で、私の無茶な意見もなんとか聞き入れようと親身になってくれていた。
そして最後に、「心配する気持ちはよくわかる。それは仕方ないことだから、気にしないで」って言ってくれた。

よくうわさで、東南アジアの人たちは日本人のお金をねらって近づいてきて、ぼったくったり利用したりしようとする、なんてことを聞いたりもする。
でも、今まで何度かタイを訪れているけど、そういう人たちのせいで嫌な目にあったりしたことは一度もない。
多くのタイ人は、とにかく観光客をもてなそう、困っている人がいたら助けてあげよう、っていう態度がにじみ出た、ホスピタリティ精神にあふれた人たちばかりだ。
タイ人の友達と遊びにっても、毎回私のほうがおごってもらっている状態だし。

でも、観光客目当ての詐欺が多く発生しているのは事実だし、やっぱり油断するわけにはいかない。
だから、あやしいと思ったら、すぐに信用するべきではないと思うけど、かといって、誰もかれも疑ってかかっては、せっかくの良い出会いが台無しになってしまう。
なかなか難しいな~と思う、今日この頃。。。。

ちなみに今日これから、再び大使館に赴いて、申請したビザを取得に行く予定。
だから彼女が本当に関係者だったかどうか、まだ断言はできないんだけど

無事に取得できますように。